2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

カテゴリ:グルメ(和食・寿司) の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山屋、松月堂@浜松市中区

kage

2012/06/24 (Sun)

和地山の予約必須のお店対決! 大山屋、松月堂

予約しても食べたい、予約しないと買えない、と聞かれるとどんなものなのか、気になってしまうのは当然のことだと思います。最近、この手のものはテレビや雑誌で騒がれたものと相場が決まっていますが、浜松市中区の和地山地区の一角にそんなお店が2軒あるのです。寿司屋の大山屋とパン屋の松月堂です。2軒は歩いて1分ほどの目と鼻の先にあります。

大盛りちらしです

・大山屋

こちらのお店の予約必須というものは土日のランチになります。理由は席数が限られていることと丁寧に作るためにご飯(シャリ)が限定のためです。余裕があれば当日にふらりと訪れても大丈夫ですが、だいたい予約客で一杯になることがほとんどのようです。

そんな予約してまで食べたいチラシの値段は普通盛りでも大盛りでも750円といううれいしいお値段です。デフレ化している昨今では同じ値段で食べることがお店、特にチェーン店がありますが、質において凌駕していると思います。その他にサービス精神満点の御主人の人柄が良くてご贔屓にしている方も多いかと思います。

汁ものと小鉢もつきますよ

ランチのメインメニューはチラシ寿司になりますが、日替わりでその他の丼も2種類ほど用意されていることがあります。この日は鉄火丼がありました。秋から冬にかけてはイクラと鮭の親子丼なんてのも登場するそうです。なお小鉢も日替わりで、この日は潮汁にポテトサラダ、完熟メロンでした。

さて、そのチラシ丼は大盛りをお勧めします。男性なら余裕、女性でもだいたいOKだと思います。その理由は、ネタがちょっぴり普通盛りよりもサービスされることと、ネタもシャリもおいしいので、パクパクといけちゃうからです。おまけに汁ものと小鉢まで付いてくるんですからね。

こちらは普通盛りです

この日のネタはイクラに〆サバ、マグロの赤身、イカ、真鯛、かんぱち、カニ、タマゴ、かまぼこ、イカの和え物・・・ってところです。仕入れや時期によって変わるそうですが、だいたい10種類以上は載せているようです。おまけに丁寧に仕込んだうえにきれいに盛ってあるので、どこからお箸をつけていいのか迷ってしまいます。

チラシ寿司、海鮮丼は今ではあちこちのお店で出していますし、名物になっているお店も多い人気のメニューです。が、ただ刺身を切ってのっけてあるだけの店も多いように思います。ネタのバランスや質、量など簡単なようで難しい、職人技を感じさせるものがあると思っています。たかがチラシ、されどチラシですね。

では、こちらの店のものはどうか?というと750円という値段を考えると十二分にその価値はあるかと思います。ひとつひとつのネタが仕事がしてあるとか、すばらしいネタを使っているということはありませんが、値段以上のものが使われていると思います。なによりご主人がお客さんに安くておいしいものを食べてもらいたいという心意気が伝わってきます。

住宅街の名店ですよ

その心使いを感じさせるのは、ご飯の量を聞いてくれたり、お子さんに小分け用の丼を用意されたり、ネタを変えたりと色々と配慮したり、予約した方々の名前で呼んでくれたり・・・と、一回でも来たお客さんがリピーターにさせるものがあると思います。

と、こちらのお店は、住宅街の昔からのお寿司屋さんの良さが出ているお店だと思います。家族経営のほのぼさと温かさ、気軽にお寿司が食べたくなったら出かけるようなお店だと思います。派手さはありませんし、メニューが豊富なわけではありませんが、予約して出かけてみても損はないかと思います。

・ベーカリー松月堂

浜松市には多くのおいしいパン屋が点在しています。私も今まで色々なお店を紹介してきましたが、今回のお店も大プッシュのお店となりました。お店というよりも逸品ということになるかと思いますが、パン、それも食パンが好きな人には是非とも食べてもらいたいものが松月堂の食パンです。

イギリス食パンですよ

色々な種類のパンがある中で基本中の基本といったら食パンではないでしょうか。スーパーのパン売り場でも焼き立てパン屋でも一番ボリュームある面積を割いていると思います。そんな食パンですが、飛び上がるほどおいしい!と思えるお店ってなかなかないのが実情だと思います。まぁ一斤400円も500円も出せばあるのでしょうが、普段使いの食パンにそこまでなかなか出せないですからね。

が、こちらのお店で買い求めたイギリス食パンは、耳も生地も抜群のおいしさがありました。なにより持った時の重さがハンパなく重くその予感があったのですが、果たしてこんがりとトーストしてバターを塗って食べたら、久々の「うまいなぁ」「また買いたいなぁ」「次回はイギリスではなくて、マキシーも試してみないと・・・」と思ったくらいですから。

耳がおいしいんですよ

具体的に言うと、小麦粉の味わいがちゃんと感じられるうえに焼き方が上手だから歯応えとその後の引きが良いんですね。カリッとしたあとにモチッと口の中に返ってくるんです。パン職人の技と言ってしまえばそれまでなんですが、プロの凄い技、ちゃんとした材料でちゃんと焼かれたパンという感じなんです。しかも今風なこだわり食パン、ブーランジェリーのパンではなくて、昭和時代のパン屋のパンって感じなんです。

で、こちらの食パンは基本的に一本(3斤)売りです。業務用の卸売を多くやっているのもあるのでしょうが、一本ではなかなか買いにくいというのが実情なので、半本、一斤半でも販売してくれます。今回もそれで買ったのですが、これで380円程度でした。1斤当たりで240円程度ですから、普通の焼き立てパン屋と同じ程度ですから、私などはバーゲンプライスだと思いました。

袋もレトロです

なお、こちらの食パンはイギリス食パンの他にマキシーと呼ばれる高級角食と普通の角食があります。お店の人の話だとマキシーとイギリスの人気が2分しているそうです。バターの香りと高級な小麦粉を使ったリッチなマキシーとトーストしておいしいイギリス、TPOによって食べてほしいと言っておりました。

そうそう、こちらのパン屋は食パン以外にも懐かしい昭和のパンが揃っています。玄米パンやコッペパン、グローブ型のクリームパンなどなど昔見たパンそのままのものが並んでいました。あと朝5時からやっているというのも凄いですね。

朝5時からやってます

と、こちらの食パンを食べて東京は浅草のペリカンの食パンや神戸のフロイン堂のイギリス食パンを思いだしてしまいました。創業してから60年近く経っている地元では昔から誰でも知っているパン屋のようですが、私は浜松ではネットで評判の都会の有名パン屋で修行してきた新進気鋭のブーランジェリーばかり行ってきたので、温故知新、こんな隠れた逸品を出すお店があったのかと驚いたのも事実です。

なにより人気があって予約しないと買えないことがある、昔からクルマを飛ばして買いに来る常連さんが多いこと、とんかつ屋や喫茶店などこちらのパンを使っているお店が多いことなど、大手の口コミサイトに情報があまり載っていなくてもおいしい店はちゃんとみんな知っているんだなぁと思ったのも事実です。最後に食パン好きの人は一度行ってもらいたいと再度書いて〆とさせてもらいます。なお予約で取り置きするときは、希望の種類と一本か半分か、そのままか何枚に切るかを伝えるとすんなりといくかと思います。厚さについては、4枚、5枚程度の厚さがある方がより一層おいしさがわかるようですよ。


寿司処 大山屋

浜松市中区和地山2-35-17(静岡大学工学部、和地山郵便局近く)
053-471-6903 11:00~13:30 17:00~22:00
月曜日休み

ベーカリー松月堂

浜松市中区和地山2-28-14(静大工学部、和地山郵便局近く)
053-471-1958 5:00~18:30
水曜日、第3木曜日休み

スポンサーサイト

とんかつ八木春@静岡市清水区

kage

2011/02/20 (Sun)

カキフライが手頃でおいしいお店! 八木春

揚げ物、それもフライというととんかつを代表にコロッケやメンチ、海老フライ・・・など色々ありますが、時期が限られているもの、熱狂的なファンが多いものにカキフライがあります。そんなカキフライを今シーズン、あちこちで食べてきましたが、お手頃な価格でおいしいということでファンになったのが清水駅前にある八木春です。

サクサクジューシ-なカキフライですよ

こちらのお店は清水駅から新清水駅に向かう飲食店が軒を連ねる、通称グルメ通りにあります。シャター通りと化しつつある清水駅前の例に洩れずこの通りもちょっと寂しいですが、老舗から新しいお店までジャンルも色々と揃っていますので探検してみたいところです。

そんな魅力的な通りの中でも八木春は創業から30年を超える老舗のとんかつ屋です。看板商品はとんかつですが、秋から春にかけての時期のカキフライは大振りの牡蠣を揚げ物のプロが丁寧に揚げてご飯と味噌汁がついて945円というバーゲンプライスです。ちょっとしたとんかつ屋なら1500円以上するのですからお値打ちだと思います。

牡蠣の命は中身ですよね

カキフライの好みは人それぞれでしょうが、我が家の好みは衣で中の牡蠣の風味と旨味を閉じ込めるとともに、おいしさを倍化させるものであってほしいということです。揚げすぎも揚げ不足もいけないギリギリの線で勝負する、まさにプロ、職人の技が発揮される料理だと思います。

そのようなことを考えてみると、こちらのものは中の牡蠣の命であるジューシーさが十分に生かされていると思います。タルタルソースで食べてもとんかつ屋のちょっと甘辛のソースで食べてもそれぞれのおいしさがあると思います。普通のとんかつ屋や洋食屋の場合はひとりがカキフライ、もうひとりがその他の料理を食べることが多いのですが、こちらのお店ではふたりともカキフライでいいくらい気に入っています。

密かに人気なのがカツカレーです

それからもうひとつのお気に入りがカツカレーです。これもとんかつ屋ではよく見かけるメニューですが、こちらのお店のものはカレーのルーがなかなかのものなんです。その秘密はカレー専門店顔負けのスパイシーさです。

カレーのルーというかソースは野菜が見えなくなるほど煮込まれているところに各種のスパイスが溶け込んでいます。インドカレーと洋食屋のカレーの中間といった感じでしょうか。「カレーは飲み物だ」という言葉がありますが、まさしくそんな感じなのです。難点はルーが少な目なので、カレー好きの私には物足りないことですね。

カツもいけますよ

このおいしいカレーに合うカツはカレーに合わせて薄めのカリッとしたタイプのものです。ロース肉は脂身と赤身のバランスがよく甘目のとんかつに辛いカレーがよく合います。もちろんカレーだけでなくソースで食べても十分にいけます。

と、こちらのお店は看板メニューのとんかつもさることながらその他のメニューもおいしいですし、定食にしなくても単品で頼んでビールやお酒と愉しむということも可能です。というか夕方以降はその方がお勧めですね。〆はカレーがいいかもしれません。

清水駅前の老舗です

最近のとんかつ屋というと、郊外型のサービス重視型チェーン店とかブランド肉を全面に出している高級とんかつ屋が多いですが、昔ながらの職人肌の親父さんとほがらかな女将さんが切り盛りしているこちらのような街場のとんかつ屋は捨てがたい魅力があると思います。揚げ物好きな人、特にカキフライファンの方、カツカレー好きの方には一度行ってほしいですね。なお、駐車場は近くのコインパーキングを利用すると1時間分のサービス券を発行してくれます。


とんかつ八木春

静岡市清水区真砂町1-15 (JR清水駅江尻口近く)
054-364-2929 11:30~14:30 17:00~21:30(L.O.)
火曜日休み


すだち@静岡市葵区

kage

2010/09/12 (Sun)

丁寧な仕事振りが光ってます! すだち

静岡市の飲食シーンで一番注目されているエリアといったら鷹匠ではないでしょうか。新旧、老舗から新しくオープンした店まで路地裏や街角で頑張っています。この周辺のお店の特徴は、チェーン店が少なく、しっかりと修行した個人店が多いことではないかと思います。今回のすだちもまさしくそんなお店といえるかと思います。

籠盛りがいいですね

こちらのお店は、看板も店構えも控えめで通りすがりでは入ることがないような隠れ家といっていいかと思います。派手な宣伝もメディアへの露出もそれほどしていませんが、おいしさと心温まる接客、適正な価格により、開店まもないのですが、口コミでしっかりと常連さんがついているようです。日曜祝日休みということでなかなか行くことができなかったのですが、お盆休みということでやっとランチで伺うことができました。あらかじめお昼の盛り込み会席2,100円をお願いしておきました。ランチもディナーも人気店なので予約がお勧めです。

私も今回一度だけの訪問ですが、しっかりと修行した板前さんの丁寧な仕事ぶりと、ホールを担当している奥さんの2人3脚で店を切り盛りしている良さの片鱗はちゃんとわかりました。満員になるとちょっと大変な面もあるかと思いますが、このこじんまりとした形は、飲食店としては一番基本的で確実でブレがないものだと思います。

刺身もついてきますよ

和食屋のランチというと松花堂弁当やお膳形式のものが昔は多かったのですが、最近のちょっとお洒落なお店は、こちらのような小鉢や惣菜をきれいに籠盛りにした形式のものが多いですね。料理、それも和食は目で見て楽しむ面も大きいですから、女性などはテーブルに並べてもらっただけで歓声が上がるかもしれません。ちょっとした花やあしらいなども心憎いばかりです。

料理は、籠盛りのほかに刺身が一緒に出てきます。今日はかんぱちでした。包丁の冴えもよく身もプリッとして良い素材を使っているのがわかりました。なによりツマの繊細さにプロの技を見ることが出来ました。このような刺身になると日本酒が欲しくなりますが、こちらのお店では静岡県の銘酒が各種揃っています。あいにくこの日はクルマでしたのでお茶でしたが・・・。

手が込んでいる料理です

メインとなる籠の中身も食べるのがもったいないくらいにきれいに盛られています。一皿づつ出てくる懐石形式も良いですが、ランチではこのように一度に少しづつ食べられる方が好きですね。前菜的なものはイクラ和えにこれ以上柔らかくできないと思う出汁巻きたまご、軽めの椀物は旬のとうもろこしのすり流しなどです。どれもなにげない素材を手間隙かけて料理する日本料理の真髄を垣間見ることができました。

籠盛りのメインは天ぷらと焼き魚でしょうか。天ぷらには2種類の塩が出てきます。カリッと揚がったフリットに近いものですから天つゆよりも塩との相性が良いですね。太刀魚もホックリしていて良かったのですが、それ以上においしかったのが野菜ですね。ニンジンやゴボウなどはしっかりと土の香りがしていて旨いです。天ぷらというと海老という定番から抜け出しているのも好印象です。

さらに天ぷらよりも気に入ったのがアマダイの一夜干しです。小さめのものでしたが、干したことによりアマダイ特有の上品な白身の旨さがギュと凝縮した感じに仕上がっています。焼き具合も良いですね。このほか、日本料理の味のバロメーターである煮物も家庭料理とは一線を画すプロの技を愉しむことができました。マナー違反と理解しても迷い箸してしまいます。

ご飯は変わりご飯ですよ

食事を楽しんでいる丁度良いタイミングでご飯と赤だし、漬物が出てきます。普通の白いご飯でなく変わりご飯なのも時流かもしれませんが、うれしいですね。この日は十五穀米ということでしたが、ボソッとしたところもなく上手に炊けていました。この手のヘルシーなご飯はイマイチ好きではないのですが、こちらのものはすんなりと食べることができました。これからの秋には栗やキノコなどのご飯が登場するんでしょうね。

水菓子も最後に出てきます

最後の〆は水菓子です。これに関して和食はイタリアンやフレンチのデザートに負ける部分かなと思いますが、それでもおざなりのものがでないのは流石だと思います。この日はさっぱりとした水羊羹でした。店に入ってから店を出るまで1時間以上は個室形式の座敷、もちろん掘りごたつ式のものでのんびりできて、2、100円はお値打ちかなと思いました。

と、こちらのお店は評判通りのしっかりと基礎のできた和食らしい和食、むやみに創作に走らない料理と控えめでありながら確実なサービスと相まって接待などではなく、自腹で楽しむ料理屋かなと思います。昼は女性グループの会食、夜はカップルや同姓の仲間でカウンターで好きなものをアラカルトで楽しむなどが良いのかなと思います。

看板ものれんも控えめです

最近の和食屋や飲食店は、○○さんの野菜や××産のブランド肉、△△漁港直送の魚・・・と、料理の腕前以上に素材を前面に出したり、見た目が派手なコースやお値打ちだけを売り出すなど本末転倒、チグハグな部分もあるように思いますが、こちらのお店は派手さはなくても、支払った料金以上の満足感を得られる和食、日本料理を愉しむことができるかと思います。この次は夜にお邪魔したいですね。


旬のお料理 すだち

静岡市葵区鷹匠2丁目12-1 丸山ハイツ (静岡大成高校近く)
054-221-1550 11:30~14:00(OS13:00)、17:30~22:00(OS21:30)
日・祝日休み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。