2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:グルメ(長野県) の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の実@長野県山ノ内町

kage

2011/10/16 (Sun)

清冽なる蕎麦と、豊潤なる蕎麦ピッツァの競演! 山の実

蕎麦の細道は険しくて遠いものです。これは作り手もそうですが、食べ手もそんな感じがしています。蕎麦屋のおいしいお店は東京や大阪など大都市にもたくさんありますが、それ以上に蕎麦の産地や地方に存在しています。日本でも有数の蕎麦処信州でも松本や長野などの都市部だけでなく山奥にも点在しています。今回紹介する山の実もまさにそんなお店の一軒です。

翡翠色の蕎麦ですよ

スキー場がたくさんある山ノ内町の中でも北志賀高原と呼ばれる一角、竜王スキーパークの中にお店があります。しかも麓のベース部分ではなく、ゲレンデの途中になります。夏場はクルマで登ることができますが、ゲレンデが開設されている時は板を履いていないといけないような場所になります。上はホテル、一階はレストランというゲレンデにはお馴染みの形態のお店になります。

このお店を使って春から晩秋に掛けて営業しているのが山の実です。夏場のスキー場は来る人もほとんどいないのが実情ですが、このお店だけは噂が噂を呼んで営業日は開店前から人が詰めかけます。この日はお盆ということもあってか私が行った12時前にはウェイティングが5組以上いました。

店内に立派なピザ窯がありますよ

長野市などの都市から遠く、志賀高原や野沢温泉、湯田中温泉などのメジャーな観光地からも離れているにもかかわらずこれだけの蕎麦ファンが押し掛ける理由はそのおいしさとオリジナリティだと思います。私もこのお店の前に戸隠で蕎麦を食べてきたにも関わらず、わざわざ来た甲斐があった、待った甲斐があったと大満足でした。

こちらのお店はゲレンデ内の洋風レストランを使っているので内装に関しては一昔前のゲレ食といった感じで蕎麦を食べるには似つかわしくありません。が、利点は冬場にも活躍している店頭部分の本格的な石窯が備えていることです。専門の職人さん、ピッツァヨーロが休むことなくピッツァを焼いています。これがこの店の魅力の大きな部分を占めていると思います。なお、ピッツァは持ち帰りもOKです。

これがメニューですよ

この石窯で焼いた蕎麦粉のピッツァと10割の生粉打ち蕎麦、さらに自慢のそばがきがセットになった2000円の山の実セットが人気ですが、あいにくとこの日は蕎麦が終わってしまったということで、そばがきと須賀川そばピッツァをお願いしました。肝心の蕎麦が食べられなくなり、ここでテンションが下がりました。なんせここまで前の店から1時間近くかけて移動して、1時間近く店内で待ちましたからね。

が、うれしいことに蕎麦のキャンセルが出て1枚なら蕎麦を食べることができるようになりました。もちろん、注文しましたよ。後からネットで検索したらこのようなことは間々あるとのことでした。しかし、蕎麦は限定枚数しか用意していないので、こちらのお店に行くなら開店前に到着するか、山の実セットを予約するのがよろしいかと思います。

季節の野菜の漬物です

最初にテーブルに登場するのは季節の野菜の漬物です。田舎のお店ならではの姿と味をしています。この日はきゅうりに夕顔、枝豆の浸したものでした。これは北信州の蕎麦の名店ふじおかの影響を受けたもののようで、素材の良さを殺さない自然な味付けがたまりません。

こんなそばがき見たことない!

次は手挽き蕎麦がきです。噂通りの緑色をしています。おまけに蕎麦粉の粒々が見えています。蕎麦がきはふんわりとなめらかというのが普通ですが、これはふんわりの中にザラッとした蕎麦粉の舌触りの違いと同時に蕎麦の香りを同時に楽しむものだと思います。蕎麦好きの人達が他にない唯一無二のものだと絶賛しているのもわかるような気がしますが、私自身は蕎麦がき自体それほど好きではないので、次回は無しということにしたいと思います。

さて、次はお待ちかねの蕎麦の登場です。緑色がかった蕎麦という表現をすることがありますが、こちらの店はまさしくそれがぴったりなうぐいす色、翡翠色をしています。おまけに細くきれいに切り揃えられています。この表情を見ているだけで「うまいだろうなぁ」と思ってしまいます。果たして塩をちょっことつけてたぐると、蕎麦粉の香りが口の中いっぱいに広がります。

十割とは思えない繊細さですよ

私も蕎麦の名店、有名店で蕎麦を食べてきましたが、こちらの蕎麦は香りという点では群を抜くものを持っていると思います。塩、山葵、付け汁それぞれで楽しむと違った感じを受けます。塩は蕎麦の香りと味をよりシャープに、山葵はより複雑に、付け汁はよりまろやかにするように思いました。が、蕎麦の重要な脇役である汁自体がもうひとつとの印象を持ちました。江戸風のキリッとした鰹節が効いたものだったら魅力がなお一層増したと思いました。

とはいえ、この蕎麦の香りと味わいは夏場にも関わらず凄いものがあると思います。その理由は、近くにある自家農園の蕎麦粉を使っているうえに、地下にある保冷庫に玄蕎麦のまま3度で保存し、毎日安山岩の石臼で必要な分だけ挽いているからだそうです。しかもこれだけ淡麗で繊細な蕎麦を自己流で完成したというのですから凄いものがあると思います。研究熱心なのと研鑽を積んでいるのでしょう。ベテランの完成したバランスの良い蕎麦も良いものですが、こちらのような若い主人が打つ成長する蕎麦も楽しいものですね。

蕎麦粉のピッツァです

ラストの〆は蕎麦粉のピッツァです。一番人気の須賀川そばピッツァをお願いしました。須賀川というのはこの店の近くにある蕎麦の産地のことで、おやまぼくちという野草をつなぎに使って打たれているのが特徴です。その名称を使っているのとのことで、土台の生地に蕎麦粉を使っているうえにトッピングに蕎麦粒を載せてあります。

さらに信州らしくえのき茸のトッピングと白味噌がソースに入っています。私はピッツァはナポリ風のモチッとした厚めのものが好きですが、蕎麦粉が主体となっているのと高温の石窯で焼かれているので薄くてもパリッとしています。この生地はいいですねぇ。下手なピッツァ専門店よりも余程おいしいと思います。

薄いけど歯応えバッチリですよ

この生地に合わせたトッピングとソースも秀逸です。白味噌ベースのまったり甘しょっぱいものに、シャキシャキとしたえのき、香ばしいネギとプチプチと口の中ではじける蕎麦粒、さらにたっぷりと載せられたチーズ・・・と、他ではけっして味わうことができない蕎麦粉のピッツァだと思います。これはお土産にしたいのもわかる気がしますね。

以上、これだけ堪能して2人で3000円ちょっとというのですからある意味安いと思いました。まぁ行きにくい場所ですが、北信州方面へ行ったらまた是非とも行ってみたいお店の一軒です。それにしても蕎麦という小さな実を3種類とはいえ、これだけおいしく食べさせてくれるのは食べ手としてはうれしい限りです。蕎麦という深くて魅力ある世界を広げてくれる稀有なお店だと思います。

スキー場のゲレンデの中にありますよ

と、こちらのお店は季節営業のうえに営業日が土日祝日の昼間だけというハードルの高さはありますが、蕎麦好きなら一度は出かけていただきたいお店だと思います。今年の営業はあと1ヶ月ほどですが、紅葉真っ盛りですし、近くには良い温泉もたくさんありますから観光旅行に出かけてみてくださいね。きっと蕎麦世界の違う一面を見せてくれると思います。


石臼挽き蕎麦香房 山の実

長野県下高井郡山ノ内町竜王高原(北志賀ホリデーイン内) 
0269-33-7577 11:30~14:30
土日祝日営業 4月終わりから11月23日頃まで営業

スポンサーサイト

山乃幸@長野県原村

kage

2010/11/07 (Sun)

本場の天然きのこを気楽に楽しむ! 山乃幸

今年の秋はきのこが大豊作だということです。夏の猛暑とそのあとの長雨の影響ということらしいのですが、きのこ、それも天然のきのこということになると気になるのが毒きのこの存在です。素人は当然のことながら勉強していても生半可な知識では防ぎきれないことがあるのでやっかいです。そんな時頼りになるのがプロのお店です。そんな一軒が長野県は八ヶ岳山麓の原村にある山乃幸です。

秋といったらきのこです

長野県の原村というと、高原のペンション村として一世を風靡したエリアですが、このお店があるのは純粋の農村と里山が混在している牧歌的なエリアにあります。風景は北に八ヶ岳、南に甲斐駒ケ岳と勇壮な山岳に囲まれていてドライブするにもぴったりな場所です。周辺には観光スポットもたくさんありますし、中央高速諏訪南や小淵沢インターからほど近いので途中下車するのも楽です。

こちらのお店は年中営業しているのですが、真価を発揮するのは秋のきのこの季節だと思います。ご主人さんが無類のきのこ採り好きということで、格安に色々なきのこ料理を楽しむことができるのです。店頭では地のきのこを販売しているほどです。しかもその価格が露天で販売しているお店や農産物直売所よりも安いほどなんです。ちなみにこの日の松茸は一本4000円でした。

季節料理が楽しめます

きのこ料理というと鍋に天ぷら、焼き・・・など色々ありますが、このお店では思いのほか手軽な値段で楽しむことができます。きのこの王様、土瓶蒸しでも700円、天ぷらで600円という値段です。これくらいならあれこれ楽しむことができます。おまけにこの手のお店の常であるいらないものが色々付いてくるコース、お膳仕立てでない質実剛健さがいいですね。

本来なら土瓶蒸しといきたいところですが、訪問する数日前に自宅で食べたばかりでしたので、天ぷらときのこそばときのこご飯のセットをいただきました。天ぷらは、焼きと同様にきのこのおいしさをストレートに味わえる料理だと思っていますから。

天ぷらは最高ですよぉ

しばらくして到着した天ぷらは、ショウゲンジにハナイグチ、クリタケが入っています。天つゆもついてきますが、揚げたてはやはり塩が合います。このような天然のきのこは食べる機会が少ないのでそれぞれの味の評価は難しいのですが、シャクシャクとしたり、ふんわりとしたりきのこが違うだけで風味や食感が微妙に変わってくるのです。松茸のようなわかりやすい香りや味はそれほどでもありませんが、野生味、苦みなどが噛みしめているほどに感じられます。

このような感想を持てるのも天ぷらの揚げ方や粉など調理法が良いからだと思います。けっして都会の天ぷら専門店のような江戸前の鋭い揚げ方ではないのですが、かといって山奥の旅館の天ぷらのようなボテッとした重いものでもない、きのこ、それも雑きのこに合うイタリア料理のフリットのような衣が適度に付いていてサクッと揚げてあり、なおかつ中はきのこの旨味を残すようになっていると思います。

この天ぷら、2人で1皿で足りるかと思ったのですが、想像以上のおいしさで迷わずもう一皿追加してしまいました。少し残したものはきのこ蕎麦に入れて2度楽しんだほどです。この天ぷら、秋はきのこですが、春には山菜で楽しめるようです。こちらも天ぷらにすると抜群ですからね。

きのこの出汁が出ています

もうひとつのきのこ蕎麦は、これまたきのこが色々と入っています。観光地のドライブインのようなどこにでも売っているようなきのこやきのこの水煮を使うのではなく、天然の地のきのこを贅沢に使っているのです。こちらの方はきのこの出汁、旨味が煮ることによってエキスとなって蕎麦汁に溶け込んでいます。

この汁だけを飲んでもこのお店に来た価値があると思いました。醤油や返し、鰹などの出汁は控えめで、きのこの旨味、滋味を十分に引き出すように配慮されているので、なおさらきのこの味わうことができました。おまけにきのこ自体もヌルッとしたりシャキシャキしたり・・・と、それぞれの食感を楽しむことができるのです。

それからこの蕎麦の良い点は蕎麦自体がなかなかのものだということです。八ヶ岳周辺にある脱サラ系こだわり手打ち蕎麦屋よりも下手したり上ではないかと思うほどです。温かいもので食べたので評価は難しいのですが、この地が昔からおばあちゃんが自宅で気軽に蕎麦を打っていたので、レベルが高いのだと思います。

シメジご飯もいけます

この蕎麦についてきたきのこご飯もシメジの旨さがご飯にマッチしています。香り松茸、味シメジと言いますが、まさしくそんな感じです。ご飯の量もけっこうありますから男性でもこのセットなら満腹になると思います。同じようなセットでは山の幸定食というのが人気があるのがわかります。

こちらのお店は、きのこや山菜料理に関して本格的なものが出る穴場のお店だと思うのですが、不思議とネットやガイドブックではそれほどヒットしないのです。観光客やマニア、グルメ食べ歩き派ではなく、近所、近郊の人が気軽に寄るお店だと思います。この日も地元ナンバーの車で来るお客さんで一杯でした。地元の人でもやはりきのこ料理を食べるならこの店という認識があるようです。

近所の憩いの場です

と、秋のきのこの季節はもちろんのこと、春の山菜、夏の川魚、冬の馬刺しや鹿料理など店名の通りの山の幸を気軽に楽しめるお店だと思います。お店の人もフレンドリーですし、あれこれきのこや山の幸についても教えてくれますし、松茸などのブランドきのこでない雑きのこをあれこれ楽しむにはぴったりなお店だと思います。

きのこのお土産もできますよ

今年のシーズンはそろそろ終わりでしょうが、来年の春の山菜、秋のきのこシーズンには一度は訪れても損はないと思います。我が家ではこの日の料理だけで火がついて店頭でショウゲンジとクリタケをお土産に買って鍋にして楽しみました。鍋に出る天然出汁はやはり一級品でした。我が家では、小淵沢のアウトレットとセットで毎年秋の恒例になりそうです。

P.S.店名は山乃幸と山の幸と、乃の扱いが情報源によって微妙に違っています。
  小松山荘という素泊まり民宿を隣に併設しています。


山乃幸(山の幸)

長野県諏訪郡原村中新田18673
0266-79-6211 11:00~14:00 17:00~20:00
月曜日休み(祝日の場合は火曜日休み)

天神坂@長野県飯田市

kage

2007/09/23 (Sun)

地のきのこを満喫しよう! 天神坂

味覚の秋到来! 食いしん坊にとっては秋から冬にかけてはおいしいもののオンパレードになってきます。そんな中でも秋のきのこ料理は外せない旬の料理ですね。そんなきのこを思いっきり味わえるのが長野県は南信濃の飯田にある季節料理の天神坂です。

松茸としょうげんじです


このお店、店以上に店主の松永モモ江さんが有名です。春の山菜、夏の摘み草、秋のきのこ、冬の山肉と四季それぞれの地元の季節料理をあれこれアレンジしておいしく出してくれる料理屋さんです。土日などは名古屋などの都会から田舎のおいしい料理と女将さんとの会話を楽しみにくるお客さんで一杯になります。

場所が静岡から遠いので、なかなか行きにくいのが難点ですが、秋の季節には1回は行くようにしています。その理由は松茸を食べること、地のきのこ(雑きのこ)を食べることの2つです。松茸だけを食べるなら静岡でもどこでも食べることができますが、国内産の松茸を格安にひとり1本食べられて、おまけに珍しい雑きのこを色々とおいしく食べることのできるお店って此処以外なかなか思いつかない貴重なお店だと思っております。

これが看板と暖簾です


秋のお店はまさにそのような思いをしたお客さんで一杯になります。事前予約が必須です。予約の際は予算を言って後はお任せです。予算は松茸の相場によって変わってきますが、5千から7千円でしょうか。これできのこがたらふく食べることができるのですからお値打ちだと思います。

メインの松茸は「焼き」「しゃぶしゃぶ」「すき焼き」の3つから選びます。店のおすすめは「しゃぶしゃぶ」です。鹿児島黒豚の3枚肉とレタスと地のきのこがついてきます。この日は「しょうげんじ」という見るからにきのこという形の鍋にぴったりのきのこがついていました。ここでは料理の一品ということで全てが軽めの量となっています。

しゃぶしゃぶして食べます


このしゃぶしゃぶ、お出汁も薄めなら豚肉も脂が少なめのアクが出ない上等なもの、さらに野菜もレタスのみと全て松茸の香りと味を殺さず生かすものばかりです。このおかげか松茸のシャキシャキ感と香りの良さを堪能できます。口の中が松茸の香りで満たされる幸福感は秋ならではのものです。

さらにしょうげんじ、別名コムソウの松茸とは違った楽しみ、合間に食べる豚肉の濃さ、レタスのしんなり感・・・と、松茸との対比とバランスの妙が味わえる鍋でした。もちろん後で飲む汁も松茸としょうげんじの味が出ていて抜群です。松茸の土瓶蒸しワイルド版って感じでしょうか。

シャキシャキ感がたまりません


この日は松茸が豊富だったのか女将さんの機嫌が良かったのか、この後に「焼き」と「フライ」の2つが出てきました。フライは相方の「松茸のフライっておいしいですよね」の言葉に反応して「これ小さいものだけどフライにしたから食べてね」との言葉で出してくれました。これだからお任せ、ライブ感のあるお店って良いですね。

焼き松茸は松茸料理の雄だけあって、シンプルイズベストのおいしさです。アッという間に食べてしまって勿体ないけれど香りと歯応えの楽しさは一番味あえるかもしれないですね。お金持ちになったら飽きるまで食べてみたいです・・・。フライは、香りよりもシャキシャキ感を感じさせてくれますね。

松茸フライは初体験です


このお店、松茸以外にも地のきのこが沢山でてきます。こちらの方が主力かもしれません。女将さんが自ら山へ採りに行ったものから仕入れた
もの、さらにきのこ採りが趣味の人からおすそ分けしてもらったものまで何種類もの地のきのこが手を替え品を替えて登場してきます。おひたし、雑きのこのお椀、炒め物・・・と。

山に自生するきのこの味は、普段スーパーに並ぶ栽培もののきのことは生命力、味の濃さが違いますね。クロカワ、こうたけ、ハナイグチなど出て来るきのこそれぞれの味、歯応えが個性的で他を持って変えがたいものがあります。これらの個性的なきのこに合った料理法をおいしくササッと手短に出してくれるのは、まさにモモ江さんマジックとも言えます。

雑きのこの椀物ですよ


きのこって食べれば食べれるほど不思議さが増してきます。本当に奥が深い食材だと思います。「こんな不気味なもの食べられるの??」というものや「このヌルッとした食感、シャキシャキな食感、未体験!」という新たな発見があります。常連さんではないけれど、秋になるときのこ採りに夢中になる人が増えているのも納得できます。

このお店、最初から最後までお任せで何が出てくるかわかりません。秋の献立ではきのこ料理だけでなく、肉から魚、野菜、さらにゲテ物まで何でもアリです。このお店に行くなら好奇心旺盛で好き嫌いがないとダメなのかもしれません。

馬刺しも出て来ました


肉料理では信州の料理では定番の馬刺し、魚料理では川魚の甘露煮といったものが出て来ます。馬刺しはロースのあっさりとした中にコクと旨みが詰まったもので、牛とは違うおいしさがあります。川魚は今日は小鮒でしたが、やはり海育ちのものには海の魚が合っているようです・・・。

メインデッシュというかおまけ?でスズメバチの幼虫、蜂の子と成虫?が出て来ました!ザザ虫や蜂の子などのゲテ物は信濃地方では昔から貴重な蛋白源として珍重されていたそうですが、現実に目の前にするとやはりグロいです。エイヤッと食べてみると、見た目ほどはまずくありません。おいしいとは言えませんが、食べられることを実証しました。おまけにもうひとつの効能も・・・。

これが噂の蜂の子です


〆のご飯は、晩秋からは自家製の手打ちそばが出るようですが、この日は残った松茸のしゃぶしゃぶで雑炊を作ってくれました。これまた勿論おいしいです。こんなには無理かもというくらいにキャパシティが少なかったにもかかわらず最後まで食べ尽くしてしまいました。

と、きのこを中心として南信濃地方のスローフード、普段では食べることのできない料理が多くて料理好きには参考になることが、食いしん坊には新たな発見が多く、最初から最後まで楽しむことができます。料理の完成度では割烹料理屋さんには負けますが、素材を生かした料理というか素材そのものが他の料理屋さんには出ることが少ないのですから貴重だと思います。

店主の個性、店の個性、常連さんの個性、素材の個性・・・と、個性の塊みたいなお店ですから好き嫌いが分かれるかもしれませんが、山里の料理に興味のある人は一度行ってみても損はないと思います。


天神坂

長野県飯田市松尾町3-5(飯田信用金庫西支店近く)
0265-24-8050 17:00~23:00 不定休(事前予約がお勧めです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。