2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:グルメ(居酒屋・BAR) の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥焼き 喜平@沼津市

kage

2012/03/18 (Sun)

女性だけで営業している職人肌の正統派焼鳥屋! 喜平

焼鳥でも焼肉でも炭火焼のおいしさは独特のものがあると思っています。特にそれが紀州の備長炭だったらなおさらのことです。継ぎ足された伝統のタレが炭に落ちて、立ち上る香りが肉に閉じ込められてえも言われないおいしさへと昇華していきます。まさに肉を焼く最良のパートナーだと思ってしまいます。

ネギマですよ

そんな備長炭の良さを味わうことができるのが沼津市にある鳥焼き 喜平です。本来の店名は七が三つのキなのですが、喜で表記していきます。場所は沼津の繁華街である仲見世商店街からちょっと入ったところにあります。専用の駐車場もあるのも良いですね。

焼き鳥屋もそうですが、お酒と一緒に愉しむ居酒屋的な業態ではやはりカウンターが主体としたお店が似合うと思っています。こちらのお店はまさにそんなお店で長い一枚板のカウンターが目を引きます。さらにカウンターの隅にはきれいに仕込まれた串が並ぶネタケース、真ん中には焼き台が置かれています。なにはなくても中心が焼き台というのが良いですね。

ネタケースがきれいです

こちらのお店の焼鳥は一本200円前後です。大衆的な焼鳥店とするとちょっと高めですが、これには訳があるのです。普通の焼鳥屋のものより長めの18センチのうなぎ用の串を使っているのでボリュームがあるのです。これくらいのボリュームがあると一本でも満足感があります。

こちらのお店では7本組みのコースもありますが、今日はアラカルトでお願いしました。その理由は専門店ならではの豊富な部位が揃っているからです。まずは大好きな砂肝とお尻の肉であるボンボチを塩で、レバーをタレでお願いしました。塩とタレを好みで選べるのは今や当然ですが、迷ったらご主人が合う方をアドバイスしてくれますよ。

砂肝とボンボチです

さて砂肝からいってみましょう。コリッとした食感、噛みしめるとジワーと湧き上がる旨味の対比がなんといっても砂肝の醍醐味でしょう。塩気と後から振る七味の辛さがたまりません。塩気がちょっと強いのともう少しレアっぽい方が好みですが、素材の良さが十分に伝わってきます。ボンボチ(ボチボチ)はあふれる肉汁と脂身のもつこってりさを炭火で焼くことで適度に落とされるのが旨さ倍増です。

焼鳥の基本ともいえるものにネギマがあります。こちらのお店では鳥ネギ(一番上の写真)のメニューで出ています。親鳥のプリッとした食感と適度な柔らかさと炭火の香り、合間に食べるネギのシャキシャキ感との好対照が最高です。炭火焼の焦げるおいしさ、強い香りは塩よりもタレの方かもしれません。

丁寧に焼いています

この鳥ネギでも感じることができましたが、こちらのお店ほどお店の人が丁寧に焼き台で仕事をするお店は少ないかもしれません。焼き鳥屋には珍しい女性店主が炭の管理、串を何度も観察しても焼きのチェックなどプロの技、職人の矜持みたいなものを見ることができます。カウンターでこれらの作業を見るってのも楽しいものです。

野菜焼きもちゃんとありますよ

肉の間には野菜も食べなくてはいけませんね。こちらのお店にはしいたけや銀杏、えのきなど各種揃っています。今日は玉ねぎを食べてみましょう。これまた炭火で焼かれている効果が辛味が上手に抑えられていておいしく食べることができました。野菜といえば、こちらのお店の付きだしは大根おろしなんですね。肉~大根おろし~肉というローテーションは口の中をさっぱりとさせてくれます。

あとは、鶏皮、ネック、つくねなどを色々と頂きました。最初の頃で塩気が強いのが分かったので塩を弱めでお願いしたらちょうど良い塩梅になりました。この塩の強さというのは客層が高めの方が多いのか沼津という土地柄なのかわかりませんが、女性の方などは最初から塩を弱めでお願いした方がよいかと思います。

鶏皮焼きですよ

最近の焼鳥屋はメインの焼鳥だけでなく居酒屋顔負けのメニューが揃っているのが普通ですが、本格派のこちらのお店では、お茶漬けや焼きおにぎり、スープネギマ丼などのご飯もの、冷奴、厚揚げ、漬物などのおつまみなどそれほど多くはありません。あくまでも串焼きがメインという位置づけなのは潔くて良いと思います。一軒で済ますのではなくはしごをする前提といて使うのがよろしいのかもしれませんね。

洒落た看板です

と、こちらのお店は昭和の頃には当たり前にあった本格的な焼鳥屋、大衆的な赤ちょうちんよりちょっと高めのおいしい焼鳥と全国から選ばれた日本酒と焼酎、ビールを楽しむ大人のお店だと思います。女性店員さんだけというのも店の清潔さ、3種類ある唐辛子の品揃えなどちょっとした心使いなど気持ち良く飲んで食べることができる良さに繫がっていると思います。おいしい焼鳥を食べたい、炭火焼の焼鳥を体験したいという人には一度行ってみてもらいたですね。


鳥焼き 喜平

沼津市八幡町13(市立第一小学校近く)
055-951-4648  17:00~22:30
日曜日休み(祝日は営業)

スポンサーサイト

やぶや@島田市

kage

2011/06/12 (Sun)

どじょう料理+アルファのお楽しみ! やぶや

夏場の料理というとウナギが思い浮かびますが、同じ川魚類にドジョウがあります。東京の下町にはどじょう料理の専門店があり人気を得ていますが、静岡県ではほとんど出す店がありません。そんな中、島田の駅前にあるやぶやはどじょう料理を季節の各種料理を出す店として近隣ではちょっと知られています。

どじょうの旨さがよくでてます

こちらのお店は昭和の時代からありますが、最近になって新しい店舗になって居心地も使い勝手も格段と揚がりました。大きな厨房を囲む椅子席のカウンターと宴会も可能なお座敷に分かれています。この日は平日にも関わらず10席余のカウンターはほぼ満員の人気ぶりでした。お客さんの平均年齢は高めでした。しかも常連さんが多いようで皆思い思いの料理とお酒を楽しんでおりました。

どじょうの料理というとなんといっても柳川鍋とどじょう鍋が双璧といっていいと思います。しかも丸のままと裂き(開き)の両方を好みで使い分けすることができます。どじょう好きの間では丸こそ通の証しという人も多いようですが、私はコリッとした食感よりもどじょうの旨さを優先したいので開きの方が好きですね。まぁこの辺りはウナギの関東風と関西風の違いと同じ感じかもしれませんね。

柳川鍋ですよ

最初は柳川鍋をお願いしました。定法通りの薄型の一人用の鍋にアツアツのものが運ばれてきます。薄口ながら上品でしっかりとした自然感のある出汁の上に牛蒡の笹がき、卵でとじられたどじょうが三位一体となって楽しませてくれます。懐かしくもホッとする味ですね。

この柳川鍋には山椒が合うのですが、どじょうのストレートの旨味というよりも、どじょうを料理の素材のひとつとしていかにおいしく食べさせるか?を考えた調理法だと思います。万人向けという面もありますが、歴史ある定番料理はやはり安心できる味に仕上がっていると思います。

どじょう料理があれこれ楽しめます

オープンキッチン+カウンター席の良さのひとつに調理をしている板前さんの話を聞きながら食べることができることだと思います。私が座った目の前は親方のまな板でしたので、どじょうをさばいたり開いたり、薄い身に串を器用に打つのを見たりできました。鰻料理はテレビで見ることがありますが、より小さいどじょうの調理はまさにプロでないと無理だなぁと感心することしきりでした。

さらにこちらの親方は、良い意味で口が達者な方でどじょう料理のあれこれや歴史、江戸のどじょう料理とやぶやの料理の違いなどを謙虚に話をしてくれました。例えば、柳川鍋というのは、風になびく柳と川面の姿を模した風流な食べ物ということで、隣の席の常連さんも何十年と通っていたけど初めて聞くとのことでした。どじょう料理について興味ある方は親方の前の席に座ることをお勧めします。

天ぷらも本格的ですよ

それから、こちらのお店の良い点はどじょう料理だけではありません。居酒屋以上割烹未満という言葉がありますが、割烹並かそれ以上の一品を楽しめることができるのです。ビールのお供にキスとかさごの天ぷら盛り合わせをお願いしたのですが、これがカラリと揚がっているのに中はふんわりという魚介類の天ぷらとしてはこれ以上ない仕上がりになっていました。

この天ぷらを塩で食べるとどじょう料理と同じように天ぷらも職人さんに作ってもらうのが一番だなぁと思わずにはいられませんでした。さらに他のお客さんが裏メニューとして天丼を食べていたのですが、これまた天ぷら専門店顔負けの表情をしていました。次回はこれをお願いしたいですね。

どじょう料理以外のメニューは、刺身に天ぷら、野菜料理など素材の良さをプロの技でよりよくして楽しませるものが多いようで、カウンターには冷蔵ケースの中には魚介類が、上には新鮮そうな野菜が乗っています。さらに京都のおばんざいのように大鉢にはいった料理も3,4品ありました。常連さんが多いお店では季節のものがサクッと食べられるのも重要なポイントですからね。

米茄子の田楽です

そんな野菜の中から米茄子の田楽をお願いしました。どこにでもあるような定番メニューですが、これが京都の割烹で出てくるような旨さでびっくりしました。西京味噌で出来た田楽味噌が生クリームでも入っているようななめらかさとコクが出ているのです。

この田楽味噌のおいしさは、京都の有名な味噌屋の最高級品を使っているだけでなく、隠し味を加えて丁寧に根気よく練っているかだそうです。このおいしさの秘密は親方の息子さんが京都の料亭でしっかりとした修行をしてきたのも大きいかと思います。揚げ物も刺身のひき方も流石と思わせる所作でしたので、やはりという感じでした。

どじょう鍋は直球勝負ですよ

この辺で要のどじょう料理に戻ることにします。こちらには竜田揚げやかば焼きなどもありますが、やはりどじょう鍋(一番上の写真)を食べないわけにはいきません。ネギ多めの開きでお願いしました。どじょう鍋には一味唐辛子の方が合うようです。

柳川鍋はふんわりやさしい味わいが特徴ですが、こちらはストレートにどじょうの味を楽しむことができます。もっとどじょうが入っているくらいでもいいくらいですが、泥臭さも全くない川魚特有の滋味あふれる味わいが薄めのだし汁とたっぷりの白ネギの軽やかな鮮烈さと相まってアッという間に完食してしまいました。まぁ鍋ですからアツアツをフーフー言いながら食べるのがいいですからね。

うなぎのおむすびです

居酒屋や割烹には、どの店にも〆のご飯類や麺類がありますが、こちらのお店の名物はうなぎを使ったおにぎり「うなむす」になります。一日限定16個ですので、店に入ったと同時に取り置きをしてもらった方がいいかもしれません。私も2個お願いしました。このうなむすは一個250円といううれしい値段です。

うなむすはひとつはそのまま、もうひとつはうなむす茶漬けにしてもらいました。お茶漬けの方はプラス100円加算されます。うなむすのうなぎの蒲焼の端っこをうなぎのタレでまぶしたおにぎりに巻き込んだもので、そのままコンビニで売り出せば大人気間違いなしの旨さです。山椒をちょっと振りかけてかぶりつけば、プチうな丼の醍醐味を味わうことができます。

うなぎのおにぎり茶漬けです

もうひとつのお茶漬けはこれを具にして出汁茶を掛けたもので、こってりとしたうなむすとさっぱりとした出汁茶のバランスが飲んだ人にはぴったりだと思います。わさびをちょっと加えてもいいかもしれません。そうそう、これに付いてくる糠漬けの盛り合わせももちろん手造りで抜群のおいしさでした。別口で頼む人も多いとのことも納得できるものでした。

居酒屋というと、アルコールを抜きにして語れませんが、ビール以外に日本酒や焼酎も揃っていますが、惜しむらしくは品揃えが今一つといったところでしょうか。日本酒は志太地区の日本酒あれこれが、焼酎は芋や蕎麦、麦などポピュラーなものでも一通り揃っているとさらに魅力がアップするかと思いました。

この提灯が目印ですよ

と、こちらのお店は歴史のあるだけに常連さんには居心地が良くて一見さんには敷居が高いと思われるかもしれませんが、そんなことは全くなく、若い人でも違和感なく溶け込むことができるかと思います。今時の創作系の居酒屋へ行くよりも多少お金が掛かるかもしれませんが、季節のおいしい料理とどじょう料理を楽しむことができることができるのでトータルすれば満足感は高いと思います。

改装してきれいになりました

島田市は江戸時代から街道でも有数の規模を誇っていただけに昔ながらの居酒屋や小料理屋が多いのですが、探せばこちらのお店のようなキラリと光る隠れた名店がたくさんあるようです。どじょう料理が好きな人はもちろんのこと、どじょう料理を敬遠していた人も一度行ってみてあれこれ食べてみれば納得できるかと思います。気になる予算もひとり飲んで食べても5千円程度かそれ以下だと思います。なお週末などは予約がお勧めです。


どせう・四季料理 やぶや

島田市栄町3-2(JR島田駅北口近く)
0547-36-5115  17:00~22:30
定休日日曜日、祝日

伝吉山@牧之原市

kage

2011/04/17 (Sun)

釣り道楽が高じて店を開きました! 伝吉山

趣味や道楽を極めていくと、自分でそれらを生かして独立したり、店を開きたくなってしまうものです。飲食関係では蕎麦打ちとかケーキ屋なんかが多いですね。そんな中、釣りが好きで好きでたまらなくなって店を開いてしまったのが今回の伝吉山です。お店の場所は牧之原市、旧榛原町になります。

これで2500円はバカ安ですね

魚料理のおいしい店というと、魚屋が開いているとか魚市場の目の前とか昔ながらの割烹なんかが思い浮かびますが、趣味性の高い店、こだわりのあるお店ということになるとこちらの店も負けていません。なんせ自分達が釣り上げてきた魚を主に(ほとんど)扱っているからです。ですから行く前に良い魚があるかどうか?漁が出来たかどうか?を聞いてからいくことが必要になってきます。

魚料理の楽しみは色々あるのでしょうが、私を含めて普通の人ならば刺身の盛り合わせ(一番上の写真)ではないでしょうか?地の魚が一度に色々と楽しめるのは料理屋ならではのものだと思います。もちろんこちらのお店で看板料理になっています。そしてうれしいことにこれが安くておいしいのです。東京はもちろんのこと静岡市の繁華街の店に比べれば半額以下だと思います。

玄関のところにとれたての魚があります

予算的にはその日に捕れたものによって違いますが、ひとり1000円程度から大丈夫です。今日は2人前で2500円でした。この日は鯛に鯵、地の蛸にイカ、サゴシ、カンパチなどがたっぷりとのっています。割烹料理屋のようにひとり一切れなんてことはなく何枚でも食べることができます。これにご飯があれば刺身定食が完成するほどのボリュームです。

鯛の焼き霜造りと白子です

さらに入れ忘れたということで途中で鯛の焼き霜造りと白子が出てきました。この白子がねっとりしていて日本酒に最高に合ったということです。その他のものでは鯵が良かったですね。体長50センチは超える大きな鯵は脂が乗っていながら締まっている最高のもので、どこか関鯵のような風格さえありました。その他のものも新鮮だったり、丁寧に生き〆されていたり、寝かされており、見た目だけが豪華な刺身盛りとは一線を画す食べておいしいものでした。

魚料理、それも外で食べてみたい料理に煮魚があります。この日も「今日はどんな煮魚ができますか?」と尋ねたところ、メバルなどと一緒に候補にあがったのが魚の王様、真鯛の兜煮でした。もちろん天然の一本釣りものです。3キロを超える大物の兜ですから食べごたえがあります。

煮魚の王様、鯛の兜煮です

大きくてちょっと深い皿に盛られた兜は、獰猛な歯を見るだけでその大きさがわかります。甘くて濃く感じる煮汁なのに白身の鯛と合わせると不思議と後味がさっぱりとするおいしさはプロの仕事です。刺身の時はご飯をお願いしなかったのですが、さすがにこの時は白いご飯をお願いしました。

煮魚の煮汁をスプーンですくってご飯にかけてその上に豪快に身をのっけてガシガシと食べるおいしさは唸るしかありません。おもわずニコニコしてしまう一瞬ですね。しつこくない煮汁がご飯とよく合います。魚と一緒に煮込まれたゴボウと豆腐が箸休めにぴったりです。

お通しも自家製の魚料理です

そうそう、料理屋、居酒屋で最初に出てくるお通しですが、こちらの店では作り置きのものでなく、その場でちゃんと作ってくれるのでアツアツのものが出てきます。この日はサゴシの竜田揚げでした。ほっこりとした身にちょっと酸っぱいタレが南蛮漬けのようでスターターとして、また箸休めとして楽しむことができました。

煮魚の次は、焼魚か魚の唐揚げか迷いましたが、この日はカサゴの良いものがあるということでこれを唐揚げでお願いしました。大き目なものをじっくりと2度揚げするので時間がかかります。煮魚もそうですが、おいしいものは時間がかかるということですね。それからこちらのお店では刺身にしても何にしてもとても丁寧に作られています。お客さんが多いと料理が出てくるのに時間がかかりますが、酒でも飲みながらのんびりまったりするのが良いと思います。

カサゴの唐揚げです

さて、カサゴの唐揚げですがこれまた良かったですね。まるごと揚げてありますので、皮や骨、頭まで全て食べつくすことができます。ほっくり淡泊な白身はもちろんおいしいのですが、それに負けないくらい縁側の部分や皮、頭の部分がカリカリザクザクしていておいしかったですね。これには日本酒よりもビールのようでした。

それからおいしい魚と肴とくれば酒を忘れることはできません。ビールはヱビスなど定番がありますし、日本酒は岐阜の銘酒三千盛、山形のなど辛口のものが、焼酎もなどしっかりと揃っていますし、値段も500円前後とお手頃です。もちろんボトルキープも可能です。

海鮮ピザもいけますよ

と、これで満腹大満足となったのですが、お隣さんからうれしい差し入れをいただきました。海鮮ピザなんですが、女将さん手造りの生地やソースなど、これが和洋折衷のおいしさがありました。サクッとした生地に明太子マヨネーズのソース、海老や帆立などのトッピングにたっぷりのチーズ、さらに上から振りかけられたハバ海苔の磯の香がたまりません。人気メニューというのもうなずけます。

人気メニューというと、こちらのお店では〆に伝吉飯という釜飯を出しています。その日のお勧めの魚を豪快に入れたもので、鯛や鯵など日替わりで出てくるそうです。家庭ではけっしてできないスペシャリテということですし、炊飯器では作ることができないオコゲがおいしいということで、中高年の皆さんに懐かしいと親しまれているそうです。私はオコゲ好きではないのでそれはどうでもいいのですが、魚の釜飯には惹かれますね。

カウンターの上に大きな大漁旗があります

と、これだけ食べて烏龍茶一杯とビール中生一杯、日本酒と酎ハイ一杯で合計7500円ほどでした。煮魚と唐揚げは時価ということでしたが、ボリュームたっぷりで1000円から1500円程度は安いと思いました。メニューに値段が書かれていなくても気にせず頼むことができるのはうれしいですし、これも可能なのは自分で釣ってくるからでしょうね。

我が家では今まで焼津や沼津、清水など県内外の港町で魚がおいしいと言われているお店にあちこちに出かけてきましたが、こちらの店はそれらに負けない魅力と価値があると思います。メディアやネットではまだまだ露出していませんが、おいしい魚、見せかけだけの魚、魚をシンプルにおいしく料理したものを手頃に食べるなら少しくらい遠くても出かける価値はあると思います。これからの行楽シーズンドライブ帰りに寄ってみても損はないと思います。

この暖簾が目印ですよ

こちらの店は、カウンターも座敷も掘りごたつ式でゆったりと食事ができますし、しつらえやトイレの清潔さやアメニティーなどサービス面もしっかりとしています。なにより地元の坂井平田漁港から毎日のようにご夫婦で釣りに出かけていき、その獲物をいかにおいしく食べてもらうかを真剣に考えて料理の研鑽を積んできたご主人とそれをフォローする女将さんの2人3脚ぶりが良いですね。またそれらを応援している常連さんも排他できてなく一見さんを温かく迎えてくれたのも好印象でした。

ということで、こちらのお店はリピート確定し、春夏秋冬おいしい魚が食べたくなったらまた出かけると思います。なお、地元の人でもわかりにくい場所にありますので、クルマで行かれる方はご注意ください。


漁師肴 伝吉山

牧之原市静波2806-1(静波海水浴場、柴田歯科医院近く、勝間田川沿い)
0548-22-3707 18:00前~23:00 月曜、火曜休み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。