2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:グルメ(食堂・洋食) の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とん汁 枡形@磐田市

kage

2012/06/10 (Sun)

これぞ、昭和の大衆食堂だっ! とん汁 桝形

最近、幹線道路沿いに「まいどおおきに〇〇食堂」というチェーン店のお店が増えています。昔懐かしい大衆食堂、一膳飯屋を現代風に仕立て直しているお店です。今も昔も、好きなおかずを自由に選んで自分好みの定食にして楽しむというスタイルは一定の人気がある証拠だと思います。今回紹介する枡形は昭和の時代から続く、由緒正しい大衆食堂といっていいと思います。

自分で定食を作る楽しみがあります

こちらのお店があるのは旧国道1号線の天竜川橋の東側になります。ここは磐田バイパス、国道1号と旧国道1号の3本が集まっている場所になります。この手のお店、ドライブインは昭和の時代には国道沿いには当たり前のありましたが、今はチェーン店やファミレス、ファーストフードのお店に押されて本当に少なくなりました。今でもちゃんと営業を続けているのはそれだけ人気があって、お得意さんに愛されている証拠だと思います。

大衆食堂にも色々なスタイルがありますが、こちらのお店はガラスケースの中に色々なおかず、惣菜が並んでいるのをお盆に好きなだけのっけていって、ご飯と汁ものを注文するという形です。面白いのはお勘定は食べている最中に店員さんがテーブルにきて、伝票に書いていって食後に清算という形をとっていることです。現代風のものはカフェテリア方式に最初にお勘定ですからね。

ここから選びます

で、こちらの売りは店名にもなっている豚汁です。これは大衆食堂にはなくてはならない汁ものの王様だと思います。ご飯とこれとおかずの一品でもあれば立派な定食が完成すると思います。こちらの豚汁は家庭で食べられるような野菜が色々入っているものでなく、豚肉と豆腐とネギしか入っていません。シンプルゆえに誤魔化しがきかないものなんです。

この豚汁ですが、豆腐、味噌、豚肉、出汁の材料にこだわっているうえに丁寧な作り方、さらに大量に作ることによって他の物とは一線を画すものに仕上がっていると思いました。ちょっと温いのはマイナスと感じましたが、たっぷりと入ったなめらかな豆腐、脂身がほどよく融けた豚肉の甘さ、三種の味噌をブレンドした味噌の旨さがバランスよくマッチしています。しょっぱいとかくどいということがない上品ささえ感じる豚汁になっていると思いました。なお、豚汁のテイクアウトもありますよ。

看板商品の豚汁です

次はおかずの選択です。ガラスの冷蔵ケースの中にはサラダ、酢の物、野菜の煮物、天ぷら、フライ、魚の煮付け、肉料理など数多くの小鉢やお皿が並んでいます。最近の総菜屋やバイキング料理のお店では変わったもの、創作系、洋風の料理が多くなっていますが、こちらのお店は昔ながらのおふくろの味、慣れ親しんだ昭和のおかず、定番のものが多くなっています。基本的に作り置きですが、揚げ物などはその都度揚げていますし、注文により温め直しもやってもらえます。

こちらのような自分でメニューを組み立てる場合、最初は何を選んでいいのか迷ってしまいますが、こちらのお店で食べてほしいものが豚汁と並んで看板商品となっている鯖の煮付けです。醤油と味噌味があります。今回は大好きな味噌煮を選んでみました。見ただけでおいしそうなオーラが出ています。

鯖の味噌煮はお土産もできますよ

でも肝心なのは味ですね。味についても見た目通りのストライクのものでした。厚い身はぱさつくことなくほっくりとしてちゃんと味噌が絡まっています。味噌ダレは濃すぎることもない程よいもので、白いご飯のお供としては最上級の出来栄えだと思います。自宅ではなかなかできない熟練のおふくろの味わいって感じです。これまたテイクアウトができますし、長期保存できるようなパック入りのものまであるのが納得できる仕上がりでした。

まぐろの刺身です

あとは好みやその日の体調、カロリーを考えて選べば良いと思います。他のテーブルでは、ポテトサラダや冷奴、刺身など色々でした。我が家では、マグロとイカが入った刺身と魚フライを選んでみました。こちらの刺身の売りはマグロということなのですが、果たして脂がちゃんとのっていてビールのつまみにしても十分通用するものでした。焼津や清水辺りのマグロ専門店顔負けのものでした。

もうひとつの魚フライは、鯵にイカ、帆立が入っていました。フライは他には海老などもありますし、冬場には牡蠣フライも人気があるようです。食堂のフライといったらソースをかけて豪快に食らいつくといったイメージがありますが、こちらのものもそんな感じです。ちょっと厚めの衣のフライですが、素材が良いのでもたれることなくおいしく食べることができました。

ミックスフライです

今回はこれだけのものを食べてみたのですが、食べての感想は値段はちょっと高めながらその価値はあるなぁと思った次第です。素材がちゃんとしているうえに醤油や塩、昆布などの調味料までこだわっているのが良い味に仕上がっている秘密だと思います。料理しているのはベテランの職人さんで、凝った見た目重視のものでなく、見た目は普通なのに食べてみると滋味あふれるもの、というある意味贅沢な料理と言えるかもしれません。最近主流となった化学調味料を多用した濃いめ、インパクトのある料理とは一線を画したものもオヤジには有難いですね。

あと、大衆食堂の基本はご飯です。こちらのものは大中小のサイズがあります。値段はちょっと高めですが、地元の契約農家で作ってもらったものを炊いているのでツヤツヤでお箸が進みます。なおお茶も地元のものですし、昔から地産地消を実践しているようです。そのあたりについてはこちらをご覧ください。

老舗ですよ

と、こちらのお店は創業60年を超えた老舗の大衆食堂ですし、店舗を見ると若い人は入るのを躊躇してしまいますが、一度試してみればその価値がわかると思います。お客さんの多くは年配の人、昭和世代ですが、若い人、料理が好きな女性にこそ試してみてほしいお店だと思います。昔ながらの料理の良さが再認識できるかと思います。

創業60年以上の老舗ですよ

なお、店の向かいには大川屋というもう一軒の大衆食堂があるのですが、このライバルの存在も枡形の高レベルの味わいにプラスしているのかもしれません。あれこれ頼んでいると1000円を超えてしまって今時の食事情からすると高く感じてしまいますが、安いだけの店とは違う実力を感じることができるかと思います。調理人、プロの方々も足を運ぶのが納得できるものだと思います。ただ残念なのは日曜休みなのでそうそう足を運ぶことができないことです。


とん汁 桝形

磐田市小立野343(旧国道一号天竜川橋東側)
0538-35-4344 10:00~14:30 17:00~19:45
日曜日休み
スポンサーサイト

お好み焼き・大阪京橋@静岡市葵区

kage

2012/03/04 (Sun)

大阪仕込みのネギスジ焼きが楽しめます! 大阪京橋

最近なにかと話題の大阪ですが、食の分野においてもおいしいもの、それも安くておいしいものの宝庫といえるかもしれません。なんせ食い倒れの街ですからね。そんな大阪を代表する食べ物のひとつにお好み焼きがあります。数ある粉ものの代表といってもよいかと思います。

鰹節が踊っています

この本場大阪のお好み焼きを気軽に楽しめるのが北街道と国1バイパスの瀬名インターが交差する近くにある大阪京橋です。店名にもしっかりと大阪の地名が入っています。目印は店の前の鉄人28号です。静岡人にとっては京橋というと東京の日本橋近くの京橋の方が有名かもしれませんが、大阪人にはテレビCMでも有名な繁華街、ターミナル駅ですね。

こちらのお店は昔ながらのお好み焼きの風情があります。大きな鉄板が鎮座するカウンターとテーブル席と小上がりがあります。メニューはお好み焼きにもんじゃ焼き、焼きそば、居酒屋メニューに静岡おでん、本格的なプレス機で焼くイカ焼きまであります。

スジコンがたっぷり入っています

今日の目的はなにはなくてもネギスジ焼きです。最近では全国的にもお馴染みになったメニューですが、静岡では出す店が少なかったり、出ていても本場のものと比べるとイマイチってことが多いものです。こちらの店では「ねぎすじ玉」の名前で出ています。

お好み焼きのポイントは材料の良し悪しと焼き方の2つが大きいと思うのですが、こちらの店は材料は本格派、焼きは大将自ら最後まで面倒みてくれるので、お客は食べるだけといううれしさです。お好み焼き屋によっては自分で焼くお店もありますが、外で食べるならやはりプロに焼いてもらいたいものですからね。

葱が効いています

ねぎすじ焼きといったらなんといっても牛スジの出来次第だと思います。ボリュームと味付け、ホロホロと崩れる柔らかさなんだけどしっかりと旨味が残っているのが大事だと思うのですが、こちらものはその点でも納得できました。ボウルの上半分にたっぷりと入っているスジ肉を見た時にはテンションが上がりました。

さて、焼きに入りました。ネギの青さが目にしみます。両面が程よく焼けたら仕上げに入ります。うれしいことに鰹節は大きな花かつおと細かなもの、ソース、しょうゆの別、さらソースは辛めのものと甘目のものの差まで好みにしてくれます。私は醤油でお願いしました。大阪の有名店で食べた醤油味のものが気に入ってからすっかりネギスジ焼きは醤油派になりました。

大将が焼いてくれますよ

さあ出来上りです。アツアツを食べてみると、まさしく大阪の味です。ネギが九条ネギではないのがちょっと残念ですが、ほっこりと空気がはいった生地の中から顔を出す牛スジとシャキシャキのネギの風味、アクセントとなっているこんにゃく・・・と、ひとつひとつはバラバラなんだけど、小麦粉のつなぐ力によって見事にひとつにまとまっています。ワイルドだけど繊細さはネギスジ焼きでないと味わうことができないものだと思います。

もう一枚は基本中の基本である豚玉を焼きそば入りのモダン焼きでお願いしました。イカや海老などをいれたミックスも捨てがたいですが、やはり基本が大事ですからね。こちらのものもうれしいことに豚肉が厚く大きくてガッツリといけます。静岡のお好み焼きだど薄いバラ肉とか細切れなんてこともありますから、この本場の迫力は良いものです。

基本の豚玉ですよ

こちらはソースでお願いしました。鉄板で焼かれたソースの焦げる香りとマヨネーズの酸味がベストマッチです。そうそう、焼きの前の一番大事な混ぜですが、さすがのプロの技を見させてもらいました。シャッシャッシャと高速回転で空気を十分に生地に入れてふんわりと鉄板にのせられていました。キャベツの具合もちょうど良かったですね。

焼きが上手なんですから出来たものもおいしかったですね。脂身がカリッと焼けた上質な豚肉が存在感を出しています。お好みの生地自体が良いので焼きそばは要らなかったかもしれません。こちらのお好み焼きは最近主流の豪華絢爛なお好みではなく、大阪の庶民の味としてのお好み焼きといった感じでビール片手にアツアツをほうばるとおいしいものといった感じだと思います。

店の前には鉄人28号がいますよぉ

今回はこの2枚しか食べることができませんでしたが、メニューはたくさんあります。夜には居酒屋として利用できるほどです。冬場には牡蠣などもありますし、もんじゃまで揃えてあります。この辺は静岡という難しい土地柄もあるのでしょうが、私としてはお好み焼きをお勧めしたいですね。特にネギスジ玉は他の店では食べられない迫力と旨さがありますからまだ食べたことがない人はチャレンジしてもらいたいですね。

と、静岡ではおいしい大阪風のお好み焼きが食べられなくて残念と思っている人、ネギスジ焼きってどんなものなの?と思う人など一度行ってみて損はないと思います。そうそう、阪神ファンの人もお勧めです。店内にはたくさんの虎グッズが飾られていますよぉ。私は今度はプレス機でジューと焼かれたイカ焼きを食べてみたいですね。


お好み焼きもんじゃ焼き 大阪京橋

静岡市葵区川合3丁目10-21(静岡東高・国1BP瀬名インター近く)
054-265-0704 11:30~14:00、17:00~23:00(平日、土)11:30~22:00(日、祝日)
定休日 木曜日

東富士山荘@駿東郡小山町

kage

2011/09/18 (Sun)

富士山の天然きのこを食べ尽くそう! 東富士山荘

秋の味覚は数々あれど、その中でも天然のきのこを外すことはできません。このブログでも毎年のようにきのこを楽しめるお店を紹介してきましたが、今回は地元静岡県のお店です。とはいっても簡単に行けるお店ではありません。なんせお店があるのは富士山の5合目ですから!

きのこの王様です

こちらのお店、東富士山荘は、4本ある富士山登山口のうちの須走登山口の終点、5合目にあります。行き方は、御殿場から山中湖へ向かう138号線と東富士有料道路の分岐から冨士あざみラインを黙々と登った所になります。標高は2000メートルですから、行きも帰りもけっこうハードです。ただ道幅がしっかりとあるので問題ありません。が、10月になると下界では雨でも雲上は雪やみぞれになることがあるので注意が必要です。

静岡県人にとって富士山5合目といったら富士山スカイラインから続く富士宮口がポピュラーですが、須走口はその陰に隠れて目立たない存在です。しかし、これが幸いしてかこじんまりとしていて雰囲気が良いのです。樹林帯もありますし、観光地化されていなくて玄人好みの仕立てになっていると思います。ここから徒歩20分ほどで小富士というビューポイントへ行けるハイキングコースもありますよ。

富士山の5合目にありますよ

さて、東富士山荘ですが見た目はごく普通の富士山の山小屋です。入口付近はお土産が並び、その奥に食堂があるという配置です。ただそのメニューが只者ではないのです。なんせご主人さんがきのこの本まで書いている富士山のきのこ博士なんですから。御存じのようにきのこは毒と食用の見分けが難しいですから、プロがいるというのは大事なポイントになります。

こちらのお店には山小屋では当たり前のカレーとかうどん、ラーメンなどもありますが、お客さんのお目当てはきのこ料理です。しかも毎年楽しみにしている常連さんが多いようです。確かにきのこ好きなら毎年ここまで足を延ばしたくなる魅力があると思います。

きのこ料理だらけですよ

その魅力あるメニューはガッツリいきたいか、きのこ中心にいきたいかで変わってくるので、本当なら4人ほどできてあれこれ頼むのが一番だと思います。今回は、きのこ鍋セットに松茸メニューから松茸うどんをお願いしました。なお松茸は採れる量が限られるので当日の朝に電話して取り置きしてもらうことをお勧めします。

下界で食べる松茸料理といったら土瓶蒸しに焼き松茸、ごはん、すき焼きといったところですが、こちらではパスタにうどんといった豪快なものになります。そう、贅沢に松茸を使うからこそできるメニューなんですね。今回はうどんをお願いしました。値段は1500円です。

まるごと1本松茸が入っています

うどん屋や蕎麦屋にも松茸うどんやそばといったメニューが限定で登場しますが、こちらのものほど大量の地の松茸が入っているお店もそうそうないでしょう。なんせ大き目な丼いっぱいに松茸が散らばっているのですから。もちろん、これだけ入っていると顔を近づけただけで松茸独特のうっとりする芳香が広がっていきます。この匂いだけで白いご飯が食べらそうです。

匂いだけでなく、味も抜群です。キコキコシコシコとした歯ごたえのあとに口いっぱいに広がる松茸の香り。まさに香り松茸の本領発揮です。まさに秋を満喫しているひと時といっていいと思います。ただ、うどんの汁の出汁や味付けがイマイチに感じました。私はもっとシンプルに塩と薄口醤油だけの方が、より松茸の魅力が増すように思いました。が、いつもならアッという間に終わってしまう松茸スライスが飽きるほど食べることができるのですから贅沢を言ってはいけませんね。

きのこ鍋です

もうひとつのきのこ鍋は雑きのこを何種類もいれたものです。きのこ好きの人のブログなどを読んでいると必ずといっていいほど出てくるのが多種多様のきのこをいれた鍋とかホイル焼きのおいしさです。松茸や舞茸などの名の知れたきのこではなく、一般的に出回らないような通のきのこを何種類もいれて、ただ煮るだけ、蒸し焼きにするだけで複雑で重層的なおいしさに変化するのですから不思議なものです。

こちらのお店のきのこ鍋は1200円で旅館などでお馴染みの小鍋にあふれんばかり一杯に出てきます。固形燃料でグツグツと煮込まれたものは、ポン酢も要らないおいしさです。出汁や香りを楽しむ以上に、ぬめりのでたきのこやツルリンとしたきのこ、シャクシャクしたものなど名前は知らないけど滋味あふれるきのこをそれぞれ楽しむことが一番だと思いました。

きのこご飯です

このきのこ鍋にはきのこご飯がついてきます。これまた薄い醤油味で炊かれているだけですが、香りと食感がいけるのです。そのまま食べてもいいのですが、私は贅沢にも松茸のスライスを載せたのにきのこ鍋の汁を入れてきのこ雑炊にして食べました。これはこれで最高の〆の一品になりました。なおうれしいことにきのこご飯は一杯に限りお代わりが可能です。

きのこ茶ですよぉ

さらに食後には珈琲もサービスされますし、食前にはきくらげの先付ときのこ茶が付いてきます。店員さんも全員がハキハキとしたサービス振りで好感が持てます。特にご主人さんはきのこに関しては絶対の自信を持っているので、あちこちのテーブルを回ってはその日のきのこについて語っておりました。それによるときのこの旬、最盛期は9月一杯で10月末までは色々なきのこを楽しむことができるそうです。

と、こちらのお店は、きのこ好きなら時期や天候をみて一度は行くことをお勧めします。きのこパスタやきのこピザなどの洋風メニューもあるうえにボリューム満点で、ひとり一品頼めばお腹一杯になります。色々と愉しみたいときにはボリュームを減らしたMサイズや大盛りも可能です。

山小屋の雰囲気満点です

また、こちらのお店は山小屋といっても道路に直結していますからギューギューに押し込まれるということや相席になることもありません。ただおしぼりが出ないことやトイレが公共の有料なものになるなど下界とは違うこともあるので注意が必要です。あと防寒対策は忘れないようにしてくださいね。

それにしても、きのこというのは奥が深い食材だと思います。時期や場所が限られているうえに素人には手がでにくいやっかいなものだからこそ、一年に一度や二度は食べたくなる魔力があると思っています。そんな魅力の一端をこちらのお店で実感するのも悪くはないと思います。なお、こちらの山荘は朝早くから営業していますので、きのこの在庫や状況について行く前に電話確認するのが良いかと思います。

2軒目の山小屋ですよぉ

そうそう、東富士山荘は冬は閉店するのですが、そうすると麓の須走で山小屋という居酒屋になります。こちらも気になりますねェ。


東富士山荘

0550-84-5057
駿東郡小山町富士山須走口登山道新五合目
054-84-5057  7:00~18:00 4月中旬~11月下旬まで営業 その間は無休

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。