2005 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2005 10

カテゴリ:グルメ(愛知県) の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食堂松月@愛知県蒲郡市

kage

2011/06/26 (Sun)

秘密にしておきたい漁港前の食堂! 松月

旅行やドライブが好きで、食べることが好きなものにとって、どこで何を食べるかは大きな問題です。地のおいしいもの、地元では食べられないものを優先することになります。特に周りを海に囲まれている日本では海の幸はその筆頭になるかと思います。海の近くでおいしい魚介類をお手頃に食べたいと思う人は多いと思います。

新鮮な魚介類がてんこ盛りです

が、観光地や大都市に近い海辺の飲食店の多くは観光地値段だったり、安いけど地の魚ではなくイマイチだったりと、なかなか満足のできる店はないのが現状だと思います。そんな中、愛知県蒲郡市でお手頃で魚がおいしく、なおかつメディアやネットに余り登場しない隠れ家的なお店に行くことができました。なんせあの某巨大グルメ系口コミサイトにまだレビューがないんですから!

こちらのお店は食堂・松月と、大衆食堂、地元の人のための食堂然としています。建物は最近になって改築したのでピカピカで機能的ですが、メニュー表をみるとラーメンや丼、定食などごく普通の食堂となんら変わりませんし、日曜日のランチ時でも多くのお客さんがこれらを注文しています。

黒板には魚メニューがずらり

が、魚のメニューを注文してみると、地の魚をウリにしている近くのお店を遙かに凌駕していると思います。魚が好きな人なら店内の黒板メニューを見ただけで「タダ者でないな」、「これは期待できそうだ」と思うはずです。この日は日替わりの刺身定食1850円、赤コチと穴子の天ぷら950円、豆アジのマリネ250円をお願いしました。他にも煮魚やフライなど気になるメニューは多かったのですが泣く泣く我慢しました。

刺身定食は、漁港前や海の幸をウリにしているお店ならどこでもある平凡なメニューですが、その中身となるとピンキリです。お店の実力と考え方を見るにはぴったりなものだと思います。こちらの店のものは、目の前に登場した時はちょっとびっくりしました。食堂のそれではなく、まぎれもなく割烹や料理屋のものに見えたからです。

眼でも楽しませてくれます

この驚きは食べてもゆるぎないものになりました。この手のお店の常道である安定的に提供できるマグロや甘エビ、ホタテ、サーモン、ウニなどを盛ることなく、目の前の三河湾で獲れた地の魚や貝類で勝負しています。これが本来の姿なんでしょうが、最近このようなお店って本当に少なくなりましたからうれしかったですね。

この日の皿には、赤イカ、スミイカ、穴子の焼霜造り、トリ貝、タイラ貝、鰹、カサゴの姿造り、黒ムツ、コチ、鯛、シャコ、タコと豪華です。三河湾は全国的にも魚種、特に貝類においては屈指の漁場ですから旬のものがこれだけ揃うんですね。どれもおいしくハズレのものがなかったですが、特に黒ムツの上質な脂のとろける旨さ、穴子やシャコのジューシーさ、イカやタコの甘さ・・・などなどどれもが特徴的で、口に食べるたびにニコニコしてきてしまいました。

定食には小鉢が付いてきます

この刺身の定食にはご飯とみそ汁、漬物のお決まりのほかに小鉢が2つついてきました。ひとつは小さな渡り蟹の蒸し物、もうひとつはタコの酢の物です。箸休めどころか、蟹は良いビールのつまみになりました。小鉢まで海の幸なのはうれしい限りです。

さて、天ぷらはどうでしょうか。普通は野菜などが入ってくるんでしょうが、こちらもうれしいことに魚介類オンリーです。内容は赤コチに穴子、イカ、小エビと笹かき牛蒡のかき揚げです。初めから塩と天つゆがついてきます。海鮮ものには塩が合いますからね。

天ぷらも盛り合わせです

味については、これまた食堂という名前から考えるとびっくりするくらい上手に揚げてあると思います。東京の天ぷら専門店までとはいきませんが、地方都市の天ぷら店に伍するものがあると思います。良い素材の持ち味を生かすために、衣は薄く、ふんわりと仕上げています。

赤コチは、天ぷらの定番ネタであるメゴチとキスの間のような感じで、淡泊な白身は揚げることによってより真価を発揮しているように思いました。穴子は私の中では海老と並ぶ天ぷらネタの横綱的な存在ですが、こちらでもほっこりホコホコに揚がっていました。欲をいえばもう少したくさん食べたかったですね。

豆アジの南蛮漬けです

箸休めとして頼んだ豆鯵のマリネは、いわゆる南蛮漬けなんですが、心配した甘く濃い味付けでなく、薄味で上品なものに仕上がっていました。これはどの料理にも共通するのですが、塩や醤油、味醂の塩梅が好みのもので、ガツンとはっきりとした味付けが多い漁港前の漁師料理の店にありがちなものでない、現代風な味付けは女性やお年寄りにはうれしい配慮かと思います。

と、こちらのお店は蒲郡の形原漁港の目の前という地の利を生かして、旬の魚貝類を刺身、煮付け、天ぷら、フライ、焼き・・・と、素材に合った調理法でお手頃な値段で提供してくれています。パッと見の値段は近所の行列ができる海鮮料理の店に負けるかもしれませんが、内容と質に関してはけっして負けることなく優れていると思います。

日替わりの定食がありますよ

蒲郡という名古屋から日帰り圏の観光地でありながら、昔ながらの漁村で出前や地元民の気軽な食堂という形が功を奏してか、量や見栄えを求める人や派手さを追及するメディアに荒らされることなく、知る人ぞ知るというお店で営業を続けているのはある意味、奇跡と言っていいかもしれません。このブログは名古屋圏の人は余り読む人がいないので書くことにしたほどです。願わくば某巨大口コミグルメサイトや名古屋圏の有名グルメブログに載らないで欲しいですね。まぁ私が言うのもおこがましいのですが・・・。

改装してきれいになりました

ということで、蒲郡は静岡市や浜松市からの気軽にドライブで行ける場所ですから、う三河湾のおいしい魚介類を食べたいと思ったら訪ねてほしい一軒です。我が家でも四季それぞれの魚を食べに行きたいと思った次第です。リピート決定のお店です。欲をいえば4人とか6人くらいで出かけて魚料理をあれこれ食べつくしたいものです。なお、天候によっては魚種が少なくなることがあるのでお気を付けください。


食堂松月

蒲郡市形原町三浦町12-10(形原漁港近く)
0533-57-3322 11:00~15:00(L.O14:30) 16:30~21:00(L.O20:30)
水曜日休み

スポンサーサイト

ヤマ伍三矢商店@愛知県西尾市(旧一色町)

kage

2010/07/18 (Sun)

海老せんの概念が変わるかも! ヤマ伍

今年も本格的な夏の到来となりました。そうなるとおいしくなってくるのがビールですね。ビールのお供に乾き物がありますが、その中でも海老せんべいは、その塩気と香ばしさから上等のつまみになると思います。愛知県一色町は海老せんべいの生産量日本一の町で、町のあちこちに工場が建っています。また近隣の蒲郡や知立には大型の海老せんべいの直売所があり、多くの観光客で賑わっています。お土産としても定番ですよね。

半生の海老せんですよ

そんなお馴染みの海老せんべいですが、こちらの海老せんべいとして売られているものの中に、普通のものとはちょっと違うものがあるんです。乾きものの範疇を越え、半生の状態の海老せんなのです。普通の海老せんの賞味期限が半年位に対して、これは製造日から10日間しかありません。しかも保存は冷蔵庫なるのです。チョコに対しての生チョコ、キャラメルに対しての生キャラメルのように軽めのカルチャーショックを味わうことができます。最初に食べた時には「今まで食べてきた海老せんって何だったのだろうか?」と思ったほどでした。

海老そのままがわかりますか?

この海老せんべいは、三河湾特産の赤しゃ海老の頭を落としたものにお芋のでんぷんを軽くまぶしたものをプレスしてあるだけです。普通の丸い海老せんの海老含有量が高級なものでも30%くらいなのに、これは80%以上の感じなのです。そう海老そののままみたいなんですよ。おまけに味付けは軽めの塩だけなので自然の海老の旨さを味わうことができます。

おいしい食べ方は、オーブントースターで2,3分温めてカリッパリッとさせてから食べることです。もちろんそのままでも良いのですが、温めることで海老本来のおいしさが再現されると思います。特においしいのは尻尾でカリッとした食感と香ばしさはたまりません。身の方も噛み締めるとちゃんと海老本来のふっくらさを感じることができます。

500円でたっぷり入っています

この海老せん、うれしいのは味だけではないんです。工場直売のためムダな経費が掛かっていないので、とてもお値打ちなんです。普通はこれだけの商品だと一匹ごとに大層に包装して高くなるものですが、8cmから10cmほどの海老が15~18匹ほど入っていて税別500円なんです。一匹というか一枚30円程度なんですから、うれしくなってきてしまいます。ちなみに、この商品はレジのあるカウンターに載っていますよ。

この海老せん、そのままおつまみやおやつとして食べてもいいのですが、料理にも使えるという裏技があります。海老天の代わりにお蕎麦やそうめんのトッピングとしてもよいですし、ちぎってお好み焼きなんかにも使ってよいと思います。今回はお遊びで海老の寿司と対比してみました。なかなかのものでしたよ。

海老のお寿司と比べてみてください

ただ、難点は、この半生の海老せんべいは生産量、販売量が限られていることです。工場がお休みになる土日などには売り切れてしまうことが多いので、あらかじめ電話予約してから出かけることをお勧めします。デパ地下によくある愛知県の海老せんのお店でもこの手の海老そのままの姿焼きせんべいを販売していますが、値段、味ともに我が家では断然、こちらのお店のものに軍配を上げております。もちろん、人にあげても喜ばれています。

このお店の半生シリーズには海老のほかにもタコがあります。三河湾はタコも有名ですからね。800円の小さいサイズとその上のものがあります。こちらも賞味期限は10日間です。お店ではこちらのものをプッシュしているのですが、我が家は海老の方が好みです。

タコの姿焼きもありますよ

その理由は、タコの姿焼きは味醂を使っているので甘いのです。タコの旨みと甘みとやわらかさは良いのですが、この甘さがちょっと苦手なんですね。そうはいってもこのタコの半生せんべいも他のお店では余り見ることができません。普通のものはもっとギュと堅いですからね。おやつとして食べるならこちらの方が好きという方もいるかもしれません。イメージとしては、港付近の観光センターなどで販売しているイカのソフトプレス焼きに似ていると思います。

以上は、半生シリーズでしたが、こちらのお店の主力製品は、他の海老せんべい屋と一緒のように色々な味と形のせんんべい類です。しかも自社のオリジナル製品だけでなく、大手メーカーの下請け製品を製造しているので、その種類は驚くほど多いのです。好みや海老の含有量、用途をお店の人に尋ねてアドバイスを受けるのが良いかと思います。

海老せんべいの切り落としです

今回は、海老の含有量が多く、風味抜群の固焼きせんべいの切り落としを買い物求めました。デパ地下の海老せんべい屋で馴染みのある海老せんべいの丸い形を作るときに出る端っこを集めたものです。鯛焼きのバリみたいなものですね。これもとてもお値打ちですし、味も変わりませんから、自分の家で食べるなら問題ありません。

味は、海老の味がとてもよく出ています。しかもこちらのお店の方針として科学調味料や香料の味付けを極力さけ、自然の味を大事にしていることです。また機械を工夫して従来は手焼きでしかできなかった高級せんべいも機械で作れるようにしたことでコストダウンに成功したとのことです。詳しくはこちらに書かれています。

店の中はせんべい満載ですよ

今回はこれくらいでしたが、お店に行くと本当に色々な種類のものがあります。地元の人はそれぞれの好みや贔屓のものがあるようで、この日も後から入ってきたお客さんが「これこれ、これがおいしいのよ」「この前、これを買ったらおいしかったのよ」などと話をしながら大量に買っていきました。それもこれも工場特売ですからお値打ち+壊れやセール品があるからでしょう。やはり何でも産地で買うのが一番ですね。

工場に併設されているから安いのです

と、今回のお店はネットでもほとんどといっていいほど情報が出ていないお店です。我が家でも2年前に偶然飛び込みで入って買った半生の海老せんが余りにもおいしくツボにはまったので、蒲郡、岡崎方面へ行った際には寄り道するようになった次第です。といっても1年に1回くらいしか行けないのですが・・・。このお店は国道沿いの目立つ場所にありますから、三河湾、特に一色さかな広場へ遊びに行く際には寄り道しても損なないと思います。特に半生の海老せんべいは、電話予約してでも食べる価値ありだと思います。


ヤマ伍三矢商店

愛知県西尾市一色町大字治明字大戸前10(一色高校近く)
0563-72-8117 9:00~19:00 年中無休
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。