2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

カテゴリ:グルメ(スイーツ) の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケセラセラ@下田市、ル・シェル・ブルー@浜松市中区

kage

2012/12/23 (Sun)

アップルパイ対決! ケセラセラVSルシェルブルー

明日はクリスマスイブです。1年で一番ケーキとチキンが売れる日です。前回は焼き鳥屋でしたので、今回はケーキ屋の紹介になります。私が大好きなアップルパイが評判の2軒です。下田市と浜松市という静岡県の東南端と西端のお店になります。

DSCN8459.jpg

・ケセラセラ

下田市はいわずと知れた南伊豆の主要都市であり、伊豆急の終着駅、歴史ある港町、温泉町としていくつもの顔を持っています。地理的な要件から最近は元気がありませんが、観光都市だけに多くの飲食店が点在しています。しかし、観光客向けのお店も多く、入ってがっかり、買って落胆なんてことも往々にしてあることも事実です。

そんな中、下田駅からちょっと入った場所にあるケセラセラは観光客よりも地元の人に大人気のケーキ屋です。店は数年前に移転オープンして、イートインコーナーもある立派なものになっています。外壁は白、内装はナチュラルな木の質感と白い壁を生かした、明るい感じの中に落ち着きさもちゃんとあります。

DSCN8451.jpg

この日はお目当てのアップルパイを予約しておきました。これは大人気の商品で、予約しないと午前中には売り切れてしまうことも多いとか。あとはこれまた季節もののマロンパイを買ってみました。なんせパイ好きなので、この手のものに飛びついてしまうんですよね。

さて、家に帰ってから食べてみました。アップルパイは、ケーキ屋のものというよりパン屋で売っているような感じに見えます。上にはキャラメリゼされた信州は安曇野のりんごが輝いています。見た目はボリュームもあって、そそるルックスをしています。

これは食べてみてもはっきりとわかります。パイ生地はサクサクホロホロの極薄いもので、きれいな層になっています。醗酵バターの香りも芳醇でカロリーは高いんでしょうが、そんなことは忘れてしまうようなおいしさがあります。りんごの酸味と甘みとのバランスがよく、優等生的な満足感あふれるアップルパイです。

DSCN8457.jpg

もうひとつのマロンパイもアップルパイと同じようにボリュームたっぷりで、ひとつ食べるとしっかりと満足することができます。この辺りの塩梅は地域性もあるのかしりませんが、男性にはうれしいと思います。中のまるごと一粒グラッセされた栗も上手に仕上げられていました。やはり栗というのはお菓子にすると抜群の存在感をあらわしますね。

と、今回は名物のマドレーヌやロールケーキ、シュークリーム、プティガトーなどは食べることはできませんでしたが、手頃な値段でそれ以上のコスパを感じることができる日常使いのケーキ屋だと思いました。この質と値段、ボリュームの総合力の高さは修行先の東京・自由が丘の名店モンサンクレール仕込みのなせることだと思います。

DSCN8452.jpg

さらにこちらのお店の良さは店員さん、特に奥様の笑顔とサービスが素敵なことです。自分のお店のケーキを愛していることがちゃんと伝わってくる自然さは、観光地下田にあって貴重なことかもしれません。冬には厳しいですが、テラス席もあり、南伊豆、下田方面へ出かけた際に甘いものが欲しくなったら寄り道しても後悔しないと思います。

・ルシェルブルー

浜松市は静岡県で一番人口の多い都市であるとともに数多くのケーキ屋やパン屋がしのぎを削る街でもあります。特に佐鳴台周辺は高級住宅街として知られているだけに、それを象徴しているような地区になります。そんな中にあって、こちらのお店は地元のお客さんを中心に愛されているお店です。

DSCN8674.jpg

こちらのお店は、白とブルーを貴重にしたかわいらしいもので、清潔感にあふれています。店名の青い空そのまんまです。店内には大きな冷蔵ケースがあり、色とりどりのプティガトーが微笑んでいます。まさにそんな言葉が似合うようなやさしさがこちらのケーキから感じることができます。

今日は目的のアップルパイと栗の入ったガレットブルトンヌを買ってみました。アップルパイは280円というお手頃な値段ですが、けっこうなボリュームがあります。パイ生地は、基本通りのサクサクハラハラとしたもので、中のフィリングのリンゴは程よい煮込み具合で生地とのバランスが良いですね。

DSCN8659.jpg

生地のバターの香りはそれほどでもありませんが、逆にこれくらいの食べやすいのかもしれません。誰でもが安心して食べることができるおいしさがあると思います。生地が焦げないように慎重に温めて食べると、よりおいしく食べることができます。

もうひとつのマロン入りのブルトンヌは、パイと同じように丁寧に作られているのがわかります。上の生地がもう少しパリッとしている方が好みですが、これまたこの大きさでこの値段というくらいお値打ち感があります。

DSCN8672.jpg

今回は食べてみませんでしたが、プティガトーに関しても、ミルフィーユが食べやすいようにカットされていたり、お客さん目線で応対してくれたり、ケーキがある日常を演出するにはぴったりなお店だと思います。こちらのお店はパティシエール(女性パティシエ)がオーナーなんですが、東京の名店、イルプルーシェルラセーヌの流れをくむお店だけに、その片鱗を感じることができるのも良い点だと思います。

DSCN8661.jpg

と、どちらのお店も競争が激しいケーキ屋の中にあって、しっかりと修行をしてから店をオープンし、さらに地元のお客さんの嗜好にあわせつつ、自分や修行先のカラーをちゃんと出しているのがいいですね。どちらの店も出かけてみて損はないと思いますよ。


ケセラセラ

下田市敷根3-40(伊豆急下田駅近く)
0558-25-6720 10:00~19:00
火曜日休み

ル・シェル・ブルー

浜松市中区佐鳴台2-2-5(県営佐鳴台団地、佐鳴台小学校近く)
053-440-1819 9:30~20:00
火曜日休み(祝日は営業)

スポンサーサイト

友野、おひさま@富士市

kage

2012/09/30 (Sun)

富士市吉原スイーツ対決! 友野、おひさま

今日は中秋の名月です。あいにくの台風接近でまんまるお月様は見ることはできそうにありませんが、月見団子は食べることはできます。このように四季折々の行事にお菓子を食べる習慣があった日本では和菓子はなくてはならない存在です。この和菓子のライバル?ともいえる洋菓子でも季節のもの、旬の食材を生かしたものがたくさんあります。食卓をより華やかにしてくれる東西のスイーツ、今ではなくてはならい存在です。

どら焼きは定番ですよ

和菓子、洋菓子のお店は星の数ほどありますが、今回は富士市吉原の商店街からちょっと外れたお店2軒の紹介になります。吉原商店街もそうですが、この周辺は裏通りを含めて懐かしい感じのお店は路地などがたくさんあってノスタルジーを感じさせる良い雰囲気を持っています。探検しがいのある街だと思います。どちらのお店もそんな探検の最中によってみては損はないお店だと思います。

・和菓子司 友野

最近の和菓子屋というと、何でも揃う大きなお店が多いですが、こちらのお店はこじんまりとした店構えで、知らないと通り過ぎてしまうほどです。和風の佇まいは、京都か鎌倉の路地裏にあってもおかしくないような感じです。一見さんではなく、常連さんに愛されているお店です。この日は、桜咲く春らんまんの日でしたので、春らしい和菓子が並んでおりました。

きれいな上生菓子が並んでいます

和菓子屋の肝心なポイントは、並んでいるお菓子からいかに季節を感じることができるのか、色とりどりの華やかな雰囲気を感じ取れるかだと思いますが、その店ではこちらのお店は十分に応えてくれると思います。特に上生菓子は、技巧をこらした練りきりやきんとんなど、見ているだけでうっとりするほどです。

桜餅ですよ

この日は、さくら餅とわらび餅、そしてどら焼きを買ってみました。さくら餅は道明寺粉を使ったもので、食紅を使ったピンク色は、桜色を通り越しているほどのインパクトがあります。食べてみると、ねっとりとしたもち米の生地とよく練られた上品な漉し餡のバランスが良いですね。軽さよりも満足感を重視している感じです。

わらび餅もあんこのおいしさが良く出ています。薄い皮とたっぷりの漉し餡、そして上に掛かったきなこ、この三位一体となったバランスがいいんでしょう。ケーキ類に比べると大きさの割りに値段が高めと感じてしまいますが、それを感じさせない満足感があると思います。アッという間に食べつくしてしまいました。

うぐいす餅ですよ

どら焼きは和菓子の中ではポピュラーなものですから、お店ごとの特徴が出やすいですし、好みの方向性がバラバラになりがちです。こちらのものは、しっかりとした焼かれたカステラ生地と、これまたしっかりと練られた粒餡の組み合わせは、軽さよりも重量感を感じさせるものになっています。

私はどうしてもふんわりとした生地とツヤツヤと光り輝くあっさりとした煮た粒餡が好みなので、ちょっと違っていましたが、どら焼きとしたら本来はこちらの店のものが王道なんでしょう。どら焼きも食べたいという時にお菓子の中に選ぶということになるんだと思います。

落ち着いた佇まいです

と、こちらのお店は季節感を大事にして、毎日丁寧にその日に提供できる和菓子を作る、昔ながらのお店だと思います。ご主人は話好きで、おすすめや和菓子のことを訪ねるといろいろと教えてくれます。目立たない場所にありますが、和菓子好き、派手な和菓子ではなく、渋めの和菓子を求めている人なら一度は行ってもらいたいお店です。


・パティスリー おひさま

ケーキ屋も和菓子屋以上にたくさんあります。昭和の香り漂うなケーキ屋からフランス伝統の本格派までさまざまですが、こちらのお店はアメリカンな大胆な感じのするケーキや焼き菓子を提供しています。店名のようにおおらかで伸びやかなケーキが特徴です。

マロンパイですよ

このアメリカンな感じのするケーキの代表格といったらパイでしょう。秋本番の今の時期はマロンパイにアップルパイが楽しめます。このようなパイは大好きなのであちこちで食べるのですが、ザクザクとした生地と大振りのフィリングの組み合わせってのが好みなので、こちらの店のようなものがストライクってことになるのです。

マロンパイを切ってみました

マロンパイは、大きな栗がゴロンと入っているだけでなく、それを取り巻くようにマロンクリームというか栗の餡が入っていて、これが良いアクセントになっています。サクサクホロホロとした生地の中からマロンが出てくると、思わずニコッとしてしまう魔力が、このお菓子にはあると思います。秋の味覚の代表格である栗ですが、いつものモンブランではなく、このマロンパイも捨てがたいものがあると思います。

あとパイといったら、なにはなくてもアップルパイだと思います。あまりにも当たり前のケーキになりますが、店によって特徴や特色が出ています。中のりんごの種類から煮つめ方、パイの中に入れるのか、外に飾るのか・・・などなど食べてみないとわからないものがあります。

アップルパイです

こちらの店のものは見ただけで、その豪快さがわかります。厚めのパイ生地の中というか上に大きくカットされたリンゴの煮たもの、その上をさらにキャラメリゼされており、女性ならこれひとつで一食分になるんじゃないかというボリュームがあります。浅めに煮たリンゴのシャリシャリ感とザクザクとしたパイ生地の食感が、アメリカン度満点です。紅茶よりもコーヒーが似合うような感じです。

あと、こちらのお店ではシュークリームや大振りの生ケーキ、クロワッサンなどのデニッシュ類、クッキーなどの焼き菓子類などがありますが、どれも大きくて、最近のケーキは小じゃれていて物足りないという人やアメリカンな大らかなものを求めている人にぴったりだと思います。

かわいらしいお店です

私は、生のケーキに関しては伝統的なフランス風なもの、パイ類はアメリカンな感じのものが好みなので、こちらの店のものがストライクでした。お店の雰囲気もそれらしいもので、これからの季節はハロウィン、次はクリスマス一色になって楽しませてくれますよ。

と、吉原商店街からちょっと外れた和菓子と洋菓子のお店、落ち着いた寂びの和菓子屋である友野、華やかで大らかなケーキ屋のおひさま、TPOに合わせて行ってもらいたいですね。そうそう、若い人には友野のような和菓子屋へ、逆に年配の人にはおひさまのようなケーキ屋へ行ってもらいたいです。新しい世界が広がると思います。


和菓子司 友野

富士市吉原4-10-47(曙幼稚園近く)
0545-53-1799 9:30~18:30
木曜日休み

パティスリー おひさま

富士市今泉5-9-8(西友吉原店近く)
0545-30-8077 9:30~19:30(日・祝は~19:00)
月曜(祝日の場合翌日)休み

コンフェイタリア ダ ノネ@藤枝市

kage

2012/08/19 (Sun)

ココナッツ好きにお勧めのケーキ屋さん! コンフェイタリア

偶然の出会いというものがあるから世の中、人生は楽しいものです。こちらのお店との遭遇もまさしくそんな感じで始まりました。新しくできた新東名の藤枝PAに行った際に発見したのがコンフェイタリア・ダ・ノネでした。幹線道路でもない狭い生活道路沿い、しかも周りは茶畑と里山という超がつくほどの郊外にお店があります。

ココナッツクッキーですよ

こんな場所にあるケーキ屋というのは今では珍しくありませんが、こちらのお店はさらにオーナーがイタリア系ブラジル人ということで店の商品もブラジル仕込みのものがほとんどです。冷蔵ケースに入ったプチガトーからクッキーなどの焼き菓子、パンに至るまで普段見るものとは違うものばかりで最初の時はどれを買っていいのか迷ってしまいました。

最初の訪問では大好きなココナッツを使ったクッキーを試しに買ってみました。たくさん入っていて280円という値段は普通のお店の基準でいうと3分の2くらいの感じでしょうか。普段使いとしたら十分に安いですね。しかも味が良いのです。これに味をしめて、この近くにあるかき氷の名店へ行った帰りに2度目の訪問となったわけです。

こちらが焼き菓子コーナーです

この時は色々とオーナーと話をさせていただいたのですが、ブラジルとアルゼンチンの国境付近にある場所で生まれて縁あって静岡へ来たそうで、昔から好きだったお菓子作りをここ藤枝で始めたそうで、金土日の週末限定でお店を開いているそうです。

この日も大好きなココナッツを使ったものを中心に買ってみました。ブラジルではココナッツが特産なので、これを使ったものがたくさんあるそうで、パンやケーキ、クッキーなどありとあらゆるものに入っています。シャリシャリとした食感とほのかな自然の甘さがココナッツの持ち味だと思っています。


パンもありますよ
前回、おいしかったココナッツクッキーは形が変わっていました。この辺のアバウトさも手造り感があっていいですね。味は前回と変わらず口の中いっぱいにココナッツの甘さにあふれてきます。さらに水分が奪い取られるようなモソッとした感じも素朴で良いですね。ミルクやコーヒー牛乳との相性が良いと思います。日持ちが長いのも良いですね。

前回見かけなかったパンもこの日は色々と並んでいました。ひとつ150円均一といううれしい値段設定です。しかもグアバやパッションフルーツなどブラジルらしいフィリングを使ったもの、マスカルポーネチーズを使ったイタリア風のものもあるのが特徴です。もちろん?今日もココナッツを使ったパンを買いましたよ。

グアバのジャムが入っています

さて、グアバのジャムを使ったパンはどんなものでしょう。パン生地は目の細かい昔懐かしい感じのもので、今風のリッチな感じではない素朴な菓子パン風のもので、これといった感じではありませんが、中のジャムが独特の味わいがしているのです。

ココナッツのパンですよ

今回のココナッツパンも、やはりいけてました。ふんわりとしたシフォンケーキ風の生地にたっぷりとしたココナッツがまぶしてあり、ココナッツ好きにはたまりません。そこにミルクの風味がプラスして、150円では申し訳がないような気がします。このパンはリピート買いしたいですね。

次は冷蔵ケースの中からプティガトーを選んでみます。こちらもまた値段がお手頃です。ひとつ200円から320円程度です。しかもひとつひとつのボリュームがあります。この辺がブラジルらしいですね。さらにイタリアのドルチェらしい色合いのもの、チーズを使ったものなどこちらでも日本のケーキとは一線を画しています。見た目のきれいさ、細かさよりも大胆さ、シンプルなおいしさを追求しているように思いました。

ココナッツのけーきですよ

今日は、あくまでもココナッツでいこうと、アルミ箔に包まれたココナッツと練乳を使ったイタリア系ブラジル人の家庭料理っぽいものを選んでみました。けっこうな大きさがあるのにひとつ200円といううれしい値段です。

夕食のデザートで食べてみましたが、日本の今風な抑えめなケーキではなく、ガツンと甘さがストレートにやってくるものです。が、しつこい甘さ、化学的な不自然な甘さではなく練乳のもつ自然の甘さですので嫌味になりません。ここでもココナッツはたっぷりと使われています。

冷蔵ケースの中にはケーキがあります

その他にハート型のクッキーを買ってみましたが、こちらについては好みとは違っていました。中のジャムが独特の香りがしたのですが、このようなことがあるのが日本流にアレンジしていないお菓子ならではなんでしょう。日本語が上手なオーナーのダインさんと相談しながら好みの一品を見つけるのが良いかと思います。

そうそう、こちらのお店の売りのひとつがオリジナルのデザインで作ってくれるバースデーケーキがあります。お店にはたくさんの見本があるので、お子さん好みのものが出来ると思います。マンガのキャラクターなどもありましたよ。

営業日に注意です

と、こちらのお店は藤枝市民でもわからないような場所にあるうえに週末限定の営業というハードルの高さがありますが、家庭的な焼き菓子やケーキ、普段使いできるパンやお菓子などが好きな人、なによりココナッツを使ったケーキやパンが好きな人に一度行ってもらいたいですね。繊細さが持ち味の日本のお菓子、スイーツとは一味も二味も違う新しい世界を味わうことができると思います。

そうそう、日曜日の昼限定で小さなピザも焼いているそうです。このように、日替わりやオーナーの気分や季節により色々なケーキやパンなどが登場するのもこのお店の持ち味だと思います。ブラジルとイタリアと日本という3つの異なる世界のお菓子ワールドを体験するのも悪くないと思いますよ。

P.S.お店の場所は藤枝バイパス谷稲葉インターから山方面へ向かい、新東名の下をくぐり、藤枝パーキングの看板に沿って道を進んでいくとあります。


コンフェイタリア ダ ノネ

藤枝市助宗183-2(新東名藤枝下り線PA近く)
054-639-7757 10:00~19:00
金、土、日のみ営業
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。