2005 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2005 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大衆食堂 ふうみや@焼津市

kage

2005/09/02 (Fri)

昭和の香りがする正統派大衆食堂!

港町、焼津には魚をウリにする飲食店が数多くあります。観光客相手のお店から漁師さん相手のお店、ジモティばかりのお店・・などなど人口当たりの店の数はけっこうあるでしょう。しかし、気軽にふらりと入れる食堂はありそうでなかなかありません。

のれんの大衆食堂の文字が泣かせます


魚のフライや刺身、焼き魚などを手軽に食べることができるのが焼津駅前通り商店街にある「ふうみや」です。「大衆食堂」と書かれた黒地に白抜きののれん、中はデコラのテーブルが5つとビニール貼りの椅子、壁にはメニューの短冊、テレビの下には小さな黒板に今日のおすすめが書かれています。そう、ちょっと前、昭和の時代にはそこかしこにあった食堂の姿が今現在もきちんと残っているのです。流行りの○○博物館の擬似的昭和スタイルでなく、正統派昭和スタイルです。

私のようなオヤジには懐かしく感じるでしょうし、若い人には新鮮に写るでしょう。懐かしいのはメニューもそうです。定食は魚と肉が2大勢力です。焼肉、とんかつなどの肉関係、アジフライ、鯖塩焼き、干物などの魚関係が好みで選ぶことができます。カツ丼や親子丼などの丼物やハムエッグや冷奴、納豆などのサイドメニューも充実しています。

そして、大衆食堂で私のイチオシの「豚汁」ももちろんあります。しかも卵入りの特製なるものまであるのがうれしい限りです。定食で攻めるもよし、ご飯に単品を組み合わせて攻めるもよし、定食にサイドメニューを加えて豪華にいくもよし・・・とあれこれと楽しむことができます。もちろん、ビールにチュウハイもありますから朝から一杯もOKです。

サクサクカリッふわっのアジフライ


肝心の味は、値段を考えれば合格点以上です。特に「アジフライ」は丁寧な仕事ぶりでお勧めです。最近幹線道路沿いに「○○食堂」というチェーン店のカフェテリア形式のかまどで炊いたご飯をプッシュしているお店が人気を集めていますが、あのお店がスーパーの惣菜をチンして食べる味気ないエセ大衆食堂とすれば、このお店は正統的なおふくろの味、昔ながらの大衆食堂といったところです。値段は、あれこれ食べても千円内外でしょう。

このようなお店が末永く続くことを祈っています。

大衆食堂 ふうみや

焼津市栄町4-3-1(駅前通り商店街)
054-628-2328 朝10時頃から14時頃 夕方5時30分頃から8時頃まで 
不定休(ほとんど休みなし)


スポンサーサイト

petit a petit @静岡市駿河区

kage

2005/09/02 (Fri)

静岡市に本格派パン屋登場! petit a petit


食べることが好きな者にとっておいしいパン屋を何軒かキープしていることは重要なことです。ワインに合うような本格的なパンを出してくれるとっておきなパン屋、コロッケパンなどの調理パンがおいしい昔ながらのパン屋、日常的な食パンが安くておいしいお店・・・などなど。毎度毎度デパートのチェーン店やスーパーで売っている大手メーカーのパンではつまらない日常になってしまいます。

おすすめのクロワッサン


しかし、ここ静岡市近辺ではワインに合う、家でイタリアンやフレンチを作った時のお供になるパンを提供してくる本格的なパン屋が少ない状況でした。そんな閉塞状況を打破するお店がお洒落な住宅地、草薙の県立美術館下にオープンしました!


パン屋とは思えないお洒落な外観



「petit a petit」(少しずつ)との名前のように、店主がこだわった納得できるパンが少しずつブティックのようなお洒落なお店に並んでいます。そうここはパン屋のセレクトショップなのです。バケット、クロワッサン、ペストリー、食パン、ハード系のパン・・・など次から次へと焼きたてが店に並んでいきます。値段はデパ地下のパン屋と同じ程度でしょうか。大きさはこぶりなものが多く、周辺のパン屋のものと比べると割高感がしますが、食べてみれば、そのおいしさから値段は適正なものと納得できるでしょう。


ディスプレイもブティック調です



私は1回目の衝撃から2週続けて店に行ってしまいました。イチオシは「クロワッサン」。サクサクホロホロで、バターたっぷりのものが多い中でこちらのものは、サクサクした外側と中のしっとりしっかりとした生地のバランス、バターと粉の味のバランスがちょうどく調和できています。食べてすぐにおいしさを実感するとともに噛み締めていくと、それ以上の幸福感が口の中一杯に広がっていきます。1個160円でこの充実感はなかなかあるものではありません。

クロワッサンの断面図


もちろん、このほか、バケットやペストリーなどレベルは高いです。それはこの店主が横浜の「パンドコナ」伊勢原の「ブノワトン」というパン屋好きには有名なお店で修行したことが大きいでしょうし、自分が納得できるパンしか作らない職人気質もあるでしょう。このままの姿勢で静岡のパン屋業界を新風を吹き込んでいってほしいものです。

最後に朝早くから開店している、日曜日も開いているのもうれしい限りです。


petit a petit(プティ タ プティ)

静岡市谷田41-30 県立美術館下のちょっと下。5軒並びのテナントビル1階
月曜定休 AM7:30~ PM7:00 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。