2005 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2005 12

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若木@三島市

kage

2005/11/26 (Sat)

さつま芋の旨さ詰まってます! ぽてと園

秋から冬の菓子の定番素材は「栗」ですが、「さつま芋」のお菓子も忘れてはいけません。「焼き芋」の熱々は冬の寒さにありがたいものがありますし、「芋ようかん」なんてのも根強い人気があります。

ほっこり上品な甘さがやみつきになります


そしてさつま芋の洋菓子で忘れていけないのが「スイートポテト」です。デパ地下にはこの手の専門店までありますから人気のほどがわかります。そんなスイートポテトの中でもおいしさで人気があるのが三島の若木の「ぽてと園」です。

このお菓子、よくあるタイプのスイートポテトですが、良い素材、丁寧な作りで、普通のものより1ランク上の出来栄えです。バターの香りとさつま芋の甘さが丁度良くバランスが取れています。これ以上どちらも主張すると嫌味が出て破綻してしまう感じです。最初は物足りなく感じるくらいですが食べていくと・・・

あー、うまかった!!
上品なおいしさだねー!
これならもう一個食べられちゃうね!

と、なります。合わせる飲み物はコーヒー、紅茶はもちろんのこと、牛乳や牛乳をたっぷりいれたカフェオレなんてのもいけます。このお菓子、そのまま冷やして食べてもおいしいですし、電子レンジでちょっと加熱するとバターの香りが引き立つます。

パッケージよりも中身で勝負!


お菓子は、新鮮さが命ですから防腐剤やエージレスなどで延命を図っているものはイマイチなものが多いです。こちらのお菓子はその点では融通が利きませんが、お使い物にしても喜ばれるかと思います。


三島市北田町3-56(伊豆箱根鉄道田町駅前)          
0559 72 0656 9:00~20:00 定休日なし   
    
三島市中島178-1 055-984-1108 に新しいお店が出来ました
スポンサーサイト

麺屋 卓朗商店@沼津市

kage

2005/11/23 (Wed)

完成度の高いラーメンをどうぞ! 卓郎商店

2008年末に沼津市に移転しました

ラーメンは千差万別です。スープも醤油、味噌、塩・・、麺も細いものから太いものまで、ちじれからストレートまで色々、具も野菜からチャーシュー、煮卵、ネギ・・・、出汁もかつお節から煮干、とんこつ、鶏ガラ・・と、その組み合わせは天文学的なものになります。

上品なたたずまいです


それゆえにラーメンは進化を遂げ、色々なラーメンが誕生し消えていき変化していきます。ラーメン屋の開店・閉店も日常茶飯事です。それに応えるようにラーメン好きはあちこちのラーメン屋を食べ歩き、「あーでもない、こーでもない」とウンチクを傾け自分の一杯を追い求めているのですね。

そんなラーメンの進化のスピードが速いのが東京を中心とした首都圏です。毎日のように新しい店が出来、新しい味が生み出され、ラーメン好きを喜ばせています。しかし、静岡県は今一歩、二歩の状況と言えるでしょう。チェーン店などは出来るのですが、意欲的な店主の意欲的なラーメンを出す新しいお店が少ないのです。

そんな閉塞感を打破するお店が東部は清水町にあります。沼津駅、三島駅どちらからも車で10分ほどです。住宅街の街道沿いのお店は古い民家を改装して生かして造ってあります。カウンターに7席ほどの他、小上がりとテーブル席合わせて20席ほどあります。暗めの内装と合わせて落ち着いてラーメンを楽しむことができます。

細麺が特徴です


こちらのラーメンの一番の特徴は「無化調」です。これは化学調味料を使っていないということです。ラーメンでは当たり前だった「うまみ調味料」「○の素」を使わずスープを作るには素材にお金が掛かるだけでなく、安定したレベルのものを毎日提供するには大変なことです。無化調にするだけですとつまらない味気ないものになりがちですが、こちらの店のものは材料の良さが飲んだ後からジワッすと出てきます。すっきりとした中に奥深い滋味が、どこか和食の汁物と通じるものがあります。

このこだわったスープに合わせる麺も具も一工夫してあったりこだわっています。麺は細めのストレートでのど越しが良いタイプです。具のチャーシュは脂身と赤身のバランスも良くアクセントになっています。さらに水菜とかいわれ菜の細切れがスープのすっきり感に一役買っています。この辺りの小業は、店主がラーメンだけでなくフレンチなどの修行を使ったからでしょう。このような工夫や努力をし続けるお店がもっと増えてほしいものです。

ラーメンへのこだわりが凄いです


スープの主役、醤油も塩も大手メーカーのものでなく小さな蔵元の天然醸造の醤油やミネラル分が豊富な天日干しの塩を使ったりとスープのもろやかさにプラスしているように感じます。ラーメンのほかにも3種類ほどのミニ丼やつけ麺や季節物の変わりメニューなどもあり、何度か訪れて全部のメニューを制覇したくなります。

ラーメンを敬遠していた女性や年配の人も気軽に楽しむことができる完成度の高いラーメンだと思います。


麺屋 卓朗商店

沼津市日の出町2-53(ホテル沼津キャッスル近く)
055-924-0306 11:30~23:00 不定休

キネマ食堂@掛川市

kage

2005/11/17 (Thu)

驚天動地のメニュー数! キネマ食堂

飲食店に入って一番先に見るものは? それはメニューではないでしょうか。壁に貼ってあるもの、メニューブックどちらにしても何にしようか?何がおいしそうか?メニューを眺めて真剣になるひと時は楽しいものです。

正統派の醤油ラーメンです


しかし・・・、それも膨大な数になると楽しいよりも悩みの方が多くなってしまうかもしれません。そんな膨大なメニューを誇るお店が掛川にあります。こちらに詳しく書かれております。

このキネマ食堂、大正15年創業という長い歴史があります。歴史があるだけでなく、昼夜とも満員の人気を誇っています。それはメニューが豊富な点以上にその価格が安く、安い割りにおいしいからでしょう。

お昼の人気メニューの筆頭はラーメンです。こちらの価格も410円と安いです。男性はラーメン定食を注文している人が多いようです。ラーメンは、専門店のようなコクはありませんが、あっさりとした中に醤油のまろやかさが感じられるスープに細めの麺がよくマッチしています。

ラーメンは、醤油味のほかにタンメンや味噌ラーメンなどの他「岩海苔ラーメン」といった変わり種もあります。タンメンは多めの野菜がうれしいですね。塩味のスープはあっさりながら野菜のダシがよく出ています。

塩味のタンメンです


こちらの店は、昼は定食屋・大衆食堂として、夕方からは居酒屋としてフル回転しています。どちらの時間でも小鉢が色々とついたお徳な定食が豊富に揃っています。とかく外食ですと油物やメインとご飯と汁物の定食になりがちですが、このお店ならそんな心配は必要はありません。栄養を考えて野菜や豆腐料理などをたくさん採ることができます。が、安い値段で胃袋に負担をかけてしまう可能性が高くなってしまうかもしれません。

定食屋さん、食堂、居酒屋・・という色々な顔を持つお店というとちょっと薄汚れた素っ気無いお店を創造しがちですが、こちらのお店は主力が年若いご夫婦ということもあって、今時のお洒落なダイニング居酒屋風なお店です。洋を採りいれた和風なインテリアで、女性でも気軽に利用することができます。

タラのフライです


昼良し、夜良し、ご飯良し、お酒良し・・とオールマイティなお店は、自分の住んでいる町にこんな店が一軒あればいいなぁと思うようなお店です。


キネマ食堂

掛川市下俣173(掛川信用金庫下俣支店近く)
0537-22-4348 11:30~13:30 17:30~21:00
水曜日休み
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。