2006 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2006 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜撰@熱海市

kage

2006/05/22 (Mon)

小技の効いたとんかつあります! 喜撰

有名な温泉地には何故か老舗の洋食屋があります。静岡県で一番有名な熱海も例外ではありません。今回は海岸近くのSではなく、市役所近くの喜撰というとんかつ屋さんです。

見た目は平凡、食べて見ると・・・


とんかつ屋さんには、ご飯がお茶碗で出てくる和食系と平皿で出てくる洋食系とありますが、今回のお店は洋食系のお店です。しかもとんかつそのものよりも脇役メニューに注目したいお店なのです。

それは、コロッケとカツサンドです。

とんかつ屋さんで何が好き好んでコロッケ? しかもカニクリームコロッケとかでなく普通のコロッケ? と同行のものに不思議に思われましたが、食べて納得しました。

白いお皿に俵型のコロッケが4つ並んで登場します。衣はあくまで薄くカラッと揚がっています。一口齧ってみると、最初に甘みを感じます。そのあとから肉の旨みとクリームのなめらかさが追いかけてきます。感じとしてはポテトコロッケとクリームコロッケの中間のような感じです。

このコロッケ、平凡なようでいて非凡なものを十二分に感じさせてくれます。肉はミンチ肉でなくブロックを包丁で叩いて細かくしたもの、ソースのベシャメルも自家製、具の練り方も丁寧・・・と、ひとつひとつの仕事がプロの技の裏づけがあったからこその味です。甘めのソースを付けて食べてもそのままでもおいしい一品です。このコロッケ、ハーフポーションの2つで頼めるのもありがたいです。

ひとくちサイズのカツサンドです


次は、カツサンド。こちらは、お土産としても人気の品です。この日も何人ものお客さんが店に立ち寄って買い求めていました。帰りの電車の中や自宅、逗留先のリゾートマンションなどで食べるのでしょう。年配のお客さんが多かったのが熱海らしいですね。

そんなカツサンドですが、こちらも小技が効いています。それは炒めたキャベツが入っていることと、甘めのソースがポイントでしょうか。さらにカツサンド8切れのうち、4切れが薄めにトーストされていす。パンととんかつの肉は薄めですが、どちらも上等なものを使っているようで、パクパクといけちゃいます。

ここのカツサンド、ボリュームたっぷりを求める人には向かないかもしれませんが、パンとカツ、ソースのバランスを重視したノスタルジー派には良いかもしれません。カツは主役ですがでしゃばることなく渾然一体となったおいしさが味わえます。軽いこともあってアッという間に食べ尽くしてしまいました。

町並みに溶け込む店構えです


もちろん、このほかにもトンカツや、ひとくちヒレカツなどもあります。何人かできてそれぞれ別のものを頼んでシェアするのが楽しいと思います。物価の高い熱海にあっては値段も良心的です。50年以上の歴史を誇るのも味、サービス、価格のバランスが取れていて常連さんや観光客に愛され続けているからでしょう。

これからも湯の街、熱海の小粋なとんかつ屋さんとして営業しつづけていって欲しいものです。


とんかつ 喜撰

熱海市中央町4-3(熱海市役所近く)
0557-81-8939 11:30~14:30、16:00~19:30
月4回不定休(水曜が多い)


スポンサーサイト

丸子の里@静岡市

kage

2006/05/12 (Fri)

静岡市のおいしい牛乳! 丸子の里

残念ながら2008年3月末を持って販売中止となりました。

静岡市で作っている牛乳というと、なんとなくイマイチな感じがしてしまいがちですが、「丸子の里」というおいしい牛乳があるんです!

生産者の名前入りです


静岡県でおいしい牛乳というと、朝霧高原とか丹那牛乳がイメージされがちですが、どっこい静岡市の西部にも16軒の酪農家があって、この酪農家の生乳だけを使った逸品が丸子の里なのです。

「たかが○○、されど○○」というものがあります。ごく普通に飲み食いしているものはその傾向が強いのではないでしょうか。安いからとか一般的に売っているからと選びがちですが探せば良いものが身近に発見できるという好例かもしれません。

この牛乳は長田酪農組合というところで生産しています。長田というのはこの辺りが旧長田村だからです。ここの一般的なブランドは社名と同じ「長田牛乳」です。その上のプレミアムブランドとしてこの丸子の里があるのです。ビールで言うと、エビスビールみたいなものですね。

プレミアムといっても価格は1リットルの標準的紙パックのもので220円くらいですからかわいいものです。今はスーパーへ行けば500円くらいの瓶入りのもが普通に売られていますからね。ただ安売り、特売などはしていないのと、店によっては入荷数が少ないので売り切れしている場合があります。

さて、牛乳をコップに注いで一口飲んでみます。

程よい濃さと甘さです。後口もさっぱりとしています。特濃牛乳やジャージー牛乳のような濃さよりもまろやかさ、牛乳の良い意味での乳臭さ、さっぱりさなどをバランスよくまとまっている感じがします。

高温殺菌していると焦げ臭さを感じるといいますが、そのような味は私には感じることができません。この牛乳を飲みつけると大手メーカーの牛乳が水っぽく感じてしまいます。

丸子の有名な場所が描かれています


この牛乳のおいしさの秘密は何でしょうか? それは、生乳を生産している酪農家の名前が全て記載されている安心感と責任感からくる品質、酪農家と牛乳工場が近接しているために品質が劣化することなく新鮮なまま牛乳に加工されていることでしょうか。まさに牛乳は生き物ですね。

低温殺菌でない、ジャージー牛乳でない・・などのネガティブな意見もあるかと思いますが、他の大手の同じ料金帯の牛乳と飲み比べした結果、我が家では毎日、この丸子の里を愛飲しております。

この丸子の里、静岡市西部地区のスーパーでは買うことができますし、南部じまん市などのJAが経営している直売所では大量に売られています。「地産地消」ということが言われて久しいですが、この牛乳こそまさしくそれを具現化しているといえるかもしれません。

あと、この牛乳のおいしさの飲み方のひとつというか、私の好きなものにこれでコーヒー牛乳を作って飲むなんてのがあります。合わせるコーヒーはネスレの甘さ控えめ1リットル紙パックコーヒー。スーパーで普通に売っているもので特売などもしています。

私の好きな組み合わせです


この組み合わせは、紙パックで売っているコーヒー牛乳よりも甘すぎず、缶やチルドのカフェ・ラ・テよりも牛乳が全面に感じられる気がします。味の加減が自分でできるのも良い点です。

と、牛乳そのままでもコーヒー牛乳にしてもシリアルに掛けてもおいし丸子の里です。最近ダイエットを気にしてか牛乳の消費量が少ないようですが、骨粗相症予防やカルシウム強化のためにも適量な牛乳摂取は必要かと思います。どうせ飲むならおいしいものをということで一度飲んでみたらいかがでしょうか?


発売元 静岡市長田酪農業共同組合 長田牛乳処理工場

静岡市駿河区鎌田40 054-259-0519

浜のかきあげや@静岡市清水区

kage

2006/05/05 (Fri)

桜えびっぷりーず! 浜のかきあげや

やっと由比港に出来た浜のかきあげやに行く事ができました。ここは桜えびを町一番のウリにしている由比町の港にできた手作り感たっぷりの気さくなお店です。

桜えびたっぷりです


静岡の誇る水産物に由比町の桜えびがあります。日本では駿河湾でしか採れないと言われるかわいくておいしい海老です。「山椒は小粒でピリリと辛い」を地でいく憎い奴です。光輝く姿は、深海に浮かんだ赤い宝石ってキザな科白も似合います。

そんな桜海老を一番おいしく食べる方法は、私はかき揚げだと思っております。生の桜海老の刺身も釜揚げもおいしいのですが、海老たっぷりのかき揚げは海老の甘さ、香ばしさを一番感じることができると思っております。生の時に感じるツンツンとしたヒゲの食感も気にならなくなりますし・・。

このかき揚げ、家庭でやるとどうもおいしく出来ないという人も多いかと思います。「カラッと揚がらない」「桜えびの風味が足りない」「モッタリしている」とイマイチな感じになってしまいがちです。しかし、このお店、桜えびかき揚げ専門に特化しているためか、フライヤーも道具もプロ仕様で、カラッと揚がっております。一番大きいのは経験の差でしょうね。毎日かき揚げだけ揚げ続けているのですから。

次から次へとかき揚げが出来てきます


もちろん、由比産の桜えびの含有率は90%以上はあります。風味付けのネギが少々のほかは桜えびだけです。衣も少なく桜えびの味と食感をストレートに楽しむことができます。この揚げたてにこれまた特製の桜えびの殻を混ぜ込んだ「海老塩」をパラパラと掛けて食べると・・・

「口の中で桜えびが踊っている~!」
「これは海老のじゅうたん爆撃やぁ~!」

と、彦磨呂のような感想が飛び出してきます。気軽にパクつくことが出来て1個200円はまさしく和風ファーストフードですね。今回は食べませんでしたが、このかき揚げが2個載ったかき揚げ丼も人気がありました。

このかき揚げ、その場で食べるのが一番おいしいのですが、お土産にしてもいけます。私は夕食にかき揚げうどんにして食べました。トースターで温めたかき揚げをうどんに乗せる時のジュという音が食欲をそそります。味も時間が経っていたのにまだまだいけました。スーパーで売っているものとは格が違いますね。ただ、お店のおばちゃんには

「1個200円で買うならそこの直売所で1パック500円で桜えびを買っていけば5,6個はかき揚げが自分んちで出来るよ」

と言われてしまいましたが・・・。納得できる御供託なのですが、1個200円でも買うだけの価値ありです。手軽ですし、オヤジにとっては揚げ物は1個でカロリー的にちょうど良いですし・・。年は取りたくないものです。

土日は賑わいます


かき揚げの他には1杯100円の「港の味噌汁」、これまた名物の桜えびと豆腐などが入った「沖あがり」という汁物が250円で楽しむことができます。食べる場所は運動会の時の大きなテントの下の長テーブルですが、縁日かお祭りの時のような感じで、これはこれで良い雰囲気です。潮の香りと多くの漁船も楽しむことができます。

この浜のかきあげや、内容がよければ、施設は必要最小限でよいという例ですね。営業している日が限られているうえに営業時間が短いですが、ドライブ途中に名物で小腹を満たすには良い選択だと思います。


浜のかきあげや(由比港漁業協同組合経営)

静岡市清水区由比町今宿字浜1068-2(由比漁港内)
0543-76-0001 10:00~15:00 金・土・日・祝のみ営業


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。