2006 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2006 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺行使 伊駄天@藤枝市

kage

2006/07/30 (Sun)

無化調ラーメン進化系! 伊駄天

ラーメンの世界のジャンルのひとつに「無化調」というものがあります。ラーメンには必須と思われていた化学調味料を使わない、自然のダシなどを上手に使って奥深いラーメンを作り上げていこうというものです。この無化調ラーメンのお店が藤枝市の伊駄天です。

醤油味を細麺で


このお店は出来て間もないのですが、ラーメン好きの間ではすっかり有名店の仲間入りしています。しかも何度も訪れてしまうというリピーター率が高いのです。それは常に新しいメニューを開発したり、限定メニューを出したり・・・と、色々な仕掛けをして楽しませてくれるからです。

シックな店構えです


このような意欲的なお店は静岡県のラーメン店では少なかったので余計に注目を集めているのでしょう。首都圏や名古屋、関西などでは普通のことなのですが、保守的な静岡県の個人店では珍しいことです。最近県内あちこちでこのような動きがあるのはうれしい限りです。

こちらの2大柱は暖かいラーメンとつけ麺です。暖かいものは醤油系と塩系、さらに季節限定のお楽しみと豊富です。まずは一番好きな醤油ラーメンを。

スープはかつお節を始めとした海産物の出汁の良さが出ておりますが、俗に言う節系ほど全面に主張しているわけでなく角の取れたまろやかな醤油の味とほどよくマッチしています。この辺りが化調を使っていない天然素材を色々と使っているからこそ出せる味なのだと思います。単調な味でなく複層・重層的な味で楽しむことができます。

麺は中太の平打ち麺と細麺を選ぶことができます。細麺をいつものごとくちょっと固めでお願いしたら、ドンピシャの固さで満足できました。麺にも手抜かりなくスープの絡みも良いですね。具も脂の乗ったチャーシュー、シャキシャキのメンマ・・・などどのパーツも高次元で融合しています。ボリュームは普通かちょっと少なめですが、淡麗旨口なラーメンとしては静岡県でも出色な出来だと思います。

こちらでは塩ラーメンも人気があります。塩ラーメンはごまかしがきかない難しい味なのですが、こちらのものは無化調らしいすっきりとした塩味の中に出汁の味が上手に溶け込んでおります。塩ラーメンのおいしいお店ってなかなかないものですが、こちらのお店のものは誰が食べても納得できるのではないでしょうか。

醤油、塩というノーマルの味の他、四季に合わせて作られるスペシャリテが「四季菜麺」と呼ばれる期間限定のメニューです。一番最初に訪れた時に出ていたものは春限定の「塩香草燻玉麺」でした。

春限定の四季菜麺です


こちらは、イタリアンシェフ出身という出自を最大限に生かした力作でした。塩味にバジルペーストを合わせるという難しいハードルを軽々とこなし、食べる者に新鮮な驚きと新しいラーメンの発見を感じさせるおいしさです。バジルの青臭さに燻製のたまごと炙ったチャーシューの濃さがここでも良くマッチしています。合わせ技一本!で感じです。

春はバジル、夏は揚げナスなど旬の素材や季節感を味わうことのできる季節限定メニューは、夏場に冷やし中華を出すくらいしか季節感のなかったラーメン界に一石を投じる意欲的な催しだと思います。「次はどんんな限定メニューなんだろう?」という大いなる楽しみをラーメン好きに思わせる粋な試みだと思います。まぁ、お店側はメニュー開発に苦労するでしょうが、このようなことがラーメンという作品のレベル向上に役立つのでしょうね。

きれいに盛り付けられたつけ麺です


この店のもうひとつの柱が「つけ麺」です。四角い皿にきれに盛り付けられた麺を見るだけでこの店のレベルの高さを感じることができます。もちろん目だけでなく食べて納得の出来具合です。平打ちの麺はシコシコモッッチリとしていて暖かい麺のスープよりもこってりとしたつけ汁に良く合います。食べた後は残ったつけ汁にご飯を入れて雑炊風に楽しむこともスープ割りにして満腹感を味わうことも可能です。

さてさて、ごく普通のラーメン屋さんならこれで終わりなのですが、この店はまだまだ仕掛けがあります。なんと金曜日は「伊駄天 影武者」としてとんこつ専門店になってしまうのです。このような試みは東京などの大都市で見かけることはありますが、静岡県では数少ないことだと思います。

金曜限定のとんこつです


淡麗系のお店のとんこつはどうかということ、まぁ博多風のとんこつでなくとんこつ+魚介出汁の混じったスープで、これはこれで楽しむことができます。ノーマルな「白影」とマー油の入った「黒影」があります。こだわりの店ですから麺も福岡から直送の極細麺を使っています。ここはやはり固め、もしくはバリカタでいきたいですね。

と、メニューは厳選されているものばかりで、いずれもハズレなし。ボリュームが欲しければサイドメニューとしてチャーシュー丼などのご飯ものもありますし、季節限定のお楽しみもあり・・・と何度も通いたくなるラーメン屋さんです。

このお店、静岡県だけでなくラーメン激戦区の東京へ行ってもそれなりの評価を受けるお店だと思います。それから志太地区のラーメン屋さんの例に漏れず日曜は朝ラーをやっています。

P.S.この店のラーメンのことをもっと詳しく知りたいならば、リンク先の「さすらいのKトラオヤジ」や「静岡のラーメンメインの食の放記」「清水エスパルスとラーメンと私」を参考にしてください。


麺行使 伊駄天

藤枝市青木3-7-3 松浦ビル(藤枝郵便局近く)
054-644-1088 11:00~14:00 17:00~麺が終わるまで
月曜休み



スポンサーサイト

八木秀@榛原郡吉田町

kage

2006/07/22 (Sat)

長~く愛して、吉田のうなぎ! 八木秀

夏の食材、夏の料理の定番と言ったらうなぎがイの一番に上がるのではないでしょうか。このうなぎ、家で食べる食材としてもお手軽でおいしいので人気があります。我が家でうなぎを食べる場合、この八木秀のうなぎが食卓に上がります。

うなぎといったら蒲焼ですね!


どうして、八木秀のうなぎなのか?

それは、安くておいしいからです!

スーパーで買うタレ付きで売っている中国産のうなぎはもちろんのこと、吉田地区の他のうなぎ屋の物よりも同じ価格クラスならば数段上だと思っております。まぁこれは食べ物全般に言えますが、人それぞれ好みの味、贔屓の店を持っていますから大言壮語はできませんが・・・。いわんや、うなぎの町吉田となればなおさらです。

しかるに私が八木秀が好きな理由は・・・

その1に、養殖うなぎに時々見られる特有の臭みがなく、白焼きにして柚子塩で食べても後口に嫌味が残らないのです。川魚としてのワイルドさとうなぎの力強さ、白焼きの繊細さのバランスがほどよくマッチしているんですね。我が家ではこれを前菜にしております。タレ付きではこういう楽しみは出来ませんからね。

白焼きもおいしいよね!


その2に、炭火焼をしていることでしょうか。今では手軽なガス焼きが主流になってきましたが、やはり炭の遠赤外線による効果は侮れないと思います。蒲焼にしたうなぎの香ばしさの中にほっこりとした白身の甘みと旨みがギュと感じることができるのです。

その3に、自分の所で養鰻池を持っていることによる低価格による安定供給でしょうか。これで相場が上がる夏場でも安くておいしいうなぎを食べることができるんですね。おまけに加工から販売、食堂まで家族総出で経営していますからお値打ちになるのだと思います。

このような高嶺の花、ごちそうと思っていたうなぎも持ち帰りならば1人前(1串)550円と750円というお手軽な値段で専門店の味が楽しむことが可能です。550円のものでも大きさ・厚さとも十分です。その上のものならば、1枚をご飯の中にもう1枚をご飯の上に並べる憧れの2段うな丼も可能です。

おいしい作り方が書いてあります


こちらのうなぎは、関東風の腹開き、蒸し方は中くらいでしょうか。ほどよい柔らかさが私好みです。持ち帰り用は冷凍と焼きたての生があります。贈答にする時や冷蔵庫に長く置く場合は冷凍を、その日のうちに食べる場合は焼きたてがお勧めです。我が家ではいつも焼きたてがあることを確認してから買いに行っております。売り切れの場合がありますので・・・。

おまけにこの店ならば、別売りのタレも「鈴勝」「カネ万」「山大」という3社のものから選択が可能です。サイズは色々あります。我が家ではコクと甘みの兼ね合いが丁度良い鈴勝のものを愛用しております。継ぎ足した秘伝のうなぎ屋のタレには劣るでしょうが、自分の家で食べるならば十分の味だと思います。しかし、どうしてうな丼にするとご飯をたくさん食べることができるのでしょうか?うなぎとタレとご飯というシンプルの極みといった料理なのですが・・・。

蒲焼と赤ワインって合いますよ


それから我が家でうなぎを食べる時にはうなぎとお酒のマリアージュを
楽しむことができるんですね。白焼きには端麗辛口の吟醸の日本酒、蒲焼には濃い目の純米酒、もしくは白焼きには辛口の白ワイン、蒲焼には軽めの赤ワイン・・・といった具合です。

ということで、我が家では最近、外食でうなぎを食べることがほとんどありません。まぁ、外で食べると高くつくということもありますが、下手な店で食べるよりもこちらで購入した持ち帰りうなぎを家で食べた方がおいしいですからね。

この暖簾が目印です


今回は持ち帰りのみ紹介させていただきましたが、食堂で肝吸いと一緒にうな丼やうな重を食べることもできます。お店もリニューアルされ落ち着いた店内で本場のうなぎを堪能できます。インターの近くということで途中下車して食べる県外の人や御前崎観光の途中の寄られるお客さんも多いですね。もちろん食べた後においしくてお土産を隣に併設されている売店で買われる人も後を絶たないようです。

P.S.吉田町には八木秀は片岡と国道150号沿いの住吉の2店あります  が、今回のお店は小山城の麓の八木秀さんです。


うなぎの八木秀

榛原郡吉田町片岡2497(吉田高校近く、小山城麓)
0548-32-1947 持ち帰り店舗 9:00~20:00 食堂 19:30まで
水曜日休み

ずんちゃんパン@山梨県甲府市

kage

2006/07/17 (Mon)

激渋パン屋を甲府で発見! ずんちゃんパン

コッペパン、コロッケパン、グローブ型のクリームパン、あんぱんなどが豊富に揃う懐かしいパン屋が好きです。店構えが昭和の香りがすればなお結構です。そんなレトロで渋い至宝のようなパン屋さんを甲府で発見しました。

大きな看板が目印です


その名も、ずんちゃんパン! この店名からして素敵です。横文字のブーランジェリー○○も良いのですが、懐かしいパン屋さんはやはりベーカリーとかパン店が似合っています。おまけに店名以上に店構えもナイスなのです。

どこか駄菓子屋さんを思わせるオープンな店内にガラスウインドのショーケースがあり、その中に所狭しとパンが入っています。右側には数々の惣菜パンや調理パン、隣にはあんぱんなどの菓子パン類、種類豊富なのでショーケースの上にもパンが並べられております。パンの隣のショーケースの中には色とりどりのクッキーやビスケットなどが並んでいます。

所狭しとパンが並んでいます


この店は、今では当たり前のトレイに自分で好きなパンを取るセルフ方式でなく、お勧めを聞きながら店員さん、それも店主のずんちゃんにパンを取ってもらう対面販売形式なのです。この良い点は自然とコミニケーションがとれることでしょう。対人恐怖症の人には向きませんが・・・。

さっそく自慢の惣菜パン、調理パンを見てみます。こちらの特徴はその安さと種類の豊富さです。値段はだいたい1個90円! この値段でコロッケとか焼きそばパンが食べることができるのです。まぁ大きさはちょっと小さめですが、具がたっぷり入っているので食べ応えはありますし、パンと具のバランスが取れているとも考えることができます。

コロッケとサラダの相性バッチリです


種類の豊富さですが、常時10種類はおろか20種近くはあるかと思います。多くが庶民的な具です。惣菜・調理パンの王道的なものですね。半分に切ったコロッケとポテトサラダとか、ささみカツとかナポリタンスパ、メンチ・・などなど、どれにしようか迷うこと間違いありません。近所に住んでいたら全種類制覇したくなると思います。

味は、値段以上の価値はあります。それも大有りですね。ちょっとパサパサ気味のコッペパンは愛嬌ですが、具がどれもしっかりたっぷりしている上に味の具合が丁度良いのです。懐かしい味というのはこういうことだったのだと納得できる出来具合です。この調理コッペパンは朝9時前後から順次店頭に並び始めます。

唐辛子が効いています


惣菜・調理パンはコッペ系だけではありません。普通のパン生地の上にソーセージやチーズを載せて焼いたものも多くあります。その特徴は思いっきりの良さ。辛口と書かれたものの多くが胡椒や唐辛子が結構な量掛かっています。辛口ソーセージなどは一面真っ赤で辛口好きの私は楽しませていただきました。このようなものはビールのお供に良いですね。そうそう、ヨーロッパ系のパン屋のハード系のパンはワインに合いますが、こちらのようなパン屋のものはビールに合うんですよね。

重量級あんパンです


このような調理・惣菜パンに対して菓子パン類はどうでしょうか。こちらの方も驚くほど安いのですが、味的には私にはイマイチでした。確かにずんちゃんお勧めのあんぱんなどは1個200グラムはあろうかというボリュームで中の粒あんもびっちりなのですが、中のあんこの質がイマイチな感じでした。最近特にあんパンに力を入れているお店が多いのでそう感じるのかもしれません。

まぁ、そうはいってもこの値段で多くの菓子パンを楽しむことができるのはありがたいことです。今では見ることのできにくくなったパンや昔ながらの味わいを楽しむ多くのファンがいることは間違いありません。

ずんちゃんパンは、甲府の下町の住宅街にポツンとタイムスリップしたようなパン屋さんです。レトロ好き、懐かしパン好き、調理パン好きでなくても食べる事の好きな人には一度店へ訪れてみて、目で見て、鼻で感じて、舌で味わって・・・と、五感で感じて欲しいものです。


ずんちゃんパン

甲府市上石田2-9-7(荒川橋、飯豊橋近く)
055-228-0745 AM6:00~PM6:00 月曜日・金曜日休み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。