2006 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2006 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯島の湯@山梨県早川町

kage

2006/08/21 (Mon)

公営だけどシンプル! 湯島の湯

最近、あちこちの市町村で公営の温泉施設が出来ています。税金を湯水のように使って豪華な施設を作っています。しかし多くの施設が肝心の温泉が施設に負けているのが現状です。しかし、ここは違います。公営施設とは思えないシンプルさ、潔さが気持ち良いことこの上ありません。

緑の中の露天風呂です


この施設は、山梨県の中でも公共交通の便がよくない地域、いわゆる秘境とも呼べる早川町にあります。国道52号の身延町から県道を1時間弱程、早川渓谷沿いをドライブすると到着します。最近では道路の拡幅改良が進んでおり昔ほど苦労することなく行く事ができます。この道路沿いには一番奥の奈良田温泉を始め、西山温泉など知る人ぞ知る名湯揃いの場所でもあります。

この湯島の湯を作った早川町は、市町村合併の波に自ら乗らず独立独歩で歩んでいる小さな町で観光に力を入れています。その目玉のひとつが温泉です。小さな町なのに何箇所も公営の温泉施設を作っていますが、どれもが平屋建てのシンプルなものです。場所や目的に合わせて豪華さよりも居心地やお湯の良さを楽しませるように工夫した施設ばかりです。

看板もじまんの石造りです


そのような施設群にあって、ここは一番新しい施設で、今時珍しい露天風呂だけのシンプルさ、源泉掛け流しの潔さ、木造平屋建ての必要最小限の建物、カラン(蛇口)なしの洗い場・・・と他の公共温浴施設に馴れた人にはある意味驚くような仕掛けが一杯です。

お湯はナトリウム硫酸・塩化物泉で、ツルツル感があります。ちょっと奥の奈良田温泉がヌルヌルする温泉ですから温泉って不思議ですね。かすかな硫黄臭さもありますし、白い綿のような湯の花もちらほら舞っておりますし、いかにも温泉に入っているぞ!という幸せな時間を過ごすことができます。

お湯も良ければ、そのロケーションも満足感が高いですね。木々の間から渓流の音と鳥の鳴き声が聞こえてきますし、なにより露天風呂が広い芝生の真ん中にあるだけですので開放感がたまりません。まぁ、逆をいえば、夏の直射日光と突然の夕立、そして憎い虻の攻撃がありますから注意が必要です。


浴場は、大きな木造りのものと小さな石造りのものと大きな石造りと小さな木造りのものの2つが男女交代で提供されています。早川には雨畑という硯の産地がありますから石の加工には秀でておりますし、周りは森林ですから木を生かしたものもお手の物です。石と木という自然の素材を生かしたシンプルさも好印象に繋がるのかもしれません。

これが洗い場です


さらに、洗い場は、普通のように蛇口があるわけでなく源泉を大きな樋に通し、それを桶で汲んで体を洗う仕掛けになっています。この桶を流れる源泉が浴槽に流れていく間に44度の源泉が40度前後に丁度良く調整される仕組みです。なるほどなぁと納得せずにはいかない温泉好きにはムフフな仕掛けですね。

さらに、こちらにはコテージも隣接地に建っております。こじんまりとしたものですが、のんびりと自炊するも良し、日帰り休憩でお昼寝するも良し・・と時間にゆとりがあれば使っても良いかもしれません。公営施設ですから利用料金も格安です。

温泉に何を求めるか?は人それぞれでしょう。豪華な施設でサウナ、寝湯、バイブラバス、休憩室・・・と、温泉自体よりも施設の豪華さを求める人には、この施設は満足できないかもしれません。が、自然の中で良いお湯にのんびりと浸かりたい人にはぴったりの施設だと思います。


湯島の湯

山梨県南巨摩郡早川町湯島1780-7 
0556-48-2468 10:00~18:00(7,8月は19:00まで)
利用料金 大人500円

スポンサーサイト

すぎやま@藤枝市

kage

2006/08/15 (Tue)

天然ものにこだわってます! すぎやま

ギラギラと太陽が照りつける真夏に食べたい、冷たいスイーツの筆頭は、かき氷で決まりでしょう! 店先の青い「かき氷」のノボリを見るとフラフラと寄ってしまいそうになります。そんなかき氷でも他とはちょっと違う本格的なものを食べさせてくれるのが岡部町のすぎやまさんです。

抹茶の緑が氷に映えます


このお店は旧岡部町の通りの中にあります。旧岡部町の商店街は、東海道線の鉄道からも国道1号バイパスからも外れ、今でも昔の東海道の宿場町の雰囲気を味わうことができます。特に夏は蝉の鳴き声やら周りの濃い緑の木々など自然たっぷりで「これぞ日本の正しい夏!」の感じを味わうことができます。

このお店も昔風の店構えをしていて和むことができます。それほど広い店ではありませんが、手作りをモットーとするお菓子屋ではこれくらいがちょうどよいのかと思います。ショーケースの向かいの壁際目指すかき氷のメニューが貼られています。

手頃な価格がうれしいですね


ここの売りは天然素材を使ったシロップやトッピングです。特に「生○○」と書かれているメニューは生の果物を絞ったり加工してシロップにしたもので、市販のシロップとは一味も二味も違う出来栄えです。ですから生イチゴなどは国産イチゴがなくなる真夏にはメニューから消えてしまうそうです。

自然のレモンの色は透明なんですね


今日は、生レモンを選択してみました。これもシロップでなく生のレモンを絞ったさっぱり、すっきり、きりりとしたものです。色も市販物のようなドギツイ黄色でなくほんのりと黄色いかなと思わせるものです。味はレモンの酸味と氷のさっぱり感が絶妙にマッチしています。時々口の中に入るレモンピールも刺激的で良いアクセントになっています。

そしてこのレモン味の良い点は後味がさっぱりしていてることです。口の中は程よいレモンの香りだけで、市販物のようなベタベタとした嫌なクドイ甘みが残りません。オヤジになったらやはり天然物のさっぱり感が欲しいですからね。このようなさっぱり系は昼間の暑い時間がお勧めでしょうか。

レモンで味をしめたので次は和菓子屋らしく「宇治金時バニラアイス乗せ」を注文してみました。これは正統派の和菓子屋らしい上品な仕上がりです。この辺りの出来具合は駄菓子屋系の店はもちろんのこと喫茶店でも出せないと思います。

上から掛かっている抹茶はなんでもお菓子用の抹茶でなくお茶席用の抹茶を自家製のシロップで延ばしたものを使用していますし、中の餡子ももちろん自家製です。味はというと、抹茶の苦味と氷の下に隠れている大納言の粒あんの甘さの相性がたまりません。こちらのアクセントは2つはいっている白玉です。これは夕方や曇りでも大丈夫ですね。

この他にもココナッツミルクとフルーツのベトナム風ココナッツぜんざいとかマンゴーとかアプリコットなど気になるメニューが目白押しでこの夏は後何度かお邪魔したいものです。こちらにも記事が載っております。ただ、肝心の氷のキメがイマイチというか普通なのが残念です。もっとサラサラふわふわのものしているものが好みなのです。

蜜掛けのわらび餅です


かき氷は9月中旬までの期間限定商品ですが、ほかにも味噌まんじゅうやだんごなどの定番ものからわらび餅などの季節ものなど和菓子、日替わりで作っているケーキなど甘いもの好きにはおなじみのものがたくさんあります。このようなものも天然素材を上手に使い、若い職人さんが丁寧に作っています。

手作り感たっぷりの看板です


このお店、岡部というちょっと目立たない町にありますが、もっと注目されてよい店だと思います。


御菓子 すぎやま

藤枝市岡部町内谷623(旧岡部町役場近く)
054-667-0066 8:30~19:30 火曜休み

湯らっくすの湯@伊豆の国市

kage

2006/08/06 (Sun)

心頭滅却すれば・・・! 湯らっくすの湯

夏はヌル湯でまったり長湯!がポリシーの私ですが、たまには熱い湯に短時間浸かって体をシャッキリさせたいと思う時もあります。特に朝早い目覚めの温泉なんてのにはこれに限ります。伊豆ドライブの際に便利なのが伊豆長岡温泉の「湯らっくすの湯」です。

シンプルな浴槽です


ここはおしゃれな名前の公共温泉施設ですが、源泉掛け流しを守っているのは立派です。おまけに朝6時から営業しているのは、さすがに歴史のある伊豆長岡温泉の共同浴場から出発している名残でしょうか。

朝早くから営業していますので、渋滞を避けるために早朝ドライブをしてきた時に疲れた体をリフレッシュするにはぴったりです。眠気もぶっとびます。熱い湯が苦手な子供さんなどは隣に足湯がありますから使いわけができます。

丁寧な注意書きです。


伊豆の温泉は比較的高温の温泉が多いのですが、源泉で60度、湯船でも43度から44度はありますから、湯温40度くらいが主流になった現代においては熱い部類に入るでしょう。注意書きが入口や脱衣所などにありますから、後で文句言う人がいたのでしょうか。そうそう、熱いからと水を入れようにも水の蛇口はありません。この辺りの頑固さも良いですね。

泉質は単純泉で、無味無臭の透明なものです。確かに温度は高めですが、水道水を沸かした42度と温泉の42度は入り心地が違います。最初はちょっときつめですが、温泉成分のためか一度入ってしまうと体に馴染んできてしまうのです。長湯はできませんが、けっして苦しいという感じはしません。十分に熱くなった体を浴室の隣の露天になっている縁台に腰掛けてクールダウンさせるのは気持ち良いの一言です。

浴槽は、伊豆石でできたもので、大きさは4人ほどで一杯になります。豪華さはありませんが、共同浴場はこれでいいという潔さがあります。脱衣所もきれいですし、お風呂上りにちょっと休憩できる畳敷きのスペースも完備しています。必要最小限のものがコンパクトに高次元でまとまっている感じですね。これもお湯が良いからこそのものでしょう。お湯がよくないと施設をコテコテと豪華にして誤魔化して人を集めないといけませんから。

新築になってきれいになりました


この施設、以前は伊豆長岡北共同浴場という地元の組合員が経営していたのですが、組合員が少なくなって老朽化した施設の改築もできなくなったので当時の伊豆長岡町が経営に乗り出すことになったそうです。名前も今風の湯らっくすの湯というものになり、バリアフリーとなって誰でも利用しやすくなりました。

ここは、内湯だけのシンプルさ、掛け流し、昔ながらのちょっと熱めの湯温・・と、好き嫌いは出るかもしれませんが、伊豆長岡のお湯を気軽に楽しめる施設だと思います。


伊豆長岡温泉 湯らっくすの湯

伊豆の国市長岡157-5(伊豆の国市役所近く)
055-948-0776  6:00~10:00 13:00~21:00
入浴料 300円



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。