2006 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2006 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松永豆腐店@静岡市清水区

kage

2006/09/05 (Tue)

これぞ、草薙の男前豆腐店! 松永豆腐店

馴染みがあって、手頃な値段で、健康的で、種類が豊富で、こだわりを感じることができるオヤジ好みの食材といったら豆腐が上げられるのではないでしょうか。納豆という声もあるのでしょうが、私は余り好きではないので却下です。そんなオヤジである私の最近見つけたお気に入りの豆腐屋さんが草薙の松永食品です。

水に泳ぐ豆腐たち


このお店、草薙のメイン道路である南幹線や駅前通りから一歩外れた通りにあるので今まで見過ごしていたのですが、普通の豆腐屋さんの雰囲気とはちょっと違うのです。威風堂々というか、粋というか、うらぶれた感が一切なく、広い店内の中心に各種の豆腐が泳ぐ水槽とがんもや油揚げが入ったショーケースが鎮座しています。

これを見ただけで「お主、なかなかやるな!」と感じざる負えません。
おいしそうな物を提供していそうなオーラが出ています。おまけにこの日は接客担当がイケメンの若旦那でしたから、同行した相方なぞは舞い上がっておりました。きっと近所の奥様達のアイドルになっているに違いありません。たぶん・・・・。

油揚げやがんもはこちらにあります


そんな草薙のイケメン豆腐店では、豆腐が「木綿」「絹」といった定番から「まろやか」「寄せ・松永」「田舎木綿」といったこだわりの一品、揚げ関係には三角厚揚げ、油揚げ、がんも、五目がんもといった馴染みのものからチーズ入りがんもといった変わりダネまであります。豆乳なども売っております。種類豊富で次から次へと試してみたくなります。

濃厚です。うまいです。


今回は「まろやか豆腐」を冷奴で食べてみました。食べてみた感じは
最近の豆腐業界の話題を一心に集めている男前豆腐店の「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」に通じるなめらかさと味の濃さ、豆の風味を感じることができます。濃い豆乳を使用しているのでしょうが、キメの細やかさが冷奴にぴったりとマッチしています。ジョニーが好きな方ならきっと気に入ることと思います。

次回は、これよりももっと濃厚だという「寄せ豆腐・松永」という店名を冠したものや昔風の固くて懐かしい感じがするという「田舎木綿」も食べてみたいですね。このあたりの新しいものにチャレンジしていく姿勢にも若旦那のやる気が感じられますね。気になる豆腐は大手、個人問わず食べて参考にしているようですし、今後色々と新しい商品が登場してくるかもしれません。

五目がんもはさっぱりしています


次の日には五目がんもに挑戦です。これは若旦那推薦の逸品で「レンジで温めて食べてみてください」とのアドバイスに従って、レンジでチン!して醤油をタラリとして食べてみたら、これがなかなかのものでした。生地が細やかで中の野菜が細やかにびっしりと入っていて、どこか豆腐コロッケを連想させてくれました。これで銀杏が入っていたら満点なのですが、十二分に合格点のおいしさです。

がんもどきの煮物は滋味あふれてます


最後は、普通のがんもどきです。3日連続で豆製品を摂取して健康管理です。これも丁寧な仕事ぶりが感じられました。お出汁を十分に吸ったがんもは滋味あふれるおいしさで、スーパーのパック入りの普及品のものとは明らかに違うおいしさにあふれています。きっとおでんにいれたら最高かもしれません。

と、大いに気に入ったのですが、我が家からちょっと離れているのと日曜日休みなので気軽に行けないのが難点です。「たかが豆腐、されど豆腐」を感じさせてくれる品々、手頃な価格で高品質な品々、個人店ならではの対面販売の良さを感じさせてくる商品とお店です。

この木の看板が目印です


八百屋、肉屋、魚屋・・・など個人店が減ってスーパーばかりになっていく世の中ですが、今後も大通りから一歩入って頑張っている個人店を探そう!と思わずにはいれないお店でした。


松永豆腐店(松永食品)

静岡県清水区草薙一里山7-15(静岡鉄道御門台駅近く)
0543-45-5039 10:00~18:30 日曜・祝日休み

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。