2006 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2006 12

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やきとり道場@静岡市清水区

kage

2006/11/26 (Sun)

焼鳥入門にぴったり! やきとり道場

居酒屋のジャンルのひとつに焼鳥屋があります。手軽に食べて飲むに適しています。オヤジ様御用達の居酒屋形態ですね。そんな気軽で、しかも奥深い焼鳥道を始めるにぴったりなのが草薙駅前のやきとり道場です。

これで1本80円は安いです!


このお店、店内での飲食とお持ち帰りの2本立てです。店頭には夕方になるとお目当ての焼鳥を買い求める家族連れや奥様が列を成し、店内のカウンターには開店と同時に焼鳥とビールを求めて親父達が座り始めます。この好対照こそが焼鳥が持つパワーなのでしょう。焼鳥はご飯のお供にもビールやサワーのお供にもぴったりな憎い奴なのですね。

今日は、居酒屋部門に入門です。この店は日曜休みですが、祝日は営業しています。夕方5時開店の5分後には店に入ったのですが、既に店内は8割方埋まっています。噂に違わず焼鳥が激安です。基本のねぎまや正肉、鳥皮、レバー、砂肝などは1本80円!です。しかも1本の串に刺さっている肉が大きくて食べ応えがあります。しかも安いだけでなくおいしいのです。、値段を考えるとこの量とおいしさは破格といえるでしょう。

なんでもこの鶏肉は北海道のホワイトロックという鳥だそうで冷凍ではないことはもちろんのこと、その日に使う肉はその日に仕入れて使い切るようにしているとのことです。これも店内と店頭で大量に売れるから出来ることでしょうね。

レバーがうまーです


ここの焼鳥は、タレでも塩でもOKなのはもちろんのこと、レバーなどはレアなどの焼き方の注文も受付けてくれます。常連さんなどはメニューを見なくてササッとオーダーしております。しかし、焼鳥屋さんって次は何を注文しようかと考える楽しみがありますね。隣の人が食べている串が気になって同じものを頼んだり・・・。この辺りは寿司屋に通じるものがあります。

基本の焼鳥のほかには、笹身に梅シソを巻いた道場焼きや、豚肉のシソ巻きなどがありますが、この店の真骨頂は1本80円の基本をガシガシやるのが良いのかなと思いました。変化技は他の焼鳥屋さんに任せて、こちらでは直球勝負で行きます。

80円の串ではねぎま、レバー、とり皮、正肉が、120円ではナンコツが気に入りました。ナンコツってなかなかおいしい店に当たらないのですが、この店のものは新鮮なのと周りに肉がちゃんと付いていてそのコントラストがいけてました。

血も滴るレバー刺しです


一品料理では新鮮な肉が手に入るお店ですからレバー刺しや牛の刺身などもお勧めです。この日はレバー刺身を注文。臭みも全くなく、ツルリ、ネットリと、いかにも精がつきそうな一品でした。

このほかには、居酒屋の王道的な煮込みや冷奴、漬物、各種のフライなどもあります。フライも1本100円が中心と格安です。焼鳥だけでなくこの手のものがあると使い勝手が良くなります。

飲み物は、ビールはもちろんのこと、各種サワーや日本酒、そして色々な種類の焼酎があります。常連さんは、ビールのあとに熱燗が多いようですが、私は基本に忠実にビールをお供にしました。ちょっと残念なのはホッピーがなかったことでしょうか。気なる値段は安めから普通くらいでしょうか。

この看板が目印です


と、このお店は飲んで食べても普通は2千円もあれば事足ります。大食いの人でも3千円あれば十分でしょう。安くて旨くて気軽な居酒屋、まさに庶民の味方、オヤジのパラダイスといったお店です。

最近は、ハイソ、お洒落で売っている?草薙周辺ですが、このお店は昔からの町である草薙の伝統ある良さを感じさせてくれる雰囲気と味わいを持っています。

店頭に山盛りの焼鳥が


そうそう、お持ち帰りならば、近所の松永豆腐店の豆腐とこちらの焼鳥を買えば、パパも家族も大満足間違いなしです。お持ち帰りならばお店で食べるものより1本10円安いのも魅力です。大量に買うときや混雑する夕方は予約がお勧めだそうです。


やきとり道場

静岡市清水区草薙1丁目8-12(静岡鉄道草薙駅近く)
0543-45-6107 居酒屋17:00~ 持ち帰り15:00~
日曜休み


スポンサーサイト

まるしま@静岡市駿河区

kage

2006/11/12 (Sun)

親父のモーニング! まるしま

静岡駅の南口に朝早くから晩まで老若男女、特に頑張っている親父さんたちの胃袋を満足させてくれている店があります。それが『まるしま』です。看板にはおにぎりの・・・というキャッチフレーズが付いています。

おでんくんです!


このお店のメニューの3本柱は、看板のおにぎり、今や全国区のおでん、もちろん静岡、いやしぞーかおでん、そして何故かてんぷらです。
この3つを組み合わせて食べても500円でお釣りがきちゃうのです。
事実、この日はおでん3本におにぎり1個、てんぷら1個で310円でした。これでお腹一杯になるなら安いものです。しかも自分の好きなものが選び放題?なんですから。

おにぎりは1個90円と110円が主です。おかか、鮭、こんぶといった白飯に具が入ったもの、鶏飯などの炊き込みご飯系、赤飯などのおこわ系があります。この日は好きな鶏飯を選択。あっさりした味付けで一緒に食べたおでんと好相性でした。

a href="htt鶏飯のおにぎりです


このおにぎり、忙しい朝の時間は出来合いのものですが、午後からは店頭に並んでいなくても好きなものを頼むとアツアツのものを握ってくれるそうです。コンビニのしゃれた具のおにぎりもいいものですが、昔ながらの素朴なおにぎりも良いものだと再認識させてくれます。

おでんは、駄菓子屋さんでよくみかける木のテーブルの真ん中に四角い鍋がはめ込んであるもので、この場所がこの店のベストポジションかもしれません。黒っぽいお汁にたくさんの串の中から自分の好みのおでんを探すのはしぞーかおでんお楽しみでもあります。この日は大好きなタマゴとCMでブレイクした黒はんぺん、野菜系からじゃがいもを選びました。

この中におでんが詰まってます


値段はなんとどれも一本50円です。まぁ値段からいって具はそれほど大きくありませんが、逆に考えれば色々食べられることができます。味は見た目ほど濃くはありません。これは牛スジから取ったダシでなはないからだそうです。青海苔が入っていないダシ粉と辛しを付けて食べると「そうそう、これがしぞーかおでんだよな」と納得できる味なのです。

ホクホクのさつまいもです


最後は、てんぷらです。朝7時前ということで、油物はどうかなとおもったのですが、揚げたて熱々のでっかいさつまいもが店頭に並んだのでひとつ頂きました。ほっくりと甘いさつまいもの天ぷらは塩を掛けてたべると、これまた懐かしい家庭のてんぷらの味です。これも1個70円という値段がうれしい限りです。これは旬の野菜を使っているからでしょうか。

この日は食べませんでしたが、この店にはモーニングセットがあります。好きなおにぎり2個に味噌汁、漬物がセットになっているものです。私としてはおでん鍋が目の前にあるとついこれを食べてしまうので、このセットよりもアラカルト?でいってしまいますね。これも私はしぞーか人だからでしょうか。

渋い外観です。いつまでもこの姿でね。


このお店の目の前にはJR東海の静岡支社のビルがあります。昔から時間に不規則な鉄道マンの胃袋を満足させてきたのでしょう。また、駅前ですから近くのビジネスホテルに泊まったお客さん、特に出張族のおじさん達が変わり映えしないホテルの朝ご飯をキャンセルしてこちらの店に食べに来ることも多いそうです。

手軽に食べることができて、朝早くから営業しているまるしまさん、末永く頑張ってほしいものです。


おにぎりのまるしま

静岡市駿河区南町7-15(JR静岡駅南口近く)
054-281-4900 6:30~18:00(土曜日~17:00)
定休日 日曜日、祝日


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。