2007 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2007 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐりぱ@牧之原市

kage

2007/06/16 (Sat)

モロコシ畑でつかまえて! ぐりぱ

野菜や果物は、今やスーパーにいけば大体のものが1年中売られています。しかし、旬のもの、時期の野菜・果物はやはり良いものです。おいしさが違います。夏の野菜でいえば、とうもろこしなんてのもその代表格なのかもしれません。そんなとうもろこしの直売所『ぐりぱ』が牧之原市にあります。

おいしそうに茹で上がりました


とうもろこしは朝採りに限ると言います。農家の人は、鍋に火をつけてから畑にとうもろこしを採りに行くくらいだそうです。時間が経てば経つほどおいしさと栄養分が逃げていくなかなかやっかないな野菜です。タケノコやアスパラなんてのも同じですね。

この店の開店は6時30分です。私は7時前に行きましたが、既に早朝から畑から採ってきたとうもろこしがコンテナに山積みになっていました。売り切れ次第の閉店ですが、旬の時期はたくさんのとうもろこしが入荷するのでお昼過ぎまで大丈夫のようです。これからの季節は静波海岸へ遊びに行くついでに行くのが良いかもしれません。

コンテナに山積みのもろこしです


このとうもろこしの品種は「ゆめのコーン」です。とうもろこしと言えば、ハニーバンタムにピーターコーンなんてのが思い浮かびますが、時代は日々進化しているらしく、とうもろこし業界の最新人気トレンドがこのゆめのコーンや味来なんだそうです。さらにサニーショコラなんていうケーキのような名前のものまであります。ネットで色々調べて判りました。

このゆめのコーン、謳い文句は「フルーツコーン」だそうです。フルーツトマトならぬフルーツコーンで、生でも食べられる甘さと美味さが特徴だとか。とうもろこしの本場、北海道の産直便でもバンバン宣伝しています。気になるお値段は送料込みで10本で3000円から3500円位。これでもお値打ちと書かれていますが、なかなか手の出しにくい値段ですね。

袋詰めで販売されています


しかし、ぐりぱのとうもろこしは太さ、大きさにもよりますが、一袋に6本から9本入って千円ぽっきり。これなら腹一杯食べることができますし、都会に住んでいる知人や友人に気軽に送ることができます。この店でも地方発送をしているそうです。

見た目は、黄色の粒々に白い粒が所々混じっています。バイカラーというそうです。粒の張りと密度が凄いです。自然が成せる美なんてのも感じてしまいます。緑色のゴワゴワの皮から鮮やかな黄色の絨毯が出現する格差は見事です。外見と中身がこれほど違う野菜も珍しいのではないでしょうか。

黄色と白のコントラストが良いですね


気になる味ですが、『甘~い!』『瑞ゝしい!』が第一印象です。水分と糖分が多いのが食べても判ります。水分の多さは、芯の部分までしゃぶり尽くしたいほどです。ウリの糖分はベタベタの甘さではなく、とうもろこしの本来持つ旨さ、野性味、香りを兼ね備えています。ひと粒ひと粒がムッチリ、ピッシリしており、歯応え、食べ応えも満足いくものです。水分と糖分、味わい、香りが高次元にバランスされているとうもろこしと言えるのかもしれません。

ただ、農産物ですから畑や収穫時期によって差が出るのは仕方がないのかもしれません。最初の時は「今まで食べたとうもろこしの中で1,2を争う甘さとおいしさ!」と驚愕したのですが、2度目の時は平均より上、75点位のおいしさでした。目利きは難しそうですが、店の人に選んでもらったり、6本入りの太めのサイズを選んでも良いかもしれません。

このような手書きチラシが同封されています


うちではいつも茹でて食べています。添付されていたおいしい食べ方に従って水から全部の皮を剥かず、薄い皮を一皮残して適量の塩を入れて食べましたが、茹でることによって甘さがより引き立つように感じました。料理に使うのも良いでしょうが、茹でても醤油をつけて焼いても一本まるごとかぶりつくのが一番おいしい食べ方なのではないでしょうか。

あと、このお店では体験もろこし狩りを予約の上でしています。休耕田ですくすく夏の日を浴びて伸びているとうもろこしを自分で採るのはお子さんがいる家庭では良い経験になるのではないでしょうか。とうもろこしってどうなっているのかなかなか知る機会はありませんから。

これがとうもろこし畑です


このお店、市街地からちょっと離れた田んぼの中にある農協の跡地にテント張りで営業していますが、次から次へとお客さんが来ます。梅雨入りとともに歳時記のように「待ってました!」と来店する人が多いのでしょう。場所は榛原の市街地から日機装の榛原工場へ向う県道沿いになります。

テント張りの簡易店舗です


気になるお店の営業時期ですが、7月一杯は営業し、とうもろこしが残っていたら8月になっても続けるそうです。営業日時は金土日の週末は必ず営業し、平日もできるだけ営業するそうです。もし平日に行く方はHPか電話で問い合わせしてから行かれる方が確実ですね。

夏の楽しみは、朝にトマト、昼にとうもろこし、夜に枝豆とシソとミョウガの載った冷奴にビール・・・と、初夏の野菜ライフはおいしさ一杯です。このようなロハスでスローな地方(田舎)生活もなかなか良いものです。


もろこしショップぐりぱ

会社 牧之原市静谷1611
直売所 牧之原市勝俣1265-1(ローソン榛原勝俣店近く)
会社 0548-28-0073 問い合わせ先 090-8861-7755(8:00~17:30)
6:30~売り切れまで 金土日と平日不定営業


スポンサーサイト

山参鶏肉店@沼津市

kage

2007/06/03 (Sun)

鶏を丸ごと食べ尽くせ! 山参鶏肉店

鶏肉を使った料理屋というと最初に焼鳥屋が思い浮かびます。このお店も普通の焼鳥屋さんかなと思ったのですが、焼鳥屋の範疇を遥かに超えた鶏肉料理の総合商社か、鶏肉丸ごとデパートといった感じの凄いお店でした。

このボリュームで800円は安い!


それもそのはず、このお店は沼津でも鳥肉を専門に扱う創業100年を超える!老舗の肉屋さんが始めたお店だからなのです。いわば鶏肉の全てを知り尽くしたプロが皮から内臓、頭から尻尾まで全てをおいしく楽しく食べてもらおうとしているからなのです。

沼津で鶏肉料理といったら、焼鳥と同じように若鳥の丸揚げ・空揚げが名物として有名です。このお店にももちろんあります。これが、皮はパリッ、肉はむっちりジューシーで、いくらでもいけちゃいます。味付けも控えめで肉本来のおいしさが堪能できます。熱々で口の中が火傷しそうですが、胸、手羽、・・と部位毎に切り分けられていますので、味の違いを楽しみながらアッという間に骨ばかりになりました。

これが沼津名物の丸ごと揚げです


この空揚げ、私的には白ヒゲオヤジの空揚げ屋さんのものより好みです。ボリュームもけっこうありますが、残ったら喜んでお土産にしてくれるので、安心して注文することができます。沼津以外では余り食べることができないメニューなので食べた事の無い人は食べてみて欲しい一品です。もちろん、これからの季節ビールのお供には最高ですね。

あと、こちらでもメインになっている焼鳥・串焼きですが、1本180円というちょっと高めの値段ながら値段相応、値段以上の価値があります。正肉、ねぎま、砂肝、レバーなどお馴染みのものからぼんちり、すじなど専門店ならではのものまで一通り揃っています。この日はレバーや砂肝、ナンコツなどを注文。

ジューシーレバー焼きです


その中で一番おいしかったのがレバー。レバーは当たり外れが多いものですが、この店のものはアタリ!。臭みなどは全く無く、レバーの滋味あふれるおいしさ、濃厚さが口の中に広がります。さすが、お店のお兄さんが、この店のお勧めは内臓関係と言っただけのことはあります。新鮮な鶏肉が手に入るお肉屋さんだけのことはあります。

あと、串焼きで忘れてならないのはつくねですね。これはお店独自の味や造りがそれぞれ楽しめますから、どこのお店でも頼む一品です。このお店のものは1本300円。これでまずかったら凹んでしまいますが、これまた値段以上のおいしさでした。

つくねもいけるよー


インドカレー屋さんのシシカバブか、竹輪くらいの大きさで食べ応えがあります。鶏ミンチの中に砂肝のちょっと大きめな肉がポイントで入っているのが良いアクセントになります。香辛料の使い方、タレの甘辛さも丁度良い感じです。そのまま食べても良いですし、別料金の卵の黄身を付けて食べてもいけそうです。

串焼きのレバーがおいしいのなら、レバー刺しもおいしいに違いないと注文してみると、これまた絶品でした。あちこちのお店でレバー刺しを試している相方も「このお店のは相当おいしい。新鮮なだけでなく良い鶏肉のレバーだから味も抜群」「盛り付けの細いお洒落なお皿に細ネギを下に敷いてあって気が利いている」とベタ褒めでした。ササミや砂肝などの刺身やそれらの盛り合わせもあるところが憎いですね。

このピンク色のレバ刺しを見よ!


あと、鶏肉といったら銘柄・ブランド鶏も気になります。こちらでは地元静岡県の誇る駿河若鶏のメニューが各種揃っています。この日は確かめませんでしたが、素性は良い鶏ですからさぞかしおいしく仕上がっていると思います。ただし値段はちょっと張りますが・・・。

肉は鳥肉中心ですが、こだわりの牛肉、豚肉も少しではありますがおいてあります。この日は静岡県の誇る銘柄豚の金華豚の串焼きを頼んでみました。ジューシーでおいしかったのですが、値段相応でお値打ち感には今一歩でした。残念・・・。

銘柄豚の金華豚です


このお店は肉だけではありません。これが他の焼鳥屋と一線を画しているひとつになっています。港町沼津ならではの刺身や干物や塩辛などの珍味系の海のものから3種類ほどの野菜サラダからアスパラやしいたけやししとうなどのお馴染みの野菜焼き、トマトの浅漬けなどの野菜メニューも豊富です。その他、自家製の出汁巻卵、豆腐を使ったメニューなど下手な居酒屋顔負けに揃っていますので、肉嫌いな人が行っても大丈夫なくらいです。

さらに〆のご飯ものや鳥ダシのラーメンも充実しています。隣のお客さんが食べていておいしそうだったのが極上親子丼。トロトロの卵に大きめな鶏肉がゴロゴロ入っていてボリュームも満点。オヤジにはメタボ的に無理ですが、次回はつまみを抑えてでも食べてみたいですね。

おいしい料理にはおいしいお酒がつきものです。焼鳥のベストパートナーのビール・生ビールはもちろんのこと、日本酒や焼酎類も手頃なものからレアなものまでどれを飲もうか悩んでしまうほどです。日本酒は開運や初亀、白隠正宗など地元静岡県のものが多いですし、焼酎は芋からそばまで各種あります。自家製の梅酒なんてのも置いてありました。

店名の鶏肉店のが泣けます・・・


さらにこのお店が優れている点は、女性客でも違和感なく寛げる雰囲気と内容があることです。流行の薄暗い創作系居酒屋のお洒落感と軽薄さとは無縁です。適度なサービスとツボを抑えた食器、ボリューム感あるそれぞれのメニュー、そしてどれを頼んでもハズレのない料理、バラエティ豊かなドリンクメニュー、適正な価格・・・と、お値打ち感、コスト感に敏感な女性にも満足できるお店だと思います。

このお店は、お洒落だけどそれなりの味しか得られない焼鳥や鶏料理も出す居酒屋、おいしくて安いけど単調でオヤジ臭い縄のれん系焼鳥屋、どこで食べても同じ味のチェーン系焼鳥屋、高くて敷居の高い接待系鶏料理店といった現在の地方都市の鶏料理ワールドの殻を打ち破る新しくて贔屓にしたくなる大いなる魅力を持っていると思います。

沼津駅からちょっと離れていますが、鶏料理のあれこれや鶏の内臓のおいしさを再発見したい方、彼女や奥さん・お子さんに進化した焼鳥屋の姿を見せたい方、「沼津ってやっぱり魚じゃん、他はたいしたことないよね」って言う方々にお勧めしたいお店です。人気があるお店ですので週末を中心に予約がお勧めです。


山参鶏肉店

沼津市沼北町1-10-1 プラザパシフィック101(誠恵高校近く)
055-921-1336 17:00~22:30 (ラストオーダー)
日曜日休み(祝日営業)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。