2007 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2007 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たか嶋@沼津市

kage

2007/08/28 (Tue)

沼津港で寿司モーニング! たか嶋

我が家の東部方面への日帰りドライブの食事処の定番になりつつあるのが、沼津港にある寿司屋のたか嶋です。ただし、昼とか夜でなく朝限定です。しかも朝6時30分頃から7時過ぎという早朝短期決戦の、なかなかハードルの高いお店でもあります。

沼津といったら鯵ですよ、奥さん


沼津港周辺の飲食店での朝食というとMという有名大型店が人気がありますが、うちではあえて避けています。ただの天邪鬼ということもありますが、観光客でごった返すお店よりも市場に買出しに来る魚屋さんや仲買いさんなどがササッと寿司をつまんでいたり、一仕事終えたプロの方がのんびりおしゃべりしつつお寿司を食べている雰囲気が好きです。もちろん観光客もおりますが、けっこう常連さんが多いように思います。

このお寿司屋さん、同じ沼津港の老舗寿司の双葉寿司の姉妹店で、港湾に出来た大きな市営駐車場の隣に昔からある飲食店の集まる旬彩街というアーケード内にあります。白い暖簾が目印です。

旬彩街というアーケード内にお店があります


このお店、ちょっと変わっています。それは昼と夜は大衆的なお寿司屋さんで、天ぷら付きのセット物やお決まり、お好みなどが食べられます。が、朝はほとんどのネタが一貫110円で食べられる寿司専門店になります。これなら回転寿司と同じ感覚でガンガンと食べることができます。だいたいひとり夏目さん1枚で事足りてしまう安さです。安くてもそこはちゃんとしたお寿司屋さんの上、プロも来ますから下手な仕事やひどいネタはありません。ネタの種類は昼や夜ほどではなく限られてしまうのは残念ですが、旬のものが揃っています。

3役揃いふみです


夏のお寿司の定番は青魚。沼津といったらアジ、さらにイワシにアオリイカの生ゲソ。ポンポンと付け台に並んだのをパクパクとアジ、ゲソ、イワシの順に食べていきます。向こうもリズム良く出すので、こちらもそれに負けずにいきます。これぞカウンターの醍醐味のひとつですね。

アジはさっぱりとした中に脂が乗っています。生ゲソは大きさがいいですね。これ以上大きいと食べにくいし小さいとつまらない。限界ギリギリの大きさで、口の中でゲソの弾力感がはじけます。イワシはアジとはまた違った青臭さがいいですね。回転寿司などではイワシなどは余り食べたくありませんが、こちらではちゃんとイワシの良さが生かされています。

段々と調子が出てきましたよ


これで胃も目覚めてきました。今度は白身からハマチ、酢を使ったさっぱり系で〆サバ、ゲソがおいしかったので、イカを追加します。白身は鯛系が良かったのですが、この日は早い時間で終わってしまったようで残念でした。

ハマチはまぁ普通、〆サバの酢の〆具合はちょっときつめですが、夏場ですからこんなものでしょうか。このような仕事の具合は他のお店に軍配が上がるのかもしれませんがこれは値段を考えると仕方ないかもしれませんね。やはりおいしかったのがアオリイカ。沼津方面ではジンドウと呼ばれるもの。魚は地方地方で名前が違ってきますから注意が必要です。

海苔の具合がアバウトですね


次はカツオと趣向を変えてカニサラダの軍艦巻。カツオは程よい脂の乗り具合です。まぁ普通ですかね。軍艦巻の海苔がちょっとめくれているのは愛嬌でしょうか。味はこちらも普通です・・・。やはりこちらでは魚系のネタで勝負でしょうか。

ネギトロ巻ですよ


〆は巻物がお約束です。今日はネギトロ巻を細巻で。すきみの量もしっかりとあってパクパクといっちゃいます。海苔のパリパリ具合も値段を考えると合格点だと思います。

これは、今年の春先に食べたお寿司です。生のサバは脂がのっておいしいです。沼津市場の特徴として9月の終わりから春先までトロール船から揚がる深海魚が入ることがあります。これにより魚の種類が豊富で東京などでは余り目にすることのない珍しい魚が出ることもあります。もちろん、金目鯛などもいけます。お寿司は季節毎にネタが変わり味が変わりますので行く度に新しい発見がありますから本当に楽しいですね。四季がある日本、豊かな海がある静岡県に感謝しなくてはいけませんね。

生のサバがんまいです


こちらのお寿司は、シャリの大きさは普通かちょっと大きめ、寿司飯の甘さはちょっと甘めでしょうか。お椀ものはあら汁などよりもじみの味噌汁などが多いですが、こちらもお値打ちですので朝の一杯として頼んでも後悔しません。

ここで、注意する点のひとつは、カウンターに座ると「おまかせでいいですか?」と職人さんに聞かれても「はい」と言わずに自分の好きなネタをネタケースを見たり職人さんに色々聞いて頼むことです。おまかせですとまぐろや玉子など当たり障りのない普通のネタがドンドン出てきますので、「今日は白身は何がありますか?」とか「ヒカリモノが欲しいのですが」とか聞くことにより充実した?朝食を取ることができるようになります。

まぁ、こちらは毎日来ていて名前で呼ばれるような常連さんではないので、分をわきまえることが大事です。が、せっかく沼津港で食べる寿司ですから沼津ならではのネタを食べたいもの。カウンターに座って謙虚にしつつ、したたかにいきましょう。


たか嶋

沼津市千本港町115-3(沼津魚市場近く)
055-951-5105 6:30~9:00、11:30~14:00、16:30~20:00
定休日 火曜(月1回火・水曜連休あり、祝日の場合は営業で水曜休)



スポンサーサイト

つかもと食堂@焼津市

kage

2007/08/12 (Sun)

豚肉料理がイケてます! つかもと食堂 

各種の定食や丼もの、ラーメンなどを気軽に食べられる大衆食堂は、外食好きのオヤジにはありがたい存在です。しかし、昔ながらの大衆食堂は段々と消えつつあるのが現状です。そんな中でこのつかもと食堂は、大衆食堂の未来にあるべき「大衆食堂進化系」ともいうべき大衆食堂ファンなら注目すべき一軒ではないかと思っています。

卵のとじ加減が良い具合です


こちらの食堂、各種の定食が揃っていますが、店のおすすめは豚肉を使った料理です。その理由は豚肉の本場?群馬が誇る「榛名ポーク」を使っているからです。この肉は柔らかさの中にコクと美味さ、特に甘さが潜んでいます。数ある豚肉メニューの中でとんかつ定食やカツ丼がイチオシですね。特に残暑厳しいこれからの季節、豚肉の持つビタミンBのパワーで栄養補給と行きたいところです。

カツ丼は、数ある丼にあってなかなか奥の深い丼だと思っています。肉の選定からカツの揚げ方、具はたまねぎか長ネギか、汁の具合から卵のとじ方まで100人の職人さんがいれば100のカツ丼が出来るほどだと思います。おまけに食べ手の好みが千差万別ですから誰もがおいしい!と思うようなカツ丼って少ないのではないでしょうか。

おなじみのメニューが並びます


そんなカツ丼にあって、こちらのカツ丼は豚肉の旨さ、おいしさを最大限に生かすように仕立ててある大人好みのカツ丼だと思います。主役のカツを具、ご飯、丼ツユといった脇役陣のフォローが良く効いているのです。上品さと良い意味でのB級グルメ感が共存しているとも言えますね。気になるボリュームは普通のもので140グラム、上カツ丼で、この倍の280グラム!になります。この上カツ丼なら大食いの人や若い人でも大満足できるのではないでしょうか。私は普通のもので十分ですが・・。

部位は、ロースで脂身は程よい感じに残っています。衣は普通か薄めで揚げ方サラダ油だけで揚げてあるので胃にもたれません。仕上がりも真ん中がほんのりピンクで良い具合です。具のたまねぎのしっとり感と飾りの三つ葉もうれしいでしね。卵のとじ方は平均的でしょうか。丼ツユは、しつこさのない上品なものでご飯がビショビショになることもない程良い量です。と、丁寧に作られています。これで800円なら十分にお値打ちだと思います。味噌汁もダシが効いていておいしいです。

ハンバーグ定食です


あと豚肉を使ったものに挽肉の料理があります。定番のハンバーグを選択してみました。ハンバーグはけっこうしっかりとしたタイプで肉汁たっぷりのジューシーさよりも味付けのバランスを優先させている感じでしょうか。上のソースも丁寧に作られています。

メタボを気にしている人には魚系のメニューも要チェックです。ここは焼津ですからなおさらです。魚系のフライで代表的なものにアジフライがあります。値段は定食で550円!と、こちらも懐にやさしい価格です。

アジフライが揚がってますよ~


揚げたてのアジはなかなか肉厚で、こだわりのソースでもタルタルソースでもどちらもOKです。青魚特有の臭さもなく、改めてアジはフライにぴったりな魚であると再認識させてくれました。あと、プラス料金でシソとチーズを挟んだ一工夫したアジフライに変更することも可能です。

アジフライのほかには焼鮭といくらの親子丼や白身魚の空揚げ野菜あんかけなんている中華料理的なメニューもあります。こちらは野菜の丁寧な切り方、やさしい味付けと女性でもOKなものになっています。

あと、定食屋やランチを出す店での目玉メニューになっていることが多い日替わりメニューですが、こちらの店では余裕があれば夜も食べることができます。普通はお昼の時間だけの店が多いだけにうれしい限りです。なお平日限定です。

この日は3度目の正直でやっと日替わりメニューを食べることができました。この日はメインが「ニラ豚炒め」、サイドが「そうめんの中華風サラダ」でした。こちらでも榛名ポークの旨さ、甘さがひきたっています。薄切り肉にタレのコクとニラのシャキシャキ感がアクセントになってご飯が進みます。

おまけの一品がうれしいですね


この日替わりメニュー、こちらのお店のブログに毎日何が出るか告知されています。こんなところにも新しい大衆食堂の姿を垣間見ることができます。さらに奥さんが自力でHPまで作ってしまったというのですから頭が下がります。個人のお店もこれからはどんどんブログやHPで情報発信していくべきですね。

定食屋というと食べるだけの感じがしますが、こちらのお店は夜はおいしい一品料理でお酒を楽しむことができる居酒屋、最近で言うところの居食屋的な使い方ができます。店の奥には落ち着いて寛げるフローリング敷きの座敷があります。大手居酒屋チェーンの冷凍食品やセンターキッチンで調理したものよりも、この店で作り立ての惣菜や馴染みのある家庭料理、ひとひねりある創作料理で飲む方がオヤジには合っているのではないかと思います。ちょっと場所的に不便でありますが・・・。

と、この食堂は住宅と工場の混在した大通りからひとつ入った目立たない場所にありますが、安くておいしい料理が食べられるお店として覚えていて損はないと思います。店も改装して間もないのできれいですし、店を切り盛りしている若いご夫婦の接客がフレンドリーな点がポイント高いですね。静岡の飲食店には珍しいニコニコとした心温まるサービスで色々な注文にも応えてくれます。店とお客さんを大切にしている姿勢がよくわかるだけにこれからも応援したくなるお店です。


つかもと食堂

焼津市五ヶ堀之内1514-4(アステラス製薬焼津工場近く)
054-629-5808 11:00~14:00 17:00~23:00(21:00LO)
水曜休み




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。