2007 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2008 01

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アボンドンス@浜松市中区

kage

2007/12/23 (Sun)

光り輝く大人のケーキ! アボンドンス

年末を飾る一大イベントのクリスマスは、最近ではお正月よりも盛り上がるようになってきました。そのクリスマスに欠かせないものはケーキです。ケーキの本場といえば、フランスですが、フランス人パティシエが腕を振るっているのが浜松のアボンドンスです。

チョコのケーキです


日本では、外国人、特に欧米人を崇拝する風潮が強いですが、外食の世界も例外ではありません。外国人がシェフをしているだけで格が上がったように感じますが、このような店も玉石混交です。このお店のパティシエはMOFとは言いませんが、本場フランスの有名ケーキ店での長い経験もあるようで、選び抜いた素材としっかりとした技術によって他のケーキ屋さんとはちょっと違う本場の香りを感じることができます。

そんなお店の中で悩んだ末に選んだケーキは3つです。最初は、このお店のスペシャリテのひとつである「シュープレーム」。最高と名付けてあるだけに期待が持てます。見た目はシンプルです。

最高という名のケーキです


食べてみると最初にバニラクリームのおいしさが口の中一杯に広がります。その後に上と下にあるダックワース生地のヘーゼルナッツの香りがほのかに感じられてきます。クリームは、軽やかさよりも芳醇さを感じさせるしっかりとしたものです。ぼってりといっていいかもしれませんが、その濃さがフランス菓子の伝統なのかもしれません。

次は季節もので勝負です。やはり秋から冬への定番ケーキといえばモンブランでしょう。晩秋にこのケーキが店頭に並ばないケーキ屋さんは無いくらい人気のあるケーキです。またこのケーキほどお店の個性が出るものはないかもしれません。栗の選び方からマロンクリームやペーストの作り方から造形まで百花繚乱状態です。

栗の味が私を虜にする


このお店のものは、いたってシンプルな定番的な球形の形です。飾りもなく、上に絞ってあるクリームも少なめです。肝心の味はバランスの取れた上品で豊かなもの。土台のビスキュイも限りなく薄く、主役の栗の香りとおいしさがケーキに見事に昇華しています。今年食べた3つのモンブランの中では一番気に入りました。一番小さく高価でしたが、来シーズンもまた食べたい一品となりました。

濃厚なチョコにメロメロ


冬に食べたくなるケーキといえばチョコレートを使ったケーキです。「フュイ・ド・トン」は紅茶よりも濃い目のコーヒーか洋酒や赤ワインが似合うしっかりとしたケーキに仕上がっています。チョコのムースは濃厚でいながらもチョコの香りと味わいが素晴らしくスーと入っていきます。直球勝負の男性的なケーキといえるでしょうか。ムースの土台のメレンゲと飾りのフランボワーズも良いアクセントになっています。

今回、3つのケーキを食べましたが、どれもハズレがありませんでした。アボンドンス=芳醇という名が示す通り、厳選された素材と優れた技術力と美的センスにより生まれるケーキは本場フランスのケーキってこんな感じなのかと思いを馳せてくれます。ケーキの姿形も江戸前の寿司と合い通じる美しさがあります。神は細部に宿るでしょうか。

宝石箱ですね、ここまでくると


軽めのふんわりとした口どけの良いケーキが好きな人には向かないかもしれませんが、しっかりとした味わい深いケーキや洋酒やたっぷりのフルーツに頼らないシンプルでいながら濃密なケーキを追い求める人にはツボにはまるかと思います。

このお店のパティシエ、かなりのこだわり派のようで、普通のケーキ屋さんでは定番のシュークリーム、ショートケーキ、プリンはお店に並べないとか。それよりもオリジナリティ溢れる本場のケーキで勝負ということでしょうか。このような姿勢って私は大好きですね。他のケーキ屋さんが大勢来店するのも納得できます。

焼き菓子も充実しています


また、今回は食べませんでしたが、マカロンやフィナンシェなどの焼き菓子も評判が良いようです。特にマカロンは小さめながらも味わい深い本場の味だそうです。私はマカロンファンではないのでなんともいえないのですが・・・。

それから、このお店はケーキと同様にお店自体もスタイリッシュです。フレンチブルーを大胆に取り入れてケーキ屋というよりもジュエリーショップのような感じです。ショーケースも宝石か時計をいれるのにふさわしい感じですし、焼き菓子などが飾れている壁面もお洒落です。この辺りも大人っぽい感じ満点ですね。

フレンチブルーが鮮やかです


このケーキ屋さん、私の住む静岡市からはちょっと遠い場所にありますが、浜松方面へ出掛けた場合は寄り道したいスポットになりました。お店のHPもお店同様にスタイリッシュですし、季節毎に発売されるケーキにも食指が動きます。次回はパティシエと色々とお話をしてみたいですね。

P.S.年末年始は休まず営業するそうです。


アボンドンス

浜松市中区住吉2-14-27(興誠高校、聖隷浜松病院近く)
053-473-8400 10:00~20:00 火曜日、第3水曜日休み


スポンサーサイト

つかもと@藤枝市

kage

2007/12/09 (Sun)

懐かしの鳥モモ焼きを見直そう! つかもと

もうすぐクリスマスです。家族でささやかにパーティーなんて時に昭和、それも3丁目の夕日的な時代には鳥の骨付きモモ焼き、ローストチキンとバタークリームのケーキが定番でした。白ヒゲおじさんの店が田舎に進出する前の話ですが・・・。

けっこう肉厚で大きめです


そんな懐かしい鳥の骨付きモモ焼きをはじめ、から揚げや手羽先などの鶏肉のお惣菜が豊富に揃うのが藤枝と岡部町の境にあるつかもとです。支店が静岡市葵区の庶民派商店街の雄、駒形通りにあります。鶏肉だけの惣菜屋としては立派な店構えだけをみても、いかにこのお店が近隣住民の支持を受けているかがわかると思います。

看板商品のローストチキンはモモ肉で1本280円程度、胸肉で260円程度です。これは重さによって日々値段がちょっと変わるそうです。この変化する値段とモモと胸の両方揃えてあるのはさすが専門店ですね。ここはやはりモモ肉でいってみます。レンジでちょっと温めてからオーブントースターでパリッとさせます。ジワジワと脂が染み出てきたら完成です。先っぽにアルミ箔を巻いてからかぶりつきます。


この大量なチキンが待ってますよ


久しぶりの鳥モモは、昔ながらの味です。これは大事なことで、子供の頃おいしく食べていたものを今食べてみてもおいしく感じることって少ないんですよね。これは舌が変化したり経験値が上がっているからでしょうが、つかもとの鳥モモの場合はがっかりすることなく「うん、こんな感じだったよな」と、なるわけです。

具体的には、味付けはけっこう濃い目です。皮はパリッと甘辛く、その下の肉はムッチリと柔らかく、その好対照が食を進めてくれます。やはりこれは、お上品に食べるものでなくガシッガシッとかぶりつきに限りますね。それも熱いうちに一気に。

おすすめの手羽元です


こちらの店で私が好きなものに手羽元のニンニク風味焼きがあります。ビールのつまみにぴったりな大人向けの惣菜です。100g168円で、2~3本で100gですからひとり200gも食べれば十分でしょうか。

手羽元は、鳥モモに比べて辛めの味付けで塩コショウも効いています。そして醤油タレ味でなくニンニクがほのかに感じられているのが良いですね。ちょっと小さめで肉の量も限られていますが、歯応えと肉の食感がたまりません。こちらも骨周りの肉がおいしいので最後までしゃぶりついてしまいます。

手羽先もいけますよ


鳥肉惣菜の定番、手羽先ももちろんあります。値段は手羽元と同じです。こちらの味付けは甘めの醤油タレ味でしっかりと染みています。こちらはご飯のお供でもお酒のお供でも大丈夫です。臭みもなく手羽先ファンにお勧めできる一品です。下手な焼鳥屋や居酒屋のものよりもイケると思います。

肉団子もありますよ


それから土日限定の砂肝とレバーを甘辛く煮込んだ物や、鳥肉料理の定番中の定番の空揚げもあります。今日は、鶏肉団子を買ってみました。
鶏肉団子は1本140円です。見た目はつくねっぽいですが、鳥肉よりもごぼうやニンジンなどの野菜の味が勝っている感じがして私は今一歩でしたね。まぁ、これは私がナンコツの細かいのが入っているようなムッチリした歯応えがあるような鶏肉団子が好みだからかもしれません。こちらのものなら鍋物などに入れてもいけるかもしれません。

このお店、鶏肉惣菜のお店ですが、焼鳥がありません。どうしてかわかりませんが、それだけロースト系の惣菜に自信があるのでしょうか。確かにどの惣菜を食べてみても普通の肉屋さんの片隅で売っている惣菜よりも一頭地を抜く味付けと仕上がりです。これは素材の良さ+専門店の焼き方からくるものでしょう。お値打ちな値段設定もありがたいです。
それから改装なった本店はもちろんのこと、駒形通りのお店も清潔でお店の人の接客も良く気持ちよく買い物ができます。この辺りのポイントも見逃せないですね。

本店は改装してきれいになりました


鶏肉のお惣菜というと今ではスーパーの惣菜コーナーやデパ地下の鳥肉惣菜店で買うことが多いと思いますが、たまには専門店で買ってみて味の違いを確かめてもよいと思います。志太地区の人は藤枝の本店、静岡地区の人は駒形店が待っています。夕方には売り切れの商品が多くなるので注意が必要です。


つかもと藤枝本店

藤枝市横内1072-1(高砂殿、藤枝BP潮IC近く)
054-641-5876 9:00~18:00 月曜休み(クリスマス除く)

つかもと静岡駒形通り店

静岡市駒形通5-4-5(駒形通り商店街)
054-272-4616 9:00~18:00 月曜休み(クリスマス除く)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。