2008 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2008 04

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりめしや@静岡市葵区

kage

2008/03/23 (Sun)

鶏のエキスたっぷりです! とりめしや

静岡もいよいよ桜の開花が宣言されました。これからは花見のシーズンとなります。花見といったら欠かせないのがお弁当でしょう。静岡市内にもお弁当のお店がたくさんありますが、今回は千代田にある「とりめしや」さんをご紹介します。

色がきれいですね


こちらのお店、店名通りに鶏めしがメインとなります。茶色の地味な色合いで見た目はイマイチですが、どこか懐かしい味わいがして私は大好きな混ぜご飯です。コンビニなどでもよく鶏めしおむすびを買うのですが、このお店のものは専門店だけあって他のお店よりもおいしい鶏めしに仕上がっているのではないかと思っています。

最初は、鶏そぼろ弁当を購入しました。鶏めしの上には黄色も鮮やかな煎り卵と鶏そぼろがのっています。レンジで熱々にしてからスプーンで食べ始めます。メインは下に隠れている鶏めしになります。何でもこの鶏めしは、鶏料理の本場、九州は大分の一村一品運動で広まった吉野鶏めし保存会の秘伝のレシピで作られたものを元にしたもので、鶏のエキスや旨みがたっぷりと入っているのがウリだそうです。

煎り卵がおいしいです


確かにあっさりとしてしているのに鶏の旨さが後から追いかけてくるように感じます。醤油の味も丸くよくまとまっています。ガツンとくるわかりやすいおいしさでなく、ジワジワと食べ進めていくと「あっ~、おいしかったぁ!」と満足感を与えてくれるような感じですね。普通はしいたけなどの野菜の力も借りるところをそれらの力を借りなくて、これだけの味を出すのはやはり秘伝の力かもしれません。ご飯+タレ・汁の旨さ、おいしさは日本人のDNAに組み込まれたおいしさだなと再認識されます。

この鶏めしの上のトッピングの煎り卵は甘めの味付け、対する鶏そぼろはさっぱりめの味付けとなっています。この対比の良さで下の鶏めしと相まってガシガシを食べ進めることになります。単純な親子丼的なお弁当なんですが、シンプルイズベスト、昭和的な懐かしいおいしさを感じることができます。オヤジはもちろんのこと、お子さんには大好評の予感がするお弁当です。箸休めの自家製切り昆布も滋味あふれる味付けとなっています。

一番人気の親子弁当です


次の訪問では店で一番人気の「親子弁当」と「かに弁当」を購入してみました。親子弁当はそぼろに変わって鶏の胸肉とかまぼこの煮物が入っています。この煮物も抑え目な味付けでおいしいのですが、胸肉が少々パサついているような感じがして、私としてはそぼろ弁当に軍配を上げます。そぼろでは感じることができないボリューム感が好きな人はこちらの方が良いかもしれません。

カニが入ってますよ~


「かに弁当」は小サイズを選びました。こちらのお弁当はどれも普通サイズと小さいサイズを選べるのはうれしいですね。女性やお子さんにはこちらでも十分かもしれません。また小を2つとかおにぎりを一緒に食べたいときに選んでもよいかもしれません。カニ弁当は、鶏めしの上にカニのほぐし身が乗っています。カニの風味は値段を考えるとアリかなと思える出来栄えだと思います。安いカニ弁当にありがちな臭さ薬品臭がしないのはうれしいですね。鶏肉はちょっとという時には良いかもしれません。

写真入りのメニューは親切ですね


このほかにも鶏肉の照り焼きが乗ったものや、ネギトロ弁当、うなぎ弁当などがあります。また、注文を受けてから握る「おにぎり」も種類が豊富で人気があるようです。さらに鶏のから揚げや鶏肉のロースト、野菜の煮物などの惣菜も充実していますので、お弁当+お惣菜と食卓を豊かにすることができます。そのどれもがお店で手作りしている上に保存料を使用していないので安心して食べることができます。

おむすびも出来たてです


値段もチェーン店やスーパーの惣菜コーナーのお弁当と大差ありません。お弁当だけなら500円ほどですし、お惣菜を加えてもひとり千円も出せば豪華なものになります。デパ地下で見た目だけ豪華なお弁当を買うならば、こちらであれこれ買う方が良いのかもしれません。お店もきれいですし、店員さんも家族経営なのか親切丁寧な応対で好感が持てます。

この鳥がトレードマークですよ


こちらのとりめしは、幕の内弁当やあれこれ入っているカラフルな弁当、焼肉弁当などのボリューム追求弁当とは一線を画す地味なお弁当ですが、見た目よりも味を楽しみたい人、釜飯やかやくご飯や混ぜご飯が好きな人、保存料や化学調味料が苦手な人などに一度食べてもらいたいお弁当です。朝早くから開店しているのもうれしいですね。この味に惚れて、富士市などに暖簾分けのお店を開いた人もいるのも納得できます。


とりめしや

静岡市葵区千代田6-28-10(スーパーキミサワ近く)
054-655-3111  8:00~18:30  火曜日、第1・3水曜日休み

清水エスパルスドリームプラザ、富士、富士宮市にのれん分け店あり
スポンサーサイト

支那そば わさらび@沼津市

kage

2008/03/09 (Sun)

限定ラーメンに注目! 支那そばわさらび

星の数ほどある食べ物の中で「限定もの」に力を入れているのはラーメン業界ではないでしょうか。県内のラーメン屋さんでも多くの店で限定ラーメンを出しています。特に沼津市の「わさらび」は2ヶ月に1度の季節限定ものや週末限定もの、夕方限定ものなどいつ行っても限定ものを食べられる意欲的かつ稀有なお店だと思います。

柑橘系のさわやかさが良いですね


どうしてラーメン屋さんには限定ものが多いのか? 私なりの解釈は、ラーメンが発展途上の食べ物であることや、ラーメンという食べ物は枠、縛りがなく自由なこと、店主の多くが他業種から参入してきて意欲的なこと、主な食べ手が若い人が多いので面白がりやオリジナリティを求める事、そしてなによりラーメン業界の競争が厳しいこと・・・でしょうか。色々なファクターがあるのでしょうが、通常メニューの他に限定ものがあるというのはうれしいことです。

しかし、限定ものがあるといってもそれは基本・土台がしっかり出来てからの話です。その点、この店は大丈夫です。限定ものがなくてもちゃんとやっていけるお店だと思います。最初に訪れた時は、私が醤油、相方が塩味を選びました。どちらも支那そば、無化調を謳っているお店ならば外せないですからね。

基本の醤油味です


まずは、醤油。かつお節や昆布などの海のものと鶏ガラなどの野のもののWスープがよくまとまっています。醤油の角も取れて丸くなっていてスープにこくと深みを与えています。脂も適度で、これならばさっぱり派の私にも十分にストライクでした。麺も全粒粉を入れた独特なもの。小麦の良さを生かしたおいしいものです。

塩もなかなかのものです


対する塩は私たちにはちょっとしょっぱかったですね。もう少し塩を抑え目な方が好みですが、難しい塩味をここまでまとめているのはなかなかのものではないでしょうか。醤油も塩にも共通のトッピングであるバラ肉のチャーシューですが、これがなかなかのものです。とろけるのは当然のことですが、豚肉本来の旨さが生かされています。これは伊豆の熱川ポークを使っているとのことで、何事にも吟味を重ねる店主の面目躍如といったところです。


さて、いよいよ限定ものの紹介です。と、いっても2回しか食べていないのですが・・・。この店で初めて限定ものを食べたのは昨年の5,6月限定の「ニューサマーオレンジのつけ麺」でした。これは、店主が以前お店を出していた東伊豆の特産品である夏みかんの一種であるニューサマーオレンジの酸味とさっぱり感を最大限に生かした梅雨時期向けの限定ものでした。予備知識なくこのメニューを初めて見た人は半分に切られたニューサマーオレンジと絞り器にびっくりしてしまうのではないでしょうか。

オレンジ半分がびっくりです


ジュースのように絞り器で果汁をたっぷりとつけ汁に入れると、柑橘系独特の香りにクラッとしてしまいます。この酸味にあわせてあるコクがあるのにさっぱりとでしゃばらないつけ汁も秀逸です。実に計算されています。さっぱり好きな人には受ける味だと思います。ラーメンと柑橘系というちょっと考えるとミスマッチの感もしますが、柚子もあるのだからオレンジもあってよいのではないか?と発想を転換でなくて進めていって、それをおいしいものに進化・昇華させる技量は流石という他ありません。

前回食べた1、2月限定の「鴨ロースのつけそば」もなかなかの一杯でした。日本そば屋の鴨南蛮を彷彿とさせるラーメン版鴨南蛮と言ってもよいと思います。かつお節が効いた汁に鴨のコクと鴨の脂で焼いたネギの旨さがほどよく染み出ていて、普通の醤油ラーメンのものよりもおいしく感じました。ただ残念だったのは鴨ロース肉。なんだかハムのような感じでしたが、他の人のブログを読むと段々と改良されておいしくなっていったとか。この辺りの研究熱心な店主ならではのことだと思います。麺は相変わらずのおいしさです。この麺の旨さは県内でも有数ではないでしょうか。

鴨つけそばです


私は、これだけしか食べていないのですが、ラーメン好きな人やラーメンメインの方々は2ヶ月に一度更新される限定ものは必ず食べるのはもちろんのこと、その味の変化を楽しむ方が多いようです。寒い時期には体が温まるカレー味のものや、辛いつけ汁のもの、夏にはトマトを使ったものなど季節に合わせて出したり、麺のおいしさを追求した幅3センチもあるような幅広なつけ麺など店主のアイデアと技術を生かしたものを出し続けています。

これらの限定ものは、キワモノになりやすいこともありますが、このお店のものは十分にレギュラーメニューになるような完成度の高さを持っていると思います。まぁ2回しか食べていない者の意見ですが、他の方のブログでもおおむねそのような意見が多いですね。限定ものを出し続ける労力はただお金を払って食べるだけの者には計り知れないものがあると思いますが、できるだけ続けていってもらいたいものです。ラーメン後進県と言われている静岡県のラーメン業界に一石を投じつづける姿勢には感服します。

和風なたたずまいです


伊豆稲取から東部の中心地、沼津に進出してきてから1年。すでに沼津の老舗の風格を持つようになってきたような感じさえします。ラーメン好きな人はもちろんのこと、ちょっと変わったラーメンを食べたい方、限定ものに弱い方に一度尋ねてもらいたいお店です。私は限定ものはもちろんのこと鶏白湯スープのもの、さらに人気のあるカレーも食べてみたいですね。


支那そば わさらび

沼津市花園町8-1(ジーンズショップOSADA近く)
11:30~14:30 17:30~22:00(いずれもスープがなくなり次第閉店)
月曜日、第2・第4火曜日休み(月曜日が祝日の場合は昼のみ営業)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。