2008 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2008 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村屋@静岡市葵区、キッチン塔子@静岡市葵区

kage

2008/08/24 (Sun)

新旧親子丼対決! 中村屋VSキッチン塔子

食べ物にも流行り廃りがあります。「新しい味」の魅力、「伝統の味」の底力、どちらが良いのか?対決シリーズの3回目は、そんな新旧の味の違いを親子丼という庶民的で、誰でもが食べたことがあるおなじみの丼もので検証したいと思います。

親子丼です

伝統の味、静岡の昔ながらの親子丼を出す老舗、それが常磐町の中村屋です。老舗は大通りからちょっと入った路地にひっそりとあるのが似合いますが、まさにこの店もそんなロケーションにあります。お店、特に玄関周りは改装してモダンな佇まいです。しかし「親子丼専門店」の看板が燦然と輝いています。これこそが老舗の矜持なのでしょう。

この看板が目に入らぬか!

中村屋の親子丼はちょっと変わっています。これが昔ながらの静岡市伝統の親子丼スタイルなのかわかりませんが、この親子丼を遠方から来た人が知らずに注文したらびっくりすること請け合いです。世間で言われる「きじ丼」「鶏の2色丼」とも言われる炒り卵と鶏肉と野菜の煮物が半々に盛ってあるものなのです。そして下のご飯が白飯でなく醤油出汁の色付きご飯なのです。

静岡式の親子丼です

メニューはメインの親子丼が並と上と特上、それから半熟親子丼。あとは一品料理でモツ焼きや焼鳥などがあります。この辺りも老舗のそば屋のように一品料理でビールや日本酒で軽く飲んでから丼もので〆るという江戸前風の愉しみ方ができるわけです。店内は小上がりこそないものの質実剛健な雰囲気が漂っています。

この日は親子丼の上を選びました。真ん中のクラスを選ぶのはいかにも日本人ですね・・・。この違いは特上はささみ肉が入るのと、肉のグレードや量が少しづつ違ってくるそうです。丼は錦手のいかにも日本の正しい丼といったところです。漬物は付いてきますが、汁物、この店ではお吸い物は別料金になっています。これはうなぎ屋さんぽいですね。

親子丼の格差社会やぁ

さて、蓋を開けてみると、鮮やかな黄色の炒り卵が目に飛び込んできます。残り半分の鶏肉、筍、しいたけ、かまぼこの煮物は茶色に染まっています。お箸で口に運ぶと「甘~い!」と、叫ばずにはいられません。卵は言うに及ばず、煮物もその下に隠れている茶飯もどれもガツンと甘いです。脳天に響きそうな甘さです。20年以上振りに食べましたが、これは予想以上に甘いです。以前紹介した「とりめし屋」の方があっさり目です。

しかし、その甘さは人口甘味料やアミノ系調味料を大量に使った昨今のベタベタした甘みでなく昔ながらの砂糖と味醂を使ったリッチな甘さといった感じで、後味の嫌味はありません。醤油だけでない伝統のタレでも使っているのか?と、食べた後に聞いたところ「秘密です・・。」との老舗らしい?返事でした。

モダンな店構えです

この親子丼、静岡はおろか全国でも余り食べることのできないオリジナリティあふれる一品だと思います。まぁ、好き嫌いは分かれるでしょうが・・・。きっと田舎のおばあちゃんが作るとこんな感じになるのかもしれません。煮物も色付きのご飯も丁寧に作られていますし、醤油甘い味が好みな人はもちろんのこと、このような静岡式?親子丼未体験な人も食の経験値を広げるためにも食べてみても良いかと思います。この親子丼、折り詰めをやっているのでお土産にすることもできます。

対する「キッチン塔子」は出来て間もないお店です。北街道沿いの車で走っていると通り過ぎてしまいそうな目立たない小さなお店です。めしのノボリが目印です。以前は居酒屋か割烹かといったお店を改装したお店で、丼屋はテーブル席中心のお店といった思いを覆す靴を脱いで畳敷きのカウンターのお店という一風変わった感じです。どこか京都の祇園のおばんざい屋さんのような雰囲気もあります。

目だないけど探してね

このお店は親子丼がメインですが、ほかにも焼鳥丼や鶏から揚げ丼といった派生メニューも揃っています。あとは焼鳥や野菜料理などの一品料理もちょっとした居酒屋並みに揃っていますので夜は居酒屋としても利用可能です。場所柄、単身赴任や仕事帰りのオヤジさん、ご近所カップルの憩いの場になっていそうな感じです。

今日はもちろん、親子丼を注文します。こちらは質によるランクはなく、量による大盛りがあるだけです。普通盛りで650円は普通か良心的な値段でしょうか。こちらの丼は口の部分が広い現代的なもので色も黒でシックな感じです。黒に対する黄色のコントラストを狙っているのでしょうか。見た目の特徴は、真ん中に落とされた卵黄と三つ葉と刻み海苔でしょうか。あと普通はゴマが振ってあるのですが、ゴマが味を変えてしまうと思って、この日は掛けてもらうのを止めてもらいました。

トロトロですよ~

出来たばかりの親子丼は、オーソドックスな王道的なスタイルです。トロトロまではいかないちょっと固まりかけの卵の間から大きめな鶏肉が覗いています。さて、味はどうでしょうか?最初は卵黄を溶かずに食べてみます。フワフワの卵とあっさり目ながら臭みも固さもない上質な鶏肉のコラボが良い感じです。なんでも鶏肉は富士宮のブランド鶏肉、卵は川根のこだわり卵を合計3つも使っているとのことで、なるほどなと納得できました。このふたつをまとめているダシも薄味で卵の風味を殺していません。そして中のご飯は白飯でなくて五穀米だったのが驚きです。五穀米は苦手なのですが、こちらのお店のものは白飯と変わりない感じで、杞憂に終わりました。3分の1くらい食べた後に卵黄をつぶしてみると、さらにおいしさパワーアップです。これは親子丼というよりも和風オムライスといった感じに変化しています。

と、この店の親子丼、濃い目ガツンといった感じでなく、上品でダシと具材の良さを最大限生かしたものだと思います。この品質で650円は十分にお値打ちだと思います。さらにお持ち帰りのお弁当はワンコインの500円というのですから、ヘルシーでおいしいお弁当を食べたい人にはうってつけだと思います。事実、この日もランチを食べている短い間に何人もお持ち帰り弁当を受け取っている人がおりましたから。

この丼がらしいですよね

伝統の「中村屋」、新進気鋭の「キッチン塔子」、私が普段使うならキッチン塔子でしょうか。理由は薄味に慣れてきた身に味付けが合ったのと値段がお手頃だからです。対する中村屋は、私には味付けが甘すぎました。でも、これが伝統の味ならばいつまでもこのスタイルで頑張っていってほしいですね。それでこそ大衆におもねることなく昔ながらの味を守り抜く老舗といえるからだと思うからです。が、「薄味親子丼」も追加で販売してほしいです・・・・。


親子丼専門店 中村屋

静岡市葵区常磐町2-12-2(宝台院前、あざれあ近く)
054-252-5517 11:30~14:00 17:00~19:00 不定休


キッチン塔子

静岡市葵区太田町9-3(しずおか信用金庫横内支店近く)
054-246-0530 11:00~14:00 17:00~23:00 不定休


スポンサーサイト

ラ・ピエトラ@静岡市葵区

kage

2008/08/10 (Sun)

期待の新星、現れる! ラ・ピエトラ

残念ながら閉店しました。ご注意ください。

オリンピックも高校野球も「期待の新星」「ダークホース」というホープが現れてファンを喜ばせてくれます。これは外食産業でも同じことです。静岡市でもイタリアンやフレンチのお店が続々と登場していますが、名前倒れや期待外れ・・・と、なかなか我が家のツボにはまるお店がありませんでした。が、今回のラ・ピエトラは久々に成長が期待できる、人気化しそうなイタリアンのお店だと思います。

あさりのパスタですよ

このお店は静岡市街地のちょっと外れの駒形通りに今年の6月に出来たばかりです。フリーペーパーや食べ歩きのブログでの高評価により気になっていたのですが、今回ランチに訪れてみて「もっと早くくるべきだった!」「これならディナーにまた来たい!」と、満足感に浸りました。ただ、気になったのはサービスが遅かったことです。まぁこれはイタリア時間と思えば許せるのですが、ランチに2時間近く掛かりましたので、時間に余裕を持ってお出かけすることをお勧めします。ただ、お店のブログを見たら新しいアルバイトの子が入店したということですので今は改善していると思います・・・。

ランチは、パスタが主体のものとメイン(セコンド)がついたものがあります。今回は相方とひとつづつオーダーしました。最初はアンティパストミストです。これはどちらのコースも同じものです。内容は「トリッパの煮込み」「海鮮マリネ」「桜海老のフリタッータ」です。イタリアンでは定番中の定番のものばかりです。が、これが、他の静岡市内のイタリアンとは一味も二味も違っていてうれしくなりました。

前菜の盛り合わせです

「トリッパの煮込み」は、夏らしくジェノベーゼソースで仕上げてあります。下処理も十分でトリッパのコリコリ感が上手に生かされています。「海鮮のマリネ」はムール貝、イカ、海老、カニが少しづつきれいに盛られています。味付けは控えめでポイントアップ、素材は刺身に食べられるほど良いものを使っててあり更にポイントアップです。もうひとつのフリタッータも、地元の食材の桜海老を上手に生かしてあります。こちらも味付けは控えめです。と、全体的にスターターとしては十二分に合格点です。おざなりの前菜を出す店が多い中、これくらいのものを出してくれるとこれからの皿に期待が持ててきます。

ぷっくりとしたあさりです

パスタは2種類の中から選ぶことができますので、当然の如く相方とひとつづつ選びました。ひとつは浜名湖産のあさりのパスタ。こちらも良質の大振りなあさりがうれしくなってきます。パスタは乾麺のスパゲティーニですが、茹で方もオリーブオイルの乳化の仕方も好みに合っていました。もちろん塩梅の具合も気に入りました。あさりから出る出汁と旨みを生かす味加減だと思いました。見た目は普通なので家庭で出来そうですが、やってみるとなかなか出来ないプロの仕事振りを垣間見た思いがしました。

シチリアのマンマの味です

もう一皿のパスタは「カサレッチェ・トラパネーゼ」です。これはシチリア特産のカサレッチェという珍しい乾麺を使ったもので、こちらも見た目はシンプルです。この麺は初めて食べるものですが、長さは10センチ程度で断面がS字になっていておまけにちょっとねじりもある不思議なものです。さすがパスタの本場イタリアです。まだまだ知らないパスタがいろいろありそうで、このようなものが食べられるのもレストランの楽しみの大きな要素だと思います。

おまけにシチリアの町トラパニ風という名のソースがいけてました。トマトベースですが、そこに松の実やバジル、隠しにんにくなどが加わって味に深みがあるのです。かの地シチリアではマンマの味なのでしょうが、ここ静岡ではプロならではの味だと思いました。次回はシチリアパスタの王道イワシとウイキョウのパスタを食べてみたくなりました。

けっこうボリュームありますよ

メインは肉を選択。今日は富士宮の朝霧豚をタリアータしたもの。ソースはバルサミコとこちらも王道的なものです。量もランチとしてはたっぷりめで150g近くあるのではないでしょうか。最近のブランド豚肉はおいしいですが、それをさらにおいしく昇華させる技量は確かなものがあると思います。この辺りはさすがイタリアで1年半、東京のシチリア料理の名店ダ・ニーノで同じく1年半修行しただけのことはあると思います。

さらにこれを確信したのは、付け合せのカポナータを食べた時です。基本の技術がちゃんとできるから出来る仕上がりです。「良い素材」+「確かな技術」=おいしい一皿。この当たり前のことが静岡の外食ではなかなか体験できないから貴重です。シェフと話をしたところ「静岡県は素材の宝庫。特に海のものに関しては駿河湾のものは種類が豊富でやりがいがある」と言っていましたが、イタリアでも海の幸にかんしては屈指のシチリアやリグーリアで修行してきただけに説得力があります。次回は魚料理メイン、アラカルト攻めでいきたいものです。

デザートドルチェです

イタリアンやフレンチの楽しみのひとつというかけっこう大きな部分をデザートが握っていると思います。こちらのお店は盛り合わせといった目で見る楽しみはありませんし、ケーキ専門店を凌駕している質の高さもなく「シンプルさ」「普通のおいしさ」的なデザートです。今日はバニラアイスでした。

濃い目もあちら流です

デザートは普通でしたが、コーヒー、エスプレッソは好みに合っていました。おまけ的な薄いコーヒーや余り良くない豆を使ったエスプレッソを出す店が多い中、このお店のものは専門店顔負けの濃さと香りを持っていました。前菜から〆のカフェまでの量と質を考えると、このお店のコストパフォーマンスは高いと思います。頑張っているなぁと思わざるおえません。

お洒落な外観ですよ

と、このお店、魚好き、料理好き、基本的技術力、素材重視の姿勢・・・から、間違いなく静岡市のイタリアン好きの注目を集めていくと思います。オーナーも積極的にワイン会や食事会を開催していくようですし、「店が客を育て、客が店を育てる」という格言の通り、お客さんがあれこれ静岡の食事情や隠れた食材などのことでコミュニケーションをとったり、お任せで魚料理のオーダーをしたりしていけば、静岡では数少ない旬の素材を生かしたメニューが黒板を飾る「黒板メニューの店」や話題の地方で頑張る「地産地消のイタリアン」に発展していくと思います。

P.S. 1回での訪問での記事アップは少しためらいも感じましたが、丁寧の仕事ぶりからも次回以降も平均点以上の満足感は得られるのではないかとの思いと、新しいお店を早く多くの人に知って欲しいとの願いから今回の記事となりました。お盆期間中も営業するそうです。


ラ・ピエトラ

静岡市葵区駒形通1-1-30(常盤公園近く)
054-253-2606   11:30~14:00(OS) 18:00~22:00(OS)
水曜日休み


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。