2008 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2008 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いこい@磐田市

kage

2008/09/21 (Sun)

ラーメン好きのオアシス!? いこい

暑さ寒さも彼岸までということわざがありますが、秋の気配が感じられるようになるとラーメンが段々と美味しく感じるようになってきます。今回の「いこい」は磐田市にあって、昔から老若男女に愛されている隠れた名店だと思います。

ラーメンといったら醤油でしょ

最近のラーメン界は若いオーナーが起業した新興勢力が注目を集めていますが、どっこいどこの町にも昔から地元民に愛され続けているラーメンの老舗が頑張っています。それは中華そば屋だったり中華料理屋だったりラーメン専門店だったり・・と色々ですが、手頃な値段で外食の楽しみを満たしてくれているのはラーメン好きだけでなく誰にとってもありがたいことだと思います。

こちらのお店は磐田駅からちょっと離れた工場と住宅と田園が混在した場所にあります。店構えはけっしてきれいとはいえませんが、風格というかどこかやるのではないか?と期待を持たせるオーラがあるようにも感じます。看板や店構えだけが立派な店よりも味が肝心なのは味ですからね。

昭和の香りがします

店内も歴史を感じることができます。 L字型のカウンターと小上がり、そして土日などの混雑するときには自分の家の居間なのか奥の座敷を開放してお客さんをさばきます。最初に訪れたときは開店早々に満員になって行列が出来ていました。お客さんは家族連れから男性のひとり客、カップル・・・と様々です。

このお店のお勧めは「味噌!」という人もいれば、「塩がうまい!」という人、「ギョーザも侮れない」「醤油も懐かしい感じがします」と、これまた人それぞれのようです。この理由は、どのメニューも一工夫あるというか、それぞれに特徴があるからだと思います。これもあってか家族連れがきてもそれぞれが好きなメニューを持てる理由なのかもしれません。

味噌ラーメンですよ

最初の訪問では「味噌ラーメン」と「タンメン」「餃子」を注文してみました。味噌ラーメンは、白味噌ベースでしょうか。モヤシと挽き肉だけのシンプルさが今となっては新鮮に写ります。さて、スープを一口飲んでみると最初に感じるのは、にんにくのガツンとくる香りです。。追いかけてくるのは味噌と脂の混じったコクと旨さです。やけどするほど熱々なのはうれしい限りです。

麺は昔ながらの懐かしいタイプですが、程よいちじれ具合がスープとよく絡みます。そして味噌は太麺という常識を打ち消す細麺でも不思議とマッチしています。トッピングの具はモヤシのシャキシャキ感がグッドです。このお店のラーメンの特徴はどれにもモヤシが使われていることです。店によってはモヤシが臭くてラーメンを台無しにすることがありますが、このお店のものは新鮮さとヒゲを取るなどの下ごしらえを丁寧にしているからか、ラーメンの具として良い手助け、アクセントになっています。

タンメンです

タンメンは、もちろん塩味ベースです。こちらは味噌とは打って変わって端麗系のあっさりとした仕上がりになっています。さすがに人気の塩味スープです。もう少しダシが出ていても良いくらいですが、タンメンのキモである野菜炒めの甘みを考えるとこれくらいが良いのかもしれません。このスープ、このお店のファンであるアクションさんによると夜の方がおいしくなっているとか。今度は夜の部で楽しんでみたいですね。

ギョーザですよ

遠州地方の昔ながらの店で忘れてならないものに餃子があります。このお店は280円というお値打ち価格です。これなら気軽に注文することができます。おいしいとの前評判で期待していたのですが、開店早々なのか焼き上がりが甘く、我が家の好きなカラリとした焼き上がりではなかったのが残念でした。味はこれまた浜松餃子特有のキャベツが主体のあっさりとしたもので、ラーメンのお供としては丁度良いですね。

2回目の訪問も開店前に到着しましたが、さすがに30度を越す夏では開店前の行列はありませんが、それでも店を出る頃には満員になっていたのはさすがです。夏場に来るのは常連さんが多いのか「タンメン肉多め」とか「味噌ラーメン野菜多め」「塩麺固めと炒飯」・・・と、メニューも見ずに注文する人が多かったですね。今回は、前回一番気に入った「味噌ラーメン」と「醤油ラーメン」と「炒飯」を頼んでみました。これだけ頼んでも2千円しないのですから安いものです。

醤油ラーメンは、昔ながらの姿、形をしています。こちらも塩と同様に透明感があります。が、ごく普通の感じです。味噌のインパクト、塩の完成度に対すると、私の評価は落ちますが、それでも他の店と比べると平均以上の出来だと思います。トッピングの雄、チャーシューは老舗には珍しいバラ肉の巻き巻き系です。最近はこれを出す店が多くなってきましたが、オヤジとなった今は少々辛いものがあります。おいしかったのですが・・・。

炒飯もいけますよ

ラーメン屋さんの炒飯は、ラーメンと比べれるとイマイチな店が多い中、この店ものは、ラーメンと一緒に頼むサイドオーダーとしてだけでなく、これだけを目的に訪れても良いくらいのおいしさ、完成度を持っています。ネギ、卵、チャーシューの切れ端・・・と、当たり前のものを当たり前のように作っているだけなのですが、抑え目な塩加減と油加減が気に入りました。

炒飯というと、本格派中華料理屋のパラパラとしたものが最高とされていますが、このお店のしっとりとしたものも味わいがあってなかなかのものだと思います。その理由のひとつに丁寧な仕事振りがあると思います。これはラーメンも同じなのですが、炒飯と餃子担当の親父さんとラーメン担当の奥さんがそれぞれ分担して、混雑していても1人か2人分づつしか作りません。そして黙々と真剣なまなざしで作り続けているのです。このようなお店ですと和気あいあいとしたほのぼのとした店が多いものですが、ピリリとした緊張感が厨房の中にあるのです。この風景は流行りの新進気鋭なラーメン屋さんには多いものですが、この手の店では貴重だと思います。

価格がうれしい限りです

と、このお店、外観をみた限りでは昔ながらのごく普通の出前をやっているようなラーメン屋さん然としていますが、食べてみると人気のあるのが頷ける完成度をどの品物を持っている上に、コストパフォーマンスは最高の部類に入ると思います。近所の人はもちろんのことラーメン屋さん巡りをしている人でも納得できる一杯に出会える店だと思います。


いこい

磐田市豊島465-1(大日精化東海工場、ユーストア上岡田店近く)
0538-35-1660 11:00~14:00 17:00~20:00 水曜休み

スポンサーサイト

エルルカン・ビス@神奈川県湯河原町

kage

2008/09/07 (Sun)

リゾート×隠れ家=最強!? エルルカン・ビス

フレンチやイタリアンレストランの愉しみって何でしょうか?おいしいことはもちろんのこと、サービス、内装、雰囲気、客層・・・どれもが優れていながらも突出することなく渾然一体となって、店を入る前から出るまで満足できることが大事ではないでしょうか。そんな満足感を得られるフレンチが奥湯河原の竹林の中にあります。

前菜のムースですよ

このお店のある湯河原は、箱根と熱海という有名観光地に隠れていますが、温泉地としても別荘地としても確固たる地位を誇っています。言い換えれば通好みの温泉地、リゾートとも言えます。そんな隠れたリゾートの奥まった場所にひっそりとあるのがエルルカン・ビスです。「隠れ家レストラン」という使い古されたフレーズがこれほど似合うお店もそうありません。

素敵なアプローチです

ビスと店名にあるように、この店は長く東京は恵比寿に店を構えていたフレンチの「エルルカン」の2号店という位置付けでスタートしたのですが、今年の6月からは、東京のお店を畳んで湯河原のお店一店に絞ったということです。これによりパワーアップしたようです。お客さんは、首都圏からの観光客や地元の別荘族が多いそうです。この日もテーブルのほとんどが埋まっていました。

ランチは、RAYONS「木漏れ日のランチ」3.675円とSAVEUR「陽射しの中で宵の趣を」5,250円の2種類があります。これは消費税込みの価格で別途サービス料が10%掛かります。コースの名前が少々乙女チックですが、内容はなかなかの本格派ですから心配無用です。食い意地の張っている我が家ではひとつづつオーダーして途中で交換して楽しみました。

アミューズです

アミューズは、ひとつが「かぼちゃの冷製スープ」もうひとつが「自家製ピクルス」で、「チーズパイ」は共通に付いてきます。このパイはこのお店のお得意メニューであるらしく軽いのにちゃんとパルメザンチーズの良い香りがしてアッという間に食べてしまいます。食欲増進の役目は十分に果たしているとともに見た目も良くてこれからの展開に期待が高まってきます。

鮮魚のマリネです

次はひとつめの前菜です。木漏れ日ランチは「魚介類のマリネ」です。タコにホタテに白身の魚を炭火で軽く炙ったあとにマリネしたもので、ほのかに香る炭火の香りが抜群です。ひと手間掛けるだけで料理って格段においしくなるものなのですね。この炭火料理、ディナーではそこかしこで使われるそうで、次回は夜に来たくなるって寸法です。

陽射しランチのひとつめの前菜は「とうもろこしのムース、赤エビ乗せコンソメジュレ掛け」(最初・上の写真)です。夏野菜の定番のとうもろこしをきめ細かなムースに仕立てたもので、見た目も食べた感じも「これぞ、フレンチ!」といったところです。とうもろこしの甘さがよく引き出されています。さらに上に乗っている赤海老が甘くておいしいのです。これも軽くローストしてあるのが効いています。

これが前菜ですよ

ふたつめの前菜は木漏れ日ランチが「鯵の焼き〆作り」です。これはまぁまぁの出来でした。が、陽射しランチの「鴨のローストしょうがとカレーのソース」は秀逸でした。このソースは夏場に良く登場するようですが、控えめなソースと素材の良さが光る鴨肉のコンビネーションが抜群です。下に隠れているクスクスも手抜きなしです。この鴨肉、静岡市内のなんちゃってフレンチではメインになるくらいのポーションがありますし、柔らかさの中に鴨ならではの旨さが凝縮されています。これが前菜とはうれしくなってきます。

魚料理です

次はメインですが、陽射しランチは魚と肉の両方、木漏れ日ランチはスープと魚か肉のどちらかを選択となります。この日の魚料理は「イサキのグリルスープ仕立て」です。これは両コース同じものですが、ポーションが違ってきます。夏の魚イサキは皮パリッ、中フワッの良い出来栄えでしたが、スープ仕立てにしたので、せっかくの身のおいしさが半減したように思いました。私はやはり魚のグリルは控えめなソースで食べたいですね。

おいしい子牛肉です

肉料理は「子牛のカツレツ、マスタードソース」です。これまたおいしくてびっくりしました。なにより素材の肉が良いです。この良い素材を最大限に生かす調理法をしてよりおいしくするのがレストランなのですね。あくまでも薄い衣、ミディアムレアの揚げ具合、素材を殺さないソース、おいしい付け合せ・・・と、昨今多い創作フレンチとは一線を画す基本の出来たレストランならではの実力を見た思いでした。

なんとご飯も付いてきます

が、この店はフレンチなのに高いコースでは〆のご飯が出てくるのです。お茶碗に一口、二口ですが、年配のお客さんが多いお店なのか、和食の名店徳島のAで勉強したシェフだからなのかわかりませんが、よいアイデアだと思います。つくづく日本人だなぁと思わずにはいられません。ちなみにこの日は「しらすご飯」・・・と、静岡人には馴染みのものでした。

フルーツポンチです

フレンチの最後の愉しみはデザート、デセールです。これも2皿出てきます。最初の皿は木漏れ日ランチの方が気に入りました。陽射しランチはバニラアイスとチョコレートタルトの盛り合わせで、これは普通でした。対して木漏れ日ランチはお洒落なフルーツポンチにシャーベットが乗ったもので、フルーツの瑞ゝしさを上手に引き出していました。

名物ブラジルプリンです

そして、第2のデザートがこの店のデザートのスペシャリテとも言える「ブラジルプリン」です。どこがブラジルなのか?これはブラジルでよく食べられているプリンだそうで、ココナッツミルクを使った濃厚な中にもさっぱりとした口どけの良い、どこか郷愁を誘う出来栄えです。これまた老若男女誰にでも愛される物だと思います。食後の飲み物は、コーヒー、紅茶、エスプレッソ、ハーブティーから選ぶことができます。今回はエスプレッソとハーブティーを選びましたが、どちらも満足できるものでした。

と、アミューズからデザート、飲み物まで8~9皿出てきます。少しづつとはいえトータルするとけっこうなボリュームで満足、満腹すること請け合いです。おまけにサービススタッフはベテラン男女が2人で回しており「これぞプロの仕事」とサービス料10%は当然のことと納得してしまいます。縁の下の力持ちとはいえ、サービススタッフの良し悪しがレストランの評価を左右することを感じざるおえません。

テラス席と足湯があります

このレストラン、我が家の評価は「目隠しをして連れて来られれば京都か東京の素敵なフレンチレストランのようだ」ということで一致しました。そして東京のレストランと比較すると圧倒的にお値打ちなのです。それは家賃などの固定費が安いのと地の食材が豊富に東京よりも格安に揃うことから可能になっているのでしょう。

なによりシェフの仕事振りが良いのです。和の要素を取り入れ、野菜、魚、肉・・・の素材それぞれの持ち味を最大限に生かす調理法で、ひとつひとつは軽い仕上がりなのに、コース全体を通して食べると満足できるものとなっているのです。けっして奇をてらった料理はありませんが、お箸で食べることもできる気軽さはリゾートならではです。テラス席は愛犬連れでもOKですし、食前、食後には足湯でまったりすることも可能です。このお店は、ドライブの目的として行くのも良いですし、何かの記念日に女性を連れていけばポイントアップ間違いなしです。


エルルカン・ビス

神奈川県足柄下郡湯河原町宮上744-49(旅館石葉近く)
0465-62-3633 11:30~14:00(L・O) 平日・日曜17:30~20:30(L・O)
休前日17:30~22:00(L・O) 水曜定休

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。