2008 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2009 01

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリル藤本@沼津市

kage

2008/12/28 (Sun)

流行に左右されない洋食屋! グリル藤本

激動の2008年もいよいよ終わりです。今年も色々と流行り廃りがありました。ブームを追いかけて新しいものに飛びついたり、新しいお店を開拓したり・・・と忙しかった人も多かったと思います。しかし、そんな現代にあっても流行に流されない、味のブレがない、いつ行っても満足できる洋食屋さんが沼津のグリル藤本です。

正統派のハンバーグです

こちらのお店を知ったのは、沼津の大型スーパーに行った際に見かけたのがキッカケでした。グリルの店名、看板の特徴あるフォークとナイフを持った影絵チックな人間のキッチュさに、帰宅してからネット検索してみると・・・、良い評判ばかりでした。「これは行かねば!」の思いを強くしてやっと行けたのはこの日から1ヶ月近く掛かりました。沼津方面へのドライブ兼買出しは1ヶ月に1回位の頻度ですから。

最初の訪問での狙い目はアジフライです。沼津の特産品で、夏場が旬とくれば食べなければいけないというものです。電話で聞いたところ、夜の時間には売り切れてしまうこともあるというので、お取置きまでしていただきました。張り切って出かけて食べられないとショックが大きいですから。電話での応対も気持ちよいものした。このようなちょっとしたことでお店の印象で違ってきますから大事ですよね。

上品なアジフライですよ

さて、待ちに待ったアジフライ定食です。アジフライというと開いた二等辺三角形のものが普通ですが、こちらのものは片身揚げの長方形をしています。おまけに大葉・青シソが入れてあります。このようなものは往々にしてアジの青臭さを消している場合がありますが、こちらのお店のものはアジのおいしさをより一層増すためのものだと思います。アジフライというとソースを掛けてガツン!と食べたい豪快さを望む人には消化不良かもしれませんが、上品でいてなおかつアジの旨さを引き出しているように思いました。もちろん、自家製のタルタルソースとの相性はバッチリでした。

洋食屋さんでハンバーグといったら定番中の定番でしょう。それぞれのお店で違いをアピールしています。こちらのものは王道のハンバーグといったところです。150gと200gと大きさを選べるのもうれしいですね。昔ながらの鉄板で供されますし、付け合せにはスパゲティもあります。もちろん、半熟目玉焼きが上に乗っています。途中から卵の黄身をトロッーとハンバーグに掛けて食べるとおいしさ倍増ですからね。

ハンバーグから肉汁が・・・

ハンバーグで気になるのはナイフを入れた時の肉汁がどうなるか?という人も多いかと思います。あとは焼き具合とか挽肉の割合でしょうか。こちらのものはこの面でも直球ど真ん中です。肉汁ジワー、焼具合は中がほんのりピンク、挽肉は粗くも細くもなく、割合は合挽き半々といったところでしょうか。丁寧なこね具合、抑え目な味付け、上品なデミグラスソース・・・と、誰もが思い描く洋食屋さんのハンバーグです。最近では個性的なハンバーグを出す店が多い中、このような誰にでも受け入れられ、おいしいと感じるお店ってある意味貴重なのかもしれません。ご飯と相性が良いこともあってペロッと完食してしまいました。

本来ならここで記事をUPしてもよかったのですが、冬場に名物のボルシチがあるというではありませんか! これを食べずして紹介しては中途半端になってしまいますので、この時期まで待機していたのです。そんな期待を背負ってのボルシチでしたが、期待以上のおいしさでした。ボルシチというとロシア料理の王様的料理です。どうしてそんな料理が洋食屋さんで?と不思議に思いましたが、主人が修行した東京の洋食屋さんでも名物料理として出していたそうで、その時のレシピを元にしているそうです。

寒い冬はアツアツのボルシチを

ボルシチは、大きめなココットに入って登場します。グツグツと煮えているものを見ているだけで体が温まりそうです。色は赤というかピンクと赤が混じったようなきれいな色をしています。これはビーツの自然の色からきているもので、「トマトが入っているのですか?」と聞かれるお客さんも多いようですが、正真正銘のボルシチの定石に習って生のビーツだけを使っているそうで、ビーツが手に入りにくい春になるとメニューから消えるそうです。なおビーツは味の良い東欧産のもを使用しているそうです。

気になる味はどうでしょうか? 最初はちょっと物足りない感じですが、2,3口・・・と食べ進めていくとスプーンが止まらなくなってきます。味に深みがあるというか、普段では余り食べることができないボルシチ独特のおいしさが口の中に広がってきます。さすが寒い国の王様スープだけのことはありますね。具のトロトロ牛肉やじゃがいもやニンジンなども良いのですが、あくまでも脇役といった感じで、スープ自体がやはり主役、スターとして頑張っています。

インパクトあります

ロシア料理専門店のこってりとしたボルシチも良いものですが、あっさりめで奥深い、後からジワジワとおいしさを感じることのできる洋食屋さんのボルシチの良さを再認識しました。ロールパン付きで1800円と、ちょっと値が張りますが、一度は経験してみることをお勧めします。特に女性には好まれるのではないでしょうか。このボルシチ、書家で有名な方も愛されていたようで、店内には立派な「ボルシチ」の書が掲げられています。このようなシンプルさが逆にゴテゴテとした下手なPOPよりもインパクトがありますね。

こちらの店の冬場だけの料理にはこの他にマカロニグラタンなどもありますが、冬といったらカキフライも忘れてはいけませんね。洋食屋をはじめ、とんかつ屋や居酒屋など揚げ物を出すお店ではこぞって「カキフライ始めました」のPOPを掲げています。これを見ると反射的に注文してしまう人も多いのではないでしょうか。今回も事前に電話で取り置きしてもらいました。やはり夜になると売り切れてしまうことがあるからです。

カキフライですよお

カキフライの好みは千差万別です。「大振りなものを豪快にいきたい」とか、「中がトロッとしてなければ嫌だ」「タルタルソースも大事です」・・・などなど。ちょっとした違いが大きな味の差、好みの差につながってくるので、お好みの店を探すのはけっこう大変だと思います。さて、こちらのカキフライは好みに合うのでしょうか?

結論は、おいしいのですが、好みのカキフライとは違う路線のものでした。大振りで中がトロッとしていて、衣が立っていてカリッと揚がっているものが我が家の基準なのですが、こちらのものは小粒なものがけっこう中まで火が通っている感じに仕上がっておりました。カキは新鮮で風味も良いのですし、丁寧な仕事振りが伝わってきます。アジフライと同様に自家製タルタルソースでも備え付けのソースでもどちらでもいけました。

これが噂の影絵です

と、こちらのお店は東京の街角にあるような正統的な洋食屋さんです。昼下がりなどに池波正太郎氏がビールとともにフライものを食べていそうなお店だと思います。ボリューム満点、お値段激安ということはありませんが、適正な値段で丁寧に作られた洋食を気持ちよく食べることができると思います。ファミレスや洋風居酒屋に飽き足らない人、家庭料理とは違うプロのちょっとした技を感じることのできる料理を体験したい人には一度寄ってみても損はないと思います。


グリル藤本

沼津市高島本町3-12(イシバシプラザ・イトーヨーカドー沼津店近く)
055 926-3644 11:30~14:00 17:00~21:00 月曜・第3日曜休み

スポンサーサイト

興津の鯛焼き・伏見、ラ・ローザンヌ、ずんどう焼本舗

kage

2008/12/14 (Sun)

グルメ聖地巡礼 おやつの街・興津後編

おやつって何でしょう?昭和世代の私には「遠足のおやつは300円まで」「バナナはおやつに含まれますか?」のフレーズが思い出されます。21世紀の現代においても100円前後で買えて、パクッとその場で食べられる気軽なものという感じがします。そんな気軽なものが溢れているうれしい街が興津だと思います。

これが正しい鯛焼きですね

興津のたい焼き・伏見

こちらのお店は興津の鯛焼き屋として有名なお店です。歩道の立て看板が出ていないと通り過ぎてしまうようなごく普通の家で商売しています。おまけに鯛焼き1個100円だけで勝負しています。鯛焼きのキモの焼きの金型は、鋳物製で5匹の鯛を焼く事ができるもので黒光りしています。これが2つしかありませんから土日の昼間などは待ち時間も出ますが、お店の中でのんびりと待っている人がほとんどです。これもゆったりと時間が流れている興津ならではなのでしょう。また常連さんの中には電話予約して出かけてくる人も多いですね。

これが伝統の鯛焼きの鋳型です

さて、こちらの鯛焼きの味はどうでしょうか? 大きい特徴は、そのふっくら感にあると思います。あんこの量と同じくらいのけっこうな皮の厚さに最初はびっくりしますが、このような鯛焼きもありなのかなと思うはずです。あんこは、お約束の十勝産の小豆がふっくらと炊けていて甘さも丁度良い感じに仕上がっています。私的には島田のよしむらの方が好きですが、益々寒くなるこれからの時期アツアツの鯛焼きは懐にもお腹にもうれしい限りですね。

この看板が出ていると買えますよ

この鯛焼きという昔からあるお菓子、最近新しいお店が出来てきたり、昔からのお店に行列ができたり・・・と、ジワジワと復活しているような気がしております。景気悪化の状況もそうですが、手作りでアツアツで気軽でおいしいとくれば人気が出るのも頷けますね。この興津のたい焼屋さんも昔ながらの鯛焼きを知る上ではうってつけだと思います。鯛焼きそのもの以上に店構えからお店に流れている空気感までトータルで楽しめるのが人気なのだと思います。

ラ・ローザンヌ

おやつの街、興津には和菓子のお店はたくさんありますが、ケーキ屋さん、洋菓子屋さんはほとんど見かけません。これも歴史のある街ならではの現象でしょう。が、この街でもしっかりとしたケーキ屋さんがあります。それがラ・ローザンヌです。しかし、このお店も現在のオーナーが20年前に和菓子屋からケーキ屋に衣替えしたのですから、やはり興津は和菓子屋>洋菓子屋の街なのですね。

ロールケーキのカット売りはいいですね

最近、人気のロールケーキ、特に清水には長いロールケーキで有名な専門店もありますが、長い1本を買うまでもなく手軽に楽しみたいという時にはこちらのカット売りが便利です。ノーマルのものが110円、和三盆ロールが130円といううれしい値段です。今日は和三盆ロールを食べてみました。さすがに値段が値段だけに大きはそれなりですが、味はちゃんとしています。砂糖の中でも最高級と荒れている和三盆を生地とクリームに使用していると謳っているだけに甘さにくどさがありません。スッーと胃袋に収まっていく感じがいいですね。これなら洋菓子が苦手な方にも食べられると思います。

おすすめのバナナオムレットです

この日にもうひとつ買ったのが「バナナオムレット」です。こちらもひとつ130円といううれしい値段です。値段に比例して大きさは長さ10センチほどとそれなりですが、味は大いに気に入りました。さすがケーキ屋さん、手抜きはありません。スポンジはオムレットの名前の通り、クレープのように卵の風味が良く生きています。中のクリームも生とカスタードの2層になっています。完熟したバナナとの3つの組み合わせは、誰でもが懐かしくもおいしく食べられることができると思います。

興津には貴重な洋菓子屋さんです

このローザンヌ、イートインのスペースもありますし、フレッシュなケーキもクッキーなどの焼き菓子もお手頃な値段で頑張っています。高くておいしいのは当たり前、手頃な値段で満足できる味を提供している姿勢には共感を覚えます。安いスイーツはチェーン店かスーパーの大手商品がほとんどの世の中にあって、このようなお店が増えていくといいですね。

ずんどう焼本舗

名前がいいですね

この変わった店名の理由は、その昔に甲州道・身延道と東海道がズドンとぶち当たったところに「ずんどう亭」という料理屋さんがあって、そこから名前をいただいたそうです。けっして姿形がズドンとずんどうではないそうです。勘違いしている人が多いようですが・・・。それからこのお店、終戦後からあんこ屋を経営していて10年ほど前から現在のおやつのファーストフード店に衣替えしたそうです。まさにあんこの街を象徴しているような話ですね。

ずんどう焼だけじゃありません

このお店は、たこ焼きやソフトクリームなども販売していますが、主力商品はやはり「ずんどう焼」です。これは大判焼、回転焼、黄金饅頭など地方で名前が違えどよく見かけるまん丸のアツアツ系お菓子です。味は、おぐら、クリーム、ツナ、キムチがあります。最後のキムチが激しく気になりますが、今回は一番ノーマルなおぐらとクリームの2種類を試してみました。値段はこの前値上げしたにもかかわらずひとつ70円です。

あんこの勝ちだと思います

こちらのずんどう焼の特徴は、固めでカリッとした皮と中の具の柔らかさの落差が良いことです。これは鯛焼きではなかなか出来ないことで、噛んだ時の楽しさはけっこう癖になります。おぐらは、もちろん粒餡です。こちらのものは元あんこ屋さんだけあってもちろん自家製です。甘さも煮込みもごく普通ですが、丁寧に作られていることがよくわかります。対してクリームは、カスタードの具合がイマイチな感じでした。固めでトローリとしたものがお気に入りなのも減点対象になったのも一因ですね。


ところで、今回紹介させていただいたおやつは、私のお気に入り順でいうと、魚格出口魚店の「あげはんぺん」>ローザンヌの「ばななオムレット」>荻野商店の「抹茶ソフト」>うしほ屋の「生ドラ」>伏見屋の「興津のたい焼き」>ずんどう焼本舗の「ずんどう焼」となります。この差も人それぞれですし、どれを食べても激しく後悔するということはないと思います。冬場で食べられないソフトクリームを除くと、5つ買っても500円程度なのです。ちょっとお高いケーキ1個と同じ値段とは驚きです。

草餅だけを売っているお店です

と、前編・後編合わせて6軒のお店を紹介させていただきましたが、このほかにも「宮様まんじう」というちょっと不思議な看板が目印の和菓子屋さんや、おばあさんがひとりで草餅だけを作って販売しているお餅屋さんなど探せばまだまだありそうです。個人店が減少の一途をたどる現代にあって郷愁を誘う昭和の香りがする興津で気軽なタイムトリップおやつツアーをしてみるのも良いものだと思います。

興津の先から見える富士山ですよ

おまけ話としは、興津の隣の由比にはおやつの帝王・桜海老のかき揚げもありますし、富士山がきれいに見られるポイントがたくさんあります。しかし、冬場の雪をかぶった秀麗な富士山っていつみても癒されますね。


興津のたい焼き 伏見

静岡市清水区興津中町198-1(JR興津駅近く、旧国道1号線沿い)
054-369-1343 11:00~18:00(材料が終わり次第終了) ※夏期(7月~9月)休業 
不定休


ラ・ローザンヌ

静岡市清水区興津中町(R1・R52交差点近く)
054-369-6710 9:00~20:00 水曜日休み

ずんどう焼本舗

静岡市清水区興津中町275-12(静清信用金庫興津支店近く)
0543-69-0501 11:00~20:00 月曜定休

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。