2009 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2009 05

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらや工房、ベックファン@御殿場市

kage

2009/04/19 (Sun)

御殿場アウトレットを1.5倍楽しむ! 後編

御殿場プレミアムアウトレット、行く度に店舗が多くなっているように感じるのは私だけでしょうか。出来たばかりの頃も広く感じたものでしたが、最近はあちこちで増殖工事をして下手なデパートやショッピングセンターよりも大きくて3,4時間はアッという間に過ぎてしまいます。自然豊かな緑の中のオープン形式はやはりいいですね。

きなこのおはぎと赤飯大福です

1、とらや工房 

人間は疲れると甘い物が欲しくなってきます。アウトレットの中にも色々なスイーツのお店がありますが、私のお勧めはアウトレットからクルマで3分の場所にあるとらや工房です。アウトレット内のお店は効率優先でのんびりすることができませんが、このお店ならば疲れた体を休ませてホッとすることができます。

このお店は名前通り、運営母体は和菓子では日本でも有数の知名度を誇る虎屋です。この虎屋の工場があるのが御殿場市です。お菓子作りに欠かせない良質な水が豊富にあることと東京方面にアクセスが良いことが決めてになってできたのだと思いますが、この虎屋の実験的かつ隠れ家的なお店がとらや工房なのです。

本当にここは御殿場?

このお店、虎屋のHPにも載っておらず宣伝は口コミのみですので、土日でもそれほど混雑しておりません。おまけに驚くのがその広さ。駐車場から店舗まで歩いて5分ほど掛かります。まるで京都の嵐山か北鎌倉の寺院のような竹林と門構えにまず驚かされます。さらにここからのアプローチも池あり日本庭園ありの贅沢な作りにびっくりします。

この庭園を抜けた場所にあるのがお店なのですが、アーチ状になった建物は有名な建築家が建てたもので周りの自然にしっくりと溶け込んでいます。建物の右半分が和菓子を作る工房になっていて、ガラス越しに和菓子作りを見ることができます。その隣が広々とした売り場になっています。

アーチ状の建物がお洒落です

和菓子は月替わりのものと定番のものは半々ほどで値段は250円です。この値段はとらやとしては安いといっていいでしょう。私が行った3月はお彼岸ということで、きなこのぼたもちが目玉でした。あとは赤飯大福やどら焼きなど親しみやすいものが多いですね。もちろんとらやといったら忘れてはいけない最中もあります。

このお菓子とお代わり自由の日本茶がついて500円のセットがカフェの主な商品といっていいでしょう。ほかにはあんみつお汁粉や季節の軽いご飯ものがあります。春はなんといっても筍おこわですね。なんせ周りは竹林ですから朝採りのものが使えます。夏にはカキ氷などもあります。それから日本茶は水が良いのか静岡人の私からみてもそこそこおいしいお茶でした。渋みよりも甘みが優先しているものでお代わりもすぐにもってきてくれるのはさすがとらやだけのことはありますね。

吹き抜けのカフェスペースです

これらをいただくカフェスペースがこれまた素敵なのです。木をふんだんに生かした内装でテーブルの間隔もゆったりとしていますし、のんびりまったりするには最適です。カフェは吹き抜けになっていて庭を思う存分望める開放的なスペースと、温かみのある雰囲気的をより強調した閉鎖的?スペースに分かれています。これからの季節には吹き抜けのスペースが最高に気持ちよいと思います。どちらも軽井沢や箱根のリゾートホテルのラウンジカフェのような感覚です。この雰囲気に浸るだけでもここに来る価値はあると思います。

と、このとらや工房、和菓子に関してはとらやの本店などの本格的和菓子を想像すると肩透かしをくらうかもしれませんが、日本の正しい親しみやすい昔ながらの和菓子を日本茶と一緒にリラックスしながら自然豊かな庭を眺めつつ和むというコンセプトは、大いにアリだと思います。ある意味戦場のようなアウトレットの高揚感をクールダウンさせるにはぴったりだと思います。また家へのお土産にもとらやのブランドは有意義ですからね。


2、ブーランジェ ベックファン

アウトレットの中にはハンバーガー屋やコーヒーショップ、各種飲食店がありますが、土日などはどこも混雑しています。まる1日中にいる場合は行列も気になりませんが、時間が限られている時は行列は嫌なものです。そんな時はアウトレットに行く前にこちらのお店でサンドイッチやパンを買ってから出かけるのも有効な手だと思います。

メロンパンにメロメロです

このお店、私が掲げる「ご近所パン屋に適した各種ポイント」をけっこう満たしているのです。それは、「おいしいこと」「適正な値段で販売していること」「日曜日に営業していること」「朝7時から営業していること」「いろいろな種類のパンがあること」「新製品を適度の頻度で出すこと」「お洒落な店構えと清潔な店舗」・・・・などです。

高くておいしいパン屋はたくさんあります。が、大手メーカーのパンやコンビニの焼きたてパンと同じような価格でおいしいパンを提供してくれているこちらのパン屋は今や貴重な存在なのかもしれません。なんせ食パン210円、カレーパンやメロンパン、クリームパンなどのお馴染みのパンはひとつ120円から150円程度なのです。おまけに店内には100種類ほどのパンや焼き菓子などが揃っています。新製品やおすすめの品には試食品が用意されているのも有難いですね。

クロワッサンですよ

今回は、朝食としてメープルメロンパンとカレーパン、クロワッサンを購入してみました。メロンパンは試食してからの購入です。外側のクッキー生地もサクサクザクサクとした食感がちょうど良い感じです。これが堅くてボロボロしすぎるものよりこちらのものくらいが好きですね。中はメープルシロップの甘い香りが効いています。人気商品のPOPが偽りのないおいしさでした。

カレーパンもこちらのお店の人気商品ですが、まぁこれは普通でしょうか。しかし熱々出来立ての揚げパンはやはりいいものですね。それからどこのパン屋でも食べるクロワッサンですが、フランスパンに強いお店ほどのサクサク感、リッチさはありませんが値段以上のものはあるかと思います。私的にはもう少しバターの香りがする方が好みですが・・・。

各種サンドイッチ揃ってます

今回は買いませんでしたが、このお店はサンドイッチや惣菜パンにも力を入れています。ノーマルのサンドイッチはもちろんのこと、コッペパンに挟んだものやピタパンに入れたもの、ロール系のものまでよりどりみどりです。これらを色々買ってアウトレットのベンチで食べれば時間とお金の節約になるかと思います。

と、こちらのお店は天然酵母や石釜焼きなど高くてもおいしいこだわりのパンを追求しているようなパン屋ではなく、少し寄り道してパンを買いに行く、スーパーやコンビニのパンと同じような値段で、老若男女誰でも買えるようなパンをたくさんの種類を提供している「日本の正しいご近所パン屋さん」だと思います。

お洒落な建物ですよ

そんなお店ですから食べ盛りのいるお子さんなどがいても懐を気にすることなく色々とたくさん買えるのはこのご時世有難いですね。アウトレットへ行き帰りに寄ってみても損はないと思います。なおこのお店はアウトレットから車で8分から10分掛かる御殿場駅近くの商店街の中にあります。

以上、前後編合わせて4軒紹介しましたが、御殿場は山中湖や箱根、沼津三島方面へのアクセスが良い場所ですから、観光客向けのお店だけでなく、地元向けのおいしくて安いお店や穴場のスポットがまだまだあります。。アウトレットだけでもお値打ちですが、より楽しめるかと思います。

P.S.姉妹版の静岡道楽日記にて「とらや工房」のより詳しい記事を載せましたので興味のある方はご覧ください。


とらや工房

御殿場市東山1022-1(アウトレット、東山湖近く)
0550-81-2233 10:00〜18:00(春夏期 4/1-9/30) 10:00〜17:00(秋冬期 10/1-3/31)
火曜日休み


ブーランジェ ベックファン

御殿場市川島田651
0550-82-0405 7:00~19:00 土日祝7:00~18:30  水曜日休み

スポンサーサイト

二の岡ハム@御殿場市、フレッシュハウス東支店

kage

2009/04/05 (Sun)

御殿場アウトレットを1.5倍楽しむ!前編

今回から始めるのは「○○を1.5倍楽しむ方法」シリーズです。これは人気観光地やスポット周辺でのお勧めを私の視点で書いていこうというものです。2倍だと言いすぎですので、ちょっとプラスになるように1.5倍としました。記念?となる第1回は「御殿場プレミアムアウトレット」です。ただ、アウトレットへ行って中で買い物して食べるだけではつまらないですからね。

御殿場プレミアムアウトレットです

この施設、静岡県で今一番元気な商業施設ではないでしょうか。定額給付金や高速のETC割引もあり益々人気になりそうですし、この不景気でより安くショッピングを楽しみたい人が増えていますからね。我が家もエンゲル係数が高めなので、ファッションに関してはセールやアウトレットが主戦場となっています。


1、二の岡ハム(二の岡フーヅ)

この老舗のハム屋さん、食べることが好きな人には余りにも有名です。その昔に御殿場が軽井沢のような避暑地だった頃にアメリカ人の宣教師が本場のレシピでハムやソーセージ造りを始めたとかで根強い人気があります。地元静岡県人よりも東京や横浜在住の人に人気があるようです。駐車場にも品川や横浜、相模などのナンバーが多いですし・・・。

しかし、ただお店の紹介をするだけでは1.5倍楽しむことにはなりません!「早起きは三文の得」とは古からの尊い教えですが、このお店でも開店前にお店に伺うと良いことがあります。それは「切り落とし」がメチャ安い価格で売っているのです。この情報はほとんどのネット情報には載っていません。

二の岡のハムです

この切り落とし、ベーコンとハムのミックスの2種類があります。どちらも500円ポッキリです。数量限定ですので、一家族それぞれ1袋限定です。この日はベーコンは最初から無くハムだけでしたが、350グラム入っていました。ハムの端っこや途中で切れているものばかりですが、味は一緒です。定価から考えると2倍以上はお値打ちだと思います。

この切り落とし、競争率は高いです。この日は祝日でしたが9時の開店10分前に到着して、なんと私が最後の切り落としゲット者となりました。6人の狭き門でした。平日はまだしも土日などは開店前にお店に着いていないと買うことができませんが、我が家ではこの存在を知ってから、まずはなくとも二の岡に9時前に着くようにしています。なおこの切り落とし、お店に出ない日やお歳暮の時期などたくさん出ることもあります。ようは運次第ですね。

さて、そうまでして手に入れたハムですが、スモークハムは、丸太の桜で6時間燻されただけあって燻製の香りが強烈です。好き嫌いが分かれる味だと思います。また最近の大手メーカーのハムが水っぽい中、こちらのものは豚肉がストレートに味わえる男性的、大人的なものだと思います。ワインや酒のお供としてはぴったりだと思います。

色々な種類がありますよ

もうひとつの主力製品のボローニャソーセージは、脂身の配分が良くリッチな味わいが特徴です。我が家では生よりもソテーして食べる方が好きですね。高級なスパムソーセージみたいな感じでしょうか。ハムの切り落としは、この2種類が主力製品ですが、たまにロースハムなんかも入っていることがあります。何が入っているかは後のお楽しみということですね。

もうひとつのベーコンですが、これも燻製の香りが強めです。軟弱なベーコンが多い昨今にあって、これほど個性の強いものはそうそうないでしょう。上手に料理に生かすことができれば最高のパートナーになりますが、下手に使うと全てがベーコン味になってしまう恐れがあります。諸刃の剣ですが、ここのベーコンでないとダメというリピーターになる魅力もまた秘めている上級者用のベーコンだと思います。

この看板が目印です

この切り落としの良い点は、もうひとつあります。二の岡ハムでは、普通の商品はハムなどによっては一本売り、ベーコンはブロック売りになっているものもあるため、小さめなものを選んでもけっこうな値段になってしまうことです。少人数の家庭の場合は持て余ししてしまうこともあるので、適量サイズの切り落としはこの点も有難いのですね。

この二の岡ハム、贈答品として食べたことがある人や沼津のデパートで購入したこともある人も多いかと思いますが、製造直売のお店兼工場は森の中の農家っぽい素朴で、「昔ながらのハム工房ってこんな感じなんだ」と、遠足感覚で楽しめると思います。また、今回紹介したもの以外にもスモークタンやアイスバインなど玄人好みの製品がたくさんあるのも二の岡ハムの凄いところだと思います。


2、JA御殿場フレッシュハウス東支店

どこへ行っても野菜直売所に寄って新鮮な野菜や惣菜を買うベジタブルな人が増えていると思いますが、御殿場のアウトレットの近所にもJA直営の農産物直売所があります。それがフレッシュハウス東支店です。場所は、御殿場インターからクルマで3分ほどですが、インター取り付け道路から一歩入った所にありますので注意が必要です。

こじんまりとした直売所です

こちらの農産物直売所は、最近オープンした他の都市のものよりも小ぶりです。小さいといっても季節の野菜は揃っているので心配無用です。春から秋にかけては葉ものの野菜などが、冬場は大根や里芋などが主となります。御殿場は標高400メートル程度ありますから他の場所よりも季節の野菜が遅くなる傾向があります。これにより思いがけないものが手に入る可能性もあります。

野菜が色々と揃ってます

野菜のほかには、この手の直売所と同様に漬物や惣菜などが各種あります。1月から3月にかけては御殿場特産の水掛け菜の漬物が並びます。これは野沢菜にちょっと似たものでピリッとした辛味が特徴です。他には、手作りこんにゃくなどもお勧めです。このあたりは高原ならではですね。あとは二の岡のボローニャソーセージや御殿場ハムなども置いてあります。

あと、個人的に勧めたいものは御殿場の天野醤油の「甘露醤油」と御殿場農協の牛乳です。甘露醤油は、さいしこみという手の込んだ製法で作られたもので、大手メーカーのものに比べてさっぱりとしているのに自然な甘みがあるのが特徴です。刺身などに使うとよりおいしさが引き立つと思います。醤油の品評会のさいしこみこ部門で日本一に輝いたこともあります。私も知らなかったのですが、食べ比べ?てみてその実力がわかりました。隠れた御殿場の逸品だと思います。テーブルサイズもあるので試してみてもいいと思います。

天野醤油の甘露醤油です

もうひとつはJA御殿場の牛乳です。名前は「乳しぼり」。3.6とは思えない味の濃さとのど越しの良さが特徴だと思います。小さいパックで70円程度と値段も安いのも魅力です。朝これをグイッとやればアウトレットを歩き回れる元気も出てくると思います。


と、二の岡ハムもフレッシュハウス東支店もアウトレットまでクルマで5分程度のうえに朝9時から開店しますから、両方で買い物してもアウトレットの開店する10時には余裕で間に合います。アウトレットに向かう道路は土日は10時頃からお昼過ぎまで大渋滞しますから、開店前に駐車場に入るのが秘訣ですからね。そうすれば屋根付きの駐車場にも入れますから購入した野菜や冷蔵品も少しは安心です。


二の岡ハム(二の岡フーヅ)

御殿場市東田中1729(御殿場インター、SBS御殿場マイホームセンター近く)
0550-82-0127 9:00~18:00 火曜日休み

JA御殿場フレッシュハウス東支店

御殿場市東田中2-10-1(しまむら御殿場店、ヤオハン御殿場店近く)  
0550-84-5522 9:00~15:00 年中無休(年末年始除く)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。