2009 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2009 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あん梅@焼津市

kage

2009/06/28 (Sun)

焼津港のディープな本格居酒屋! あん梅

最近の居酒屋はチェーン店や創作系、お洒落系のものが幅を利かせていますが、探せば渋くて本格的な隠れ家的な居酒屋もあります。今回のお店はまさにそんなお店です。場所は焼津港。しかも目の前は海。潮風に吹かれながらおいしい魚とお酒が楽しめる「ありそうでなかった」お店です。

刺身の盛り合わせですよ

このお店、見た目はしもた屋風、手作り感満点で昭和の香りがして普通の人は一歩引いてしまうでしょうが、一度店に入って何か料理を食べてみれば、それが杞憂であったことがわかると思います。その理由はご主人は大阪、京都で長年修行した本物の板前さんで、その腕前は本格的な割烹や料理屋でも立派に通用すると思うからです。

昭和の香りがする店構えです

最初の訪問では、勝手がわからないのでご主人にいろいろ聞いてから注文します。焼津ですからなにはなくとも刺身です。あれこれ食べたい我が家としては盛り合わせで注文します。ひとり当たり1500円~ということで、2,000円でお願いしました(一番上の写真です)。

毎日変わる手書きの品書きですよ

この日はカツオ、南マグロ、アジ、地のタコ、地の金目鯛、真鯛、自家製の〆鯖、ウニなどです。この中ではカツオと地のタコが良かったですね。といってもどれも平均点以上のおいしさで、目利きの良さと包丁の冴えがよくわかります。これくらいの刺身が焼津では普通に食べられると思われがちですが、魚を売りにしているお店でもなかなかこのお店くらいのものが食べられないのが実情です。ただ残念だったのはお皿が小鉢のようなもので、これが大きな平皿ならなおおいしく感じたと思います。

刺身の後は煮魚です。煮魚は魚料理屋さんでないとなかなかおいしいものが食べられないですからね。この日は金目鯛と真鯛のかぶと煮があるということで、真鯛をお願いしました。出てきた煮魚にはうれしいことに定番のゴボウの他に姫竹と冬瓜の煮物が添えられています。この煮物を食べてみると関西でしっかりと修行したことがわかります。

真鯛のかぶと

さて、真鯛のかぶとの方も煮方、味付けが絶妙です。煮汁は濃い目ながらあっさりとしていて皮目の部分のしょっぱさと中の身の白身の真骨頂であるふくよかな淡白さが殺されていないバランスさがいいですね。骨と骨の間や目の周りなど身をほじくりだして食べつくします。この量と味でたぶん800円ほどの値段というのですから安いと思います。

このお店、魚料理が強いですが、肉を使ったものもあります。この日は鶏団子の汁物をいただきました。三河の赤鶏を使った団子がフレッシュな感じでいけてました。このような腕のあるお店ですから突き出しにも自家製のまぐろの角煮がのっていました。この角煮は焼津ではお馴染みの惣菜ですが、味付けがピリッと大人の辛口で日本酒に合いそうなものでした。

自家製のまぐろの角煮がいけますよ

と、料理がおいしいこのお店、品書きにも値段が書かれていない「時価」のお店ですが、心配ご無用。この日は2人で食べて飲んでひとり3千円弱でした。これはご主人ひとりで切り盛りしている上にあれこれ自家製でやりくりしているからできることでしょう。、飲兵衛には気になるお酒はビールほのほか、焼津の誇る日本酒の磯自慢などがあります。焼酎ももちろんありますよ。

1回目の訪問では食べることができなかったものに梅雨時から夏にかけて旬を迎える鱧・ハモがあります。関西が本場ですが、焼津沖の海でも良質なものが取れるということで期待しておりました。そして6月の終わりになって電話したところ、良い鱧があるということでイソイソと出かけていきました。

夏の魚といったら鱧でしょう!

この店ではハモは刺身かおとしがお勧めということで、おとしをお願いします。1メートル弱はあろうかという大振りな鱧をジャクジャクとリズムよく骨切りしていきます。目の前でこのようなプロの技を見ることは食べることが好きな者にとってはひとつのショーみたいなものですね。こちらのおとしは本場のものよりも骨切りの数が少なくダイナミックなのは焼津流なのでしょう。

さて、お味はどうでしょうか? 淡白な味のに鱧独特の香りと味。うなぎにも穴子とも違う鱧の味としか評価できない、ほんわか、はんなりとした味わいはやはり関西の夏の味の代表とされるだけある上品さですね。 この良さをよりおいしくしてくれるのが自家製の梅肉タレです。他の店では業務用のどぎつい赤色の酸っぱ甘いタレを添えてくるところがありますが、このお店のものは酸味も甘さも抑え目でいながら梅肉が本来持つ天然の酸味と旨みを味わうことができます。この辺りは山葵と同じですね。

鱧の冷やし茶碗蒸しです

それから鱧の身入りの冷やし茶碗蒸しがあったので、これも注文してみました。小ぶりなガラスの器に入っていて涼しげです。中には鱧の短冊切にクワイ、しいたけが入っています。ここでも梅肉がアクセントで入っています。けっこう固めの仕上がりは鱧から出るコラーゲンの作用だそうです。味は、鱧のアラから取っているとかで、普通食べる茶碗蒸しとは一味違う魚系の香り、鱧の味を上手に引き出しています。ここでもご主人の料理のセンスの良さを見た思いです。

さて、今日の〆はランチで人気の丼という「ぶっかけあん梅流海鮮丼」をお願いしました。ランチの時は1500円、夜はこれに若干のプラス料金がかかります。この日は最近の不漁であまり魚の種類が少ないということでしたが、それでも南マグロの中トロにメジマグロ、鯵、太刀魚、金目鯛、イカ、真鯛、生シラスなどが入っています。

漬け海鮮丼ですよ

この海鮮丼。どこがあん梅流かというと、魚をそれぞれがおいしいように食べられる大きさに切ったものを5分ほど軽く漬けにしたものを暖かいご飯の上に並べ、さらに卵黄に生海苔、シソなどが載っています。これを仕上げていく過程、魚のサクから丁寧でいながらすばやく切り身にしたり、刺身のけんを切ったりしていくのを見ているだけで期待が高まっていきます。やはりここでも包丁さばきの技に唸ります。

この丼、バラちらし、海鮮丼、ビビンパが好きな私には夢のような丼といってもいいでしょう。普通の海鮮丼よりも好きですね。刺身で出している一級品の魚を軽く醤油タレと馴染ませたものだけ食べてもおいしいですし、卵や刺身のけんを絡ませて渾然一体となったものを食べてもそれぞれのおいしさにあふれています。ボリュームも十分にあります。次回はランチの時にこれを目当てに来たいですね。

看板もいい感じです

と、2回目の訪問も大満足でお店を後にしました。このお店、白熱電球が照らす店内にはエアコンも洒落た内装もありませんし、カウンターは8人も入れば一杯になりますし、どこからか蚊も侵入してきます。今時のお洒落で快適な空調の居酒屋とは逆に位置していますが、見た目だけでそれなりの味しか出せないような居酒屋よりも余程魅力があると思います。

このお店、焼津という港町だからこそ存在できるような居酒屋だと思います。地の魚を丁寧に仕上げたものを適正な値段で提供し、それを魚好き、魚にうるさいお客さんが食べに来る、その魚をつまみに酒を飲にくるんだと思います。居酒屋好きの人は大田和彦氏が好きそうなお店といったらわかるかと思います。見た目は恐そうなご主人ですが、話をしてみれば料理好き、魚好きの職人肌の方で、焼津の魚のことや料理のことなど色々教えてくれます。

店の前はすぐ海ですよ

と、このお店、グループでワイワイ騒ぐようなお店ではありませんが、おいしい魚を求めてひとりか2,3人でのんびりと伺うには良いかと思います。ただし値段とか店構えでない別な意味で敷居が高いかもしれませんが、こういう店こそ女性や若い人に行ってほしいですね。魚の持つ魅力を再発見できるかと思います。近くにはサンライフ焼津という温泉もありますから風呂上りに一杯というのも最高ですよ。

P.S.ランチに行く前には電話連絡してからの方が良いとのことです。
  静岡道楽日記にて「静岡三大漁港は?」と題して書いています。合わせてどうぞ。 

あん梅

焼津市中港5-16-12(サンライフ焼津近く、焼津駅より徒歩12分)
054-629-3567 12:00~22:00 水曜日休み

  
スポンサーサイト

GUCHIPAN@富士宮市

kage

2009/06/14 (Sun)

富士宮の隠れ家パン屋! GUCHIPAN

まもなく富士山の山開きが行われます。日本一の富士登山がけっこうな人気になっていますが、富士山に登らなくても観光で5合目に遊びに行くだけでも涼しくて良い場所であることは間違いありません。そんな富士山観光の時に立ち寄りたいのが富士宮市にあるパン屋のGUCHIPANです。

中のクリームが旨いです

このお店は富士宮の国道139号線バイパスから富士山スカイラインに至る登山道沿いにあります。郊外にある4軒ほどが軒を連ねるテナントビルの一軒で目立たないので知らない人は通り過ぎてしまう恐れがあります。お店の外観も店舗の内装もかなりお洒落です。これはお金を掛けているのではなく店主夫妻のセンスの良さがキラリと光っている感じです。看板もドアの取っ手も洒落ていますし、中はミッドセンチュリーっぽい内装や小物があり落ち着けます。カフェスペースがあっても違和感がないほどです。

センスよくパンが並んでいます

このお店のイチオシのパンをその名も「富士山クリーム」。冷蔵ケースに入っているクリームパンです。常温保存が多い普通のパン屋のクリームパンですが、こちらのものは中のクリームがレア状態のカスタードですので冷蔵なのでしょう。パン生地もふわふわなので壊れないように上手にビニール袋に入っています。

富士山クリームです

ちゃんとクーラーボックスに保冷して持ち帰り食べてみます。自慢するだけあって中のクリームがおいしいですね。パン屋のクリームパンとは思えないほどトロトロのクリーミーさです。それもただ柔らかいだけでなくほのかなバニラの香りとリッチな卵と牛乳の味わいが良いですね。香料をいかした人工的なおいしさでなく自然なテイストのクリームとそれを生かしたパン生地のハーモニーは名物になるだけのことはあります。人気商品のため電話予約する理由がわかりました。下手なケーキ屋のシュークリームなどよりも良いかもしれません。

このカレーパンがおいしいのです

カレー好きな私はパン屋さんへ行くとカレーパンを購入することが多いのですが、このお店のものは少々変わっています。大手チェーン店のMバーガーのナンドッグのような感じのもので、軽めのフランスパン生地、ファカッチャ生地のようなものの上にドライカレーペーストが載っているもので、辛めなのもグッドです。これは気に入りました。

フォッカチャは料理のお供に

カレーパンと同じ生地を使ったもので、フォカッチャがありましたので買ってみました。これはカレーパン以上に気に入りました。これはパン屋さんのパンというよりもイタリアンレストランで出てくるべき食事パンだと思いました。なんせトッピングがドライトマトに黒オリーブ、ローズマリー、チーズですから。これをトースターで2分温めてからとっておきのオリーブオイルをタラーリと掛けて食せば、ボーノボーノです。イタリアン好きな相方も大絶賛でした。これはリピート確実ですね。

ただ、残念だったことは、この2つがおいしかったので、日時を開けて富士宮に出かけた時にこの2種類を買ったら以前のものとは違う味、仕上がりだったことでした。3回目のときは問題なかったので機械の調子が悪かったとか粉の発酵の具合とか何かあったのでしょうが、味のブレがあるのはパン屋としては気をつけてほしいものです。しかし、店主は意欲的な職人気質の若い人ですので、どんどんパンはおいしくなっていくものと思って暖かく見守っていきたいですね。

素朴な感じのパンもおいしいですよ

こちらの店主の修行先は富士市にある焼きたてパンとしは大手チェーンのAです。東京青山のお店が有名なお店ですが、そこで修行したのがわかるのがクルッと巻かれた包装紙がアクセントのチョコクリームです。軽めのフランス生地とコッペの中間の柔らかい生地の中にナッツが入ったチョコクリームが効いています。おやつパン、お菓子パンとしては安心して食べられる味ですね。懐かしさと新しさが同居している感じです。

このお店は店主夫妻2人で切り盛りしているので焼き上がり時間が色々ですし、ひとつの種類がそれほど多くありません。焼いているパンも日替わりであったり季節によって変わります。そんなのんびりした感じも悪くありませんし、他の店にないような変わったパンもあります。定番商品と王道的なものをアレンジしたもの、フランスやイタリアンを意識したものなどなど引き出しは多いようです。

りんごのパンです

そんな中からリンゴを使ったケーキのようなパン、アップルクーヘンを購入してみました。お店には丸ごと1ホールの大きなものしかなかったのでダメ元で半分売りをお願いしたら気持ちよく了解してくれました。リンゴのシャックリ感と酸味、カスタードの甘さ、それをキメの細かなパン生地で包んでいます。甘さも控えめですし、アップルパイとはまた違ったおいしさがあります。

そのほかにも食パンや店主お勧めの小さなバゲットを食べてみましたが、平均点以上の出来だと思います。値段はデパ地下のパン屋と同じくらいでしょうか。天然酵母使用とか本場仕込みのパンマニア向けのウリはありませんが、誰でもがおいしいと思えるような普段使いのご近所に1軒あったらいいなと思えるパン屋だと思います。

看板もおしゃれです

と、このお店目当てにわざわざ富士宮に行くというよりも富士宮方面へ出かけた際に寄り道したいお店だと思います。店主夫妻はふたりとも愛想が良く気持ちよく買い物が楽しめます。男性以上に女性受けするお店だと思います。富士宮の食というと焼きそばばかりに目がいきがちですが、探せばこのお店のような隠れたお店がまだまだ出てきそうです。


GUCHIPAN

富士宮市万野原新田3323-18 ストラーダ102 (スーパーフジマキ近く)
0544-23-8814 9:00~18:00 火曜日休み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。