2010 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2010 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金泉軒@榛原郡吉田町

kage

2010/05/23 (Sun)

どこか昭和の香りがするお店です! 金泉軒

上海で万博が開催中です。日本でも1970年に大阪万博が開催されました。戦後の昭和時代を飾る一大イベントでした。そんな昭和時代は今ほど大手外食チェーン店やロードサイドの画一されたお店が人気を誇っていることもなく、街のそこかしこや商店街に地元のお店が地元の人の食の楽しみを担っていました。

もやしラーメンですよ

それが良い悪いというのではありませんが、21世紀になってしばらく経つ現在、昔風な、昔ながらの食事処や食堂を見直す時期なのかもしれません。そう、某テレビ番組の「汚シュラン」ではありませんが、気負いも飾り気もないストレートな真面目な何気ないお店が逆に新鮮であると思います。今回の金泉軒もそんなお店だと思います。

こちらのお店は静岡市にある同名店で修行したのち、焼津市でのれん分けという形で独立し、6年ほど前に吉田港近くの場所に移転オープンしたものです。その理由が店主の好きなサーフィンを楽しみたいからと聞いたこともありますが、店内外とも今時な洒落た言葉で言えばサーフでロハスでスローな雰囲気があります。

黒電話にジュークボックスですよ

まぁ、普通に言えばゆるい、まったりしている空気感、昭和チックなお店だと思います。店内にはジュークボックスがあったり黒電話が鎮座していたりしています。内装も海の家を思わせる木の感じですし、BGMはザ・ピーナッツなどの昭和歌謡です。このような内装もわざとらしくなく、抑え目なのも良いですね。この内装はオーナー夫妻と仲間が協力して自力で完成させたとか。

そんな昭和風な店内でいただく料理は、それなりに化学調味料を使用していると思われますし、厳選された食材やブランド品の野菜を使っていると謳っているわけではありませんが、どのメニューを食べてみても値段以上の満足感を得ることができました。メニューは昔ながらのラーメン屋のように各種麺料理とご飯もの、定食ものが揃っており、ガッツリでも軽くでも大丈夫です。

すっきりした醤油味のラーメンです

最初の訪問では、なにはなくても普通のラーメンです。もちろん醤油味です。それも脂分がほとんど浮いていないスッキリタイプです。見た目も懐かしい基本の姿かたちをしています。ナルトの存在感も今となってはうれしいものですね。スープを飲んでみても見た目同様、鰹節などの魚系、豚骨、鶏ガラなどの獣系などが突出することなく、バランスの良さで勝負している感じです。

麺もストレートの細いもので、いつものように堅めの注文で丁度良い感じです。チャーシューの柔らかさ、メンマも味付けなども含めて、最近のラーメン専門店、それも無化調を売りにしている店では、スープに何が隠れているだとか、使われている素材は何だろう?・・・と、あれこれ考えながら食べ進むことになりますが、こちらのものは、そんなことはなく、「おいしいね」「懐かしい味だなぁ」と、気軽に楽しむことができると思っています。

野菜たっぷりタンメンです

この何気ないないのにおいしかったはタンメンも同様です。塩味ベースのスープに炒めた野菜の旨さと出汁がよく溶け込んでるのです。スープ、麺、具の三位一体というか、どれもが突出することなく上手にまとまっているのです。これはそれぞれがハイレベルというのでなく、順繰りに食べ進んでいくとおいしさが増加、倍加させていくという職人技ならではのものかもしれません。これが家庭で作ると、どれかが出すぎて、破綻してしまうのだと思います。

この2つの掘り出し物のおいしさに気をよくして3日ほどしてまた出かけて行きました。なんせこちらのお店は金・土・日、祝日以外は夜の営業をやらないのでハードルが高いのと行動範囲からちょっと外れているために行ける時に行っておこうと思った次第です。この夜間の営業をやらないのもサーフィンのためかもしれませんね。店内の雑誌ラックにはたくさんのサーフィン雑誌もありますし、店内にはオーナーのサーフ写真パネルも飾られています。

サーフィンの雑誌が置いてありますよ

で、この日は前回と違ったメニューを選んでみました。ご飯ものからは基本の炒飯です。これも家庭とお店で食べると差が出るものですし、その店で食べてもなかなか好みに合うものが出ない難しいものでもあります。果たして、こちらのものは、好みのストライクど真ん中とまではいきませんでしたが、イヤな部分がなくおいしく食べることができました。

チャーハンもいけますよ

これは、他のメニューと同様に油でベチャッとしていないのです。かといってホテルや高級中国料理店のようなパラリとした黄金系でなく、昔ながらの油分で光り輝くものなんですが、鍋のあおりや味付けが良いのかわかりませんが、気が付くとすいすいと食べ終わってしまうタイプのものです。ラーメンと同じように懐かしい感じのする点は共通していますね。具もチャーシューの切れ端やネギ、玉子と基本中の基本のものですし、お約束の真っ赤な紅ショウガも存在感を示しています。このような昭和の時代には当たり前にあったであろう炒飯も今となっては逆に新鮮です。炒飯につきもののスープも味が濃くなく良い塩梅です。

この日も麺料理をいただきました。もやしラーメンと渋い選択ですが、これはこれでなかなかのものでした(1番上の写真です)。もやしと野菜のあんかけが醤油スープに載ったものなんですが、これまた抑え目な味付けと好みな炒め具合とあんかけのとろみ具合が気に入りました。このあんかけ料理も好みに差が出るものだと思っています。静岡の中華系の店、特に庶民派を標榜しているお店ではあんの濃度が濃いのと味付けが濃すぎるものが多いのですが、こちらのものはスープと麺を邪魔しない程良い具合だと思います。広東麺とか中華丼なんかも食べてみたいですね。

人気メニューの餃子です

この日はサイドメニューに人気の餃子も食べてみました。この餃子、人気があるようで近くのスーパーで冷凍ものを販売しているようです。が、これは好みのものとは違っていました。我が家の好みは野菜がシャッキとしていながらも肉の旨みも感じられるものなんですが、こちらのものは野菜が細かいうえによく練られているものでした。にんにくやニラなどの香味系もしっかりと感じられていて、このような方向性の餃子が好きな方にははまるのではないでしょうか。

と、こちらのお店はどこにでもありそうなお店ですし、ネットの情報、特にラーメンフリークの方々の訪問記は少なめです。そうなると、行きたいお店リストから外してしまう可能性が高いお店となってしまいがちですが、実際に伺ってみると、話題のラーメン専門店や中国料理店、安さとボリュームが売りの赤い看板の台湾系のお店とも違う、個人商店ならではの独自のカラーを感じることができて良かったですし、食べ歩きの楽しさと奥深さを感じることができました。

渋い店構えですよ


これからの暑くなる季節、吉田、榛原などの榛南方面へドライブや遊びに出かける方も多いかと思います。幹線道路から外れてはいますが、昭和の香り、懐かしいホッとできるラーメンや中華料理が食べたくなったら寄ってみても損はないかと思います。デザートには近くには磯善のかき氷なんてのもありますよ。それから昭和世代ど真ん中のオヤジとしては、このような懐かしい感じを店からも味からも受けると点数が甘くなってしまいますので、その点を考慮してくださいね。


金泉軒

榛原郡吉田町住吉5431-126(吉田漁港近く)
0548-32-8866 [火~金]11:00~16:00
[土・日・祝] 11:00~14:30 17:00~20:00 月曜定休日

スポンサーサイト

オーボンヴュータン@東京都世田谷区

kage

2010/05/09 (Sun)

伝統的フランス菓子を楽しむ!オーボンヴュータン

今日は母の日です。お世話になっている母親にプレゼントを贈られた方も多いのではないでしょうか。そんなプレゼントにも自分用にも最適なフランス菓子を提供してくれているのが東京都世田谷区尾山台のオーボンヴュータンです。また、このお店は日本におけるフランス伝統菓子・ケーキの母親(父親)的な偉大なる存在でもあると思っています。

見た目も古典的です

こちらのお店はケーキ好きの方には今更説明不要の超有名店ですが、静岡県ではデパートの物産展やケーキフェアなどでの出店もなく知名度は今ひとつかもしれません。何でも一流が揃う東京でスイーツ、それも洋モノとなると最近ではカリスマパティシェの派手はお店や最先端でモダンなお店が多く取り上げられがちですが、いぶし銀のようなこちらのお店のような存在があるからこそ、そのようなお店も光り輝くのかもしれません。

私が訪れたのはお正月の2日ですが、ちゃんと営業しておりました。しかも店内は多くのお客さんで賑わっています。お年賀用や自家用などそれぞれでしょうが、皆ウキウキして商品選びをしているようでした。私のように聖地巡礼のように地方からこのお店に来られた人もいるようです。それから、こちらのお店は店員さんもお客さんも男性が多いですね。大人、男性に好かれるお店ともいえるかもしれません。

光輝くケーキたち

店内は、今時のケーキ屋よりも重厚で、密度が濃いのが特徴です。お菓子の種類も豊富でこれだけのものが一度に揃う店はそうそうないのではないでしょうか。アントルメと呼ばれるケーキはもちろんのこと、焼き菓子にヴィノワズリーを初めとするパンにチョコレート、ジャム、キッシュ、アイスクリームまであります。イートインコーナーにはカウンター席もあります。それから特筆すべきはアルコール類が充実していることで、昼間から優雅なひと時を過ごすことができます。

最初は、焼き菓子から選んでいきます。取り寄せもできますが、やはり本店であれこれ選ぶのは楽しいですね。こちらの焼き菓子は見た目は地味ですが、食べてみるとその奥深い味わいにびっくりするものがあります。静岡のケーキ屋の評判の焼き菓子と同じかちょっと高いだけで、これだけ違うのかと思ってしまうほどです。本格的という表現が正しいのかわかりませんが、「きっと本場フランスのものはこんな感じなんだろうな」と思ってしまいます。

ここの焼き菓子は充実していますよ

この日は、ガレットブルトンヌ、フィナンシェ、マドレーヌ、ガレットフィノアなどを購入してみました。どれも他の店のものより色が濃いのが特徴でしょうか。値段はデパ地下のチェーン店系ケーキ屋と同じ程度ですから詰め合わせで買っても問題ありません。あと、フランスの地方独特の私の知らないようなものが多いのも特徴です。フランス菓子好きにはたまらない一角かもしれませんね。

さて、家に帰ってからおやつとして食べていきます。ガレットブルトンヌのサクサクの生地、ネットリムッチリとした中身、塩気とバターのコク・・・と、ひとつひとつの要素を見ると、くどくてしつこそうなんですが、最近の軟弱の焼き菓子とは一線を画すガツンとしたヘビーな一品になっています。が、それが高次元でまとまっているのでおいしいのです。

お土産に最適です

このヘビーでいながらペロッと食べてしまうマジックのような焼き菓子を堪能できたのが、ガレットフィノアです。これは、強めの焼きの中にしっかりとキャラメリゼしたクルミと焦がしバターの香りが強いフィリングのマッチングが最高です。ネットリを通り越してネッチョリとしているのですが、それがたまらないのです。カロリーは高いのでしょうが、そんなことは無視をしてあともうひとつ食べたくなってしまいます。

次は、パンを選んでいきます。が、この前に寄ったお店でちょっと買ったのでそれほど買えないのです。久しぶりにこちらのお店に寄ったのですが、これほど充実していたとは思いませんでした。ケーキ屋のパンコーナーとは思えないほど揃っています。その品揃えですが、やはりヴィノワズリーと呼ばれるパイ生地系のものやフランスパン生地のものが多いですね。

サクサクの生地が旨いです

ここは、やはりパイ生地を使ったもの、中にはフルーツのものを選んでみました。あとはクロワッサンですね。こちらはクルマの中で食べてしまいました。これもサクサクの生地にバターの香りがしてなかなかのものでしたが、それ以上だったのが持ち帰って食べたリンゴのコンポートが入ったパイ生地のものですね。限りなく薄い生地の中に甘酸っぱいリンゴのコンポートのバランスがいいですね。

いよいよ、メインイベントのショーケースの中にキラキラと輝く生ケーキ(アントルメ)を店員さんのアドバイスに従って選んでいきます。午後3時頃なので売り切れのものもありますが、ネット情報によると普通?の土日などは午後になるとほとんど売り切れてしまうこともあるとのことで、この日はけっこう良かったのかもしれません。

モンブランですよ

最初はモンブランです。350円と手頃な値段です。が、値段以上の価値があると思います。基本に忠実なメレンゲ生地にマロンペーストとクリーム、生クリームというなんてことのないものなんですが、どれもが突出していないのに、食べ進めていくと止まらなくなるのです。最近の栗を前面に出したリッチなものでなくバランス重視さがポイントなのかもしれません。

そのバランスの良さが表現されていたのが、ミルフィーユオフレーズ(一番上の写真)でした。このケーキも好きであちこちで食べるのですが、それらと比べるとどっしりとしているのに軽くペロッと食べてしまえるのです。イチゴを贅沢に使うのでなくイチゴジャムの酸味とカスタードの甘みの対比の妙がいいのでしょうか。あとそれをパイのサクサク感とバターのコクと香りが補完しているのだと思います。

オーボンビュータンという名前のケーキです

最後は、店名のオーボンビュータンです。見た目はクレームブリュレなんですが、食べると違うんです。コンコンとキャラメリゼしたパリパリの蓋を開けてから食べるのは一緒なんですが、中には洋ナシのコンポートと洋酒たっぷりのスポンジ生地などが入っているのです。ふんわりどころか、しっかりと効いた洋酒が大人の味かもしれまえせん。こちらもけっこう甘いのですが、その甘みに嫌味というかしつこさがないのです。人間が本来持っている自然の甘みへの欲求に応えてくれているような気がするのです。これはリピートしたいですね。

以上、こちらの菓子を久しぶりに食べてみての感想は、基本がしっかりできているのは当然のことながら、甘いものは甘く、酸っぱいものは酸っぱく、焦がすものは焦がす、バターを使う時はしっかりと効かす・・・といったクラシックなフランス菓子の真髄を味わえるといったところですね。私が好きな路線です。

泣く子も黙る名店です

と、こちらのお店は静岡のケーキ屋では味わうことができないフルラインナップの品揃え、行ったことがありませんが、パリのパティスリーを思わせるような重厚でいながら居心地、選び甲斐がある雰囲気、伝統を尊重しつつ日本の風土と素材を生かした商品の数々、今時の高い東京の有名店よりもお手頃な価格、酒類も揃えるイートインの存在・・・などなど甘い物好き、スイーツフリークにとっては聖地のひとつといっていいと思います。

こちらのお店、日本橋の高島屋にも出店があり、多少のケーキや焼き菓子を買うこともできますが、やはり尾山台の本店に行ってみることをお勧めします。横浜港北のIKEAに行くことがあれば第3京浜に乗ればすぐですし、用賀のインターからそう遠くありません。もちろん電車で行っても問題ありません。私は毎年の新年立ち寄りスポットとして定着すると思います。次回はショコラなんかも買いたいですし、イートインコーナーでアイスも食べなくてはいけませんね。


オーボンヴュータン 尾山台店

東京都世田谷区等々力2-1-14(東急大井町線尾山台駅、第3京浜玉川インター近く)
03-3703-8428 9:00~18:30 水曜休み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。