2010 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2010 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリー白州工場@山梨県北杜市

kage

2010/08/29 (Sun)

工場見学の楽しさ再発見! サントリー白州工場

もうすぐ学校の夏休みも終わりです。夏休みやお盆休みもあったので、あちこちに出かけていく機会も多かったのではないでしょうか。そして9月も連休や祝日があったり暑さも一段落することで、行楽やドライブへ出かける方も多いかと思います。そんな目的地のひとつとして最適な場所に山梨県北杜市のサントリー白州蒸留所の工場見学があります。

この看板がそこかしこに・・・

ここ最近、あちこちの工場を見学する社会科見学がちょっとしたブームになっています。無料で実際に物を作る現場を見ることができるうえにお土産や試食・試飲ができることが大きな理由かと思います。気軽なレジャーのひとつとして定着しているのだと思います。実施しているメーカー側でも自社の製品や取り組みを多くの人に実際に知ってもらうチャンスですから手を抜くことなく楽しませようとあれこれ工夫しているようです。

今回訪れたサントリーの白州工場は、そんな数ある工場見学コースの中でも長い歴史と実績があり、多くの見学者がある人気のあるものになっています。リゾート地としても有名な八ヶ岳山麓というロケーションも良く、半日のんびりと過ごすことができます。夏場はひんやりと涼しい別天地、秋は紅葉、冬は雪景色、春は新緑と四季折々の良さがありますが、共通するのは緑豊かな森の中に囲まれているので、数多くの野鳥がいることです。バードウオッチングの穴場としても有名なほどです。

この樽で熟成させるんです

工場見学・ガイドツアーは、午前10時から始まりますが、夏休みや連休時の土日などは込み合いますので、なるべく早めに向かうことが必要かと思います。我が家は10時前に駐車場に到着して見学コースのスタートは10時30分からのものになりました。なおこの見学コースは通常30分おきですが、混雑時は臨時に出ることがあります。また、見学の後にはアルコールの試飲がありますので、ドライバーは最初から最後まで「ドライバーなので飲めません」という札を首にぶら下げることになります。

工場見学までのちょっとした時間つぶしには、工場内にあるウイスキー博物館とファクトリーショップでの買い物がいいかと思います。博物館では日本の洋酒界を牽引してきたサントリー、昔の寿屋の歴史とウイスキーの製造工程などの解説がされています。斬新な演出はなく比較的オーソドックスな展示内容ですが、見学の下準備としては十分かと思います。

場所の名を冠して白州というブランドです

もうひとつのショップでは、工場オリジナルの商品や白州工場で作られる製品が色々と揃っています。チョコレートやナッツなどのおつままみ関係から白州のミニボトル、サントリー製のグラスなど比較的手頃な価格のものからけっこう高額のものまで揃っています。そうそう、グラスに関してはネットでクーポンを準備していくとお土産で無料でもらうことができますよ。

これが蒸留釜です

さて、時間になると20人から30人が1グループになって見学に出発です。最初は歩いて仕込みの工場へ向かいます。大きな仕込蔵を見た後は工場の心臓部ともいうべき蒸留釜の見学です。大きな銅製の釜は色々な形と大きさのものが鎮座しており、この形状の差により味に差が出て、この原酒を微妙な加減でブレンドすることにより多くのブランドができるということのようです。この光景を生で見られるというのが工場見学の醍醐味かもしれませんね。

樽を焼くことで独特の香りが出ます

この後は、バスに乗って移動です。まぁ時間は1,2分ですが、山の斜面に沿って工場が展開されているのでバス移動が楽ちんですね。バスで降りた場所で見るのはウイスキーを貯蔵するための樽、バレルの内部を焼いて香りをつけるリチャーという工程を実際に見ることです。実際は今では機械化されているそうですが、伝統的な手作業を見せることは演出面を含めて、会社をPRするには必要なんでしょうね。

その後はまたバスに乗って最終工程の貯蔵庫へ向かいます。大きな樽がびっちり整然と棚に並んでいます。その年代はマチマチで1980年とか1972年などの古いものもありますし、個人名義のものもあります。マイボトルならぬマイバレルですね。一樽50万からということらしいのですが、好きな人にとってはお金にかえられない魅力があるんでしょうね。そうそう、ここでの圧巻はその香りです。ウイスキーの芳香がムンムンとしていて、この香りだけで酔ってしまいそうです。

試飲はハイボールですよ

このあとはいよいよお楽しみの試飲です。大きなホールに集まって一斉に飲み始めます。大人の方々の顔がほころぶひと時ですね。アルコールとしては流行りのハイボールです。それも角瓶などではなく、白州10年をプレミアムソーダで割った「森香るハイボール」と呼ばれる特別なものです。って私が飲んだわけではないのですが、その味は普通のお店で飲むものより数段おいしいものだそうです。なおお代わりは白州12年を白州のおいしい水で割った水割りです。

アルコールを飲めないドライバーやお子様はなっちゃんオレンジか白州の工場内で作られているおいしい水になります。これはチェイサーとしても役立ちました。この水のおいしさこそがサントリーがこの場所に工場を建設した理由になっているそうで、近所の道の駅での湧水も日本のおいしい水100選に選ばれていますからね。なお、飲み足りない人は隣にバーもありますので、とことんまで飲みつくすことが可能です。雰囲気も良いですよ。また、このおいしい水を作る工場の見学も可能です。

レストランのカレーです

ここでお昼ちょっと前になったので、工場内にあるレストランでランチにします。普段ならこのような観光地内の場所では食べることはしないのですが、ネットの情報では下手なレストラン顔負けのおいしさとコストパフォーマンスの良さということでしたので試してみたわけです。さすがに夏休みのお盆ということで10分ほどウェイティングしましたが、比較的早くお店に入ることができました。このレストランはサントリー直営で、木の質感を生かした店内部分と森に囲まれたテラス席に分かれています。雰囲気重視ならテラス席かと思います。リゾートならではの楽しみがあるかと思います。

メニューは千円から2千円程度で、ちょっと高級なスキー場のレストランといった感じでしょうか。この店ならではのものとしてはハイボールやウイスキーの水割り、ビールに合わせたつまみが色々と揃っていることです。チーズや燻製のソーセージなどで一杯やるのはちょっとした贅沢な時間かなと思います。

ポークストロガノフです

我が家では夏野菜のカレーと限定品のポークストロガノフを頂きました。どちらも千円程度です。カレーには茄子やズッキーニなどの夏野菜のほかにけっこうな量のチキンのソテーが乗っており、けっこうなお値打ち感もあります。カレーも本格的な欧風で当たりの一品でした。

もうひとつのストロガノフは期待したほどのものではありませんでしたが、豚肉も柔らかくソースもなかなかのもので、料理のレベルの高さを知るには十分でした。こちらのレストランでお勧めは多くの方々が食べていたローストビーフかもしれません。レアで厚みもそこそこあり、見ただけでおいしそうでした。次回はこれを食べてみたいですね。そうそう、こちらのレストランだけを目当てにくる人がいるというのも納得できる満足感を後にレストランを出ることになりました。もちろんサービスもサントリー仕込みですからしっかりしておりました。

本当に多くの樽が並んでいます

と、無料でウイスキーのできる工程を実際に見学し、おいしいハイボールを試飲して、お土産にグラスまで頂くという大判振る舞いをしてもらう体験をすると、なるほどこの時代に社会科見学として工場見学が人気なのも理解できました。会社でも多額の経費がかかっても自社の宣伝、会社の内容を知ってもらうには格好なことなんでしょうね。損して得とれではありませんが、このような地道な活動が将来の優良な顧客の獲得に繋がっていくんでしょう。

こちらの工場の隣には大衆的なお菓子メーカーとして有名なシャトレーゼの工場(アイスの試食可)もありますし、小淵沢や清里などの観光地も近いということで、静岡から日帰りもしくはのんびりと一泊で遊びにいくのはぴったりかと思います。ドライバーの人はアルコールを飲むことができませんが、それを考慮しても一度は行ってみて損はないかと思います。さらにハイボールの講習会などの特別なイベントも随時開催しているので、それを目当てに行くのも良いかと思います。

我が家でもこの次はどこの工場見学に行こうかと考えているほど癖になりました。


サントリー白州工場

山梨県北杜市鳥原2913-1
0551-35-2211(9:00~16:30) 
工場見学 10:00~15:00 年末年始・工場休業日休み 

スポンサーサイト

煮込みナカミヤ@静岡市葵区

kage

2010/08/15 (Sun)

夏バテ防止にレバーや煮込みを! ナカミヤ

今年の夏はいつもに増して猛暑で夏バテ状態になっている人も多いのではないでしょうか。そんな疲れた体を気合をいれるのにピッタリなものにレバーやモツ、ホルモンなどの内臓系の料理があります。これをおいしく食べさせてくれるのが静岡市常磐町にある煮込み・ナカミヤです。ちなみにレバーやモツには牛と豚がありますが、こちらのお店は牛がメインで豚が補佐している形になっています。

レバ刺しの盛り合わせですよ

こちらのお店の特徴は、内臓系の料理の専門店というだけでなく、インターネットの口コミを中心に評判になり、人気店になったということもあるかと思います。個人ブログから大手口コミサイトまで新しいお店にも関わらずあちこちで「おいしい」「安くてうまい」「内臓マニアにはたまらないお店」などの高評価が続きました。今回の紹介も遅きに失した感もありますが、時期的にも良いのと恒例?のネタ不足もあってのことになります。すいません。

このお店のお勧めは色々ありますが、はずせないものにレバーの刺身があります。内蔵系のお店では必須のものですが、新鮮さにより各店で違いが出易い料理だと思います。今回は刺身の盛り合わせ(一番上の写真)をお願いしました。この内容とボリュームで600円はお値打ちだと思います。タレも2種類出してくれるので好みで使うことができます。

値段が安いんですよ

レバーの刺身の楽しみはコリコリ、ネットリとした食感もさることながら、部位による味わいの違いがあるかと思います。今日は定番のレバーにハツとタンでした。ハツもタンも捨てがたいですが、やはり刺身の王様はレバーかもしれません。舌にまとわりつきながら段々と旨さを口の中で爆発させていく魅力はマニアならずとも良いものだと思います。こちらのお店のものは、新鮮さはもちろんこと、切り方や大きさなどさすがだと唸りました。次回は評判の良いレバーのあぶりを食べてみたいですね。

突き出しのレバーペーストです

それから居酒屋につきもののお通しは、その店の心意気やお客さんに対する思いが出やすいものですが、こちらのものは決まってレバーペーストです。薄いバゲットに塗られたそれはフレンチビストロで出てもおかしくないようなおいしさだと思います。ちょっと癖があって塩っぱい味は食欲をそそるスターターにはもってこいです。これはお代わりしたくなる人も多いかと思います。

この洋風な料理に強いというのも、このお店の特徴のひとつだと思います。専門店だからというのものあるのでしょうが、今回注文したのハチノスの煮込みトマト味、イタリアンで言うところのトリッパのトマトソースも、臭みも全くなくクリームが多めのトマトソースがたっぷりと使ってあり、ペロッと完食してしまいました。

モツのトマトソース煮です

この煮込みシリーズは色々な部位の色々な調理法があってオール370円といううれしい価格設定になっています。ポーション(量)は、それほどでもありませんが、これは逆に少人数でもあれこれ食べることができるということになります。これを機会に内臓系料理の奥深い世界の一端を知るというのも良いかもしれません。次回はタン舌のカレー煮込みなんか食べてみたいですね。

あと、夏といったらビールですが、これに合う料理にレバーカツ、レバーフライがあります。東京の下町のそれとはちょっと違って厚みのあるのは専門店の面目躍如といったところでしょうか。これもけっこうなボリュームがあって一串180円といううれしい値段です。辛子を多めに塗ってアツアツをガブリとやりたいですね。このほかにもリードヴォーのソテーなんかもあって洋食好きな人にもうれしい限りです。

レバカツですよ

このほかレバーや内臓系以外の料理のポテトサラダや焼きおにぎりなど一般的なメニューも格安でけっこうな種類がありますからバランスよく楽しむことができます。が、やはりこのお店の中心は各種モツ料理になるでしょうね。こちらは専門店を名乗るだけあって、種類が調理法が多彩なだけでなく、内臓料理に必須な丁寧な下ごしらえをしっかりと丁寧にやっているので、イヤな臭みもなく、そのおいしさだけを堪能できると思います。

と、値段とボリュームとメニューから、こちらのお店だけで完結させるというよりもはしご酒の一軒として重宝するお店かと思います。お店は古くからあるお店を改装して使っているので重厚な雰囲気でオヤジ臭くありませんし、洋風というよりも下手なフレンチやイタリアン顔負けの洋食テクニックを用いたクリーム系やトマト系のメニューもありますので女性にも違和感がありません。事実、この日も女性だけのグループが2組おりました。ホルモンヌは要チェックだと思います。

風格ある店構えです

あと、うれしいのはドリンクの値段も手ごろなので、お安く済むということです。これは繁華街からちょっと離れた立地というのもあるかと思いますが、このご時世ですからうれしいことだと思います。結論としては、レバーや内臓系の料理が特別好きでない人も一度体験してみてもいいかもしれませんし、内臓系の料理が好きな人、マニアとなったら、静岡でも有数なディープな店なので訪問は必須といえると思います。なお、人気のお店のうえ、大きなお店でないので週末を中心に予約が必要かと思います。


煮込み ナカミヤ

静岡市葵区常磐町2-4-1 ファインコート常磐町壱番館 1-B(常盤公園近く)
054-271-9684 17:00~24:00  日曜休み

バールMabuchi@浜松市中区

kage

2010/08/01 (Sun)

気軽に飲んで食べられる!バールMabuchi

8月に入り、昔の仲間や友人が里帰りしてきたり、遠方から友人知人が遊びに来たり・・・と、旧盆のあるこれからの季節はなにかと飲み会が増える時期です。そんな時に使い勝手が良いお店が浜松市の中心市街地にあるバールMabuciです。バールとはイタリアやスペインでは街角にある気軽な居酒屋のようなお店のことです。

気軽で手軽な料理が多いです

こちらのお店は出来てからまだ半年にもなっていないにも関わらず口コミで人気が出たのか、週末を中心に毎晩のように満員御礼のお店になっています。その理由は、気軽に、安くて、おいしくて、メニューが豊富で、楽しい時間を過ごすことができるからだと思います。一度訪れた人が次回は別の人を連れてきて・・・とリピーターになる率が高いのだと思います。

名前からわかる人もいるかと思いますが、このお店は同じ町内でメルカート間淵というワインや輸入食材を商う販売店が経営しています。ビルの名前も間渕ビルですから同じ経営かと思うのですが、この2つの要素もあってか、他の同じようなお店に比べて値段が安いのです。値段的には大手の居酒屋チェーン店と同じようなものだと思います。

黒板メニューもありますよ

この日は、ブログ仲間とのオフ会で利用したのですが、参加された皆さんの多くが、安くて、値段の割りにおいしくて満足していただけたようです。このような催しだとどうしても和風、洋風を問わずチェーン店の居酒屋が多くなりがちですが、年齢層が高くても、食の面でうるさい人がいても納得できるうえにコストパフォーマンスが高いので喜ばれると思います。

メニュー的には、バールの名前が示す通りにイタリアン、フレンチ、それも地中海風なもの、スペイン的なもの、いわゆるラテン系な気軽なものがほとんどです。が、冷凍食品や業務品を使うのでなく、一手間かけたもの、店でグリルしたもの、煮込んだもの、オリジナリティあるもの、季節感を生かしたものが多くなっています。メニュー数も多く、最初だと悩んでしまうほどですが、店内の黒板メニューを見れば人気メニューが書かれていますので参考にするのも手ですね。

鶏レバーのペーストですよ

この日は、前菜のひとつとしてに鶏レバーのペーストをスターターに選びました。その理由は突き出しにお代わり自由なバゲットがついてくるからです。これに好相性なのがペーストやパテ系で、これもしっかりと鶏の旨みとちょっと癖のある香辛料と相まっておいしいのです。下手なビストロ顔負けの出来栄えだと思います。

あと野菜料理も忘れてはいけません。人気メニューの中から選んだのがアンチョビポテト(一番上の写真)とアンチョビキャベツです。どちらもシンプルな料理ですが、どちらも使っているベーコンやアンチョビがおいしいので、家庭で作るものと一味違ったものになっています。この他にはニース風サラダなど色々なサラダが揃っているのも女性にはうれしいですね。

自家製のソーセージです

お店には立派なグリルがありますので、肉料理はハムやソーセージなどの加工食品を使ったメニューも豊富に揃っています。この日はおすすめの自家製ソーセージを選んだのですが、プリッと焼けた皮の中からジューシーな肉汁を滴らせたスパイスやハーブを効かせた中身がなかなかのものでした。もちろん、これには赤ワインですね。

パスタなどもありますよ

そうそう、ワインといえば、ワイン販売をしているお店が経営しているので、驚くほど安く多くの銘柄から選ぶことができます。白も赤もフルボトルで1,980円と2,480円の価格帯のものがほとんどで、軽めのもの、フルーティなもの、ちょっと重めのものなど色々と揃っています。お店のスタッフに希望を言えばお勧めのものを選んでくれます。もちろんグラスワインもありますよ。

ワインやビールなどのアルコールのお供は簡単なつまみやしっかりとした料理だけでなく腹にたまるパスタやピッツァなどもあります。この日はこの店のスペシャリテともいえる胡椒を効かせたブラックペペロンチーノを頼んだのですが、ちょっと脂っぽく乳化も足りない出来栄えだったのが残念だったのですが、イタリアンなどでは出ない小技を効かせたものはバールならではといえると思います。

デザートもありますよ

あと、最近の飲食店で忘れていけないものにデザートがあります。もちろんこちらの店でも380円の均一価格で5種類ほどあります。イタリアンバールを名乗っていますので、ティラミスやズコットなどが並びますが、私のお勧めはバニラアイスのバルサミコ酢掛けです。このメニューのポイントはいかに高級でおいしいバルサミコを使うかだと思っているのですが、こちらのお店は原価無視?で使えるのか相当に良質なものを使っていてまろやかでうっとりするほどリッチなものになっていました。アイスにお酢なんて思っている人や過去に裏切られた人に一度試してもらいたいですね。

などなど、フードメニューは400円、480円、550円、680円などとお手頃な価格設定になっています。ポーション(ボリューム)はそれなりですが、同じものをビストロやカジュアルイタリアンで食べようと思ったら、こちらの店の1.5倍から2倍は覚悟しなくてはいけないと思います。例えば4人できて、白と赤のワインをそれぞれ1本頼んで、各自好きな料理を2~3皿頼んでシェアすればひとり当たり3,000円はしない金額だと思います。これはデフレ社会の現在でもかなりのお値打ちだと思います。あと、お得な女子会や平日限定コースなども揃っていますし、今は当たり前の飲み放題コースもプラスすることも可能ですよ。

この広い店内が満員になります

店内の雰囲気は、椅子やテーブルなども含めて高級感はありませんし、サービススタッフも満員時には足りないような感じになりますが、そのようなことも逆に考えると気軽でカジュアルなバールという店名にふさわしく思ってしまうから不思議です。ほどよい暗さの照明とワイワイガヤガヤとお客さんの話し声が聞こえてくる賑やかな雰囲気もプラスに作用していることは間違いありません。

と、こちらのお店は親会社の利点を生かしているとはいえ、それにおごることなく、地元の人にチェーン店では味わうことのできない料理やアルコールを気軽だけど本格的なものを提供することによって、街のにぎわい創造とバールという食文化を広めているのだと思います。

お店は地下にありますよ

また、年中無休で曜日を選びませんし、日曜日などは夕方5時開店、週末は深夜遅くまで開いている点や、簡単に移動できるテーブルなども相まって2,3人の利用から10人を超える団体まで応用範囲は広いと思います。ぐるなびなどで使えるクーポンサービスもありますし、季節限定メニューのお試しキャンペーンなどを使えば安い価格がさらに安くなるなどお値打ちに行きたい人にはさらにうれしい仕掛けもあります。このような使い勝手の良いお店を一軒知っているだけで、飲食の幅が広がると思います。色々なお店に出かける人やプロの人たちにもファンが多いのも納得できるお店だと思います。


バールMabuchi

浜松市中区肴町317-9 間渕ビルB1(有楽街シダックス近く)
053-413-2606 月~木 18:00~24:00(L.O.23:00)
金・土 18:00~01:30(L.O.24:30)  日 17:00~24:00(L.O.23:00)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。