2010 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2010 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もつ焼き桐林@静岡市清水区

kage

2010/10/24 (Sun)

モツ好きのパワースポット! もつ焼き桐林

最近、テレビのグルメ番組や雑誌などで肉に関するものをよくやっています。それもホルモンやモツなど内臓系のものが多いようです。もちろん、これは街中に増えてきたホルモン焼き屋やホルモンヌの言葉でもわかります。そんな中にあって、モツ好きの間、それもマニアで聖地、終着点とも言われている?のが興津にある桐林です。

生レバーは新鮮ですよ

こちらのお店のことは国道52号線の抜け道として利用していた旧道、身延道沿いにあって、その佇まいとおいしいものが出そうな独特のオーラで気になっていたのですが、なんせ日曜日休みのうえに夕方からの営業ということもあって、なかなか訪問することができなかったのですが、先日の祝日に念願叶って行くことができました。結果はもっと早く行っておけばよかったと後悔しています。

この日は開店時間早々に出かけたので一番のりでした。お店は昭和の香りそのままです。赤いシートのカウンターの丸椅子に小上がり、店の奥にはテレビ、壁には大きな縁起物の熊手・・・と、最近の模擬昭和懐かしい系ではない、年期の入った本気の昭和スタイルです。これは長年の焼き物から出る煙でいぶされた落ち着いた柱や壁の色からもわかります。が、掃除はしっかりとしていますのでベトベトすることなく気持ちよく飲み食いすることができます。

昔懐かしい居酒屋です

さて、冷蔵ケース、板場の前のカウンターに陣とって楽しむことにします。最初は何はなくても生レバー(一番上の写真)です。こちらでは生だけでも牛に豚があり、それもハツやセンマイなど部位が色々あるのもさすがです。今回は一番好きな牛レバーを小さいサイズでお願いしました。このようなポーションの面倒くさい注文にも快く応えてくれます。

生のレバーはプリッとしていながら中の旨味がジュワと生きています。新鮮なのがすぐにわかります。タレは塩+胡麻油とにんにく+醤油から選ぶことができます。レバーが新鮮なのでタレは少な目で肉そのままのおいしさを味わうことができます。次回は豚とかハツなどのほかのものも食べたくなってきます。

牛の刺身もありますよ

生ものは刺身もあります。この日は牛の刺身です。サシが適度に入った赤身の肉はさっぱりとしていながらも口に入れるとスッーと溶けていきます。値段が手頃なので松阪牛などとは違いますが、これくらいの方がいいのかもしれません。切り方、薄さもプロの技がわかるもので、このような仕事振りを見ているだけ、体験できるだけで店で食べる価値があるかと思います。

次は煮込みです。モツ料理の代表格である煮込みはお店独自の味付けで差があります。東京の煮込みの名店などはこれだけで人が呼べるほどのものもありますが、こちらの店のものも負けてはいないと思います。それは大変なモツの下処理をしっかりとやり、内臓肉のプロが部位にあった味付けで料理しているからです。これこそ自宅では作ることができないものだと思います。

モツの煮込みも種類が多いです

今日はおすすめの中からキリダシの煮込みをお願いしました。キリダシという部位はわからないのですが、ピリ辛の醤油味で煮こまれたものは臭みはないのはもちろんのこと、コリッとした所やプニュとした所など食べるたびに違う食感の楽しさと煮込んだことによる味の染み込みと肉の旨味が出た汁まで飲めるひとつで2度おいしい料理です。こちらのお店では味噌味や醤油、塩など部位や季節によって味付けを変えているということです。清水名物のカレーモツも50年以上前からやっているといいますからさすがですね。

ハイボールは大ジョッキですよ

さて、このようなモツ料理に合う飲み物といったらアルコールです。それも高級酒でなくごく普通のものだと思います。が、普通のものでもこだわりのあるものでないと負けてしまうと思うのです。って私はドライバーだったので見ているだけでしたが、ビールがキリン、サッポロ、アサヒとあることと、ホッピー、チューハイはあることはもちろんのこと、流行のハイボールもありますし、焼酎サワーは大ジョッキで出てくるうえに炭酸と焼酎が瓶で出てくるので濃さを自分で調整できるのが良いですね。さらにこの店オリジナルの絞ったショウガが添えられてくるのが気が利いています。

その場で焼いていきます

次は焼き物に移ります。こちらもメニューが豊富です。人気のあるつくねとレバー焼きをお願いしました。焼き物担当は奥様でしょうか。つきっきりで面倒をみてくれています。これもポピュラーなものから珍しいものまで色々ありますが、ひと仕事してあるものもけっこうあります。とはいっても創作料理のように凝りに凝ったものでなく、よりおいしく食べるための工夫といったところでしょうか。

焼き物もありますよ

つくねもそんな一品でした。軟骨入りのコリコリとした食感が楽しめるのは普通ですが、さらに網脂で巻いてあるのでこれが焼くことで融けているので肉に旨味とジューシーさを与えているのです。もう少し太ければより好みに近くなるのですが・・・。レバーの串は豚レバーだったのでこちらの好みとは違っていたのが残念ですが、それでも外側はカリッ、中はジュワとしているのはいいですね。

串ものの次はタン焼きです。普通の店はこれも串に刺して焼くのでしょうが、こちらのお店では一枚の大きなものをそのまま焼いてから切り分けるという寸法です。いわばタンステーキですね。これはタンを焼いて出すなら一番おいしく食べる方法だからだそうです。この考えこそ、ご主人のプロとしての考えなんでしょうね。種類豊富で癖もそれぞれある内臓肉を食べやすいように、しかもおいしさだけを出す方法であれこれ工夫しているのだと思います。

タン焼きです

このタンステーキも厚みも十分にあり、塩コショウだけのシンプルな味付けながら旨味、タンの持つポテンシャルをちゃんと伝えてくれているのです。焼肉屋で食べるタン塩とかネギタン塩とはまた違う発見をしました。私などはこれでご飯を食べたくなったほどです。これはおすすめです。

それからこちらのお店では、より多くのお客さんに内臓肉のおいしさを味わってもらおうと、注文以外のものをサービスで出してくれることがあるそうです。この日もレバーのから揚げを出していただきました。タツタ揚げといったところでしょうか、ごく薄いレバに片栗粉を付けてカラッと揚げたものでレバのせんべいといった感じです。

レバーのタツタ揚げです

これは普通のレバーフライとは全く違うおいしさがありました。レバ嫌いな人でも食べることできる軽さと中から出てくる旨味のバランスがいいですね。ビールのつまみとしては最高かもしれません。その他にも冬場にはテールスープなどもありますし、〆のラーメンまであるというのですから行けば行くほど奥が深いマニアックなお店だと思います。

メニューも豊富です

と、こちらのお店はテレビも雑誌の取材も断っている知る人ぞ知る隠れた名店だと言い切ることができると思います。本来なら地元の人を中心に口コミで知って通うモツ好きのパラダイスなんでしょうが、マナーを守っていけば誰でも気兼ねなく行くことができるかと思います。東海道線の興津駅から歩いても10分掛からない距離ですので電車で行くことも可能です。

気になる値段ですが、メニューには値段が出ていないので心配されるかもしれませんが、この日はウーロン茶一杯というか500ml一本にビール大瓶一本にハイボール大ジョッキ一杯でこれだけ食べて2人で4000円弱でしたから、静岡市内で食べることを考えれば電車賃が出てしまいます。それからこのお店の凄いところはすべてのメニューがお持ち帰りできるということです。この日も近所の人がレバ刺を持ち帰りしていました。我が家でも実行する予定です。

この雰囲気がいいですね

しかし、このようなお店に出会うと食の世界はまだまだ奥が深くて楽しいなと思わずにはいられません。流行を追うことも新製品を追いかけるのも楽しいものですが、それ以上に老舗の底力、庶民に愛されているお店の居心地の良さを感じることができました。このお店は私と同じような感想を持つであろう新しいお客さんが増えているとのことです。モツ好き、肉マニアなら一度は行くべしと言っておきたいと思います。


もつ焼き桐林

清水区興津中町524-13(清水興津中学、スルガ自動車学校近く)
054-369-1433  17:00~22:30  日曜日休み

スポンサーサイト

ベッカライ・レッヒェルン@静岡市葵区

kage

2010/10/10 (Sun)

普段使いのパン屋が誕生! ベッカライ・レッヒェルン

静岡市葵区の安東学区といえば、市内屈指の高級住宅地として有名ですが、食いしん坊にとってはパン屋が集まる場所として有名です。そんな場所にこの9月にまた新しいパン屋が登場しました。店名の最初に付くのはベッカライとドイツパンを売りにしていますが、それだけでないお手頃で毎日食べることができる家庭的な店なのです。

甘いプリッツェルです

店名はレッヒェルンと言いますが、ドイツ語表記なので最初は何と発音していいのかわかりません。おまけに店構えがちょっとお高くとまっているように感じ、値段も高いのではないか?と思ってしまうのですが、どのパンも普段使いができる値段なのです。しかも朝8時から開店、日曜営業、夫婦2人で営業、修行先の味を守り、基本がしっかりとしていて、変に流行に流されない・・・など、私が好きなパン屋の条件が揃っているのです。感じとしては浜松のSUGIYAMAに似ているかもしれません。

お店は、3,4人が入ればいっぱいになってしまうほどですし、店に並ぶパンはひとつの種類が5~10個ほどですが、その守備範囲はハード系から食事パン、菓子パン系の甘いもの、サンドイッチまで一通り揃っています。ひとつのジャンルや高級素材にこだわった高価格の孤高を目指すのではなく、ひとつのパンは100円以下からのものから200円くらいまでとお手頃な感じです。お店の右側には冷蔵ケースがあり、サンドイッチやプリン、生クリームを使ったパンが入っています。なお、こちらのお店は対面式の販売方法であり、写真撮影も禁止となっています。

チョコが入ったクロワッサンですよ

最初の訪問で購入したものの中で一番最初に頂いたのはチョコレートを入れたクロワッサンです。おいしさの命が一番短いパイ系ですからね。フランスのクロワッサンのようにバターたっぷりでリッチな出来栄えとは違うほど良いバターの香りとサクッとした仕上がりに適度にビターなチョコの組み合わせはなかなかのものです。私の好みはフランス伝統のものなので、志向が違いますが、普段食べるならこちらの方がいいのかもしれませんね。

次も甘いものです。ドイツパンで一番最初に思い浮かぶものにプレッツェルがあります。このデザートバージョン(一番上の写真)を選んでみました。普通のものは堅いパン生地に大き目な塩粒が付いたおつまみ系のものになりますが、これはパイ生地の上に砂糖掛けとアーモンドをまぶしたしたもので、サクッとした歯触りのあとに甘い味付けが後から追いつて来るもので、そのかわいい形と同じように癖になるおいしさです。お子さんなんかにはぴったりな菓子パンです。このようなものは見た目だけ真似しているパン屋もありますが、しっかりと修行していないと中身まで本物になっていませんから、静岡市で食べられるのはありがたいですね。次回は塩味のものを食べてみたいです。

辛いソーセージ入りです

次はスパイシーなもので、辛口のソーセージが入ったパンです。ドイツといったらソーセージやハムが有名ですからね。これは、パン生地よりも中のソーセージが本格的で驚きました。子供だましでなく大人が食べてもちゃんと満足できるスパイシーさなんです。温めて食べるとビールが欲しくなってきます。あとはカイザーゼンメルを食べたのですが、この日は胡麻付のものがなく、次回の宿題となりました。

前回の宿題と他のパンも食べてみたくて次の週にも出かけてきました。この日は次から次へとお客さんが来店して店の中は一杯です。開店してまだ一か月ですが、このパン屋激戦地でもその認知度は高くなっているようです。お客さんの「おいしかったからまた来ました」のあいさつが象徴していると思います。やはりこの時代はおいしさと値段の兼ね合いなどが大事ですからね。

自分の家でサンドイッチにしてみました

今回は胡麻付のカイザーゼンメルがありました。これを半分に切って有り合わせの材料を使ってサンドイッチにしようって寸法です。大きさが直径10センチほどで女性の軽めの朝食やランチにちょうど良い大きさだと思います。このパンは、ドイツの食事パンの定番だけあってどんな食材の味を邪魔しません。毎日食べても飽きない主張をしないけどしっかりと小麦粉の旨さが感じられる仕上がりだと思います。

この日は、茹で玉子にスモークハム、トマトなどを挟みましたが、街場のパン屋に売っているハンバーガー用のフワッとしたバンズともモチッとしたベーグルとも違うほどよい噛み応えがいいですね。これでハンバーガーやフライ物を挟んだサンドイッチなどを食べてみたいですね。お店でもパストラミやハムなどを挟んだものを販売していますが、このパンなら何のフィリングでもOKでしょう。リピート確実です。値段も一個80円程度ですからね。そうそう、上の胡麻のアクセントも最高です。

黒オリーブのフォカッチャです

食事系、惣菜系でこの日購入したものに黒オリーブのフォカッチャがあります。ひとつ200円という値段ですが、これまたリピートしたくなるものでした。イタリアンレストランで出るようなソースをぬぐうものでなく単体で食べておいしいちょっとヘビーなもので、温めることで黒オリーブと玉ねぎの旨さがグッと引き出てくる感じです。これはワインが欲しくなってきます。このようなちょっと洒落たものを食卓に並ぶと華やかな食事になると思います。

この日の甘いパンは、お店の奥さんイチオシのクリームパンです。一個120円というお手頃な値段なのでちょっと小さ目です。グローブ型のパンの中にはトロッと溶け出るカスタードクリームがたっぷりと入っています。このクリームが良い材料で手作りしてあるのがちゃんとわかるおいしさなんです。昭和時代の懐かしさと現代の新しさが同居したものだと思います。このような昔ながらのパンがしっかりとあるのも良いと思います。

自慢のクリームパンです

クリームパンのカスタードがおいしいのですから、冷蔵ケースにたくさん入っているプリンも150円とは思えない出来栄えです。表面にはバニラビーンズの粒々がたくさん見えますのでさぞかしバニラっぽいと思いきや、卵のなめらかさと自然の甘さを前面に出したなめらかタイプのものになっていました。大手ブランドのような香料のきつさがないプリンはやはり良いものですね。固めのプリンよりもトロッとしたものが好きな人におすすめの一品です。

自家製のプリンですよ

あとは、食事パンで忘れていけない食パンも半斤で250円と、焼き立てパン屋としてはごく普通の値段です。そのままでもおいしいですが、トーストすることで耳の旨さと生地の底力が発揮できるタイプだと思います。あと気になったのは、売り切れだったベーコンエピなどのハムやソーセージを使ったものです。どのおパンを食べても感じるのは値段以上に素材や食材にこだわっているということでしょうか。

これは店主が修行した東京のドイツパンの名店ブロートハイムのオーナーの考えがしっかりと伝承されているからでしょう。毎日食べられるような値段で、奇をてらったものでなく、それでいてヨーロッパの食文化をしっかりと伝える基本のしっかりと出来ているプロの技を感じさせるパンばかりなのですから。

出来たばかりのお店です

と、こちらのパン屋は出来て間もないのですが、激戦地にあってもしっかりと自分の店のカラーを作り上げているとともに他の店と棲み分け、固定客をつかむとともに静岡市内外のパン好きの訪問も受け入れるだけのパワーがあるお店だと思います。なにより21世紀型の庶民派パン屋のツボをちゃんと押さえているのが応援したくなります。

この不景気で廃業していくパン屋も多いですが、こちらのパン屋のように東京の名店でしっかりと修行を積んできたオーナーが、そのDNAを受け継いだ形で静岡というパン文化が発展途上にある地域に新しく出店し根付くことはうれしいことだと思います。客である我々の方でもライ麦のパンや季節のパンなどをリクエストするなどお店の人と交流していきたいものですね。それにしてもあちこちに良いパン屋が増えていきます。パン好きにはうれしい限りです。

P.S.販売されるパンに限りがあるので土日などは午後には売り切れることがあるので注意してください。
エコバッグ推奨店ですので、お店へ行く場合はエコバッグをご持参ください。

Backerei.Lacheln(ベッカライ・レッヒェルン)

静岡市葵区北安東2-583-2(県立城北高校、戸田書店近く)
054-294-7411 8:00~夕方(売り切れ次第閉店) 
月曜・第2、第4火曜休み(祝日でも休み)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。