2012 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2012 03

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーラン@浜松市西区、尾林@浜松市東区

kage

2012/02/19 (Sun)

浜松お洒落坦々麺対決! ムーランvs尾林

今回も浜松のお店紹介になります。浜松は静岡と並ぶ規模の都市ですが、食文化の面ではおおいに違っています。中国料理のレベルでは浜松の方が断然上だと思っています。街のそこかしこにおいしいお店があると思います。そんな中国料理の中でも四川料理屋や四川料理を得意とするお店が多いのも特徴だと思います。今回は坦々麺を食べておいしかったお店になります。

坦々麺ですよぉ

・新中国料理 ムーラン

こちらのお店は雄踏街道沿いになります。浜松の駅南から浜名湖方面へ向かう幹線道路沿いにはイオンなどの大きなショッピングセンターが並んでおり、クルマ社会浜松を代表する地区といえるかもしれません。その道をどんどん進み、旧雄踏町に入った所にあるのがムーランです。

店は南欧風の洒落た一軒家で中国料理屋には見えない外観です。これは中に入っても変わらず、ゆったりとしたテーブル配席とテラコッタの床や薄いピンクインク色の壁、洒落たインテリア小物などそのままフレンチレストランとしても通用するような感じです。紹興酒よりもワインが似合う雰囲気です。

メニュー豊富です

そんな店内ですからランチもちょっとお高めになっています。が、内容は価格以上のものがあるようです。前菜から点心、メイン、デザートまで揃っていて、のんびりと愉しむ仕掛けになっています。私達は、時間がそれほどなかったので単品から坦々麺をお願いしました。980円でしたが、これに450円のランチセット(前菜盛り合わせ、点心、杏仁豆腐、中国茶)を付けることも可能です。これは値段以上のお値打ちのようですよ。

こちらの坦々麺は3種類あります。ノーマルのものと汁無し、黒胡麻です。今回はノーマルと汁なしを辛め、花椒強めでお願いしました。こちらのお店は辛さ調節が2~8以上と細かくできるようで、辛い物好きな我が家は6の辛さにしてみました。それからいつものように麺硬めでお願いしました。

たっぷりの漬物がいいですね

オーダーするとすぐに野菜の漬物が登場です。こちらのお店の特徴のひとつに地産地消の推進がありますが、野菜も地元のおいしいものをたくさん使っているとのことです。その象徴のようなものがこの一品で中国風ピクルスといった趣のあるこれは、シャキシャキとしているうえに薄味で、野菜本来のパワーを生かしたものになっていました。びっくりするほどたっぷりのボリュームも箸休めにはうれしいですね。

しばらくすると、メインがやってきました。まずはノーマル坦々麺を食べてみます。見た目は他のお店とちょっと違いますね。辣油の赤や芝麻醤、練りごまの白っぽさが少なく、胡麻の黄金色をしています。

胡麻が効いていますよ

スープを飲んでみてもやはり印象が他とは違います。辣油が抑えめで胡麻の香りと各種香辛料や醤の旨味がプラスされているように思います。これに荒目に切られたザーサイの食感、ネギの香りなどが追いかけてきます。坦々麺というと濃度があって麺と絡むという印象が強いのですが、こちらのものは、その点では若干弱いようですが、麺とスープの相性が良いと思いました。

なにより、ラーメン屋の坦々麺とも中華料理屋の坦々麺とも違うオリジナリティがあることが大きいと思います。好き嫌いが分かれるかもしれませんが、良い素材とフレッシュな香辛料、自家製の各種醤を使っているからなのか飽きることなく食べ進むことができると思います。

汁なし坦々麺ですよ

この独特の旨さ、癖になる辛味を伴った旨味をより味わえると思ったのが汁無し坦々麺です。最近ではかなり一般的になった汁無し坦々麺ですが、スープがないだけにより誤魔化しがきかない料理だと思います。そう、店の腕が試されるといっていいかもしれません。

こちらのものは、スープ入りのものと一緒で粗切りのザーサイが食感のポイントになっています。普通はピーナッツが主張するところをザーサイが担っているというわけですが、これが良いのです。硬めに茹であげられた麺に各種の香辛料と醤、肉味噌、ネギなどが混然一体となって旨さとさわやかな辛さと香りが何倍にも増しているように思いました。

調味料がおいしいんでしょうね

坦々麺というと、辣油や練りごまに頼る店が多い中、こちらの店のものは、どちらもそれ以外の素材や香辛料が頑張っているのが良いですね。値段がちょっと張るだけのことはあるかと思いました。特に汁無し坦々麺に関しては県内でも有数のものだと思います。おいしい汁なし坦々麺を求めている方には一度試してみたいですね。

洋風の建物ですよ

そうそう、最初にワインが似合うと書きましたが、ディナーでもランチでも色々なワインが楽しめるようです。ワインと中国料理って合わせるのが難しいですが、店主のアドバイスに従ってワインを一緒に楽しむのもいいかもしれませんね。新中国料理と銘打っているようですが、素材だけでなく中国料理で要である合わせ調味料なども自家製にこだわっているなど日々精進している姿勢もいいですね。


・四川飯荘 尾林

浜松ではここ4,5年従来の中華料理、中国料理屋の枠にとらわれない新しい中国料理店が増えているのですが、こちらのお店もその一軒になります。新しいというのは何も店だけでなく、素材の味を生かした味付け、化学調味料に頼らない、デートに使えるようなお洒落な内装、一品料理だけでなく各種のランチメニューなどがあるなど、従来の油っぽいイメージとは違う、女性や若い人でも違和感ない店ということができるかと思います。

坦々麺が名物ですよ

こちらのお店は、東区の住宅街の一角にあるのですが、メインの道路から少し入った目立たない場所にあります。さらに外観、店内ともモダンでシンプルな造りになっています。壁に向かったカウンター席は居心地という点ではちょっとマイナスですが、テーブルや椅子など良いものを使っているのは好印象で、ゆったりと料理を楽しむことができます。

ランチサービスは、各種ありますが、今回も大好きな坦々麺(一番上の写真)でお願いしました。これについてくるご飯は普通の白飯とお粥を選ぶことができるので、お粥にしてみました。お粥が選択肢にあるというのも女性にはうれしいのではないでしょうか。

ランチの前菜です

最初にやってくるのは前菜の3点盛りです。この日は、里芋の煮物ネギソース掛け、バンバンジー、ひとくち肉まんでした。ひとつひとつは少量ですが、味に変化があり、スターターとしては必要にして十分だと思います。さらに丁寧な仕事振りも良いですね。

前菜の後は、メインのお膳が登場です。坦々麺だけでなくちゃんとしたお粥とサラダがついてきます。こちらの坦々麺は、日本の四川料理の伝統的な味と仕上がりだと思いました。いわゆる陳健民さんが広めた辣油と練りごまが効いたあのタイプです。

麺のアップですよ

このタイプのものは麺との絡みが良いのも特徴です。中国料理屋の麺というと細い麺を使う店が多い中、こちらの店は中太のしっかりとしたものです。これくらい強いとスープのとろみと互角に渡り合えることができます。スープもアツアツでたっぷりとあるのも良いですね。

坦々麺のお供として選んだお粥ですが、薄味の上品なもので、広東風のトロトロのものとはちょっと違いますが、辛口の麺の箸休めとして良い仕事をしてくれました。味に変化をつけたいときにはザーサイの漬物がよく合います。

メニューですよ

と、今回は坦々麺のランチを食べてみたのですが、これだけのボリュームと味で1050円というのはお値打ちだと思います。サービスもしっかりとしていますし、上品な店構えと合わせてデートでも女子会でも利用価値大だと思います。もうひとつの日替わりのメインがついたものも人気がありました。

幹線道路からちょっと入っていますよ

以上、2軒の坦々麺を比べてみて、改めて浜松地区の中国料理屋のレベルの高さと幅の広さを思い知ることができました。静岡市では四川料理店も中国料理店もそれほど選択肢がないというか、行きたくなる店が少ないだけに羨ましい限りです。坦々麺自体の魅力度ではムーラン、ランチのお値打ち度では尾林とそれぞれ特徴がありますが、辛い物好き、麺好きならこの2店へ行ってみても損はないと思いますよぉ。


・新中国料理 ムーラン

浜松市西区雄踏町宇布見4863-178(雄踏中学近く)
053-596-3939 11:30~14:00 17:30~20:30
定休日 火曜日(祝日の場合は翌水曜日)


・四川飯荘 尾林

浜松市東区将監町14-10(浜松労災病院近く)
053-545-3884 11:30~14:30 17:30~21:30
定休日 月曜日

スポンサーサイト

ウヴリール@浜松市東区、大しろ@浜松市浜北区

kage

2012/02/05 (Sun)

スイーツ逸品対決! ウヴリールのパンと大しろの豆大福

今回も遠州地方のお店対決になります。バレンタインデーが近いということもありますからスイーツになります。それもそのお店で私がおいしいと思ったものの対決となります。いわゆる逸品、おすすめ品ってことですね。これはあくまでも私基準であってお店のイチオシとは違っているかと思いますが、ご容赦ください。

チョコ入りのパンですよ

・ウヴリール

浜松市は大きな町ですからあちこちに評判のケーキ屋、洋菓子屋があります。今回はその中から東区のウヴリールになります。和田の自動車街からちょっと入った住宅街の中にお店があります。オーナーは若い女性パティシエールで、このようなお店って最近増えてきましたね。

お店は白を基調にしたシンプルなものでこじんまりとしています。冷蔵ショーケースの中には400円前後の生ケーキがあります。壁際には焼き菓子と焼きっぱなしのタルト類、そして今回紹介するヴィエノワズリーが置かれています。

この看板が目印です

今回の逸品がこのヴィノワズリーです。ケーキ屋で焼かれているパンって材料が良いだけにおいしいものが多いんですが、そんな中でもこちらのものは値段以上のものがあると思っています。ただ難点があってひとつの種類について1個しか焼いていないのです。しかも総数が5~6個ほどですから午後にいくと売り切れってことになるかもしれません。まさに幻のパンといっていいかもしれません。

ショコラクロワッサンですよ

ショコラ(一番上の写真)は、クロワッサン生地にチョコチップが入ったもので、ヴィエノワズリーでは定番の品です。こちらのお店の得意分野にチョコレートを使ったケーキがありますから、チョコチップの入れ方とバランス、チョコ自体のおいしさが良いんですね。

私的にはもう少しチョコレートが入っている方が好みですが、それでもさすがにケーキ屋さんが作っているだけにバターの風味が効いた生地とビターのチョコの組み合わせはリッチさと食べた後の満足感を与えてくれます。クロワッサン生地の命であるサクサク感については、ホロリと崩れるものではなく、しっとりとろしているけどくどくない絶妙さでした。

タルトポワールですよ

もうひとつのタルトポワールにはちょっとびっくりしました。こちらも生地と洋梨部分のバランスが良かったですね。砂糖、バターをたっぷりと使っているからでしょうか、生地の底がガリガリとした部分が好みドンピシャでした。まるでクイニーアマンのように層が固まっていて歯応えと口の中に広がる甘みと香りのハーモニーがいけました。上の洋梨の部分の細工と煮方なども上手だと思います。

ピスタチオのパンですよ

1回目で気に入ったので2回目もパンを中心に購入してみました。今日はピスタチオのデニッシュです。ピスタチオもフランス菓子では定番の材料になりますが、それを巧みに使っています。すでに1回目でおいしさについてはわかっているので安心して食べることができました。

今回は、もうひとつブリオッシュも買ってみました。こちらはデニッシュとく比べると若干弱いかなと思いました。ふんわりとおいしいのですが、もうひとつ何かが足りないように思いました。この足りなさ感はシュークリームを食べた時にも感じたのですが、甘さやパンチなのかもしれません。まぁそれだけやさしい食べやすいものと言えるのかもしれませんね。

ブリオッシュですよ

ヴィエノワズリーというとケーキ屋が作るパン、デニッシュのことを指すのですが、こちらくらいのレベルのものを出す店ってそうそうないと思います。私はこの手のパンが好きなのであちこちで買うのですが、静岡県でもかなり上位に入ると思います。値段もひとつ180円~200円程度ですから普通の値段ですし、この手のパンが好きなら一度行ってみてくださいね。

それからネットではこちらのお店のパティシエールさんの接客態度についてあれこれ書かれているのですが、私の時は2回はお母さん、一度は本人だったのですが、職人気質の無口な人でケーキなどを作っている方が好きな人って感じで特別嫌な感じではなかったですね。静岡県ではごく普通の感じです。

・菓匠 大しろ

和菓子の定番商品、人気商品のひとつに豆大福があります。それがおいしいと評判なのが浜北区の大しろです。場所はサンストリート浜北の近くになります。お店は改築されたのか、モダンで立派なものですが、店内はシンプルで販売されているお菓子も限られています。この自信のあるもの、その日に作ったものだけを販売するというのは本来の和菓子屋の姿だと思います。

1個170円ですよ

こちらのお店は上生菓子とお団子、豆大福などを販売していますが、やはり一番気に入ったのは豆大福でした。ひとつ170円で、袋入りで販売されています。ちょっと情緒的には残念ですが、お土産、お使い物に使うにはこちらの方が良いのかもしれませんね。

さて、味の方はどうでしょうか。大福、それも豆大福といったらお餅、それにまぶされた赤えんどう豆、中の漉し餡の三位一体のおいしさにあると思います。そのどのひとつでもおいしくなかったらダメなんだと思うのですが、こちらの店のものは高次元でバランスされていると思います。東京や京都の有名店のものにもひけを取らない逸品だと思います。

漉し餡がおいしいんです

大福の皮、お餅は厚み、伸びとともに十分ですし、なにより材料であるお米が良いのか餡と豆の邪魔をしないだけでなくそれらを助けているんですね。主張していないけど十分の働きをしている縁の下の力持ち(餅)って感じです。その日に食べないと硬くなってしまう本物さも潔いですね。

さて、肝心の漉し餡ですが、これが良いんですね。地方の和菓子屋の漉し餡はえてしてやぼったいものが多いのですが、こちらのものは主人が京都の有名和菓子店で修行したのもあるかもしれませんが、繊細でいながらしっかりと小豆の旨さと香りがあると思います。上品な漉し餡で、これならあんこものが嫌いな人でもOKだと思います。

もうひとつの赤えんどう豆もちょっと硬めの煮方、塩気が効いた味付けも良いアクセントになっていると思います。これが物足りないと良い豆大福にならないだけに十分な仕事をしていると思います。なお大きさは170円と考えると小さ目かもしれませんが、おいしさと材料の良さを考えると良心的とさえ思えてきます。

モダンな外観です

と、こちらのお店の豆大福ですが、浜北へ行ったらこちらのお店に寄って豆大福を買う和菓子ファンが多いのも納得できる出来栄えだと思いました。豆大福好きなら一度は食べて京都や東京の有名店のものと比べてほしいと思います。

以上、今回は浜松市内の2軒のスイーツの逸品を紹介しましたが、メディアに余りでないお店、郊外のお店でもキラリと光るものがあると再認識しました。どちらも数が少なかったり人気商品だったりしますので、あらかじめ電話でお取り置きをお願いするのもひとつの手だと思います。それにしてもスイーツでいくつになってもやめられませんね。


ウヴリール(Ouvrir)

浜松市東区北島町216-1(安間川公園近く)
053-422-1422
10:00~19:30 火曜日休み、不定休(月曜日)あり

菓匠 大しろ

浜松市浜北区小松1238(十全病院近く)
053-586-7927
9:00~19:00 ※売り切れしだい閉店 定休日火曜日、月2~3回不定休有
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。