2012 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2012 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山屋、松月堂@浜松市中区

kage

2012/06/24 (Sun)

和地山の予約必須のお店対決! 大山屋、松月堂

予約しても食べたい、予約しないと買えない、と聞かれるとどんなものなのか、気になってしまうのは当然のことだと思います。最近、この手のものはテレビや雑誌で騒がれたものと相場が決まっていますが、浜松市中区の和地山地区の一角にそんなお店が2軒あるのです。寿司屋の大山屋とパン屋の松月堂です。2軒は歩いて1分ほどの目と鼻の先にあります。

大盛りちらしです

・大山屋

こちらのお店の予約必須というものは土日のランチになります。理由は席数が限られていることと丁寧に作るためにご飯(シャリ)が限定のためです。余裕があれば当日にふらりと訪れても大丈夫ですが、だいたい予約客で一杯になることがほとんどのようです。

そんな予約してまで食べたいチラシの値段は普通盛りでも大盛りでも750円といううれいしいお値段です。デフレ化している昨今では同じ値段で食べることがお店、特にチェーン店がありますが、質において凌駕していると思います。その他にサービス精神満点の御主人の人柄が良くてご贔屓にしている方も多いかと思います。

汁ものと小鉢もつきますよ

ランチのメインメニューはチラシ寿司になりますが、日替わりでその他の丼も2種類ほど用意されていることがあります。この日は鉄火丼がありました。秋から冬にかけてはイクラと鮭の親子丼なんてのも登場するそうです。なお小鉢も日替わりで、この日は潮汁にポテトサラダ、完熟メロンでした。

さて、そのチラシ丼は大盛りをお勧めします。男性なら余裕、女性でもだいたいOKだと思います。その理由は、ネタがちょっぴり普通盛りよりもサービスされることと、ネタもシャリもおいしいので、パクパクといけちゃうからです。おまけに汁ものと小鉢まで付いてくるんですからね。

こちらは普通盛りです

この日のネタはイクラに〆サバ、マグロの赤身、イカ、真鯛、かんぱち、カニ、タマゴ、かまぼこ、イカの和え物・・・ってところです。仕入れや時期によって変わるそうですが、だいたい10種類以上は載せているようです。おまけに丁寧に仕込んだうえにきれいに盛ってあるので、どこからお箸をつけていいのか迷ってしまいます。

チラシ寿司、海鮮丼は今ではあちこちのお店で出していますし、名物になっているお店も多い人気のメニューです。が、ただ刺身を切ってのっけてあるだけの店も多いように思います。ネタのバランスや質、量など簡単なようで難しい、職人技を感じさせるものがあると思っています。たかがチラシ、されどチラシですね。

では、こちらの店のものはどうか?というと750円という値段を考えると十二分にその価値はあるかと思います。ひとつひとつのネタが仕事がしてあるとか、すばらしいネタを使っているということはありませんが、値段以上のものが使われていると思います。なによりご主人がお客さんに安くておいしいものを食べてもらいたいという心意気が伝わってきます。

住宅街の名店ですよ

その心使いを感じさせるのは、ご飯の量を聞いてくれたり、お子さんに小分け用の丼を用意されたり、ネタを変えたりと色々と配慮したり、予約した方々の名前で呼んでくれたり・・・と、一回でも来たお客さんがリピーターにさせるものがあると思います。

と、こちらのお店は、住宅街の昔からのお寿司屋さんの良さが出ているお店だと思います。家族経営のほのぼさと温かさ、気軽にお寿司が食べたくなったら出かけるようなお店だと思います。派手さはありませんし、メニューが豊富なわけではありませんが、予約して出かけてみても損はないかと思います。

・ベーカリー松月堂

浜松市には多くのおいしいパン屋が点在しています。私も今まで色々なお店を紹介してきましたが、今回のお店も大プッシュのお店となりました。お店というよりも逸品ということになるかと思いますが、パン、それも食パンが好きな人には是非とも食べてもらいたいものが松月堂の食パンです。

イギリス食パンですよ

色々な種類のパンがある中で基本中の基本といったら食パンではないでしょうか。スーパーのパン売り場でも焼き立てパン屋でも一番ボリュームある面積を割いていると思います。そんな食パンですが、飛び上がるほどおいしい!と思えるお店ってなかなかないのが実情だと思います。まぁ一斤400円も500円も出せばあるのでしょうが、普段使いの食パンにそこまでなかなか出せないですからね。

が、こちらのお店で買い求めたイギリス食パンは、耳も生地も抜群のおいしさがありました。なにより持った時の重さがハンパなく重くその予感があったのですが、果たしてこんがりとトーストしてバターを塗って食べたら、久々の「うまいなぁ」「また買いたいなぁ」「次回はイギリスではなくて、マキシーも試してみないと・・・」と思ったくらいですから。

耳がおいしいんですよ

具体的に言うと、小麦粉の味わいがちゃんと感じられるうえに焼き方が上手だから歯応えとその後の引きが良いんですね。カリッとしたあとにモチッと口の中に返ってくるんです。パン職人の技と言ってしまえばそれまでなんですが、プロの凄い技、ちゃんとした材料でちゃんと焼かれたパンという感じなんです。しかも今風なこだわり食パン、ブーランジェリーのパンではなくて、昭和時代のパン屋のパンって感じなんです。

で、こちらの食パンは基本的に一本(3斤)売りです。業務用の卸売を多くやっているのもあるのでしょうが、一本ではなかなか買いにくいというのが実情なので、半本、一斤半でも販売してくれます。今回もそれで買ったのですが、これで380円程度でした。1斤当たりで240円程度ですから、普通の焼き立てパン屋と同じ程度ですから、私などはバーゲンプライスだと思いました。

袋もレトロです

なお、こちらの食パンはイギリス食パンの他にマキシーと呼ばれる高級角食と普通の角食があります。お店の人の話だとマキシーとイギリスの人気が2分しているそうです。バターの香りと高級な小麦粉を使ったリッチなマキシーとトーストしておいしいイギリス、TPOによって食べてほしいと言っておりました。

そうそう、こちらのパン屋は食パン以外にも懐かしい昭和のパンが揃っています。玄米パンやコッペパン、グローブ型のクリームパンなどなど昔見たパンそのままのものが並んでいました。あと朝5時からやっているというのも凄いですね。

朝5時からやってます

と、こちらの食パンを食べて東京は浅草のペリカンの食パンや神戸のフロイン堂のイギリス食パンを思いだしてしまいました。創業してから60年近く経っている地元では昔から誰でも知っているパン屋のようですが、私は浜松ではネットで評判の都会の有名パン屋で修行してきた新進気鋭のブーランジェリーばかり行ってきたので、温故知新、こんな隠れた逸品を出すお店があったのかと驚いたのも事実です。

なにより人気があって予約しないと買えないことがある、昔からクルマを飛ばして買いに来る常連さんが多いこと、とんかつ屋や喫茶店などこちらのパンを使っているお店が多いことなど、大手の口コミサイトに情報があまり載っていなくてもおいしい店はちゃんとみんな知っているんだなぁと思ったのも事実です。最後に食パン好きの人は一度行ってもらいたいと再度書いて〆とさせてもらいます。なお予約で取り置きするときは、希望の種類と一本か半分か、そのままか何枚に切るかを伝えるとすんなりといくかと思います。厚さについては、4枚、5枚程度の厚さがある方がより一層おいしさがわかるようですよ。


寿司処 大山屋

浜松市中区和地山2-35-17(静岡大学工学部、和地山郵便局近く)
053-471-6903 11:00~13:30 17:00~22:00
月曜日休み

ベーカリー松月堂

浜松市中区和地山2-28-14(静大工学部、和地山郵便局近く)
053-471-1958 5:00~18:30
水曜日、第3木曜日休み

スポンサーサイト

とん汁 枡形@磐田市

kage

2012/06/10 (Sun)

これぞ、昭和の大衆食堂だっ! とん汁 桝形

最近、幹線道路沿いに「まいどおおきに〇〇食堂」というチェーン店のお店が増えています。昔懐かしい大衆食堂、一膳飯屋を現代風に仕立て直しているお店です。今も昔も、好きなおかずを自由に選んで自分好みの定食にして楽しむというスタイルは一定の人気がある証拠だと思います。今回紹介する枡形は昭和の時代から続く、由緒正しい大衆食堂といっていいと思います。

自分で定食を作る楽しみがあります

こちらのお店があるのは旧国道1号線の天竜川橋の東側になります。ここは磐田バイパス、国道1号と旧国道1号の3本が集まっている場所になります。この手のお店、ドライブインは昭和の時代には国道沿いには当たり前のありましたが、今はチェーン店やファミレス、ファーストフードのお店に押されて本当に少なくなりました。今でもちゃんと営業を続けているのはそれだけ人気があって、お得意さんに愛されている証拠だと思います。

大衆食堂にも色々なスタイルがありますが、こちらのお店はガラスケースの中に色々なおかず、惣菜が並んでいるのをお盆に好きなだけのっけていって、ご飯と汁ものを注文するという形です。面白いのはお勘定は食べている最中に店員さんがテーブルにきて、伝票に書いていって食後に清算という形をとっていることです。現代風のものはカフェテリア方式に最初にお勘定ですからね。

ここから選びます

で、こちらの売りは店名にもなっている豚汁です。これは大衆食堂にはなくてはならない汁ものの王様だと思います。ご飯とこれとおかずの一品でもあれば立派な定食が完成すると思います。こちらの豚汁は家庭で食べられるような野菜が色々入っているものでなく、豚肉と豆腐とネギしか入っていません。シンプルゆえに誤魔化しがきかないものなんです。

この豚汁ですが、豆腐、味噌、豚肉、出汁の材料にこだわっているうえに丁寧な作り方、さらに大量に作ることによって他の物とは一線を画すものに仕上がっていると思いました。ちょっと温いのはマイナスと感じましたが、たっぷりと入ったなめらかな豆腐、脂身がほどよく融けた豚肉の甘さ、三種の味噌をブレンドした味噌の旨さがバランスよくマッチしています。しょっぱいとかくどいということがない上品ささえ感じる豚汁になっていると思いました。なお、豚汁のテイクアウトもありますよ。

看板商品の豚汁です

次はおかずの選択です。ガラスの冷蔵ケースの中にはサラダ、酢の物、野菜の煮物、天ぷら、フライ、魚の煮付け、肉料理など数多くの小鉢やお皿が並んでいます。最近の総菜屋やバイキング料理のお店では変わったもの、創作系、洋風の料理が多くなっていますが、こちらのお店は昔ながらのおふくろの味、慣れ親しんだ昭和のおかず、定番のものが多くなっています。基本的に作り置きですが、揚げ物などはその都度揚げていますし、注文により温め直しもやってもらえます。

こちらのような自分でメニューを組み立てる場合、最初は何を選んでいいのか迷ってしまいますが、こちらのお店で食べてほしいものが豚汁と並んで看板商品となっている鯖の煮付けです。醤油と味噌味があります。今回は大好きな味噌煮を選んでみました。見ただけでおいしそうなオーラが出ています。

鯖の味噌煮はお土産もできますよ

でも肝心なのは味ですね。味についても見た目通りのストライクのものでした。厚い身はぱさつくことなくほっくりとしてちゃんと味噌が絡まっています。味噌ダレは濃すぎることもない程よいもので、白いご飯のお供としては最上級の出来栄えだと思います。自宅ではなかなかできない熟練のおふくろの味わいって感じです。これまたテイクアウトができますし、長期保存できるようなパック入りのものまであるのが納得できる仕上がりでした。

まぐろの刺身です

あとは好みやその日の体調、カロリーを考えて選べば良いと思います。他のテーブルでは、ポテトサラダや冷奴、刺身など色々でした。我が家では、マグロとイカが入った刺身と魚フライを選んでみました。こちらの刺身の売りはマグロということなのですが、果たして脂がちゃんとのっていてビールのつまみにしても十分通用するものでした。焼津や清水辺りのマグロ専門店顔負けのものでした。

もうひとつの魚フライは、鯵にイカ、帆立が入っていました。フライは他には海老などもありますし、冬場には牡蠣フライも人気があるようです。食堂のフライといったらソースをかけて豪快に食らいつくといったイメージがありますが、こちらのものもそんな感じです。ちょっと厚めの衣のフライですが、素材が良いのでもたれることなくおいしく食べることができました。

ミックスフライです

今回はこれだけのものを食べてみたのですが、食べての感想は値段はちょっと高めながらその価値はあるなぁと思った次第です。素材がちゃんとしているうえに醤油や塩、昆布などの調味料までこだわっているのが良い味に仕上がっている秘密だと思います。料理しているのはベテランの職人さんで、凝った見た目重視のものでなく、見た目は普通なのに食べてみると滋味あふれるもの、というある意味贅沢な料理と言えるかもしれません。最近主流となった化学調味料を多用した濃いめ、インパクトのある料理とは一線を画したものもオヤジには有難いですね。

あと、大衆食堂の基本はご飯です。こちらのものは大中小のサイズがあります。値段はちょっと高めですが、地元の契約農家で作ってもらったものを炊いているのでツヤツヤでお箸が進みます。なおお茶も地元のものですし、昔から地産地消を実践しているようです。そのあたりについてはこちらをご覧ください。

老舗ですよ

と、こちらのお店は創業60年を超えた老舗の大衆食堂ですし、店舗を見ると若い人は入るのを躊躇してしまいますが、一度試してみればその価値がわかると思います。お客さんの多くは年配の人、昭和世代ですが、若い人、料理が好きな女性にこそ試してみてほしいお店だと思います。昔ながらの料理の良さが再認識できるかと思います。

創業60年以上の老舗ですよ

なお、店の向かいには大川屋というもう一軒の大衆食堂があるのですが、このライバルの存在も枡形の高レベルの味わいにプラスしているのかもしれません。あれこれ頼んでいると1000円を超えてしまって今時の食事情からすると高く感じてしまいますが、安いだけの店とは違う実力を感じることができるかと思います。調理人、プロの方々も足を運ぶのが納得できるものだと思います。ただ残念なのは日曜休みなのでそうそう足を運ぶことができないことです。


とん汁 桝形

磐田市小立野343(旧国道一号天竜川橋東側)
0538-35-4344 10:00~14:30 17:00~19:45
日曜日休み
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。