2012 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわらや@静岡市葵区、森下菓子店@藤枝市

kage

2012/07/22 (Sun)

真夏のかき氷対決! いわらや、森下菓子店

梅雨明けして本格的な真夏がやってきました。暑い夏には冷たいスイーツがつきものです。ひんやりとした甘味には色々ありますが、日本人ならなにはなくてもかき氷ではないでしょうか。最近では喫茶店やファミレスで食べる人が多いかと思いますが、やはり昔ながらの甘味処や駄菓子屋で食べたいものです。今回は静岡市の甘味処と藤枝市のお菓子屋のおいしいかき氷を紹介したいと思います。

たっぷりのあんこが最高です

・いわらや

静岡市のセノバは今や静岡市の商業施設を牽引するランドマークとなっています。その近くにあるのがいわらやです。三代続く和菓子屋で今は甘味処が主体となっていますが、しっかりと伝統の味は引き継がれています。新築なった店内は落ち着いた内装で、のんびりとした時間を過ごすことができます。

こちらのお店は1年中甘いモノを楽しむことができますが、夏はなんといってもかき氷でしょう。みつ豆などやクリームみつ豆などもありますが、やはり夏限定のかき氷、見た目も食べてもクールになれてさっぱりとした後口のこれに勝るものはないかと思います。

メニューですよ

かき氷といっても市販の甘いシロップを掛けただけのお店もありますが、こちらのお店は自家製のシロップやフルーツの生絞りにこだわっています。例えばイチゴは自家製のコンポートがたっぷりと使われていますし、レモンはその場で生絞りされて、さっぱりとしています。

そんな中やはり和菓子屋ですからあんこを使ったものがお勧めということで、氷小豆に白玉をトッピングしてもらいました。白玉は100円で追加できます。氷小豆は、シンプルだけにごまかしがききません。冷たい氷に甘い粒餡の取り合わせは和菓子好きにはたまりません。

和菓子屋らしいかき氷です

和菓子屋の命ともいえるあんこですが、こちらのものは流石の出来栄えだと思います。炊き具合、甘さと塩気のバランスなどこれだけを口に入れても美味いなあと思います。が、氷と一緒に食べたり、白玉に付けて食べると余計に良さがわかります。たっぷりとのっていても嫌味になりません。このあんこはうれしいことに器の底にも隠れています。

底にもあんこが入っています

ただ、かき氷自体の出来栄えというか削り方が私の好みとはちょっとちがっていたのが残念でした。ふわふわだったり板状の繊細なものではなく、小さな粒々状の溶けやすいもので、時間がたつと水っぽくなってくるように思いました。とはいえ普通以上のものだとは思いますが、この辺の加減は日によっても違うでしょうからまた確認しないといけませんね。

のんびりできますよ

と、こちらのお店は今は少なくなった街の甘味処、しかもオーソドックスな落ち着いたお店で、昔ながらの和菓子の良さを味わうことができると思います。レジのところにはこれまた昔ながらのおまんじゅうやお餅なども販売されているので、お店でひんやりスイーツを楽しんだあとはお土産で2度楽しむってことも可能です。

落ち着いたたたずまいです

セノバの中にも洒落たカフェがたくさんありますが、チェーン店の均一化された味とマニュアル化されたサービスよりも個人店の職人技が光る伝統の味と、心のこもったサービスを楽しむ方が何倍も良いと思うのは私だけでしょうか。ケーキにコーヒーも良いものですが、たまには甘味処でかき氷と日本茶というものも良いと思います。


・森下菓子店

藤枝の奥においしいかき氷屋があるというのは藤枝市民ではみんな知っているトリビアらしく、真夏になると口コミで、車にのって大勢のお客さんが集まってきます。土日などは待ち客が出るほどです。店構えは昔ながらの開放的な作りで、昭和の香りがするテーブルと椅子が和みます。なおエアコンはありませんので、余計にかき氷がおいしくなると思います。

一番人気のミルクいちごです

こちらのお店は昔懐かしいシロップ系のお気軽なものもありますが、一番人気のイチゴミルクに関してはちょっと違います。あとは冬場には団子やお饅頭を作って出しているだけに小豆系のものでしょうか。今回はイチゴミルクをお願いしました。一杯350円とお手頃です。

さて、昔懐かしい器でやってきました。こぼれんばかりに山となった氷の上には4粒のイチゴのコンポートがのっています。その上からはたっぷりとした練乳が掛かっています。最近はこちらのような自家製のコンポートをのせたイチゴかき氷を出すお店が一般的になってきましたが、こちらのお店は先駆けのようで、昔からこれ目当てでやってくるファンが大勢いるようです。

自家製のいちごシロップです

その理由は一口食べてわかります。甘いつけ汁と酸っぱさが残るイチゴのバランス、グニッとする食感がふんわりとしたかき氷に合うんですね。贅沢とまではいきませんが、小さな幸福を感じることができる瞬間です。なによりそれを感じさせるのは氷の削り方が絶妙なんです。

かき氷のポイント、それも大きな部分を占めるものにどのような氷を使って、どのように削られているかがあると思います。粒々が残るようなジャリジャリのものはもちろんですが、えてして水っぽいものが多いように思います。こちらのものは、ふんわりと柔らかく空気が適度に含まれているのか、口の中に入れるとスーと溶けていくんですね。

お手頃な値段ですよ

私もあちこちでかき氷を食べていますが、こちらのお店のものは相当いける氷の出来栄えだと思いました。削り器のカンナの具合とか器の回し方とかプロのなせる技みたいなものを垣間見た感じがします。これがあるからの多くの固定客がついているんでしょうね。

昔ながらのお店です

と、こちらのお店は昔ながらのお菓子屋、しかも前金で素っ気ないサービスと純粋にかき氷を楽しむためのお店だと思います。市街地やバイパスの谷稲葉インターからクルマで15分ほどかかりますが、その価値はあるかと思います。なお自家製イチゴのシロップは春にまとめて作っているので、盛夏を過ぎると売りきれた食べられないことがあるので注意が必要です。そうそう、こちらのお店は菓子店と書きましたが、製菓店としているブログもあります。どちらが正しいのかわかりませんでしたので、今回は菓子店とさせていただきました。

夏ののれんの定番ですね

以上、静岡市と藤枝市のおいしいかき氷のお店を2軒紹介させていただきましたが、静岡県内にはこのほかにも各地においしいお店があるようです。人気のお店は行列が必至のようですが、暑い夏に冷たいかき氷はそこまでして食べたい魔力があるということだと思います。


いわらや

静岡市葵区鷹匠1-5-12(新静岡セノバ近く)
054-252-0587 10:00~19:00(平日) ~18:00(土日祝日)
水曜日休み

森下菓子店

藤枝市本郷92(瀬戸谷郵便局近く)
9:30頃~19:00頃 無休
スポンサーサイト

グルメ記事更新のお知らせ

kage

2012/07/08 (Sun)

静岡県のグルメ記事の住所一覧を更新しました

暑中お見舞い申し上げます。早いもので今年も半分が過ぎてしまいました。今回は、半年に一度の静岡県のグルメ記事の住所一覧の更新となります。今年の夏も昨年と同じように節電、節電になりそうです。おまけにうなぎの高騰や牛レバー刺しの禁止など食べることが好きな人には辛い季節となりそうですが、静岡道楽手帖&静岡道楽日記を参考に少しでもお値打ちにおいしいお店に巡り合えたらと思っております。

かき氷のおいしい季節になりました

今年の夏もかき氷やアイスクリームなどの冷たい食べ物でクールダウンしていきたいですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。