2005 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2005 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町営やまびこ荘@賀茂郡西伊豆町

kage

2007/11/11 (Sun)

伊豆の山奥に名湯発見! やまびこ荘

静岡県で一番の温泉地と言えば100人中98人位が伊豆!と答えるはずです。その伊豆の中でも知る人とぞ知る隠れた名湯が西伊豆の山奥にある祢宜畑(ねぎのはた)温泉町営やまびこ荘です。

これぞ正真正銘の掛け流しです


この温泉、公営温泉施設にありがちな豪華な温泉施設でも見晴らしが良い露天風呂があるわけでもありません。シンプルな内風呂があるだけの単純明快な温泉ですが、「温泉ってお湯が良ければそれでいいじゃん!」と納得できてしまう心地よさがあるのです。施設重視派でなく泉質重視派にお勧めしたい温泉です。

先に施設重視派は辛いと先に書きましたが、この温泉施設、ある意味では逆にとても面白い温泉施設でもあります。それは、廃校になった木造校舎をそのまま利用しているのです。最近映画で流行りの懐かしい昭和時代、それも昭和30年代以前の田舎の風景にどっぷりと浸ることができるのです。

木造校舎が頑張ってます


受付は元の事務室、浴室は元の職員室を改装したもので、教室は現在では素泊まりで泊まれる部屋になっています。もちろん宿泊代も公営ですからひとり一泊3千円以下の激安価格です。夏休みなどは子供連れなどに大人気です。まぁこの値段なら高級なキャンプ場で泊まるのと大差ないですからね。東京などから1泊で来るには最適な場所ですからなおさらです。

浴室は、木造の5、6人が入れる大き目な浴槽の横に一人で入るには丁度よいタイル張りの小さめな浴槽があります。このような場合、普通はどちらかが熱いものですが、こちらはどちらも同じような温度なのです。その温度も人肌からちょっと熱め位の「ぬる湯」と呼ぶもので、のぼせず長湯ができる私好みの湯温なのです。 

このぬる湯のためか、受付の人に「温いですからゆっくりと浸かってください。熱いお湯も出ますから熱くして入ってもらっても良いですよ」との声が掛かります。夏場はこのぬる湯が気持ち良いですが、これからの寒い季節はこの温度ですとちょっときついこともありますから、小さめな浴槽を熱めにして交互に入るのが良いかもしれません。この熱冷交互入浴法は温泉好きの中ではポピュラーで人気のあるスタイルです。

温度も私好みなら泉質も湯量も私好みなのです。まずは湯量。ザァーザァーと掛け流しのお湯が浴槽のヘリから流れ出て洗い場にはお湯の膜が常時出来ています。山梨などではこれよりも大量の洪水状態の温泉もありますが、静岡県ではけっこう上位の洪水状態ではないでしょうか。ということは、いつでも新鮮ピチピチの鮮度抜群のお湯には入っていられるということです。

次に泉質は、現在ではカルシウム・ナトリウム強酸塩泉という何がなんだかわからない泉質ですが、古い泉質表示法では石膏泉となります。そう、この温泉は甘い石膏の香りがほのかにしているのです。そして香りだけでなく新鮮なために肌にびっちりと泡がまとわりついてくるのです。温泉好きには「アワアワ温泉」としてこれまた人気のある泉質なのです。

またアルカリ度が高いので、ヌルヌルしている感じがするのです。こちらのヌルヌル度はまったり系でなくさっぱり系のヌルヌル系で上質のビロードのような肌触りなのです。お肌すべすべ、入浴後はホカホカの本物の温泉力が実感できるかと思います。

と、これらの上質なお湯が土日でも不便な場所にあるためか比較的というか大体において空いている状態で入ることができるのです。4回ほど日曜日に行きましたが、ほとんどが貸切状態で入ることができました。外から聞こえてくる鳥やセミの声を聞きつつ、のんびりと良いお湯に浸かっていると「極楽、極楽」「温泉好きで良かったなぁ」と、うれしいため息が出てきます。

冬でも泳げるプールです


さらにこのやまびこ荘には屋外のプールがあります。プールには温泉が入っていますので1年中利用可能です。リゾートさは望むべくはありませんが、これまた大人ひとり200円という格安価格で利用できるのはスポーツ派にもお子さん連れにも嬉しい限りです。夏場以外は体が冷えたら温泉で暖まってから出ないと辛いですが・・・。

と、良いことばかり書いてきましたが、問題点はアクセスが余りよくないことです。西伊豆の市街地から途中狭くなる県道を20分ほど走る必要がありますし、この施設から天城方面へと向う県道は車のすれ違うのも困難な細~いクネクネ山道がちょっと嫌になるほど続きます。運転に自信のない人や車に酔いやすい人は西伊豆の市街地から往復する方法がお勧めです。

二宮金次郎ですよ、奥さん


数々ある伊豆の温泉施設の中でも異色のやまびこ荘ですが、温泉好きの方はもちろんのこと、木造校舎に通ったことのあるオヤジ世代の人、伊豆の自然にどっぷりと浸かってみたい人、ちょっと変わった温泉に入ってみたい人など色々な世代の人に一度行ってもらいたい温泉施設です。


西伊豆町営やまびこ荘

賀茂郡西伊豆町大沢里150
0558-58-7153 9:00頃~17:00 年中無休
入浴料 大人500円


この記事へのコメント

kage

行ってみたいな

名前は聞いたことがありましたが、行ったことはありません。アウトドアオフ会のメンバーで、宿泊研修したいような施設ですね。

Posted at 19:48:42 2007/11/11 by スガピー

この記事へのコメント

kage

スガピーさん、毎度どうも。お仕事これから忙しくなってきますので風邪などひかないようにしてください。
この施設、子供会や自治体の学校の合宿に人気があるそうです。校舎内で寝ることも校庭でキャンプすることもできるようです。
ここでもどこでもいつか泊まりでアウトドアオフしたいものですね。

Posted at 21:01:34 2007/11/12 by SUZY(メンカタ)

この記事へのコメント

kage

詳しいレポートありがとうございます。何かの雑誌に載っていて、前々からすごく気になっていたのですが、やっと場所がわかりました。松崎から行ったほうが近いですが、行くまで半日はたっぷりかかりそう。宿泊を視野に入れないとゆっくりできないですね。または駿河湾フェリーでしょうか。

Posted at 17:56:20 2007/11/13 by GAKU

この記事へのコメント

kage

GAKUさん、コメントありがとうございます。私はいつも日帰りで行っております。泊まればゆっくりできますが日帰りでもなんとかなります。沼津から1時間半から2時間くらいでしょうか。西伊豆スカイラインなんていう魅惑のワインディングもありますよ。
P.S.25日のオフご参加してくださいね。お待ちしております。

Posted at 21:25:37 2007/11/14 by SUZY(メンカタ)

この記事へのコメント

kage

25日の件、室長のBBSで拝見しました。
SUZYさんケーキも出るのでしょうか?
残念ながら、その日はミックステニスの大
会で、夜も予定がありちょっと参加できそ
うにないです。
皆さんによろしくです。

Posted at 15:04:59 2007/11/15 by GAKU

この記事へのコメント

kage

GAKUさん、25日の件了解しました。残念ですが、次回のオフ会でお会いすることを楽しみしております。

Posted at 20:24:09 2007/11/18 by SUZY(メンカタ)

この記事へのコメント

kage

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

Posted at 01:35:11 2007/11/21 by みんな の プロフィール

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。