2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沼津食遊市場@駿東郡清水町

kage

2007/11/25 (Sun)

プロに混じって買物しよう! 沼津食遊市場

いよいよ今年も残り1ヶ月となりました。12月はクリスマスやホームパーティー、年越しの支度など、なにかと食材の買出しをする機会が多くなります。。そんな時に便利なのが沼津食遊市場です。

鮮魚が山盛りですよ


この市場、沼津と謳っていますが、場所は清水町になります。そして正式名称は卸団地となっています。そうここはプロが集まる食材の卸売りと小売がメインの販売店が集まっている市場なのです。静岡などの中央卸売り市場は一般客は入ることはできませんが、ここは普通の人でも大手を振って堂々と買い物ができるのです。例えて言えば築地の場外市場か大阪の黒門市場ってところでしょうか。

大型キャスターが活躍しますよ


この市場、他にも普通の市場と違うところがもうひとつあります。店舗が大きなビルになっていますので、雨の日でも寒い日でも快適に買い物をすることができます。とは行ってもガランドウ的な構造な上に暖房はありませんので暖かい格好でいくことをお勧めします。もちろん大駐車場完備ですので大量の買い物もOKです。

市場の楽しさは、小売店やスーパーで余り目にすることのない商品や業務用のとてつもない大きな袋のものがあったりすることです。ここでもお肉屋さんでは大きなブロック肉や100個入りの冷凍コロッケが普通に売っておりました。こういうのは買うことがないけれども見ているだけで楽しめます。

卵の専門店ですよ、奥様


あと、専門店が充実していることでしょうか。今では商店街では消えてしまったか消えつつある卵の専門店とか海苔屋さんが大きな店構えで頑張ってます。このような店がレストランや料理屋さんの支えになっているのでしょうね。たとえば卵屋さんでは、色々な値段の卵を売っています。ニワトリの卵だけでも1個300円以上するような烏骨鳥の卵や朝霧高原の有精卵、大安売りの白い卵まで何種類もありますし、ピータンやら燻製卵といった加工したものまであります。このような卵がパック入りでなくバラで買うことができるのも専門店のありがたい点ですね。

また、このような専門店であれこれ商品について聞くことは自分の食生活の向上に繋がりますし、料理のレベルアップにもなるような気がします。「○○を作るんですがどんな材料が良いですかねぇ?」とか「これとこれって値段が全然違うけどどう違うの?」と、色々手のすいている店員さんに聞いてみるといいと思います。日夜食のプロに相手している食材のプロですから有益な情報を得られると思います。まぁ市場ですから少々ぶっきらぼうの受け答えかもしれませんが・・・。

果物屋さんはカラフルですね


それからこのような大きな市場になると同じ業種のお店が何軒か並立していますので見比べて買う事ができるのが助かりますし、楽しいですね。特に魚、肉、野菜の生鮮3品はそれぞれ3軒ほどのお店が入っています。このお店毎の違いや得意分野、特徴は通っていく度に理解度が増えていって「この料理ならこのお店のこの魚を」とか「牛肉ならこっちのお店」となっていくことと思います。

生鮮3品の中で我が家が気に入ったのは魚屋のお店達です。理由は、近くの沼津港が全国屈指の水揚げ量と多くの魚貝類が取れることと、旬の
いろいろな魚貝類が全国から集まってくることです。沼津港の魚屋群も良いですが、こちらの方が一般客には買いやすいですし・・。今日は、1軒のお店で沼津産のかわいい手長海老6尾入りを、もう一つのお店で国産ハマグリを8個購入して海鮮パスタにしてみました。プリプリのハマグリと小さいけれど一応手長エビの旨みがパスタに絡んでアッという間に完食しました。

かわいい手長エビがうんまいです


いつも料理を担当してくれている相方も「こんな市場が近くにあったらブイヤベースでも牛ほほ肉の赤ワイン煮込みも手軽に材料を揃えることができるのに・・・」と、残念がっておりました。確かにプロ相手の魚屋や肉屋ですから普段スーパーでも目にすることのない生きたすっぽんとか骨付きのラム肉ブロックなんて普通に売っていますからだいたいの料理の材料は揃うことでしょう。料理好きにはパラダイスのような場所かもしれません。

それから、市場のもうひとつのウリは安さです。それも「安かろう、悪かろう」ではありません。「良いものをより安く」「良いものを適正な価格」です。市場の玄関口には「今日の特売情報」が各店舗毎に掲載されています。これを見てから買い物をすると良いかもしれません。あと毎月第1木・金・土曜日の3日間は食遊祭と銘打って各店特売商品を店頭に並べています。さらに土曜日の午後4時頃からは翌日定休日のための投売りが強烈にお得だそうです。刺身や生鮮品などびっくりする値段で買えるそうです。「残り物には福がある」ですね。

この掲示板に注目です


この食遊市場、朝早くから午前中は飲食店のプロが手帳やメモを片手に真剣な眼差しで品定めしています。お昼からは主婦や料理好きの男性が楽しそうにお店巡りしています。買い物といったらスーパーばかりという人が多くなった昨今、このような雰囲気の市場は貴重な存在であるといえます。近所の人はもちろんのこと、伊豆箱根方面へ遊びに行く観光客でも一度立ち寄ってお土産を物色することをお勧めします。

P.S.市場の隣に「市場食堂きくち」があります。ここもお勧めです。詳しいことはいずれまた・・・。


沼津食遊市場(沼津卸団地内)

駿東郡清水町卸団地
055-983-0005 6:00~17:00 日曜休み(祝日営業) 

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。