2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太郎庵@静岡市葵区

kage

2008/01/05 (Sat)

師匠の味を超えたか? 太郎庵

年越し蕎麦は食べられましたか? 健康長寿を願って1年の締めくくりの大晦日に蕎麦を食べる習慣は、脈々と続いていますが、大晦日でなくても冬の時期は新そばの時期にも重なって1年で一番蕎麦がおいしい時期でもあります。

緑がかった細めのそばです


そば、寿司、天ぷらの三大江戸前料理は技術が肝心です。そしてどこで修行したかも大事にもなってきます。ゆえにのれん分け制度なんてものがあるわけですね。同じ屋号のそば屋がたくさんあるのもそんな訳です。ここの店主は藤枝市と静岡市の曲金にある人気そば屋Hで長い間修行して満を持して自分のお店を開いた方です。さて、味はどうでしょうか?

最初の訪問では、私がお店お勧めの「地鶏せいろ」相方が「えび天おろし」を頼んでみました。最初はそばをよく味わえるようにせいろを選んでみたわけです。両方とも千円でちょっとお釣りがくる値段です。

地鶏の旨みが出ています


地鶏せいろの汁は地鶏と葱を焼いたものが入った暖かいものです。普通は鴨でやる所を鶏でやっているわけですね。最初は鴨にはかならないかな?と心配しましたが、値段以上にここの鶏が良い味をと旨みを出していました。宮崎の地鶏を使っているとのことでプリッとしていて味に深みがあります。さすが単品の肴料理としてメニューに載っているだけあって力が入っています。そば汁も地鶏に負けないカツオ節の香りがあって合格点です。

このおいしい汁に対してそばはどうでしょうか?こちらも期待以上のものでした。北海道の内陸産のそば粉をニ八で手打ちしているとのことで、打ち方も切り方も茹で方も丁寧です。盛りも普通で女性ならば丁度良いくらいでしょうか。私好みの細さと香りの良さ、喉越しも軽やかであり、これならば種物にしなくてもせいろで食べても満足できるかと思います。まぁ、そばは好みの分かれる最たるものですから何とも言えませんが、静岡市街地の人気そば屋や師匠のお店よりも好印象でした。

えび天がおいしいですよ


相方のえび天おろしは、静岡ではポピュラーなおろし系のそばです。おろしで有名な店のものは、小えびですが、こちらのお店は15センチほどの海老が乗ってきます。あとはゴマや海苔、おかか、卵の黄身が付いてきます。相方は、卵が邪魔に感じたようです。味のシャープさが消えてしまいそばの香りと良さが飛んでしまうとのことでした。私も食べてみましたが、まろやかさは増しましたが、おろしとしては卵なしの方が良いと思いました。卵は別添えですので最初から入れずに後入れがよいのかもしれません。

七味も2種類ありますよ


1回目に気をよくして2回目は肌寒い日に訪れました。日曜日の12時頃ですが、店内は8割方のお客さんの入りです。これが師匠のHですと満員御礼で待ちになるところですので、私としてはちょっと足を伸ばしてもこちらのお店をお勧めしたいですね。店内も広々としていてテーブル、座敷とものんびり出来ます。車椅子にも対応しているのはありがたいですね。あと、唐辛子が七味と山椒の効いた京七味の2つがあるの鴨などを食べる時にはうれしいですね。

天南そばです。暖かです。


今日は、私は暖かい種物で天南そば。相方は前回と同じえび天おろしです。暖かいそばになると、どうしてもそばが汁に負けてしまいがちですが、こちらのものはけっこう頑張っていました。それよりも気に入ったものが、お汁。上品ながらも味わい深いものでかつお節の出汁がよく出ています。そこに隠し味の柚子が良いアクセントになっています。あと、ここの南蛮は、太葱でなく細葱でした。これも上品さに寄与しているのかもしれません。

それから、今日はデザートにそば汁粉を注文してみました。甘いものは別腹ですからね。これは、そばがきを団子状にしてものが丹波の大納言を使った粒餡の汁粉の中に入ったものでお餅の汁粉よりもヘルシーで、そば屋ならではのデザートといえるでしょう。

そば汁粉です


この汁粉、そば団子も良いですが、それ以上にお汁粉、あんこがおいしかったですね。甘さが控えめでベタベタした甘さも物足りなさもなくほど良い塩梅で、箸休めの佃煮を間に挟みつつ食べ進むと体にパワーがみなぎってくる感じです。寒い日には暖かい種物+お汁粉で体はポッカポッカになること請け合いです。

さらに、このお店をお勧めしたい大きな理由が、サービスが良いことです。これは師匠のお店Hと同じようにバイトの女の子にまで教育がちゃんと出来ていて気持ちよくお店を後にすることができます。この当たり前のことが静岡の個人店ではなかなか出来ないので余計に良く感じるのかもしれませんが、この雰囲気をいつまでも保っていってほしいものです。

この大きなのれんが目印です


と、お店が比較的すいている、値段相応にそばがおいしい、サービスが良い・・・と、突出したところは余りないもののどれもが平均以上の出来で、気軽にそばを楽しむことができます。道路からちょっと入ったわかりにくい場所にありますが、行列なしに気持ちよくそばを食べるならば選択肢の中に入れても良いかと思います。


太郎庵

静岡市葵区古庄3-25-20(コジマ、ヤマダ電機近く)
054-263-8873 11:00~15:00 17:00~20:00
定休日 火曜日





この記事へのコメント

kage

行きたいと思いながら機会を逃している太郎庵
メンカタさんお墨付きなら安心してゆけます。
やはりあの店の出身なら揚げ物系がよさげですね
それと そばがき団子の入った汁粉も食べたいんですよ~
今回も良い情報ありがとうございます。

Posted at 12:50:11 2008/01/06 by Hearts@室長

この記事へのコメント

kage

毎度!

そばも心惹かれましたが、汁粉には参りました。師匠であるHのお店にもありましたか?
ここなら奥さんも一緒に行ってくれると思うので誘ってみます。

Posted at 01:05:23 2008/01/07 by スガピー

この記事へのコメント

kage

室長、太郎庵の天ぷらは、揚げ油がサラダ油か白絞め油が主体でごま油は使っていなか少なめですのでとても軽い感じです。これもあってか年配のお客さんが多いです。ってそば屋はどこも年配客多いですね・・。

Posted at 20:54:58 2008/01/07 by SUZY(メンカタ)

この記事へのコメント

kage

スガピーさん、静岡ではHの流れを汲むお店って今後増えそうですね。翁系のような感じになっていくのでしょうか・・・?。このお店のそば汁粉おいしかったです。本家ではあるかどうかわかりません。すいません。

Posted at 20:58:33 2008/01/07 by SUZY(メンカタ)

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。