2005 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2005 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珈舎@沼津市

kage

2008/04/20 (Sun)

2枚看板のカフェです! 珈舎

喫茶店・カフェはBARなどとともに一軒のお店に対して好きな人と嫌いの人に分かれる業態だと思います。それは「おいしい」という評価基準と同じかそれ以上に雰囲気や店のコンセプトが自分の好みに合うかどうかがポイントになってくるからだと思います。沼津の郊外にある珈舎はオヤジの私に合っているカフェでした。

コーヒーとシフォンケーキです


カフェが一般的になってずいぶんと経ちました。静岡県にもあちこちにお洒落なカフェから個性的なカフェ、食事が充実しているカフェ・・・などなど色々と出来ました。が、不惑を過ぎたオヤジ以上の世代がひとりでもくつろげる、初めてでもとけこめるカフェってなかなかないような気がします。この珈舎はオーナーが定年を前にして故郷沼津にUターンしてオープンした店ということもあってか私の志向・嗜好に合っているのでしょう。すんなりと店に馴染むことができました。カフェなんて、と考えている人でも違和感なく溶け込めるかと思います。

カフェは雰囲気が大事と言いましたが、食いしんぼうの私にとってはドリンクやフードがおいしいのも大事な要素です。このお店には看板商品が2つあります。それはブレンドコーヒーとシフォンケーキです。

これはマイルドコーヒーです


こちらのお店も開店当初はコーヒー専門店のようにブラジルやモカ、マンデリンなどの産地別のストレートコーヒーを置いていたそうですが、豆の管理やブレンドの人気などから豆の回転が良くいつでも最高の状態で提供できるブレンドコーヒーを主力にしたそうです。「本当においしい豆で自分が納得できるものならそれの方が良いと思った」という言葉からも納得できる味だと思います。

京都の焙煎業者から取り寄せる豆をその場で挽いてからペーパードリップで入れるコーヒーは酸味は抑えめで香りとコクを感じる飲み易いものです。コーヒー道追求者なら物足りないかもしれませんが、普通の人が飲んで8割の人がおいしいと感じられるものだと思います。さっぱりとしていて飽きがこない味だと思います。そのためかお代わりする人も多く200円引きで2杯目を提供してくれるのもうれしいですね。それからコーヒーには生チョコレートとピスタッチオが3粒おまけでついてきます。この辺りもオヤジにはうれしいですね。お得な感じもしますし、ビターな甘さのチョコと塩気のあるピスタッチオはコーヒーの良いお供になりますから。

丹波黒豆のシフォンです


次に看板商品のシフォンケーキは奥様の手作りとなります。毎日作る定番のものはメレンゲだけで作る「エンジェル」と日替わり・週替わりで1、2種類あります。たとえば春なら松崎町の桜の葉を使った「さくら」やヨモギ、秋ならマロン、冬ならオレンジといった季節もの、紅茶やバニラ、レモンなどの各種果物やフレーバーを使ったものになります。土日には毎日10ホールほど焼かれているということからも人気のほどがわかります。1ホール2100円、1ピース210円でテイクアウトも可能です。

シフォンケーキはどこで食べてもある程度の物が出てきますが、平均以上のおいしいものってなかなかありません。この店のものは専門店顔負けのおいしさだと思います。1カット270円とお手頃なのもうれしいですね。シフォンにつきものの生クリームも甘さ抑え目でなかなかの味です。こちらのシフォンケーキは、フワフワ感よりもしっとり感、もっちり感を感じさせるものでキメの細かさが特徴だと思います。

エンジェルシフォンです


初めて行った時には丹波の黒豆を使ったものがありました。黒豆ファンの私は迷わずこれをオーダー。丹波から直接取り寄せるという黒豆は大きなものがちりばめられています。甘めの生地に塩気が程よい具合の黒豆が良いアクセントとなっています。2度目の時はさくらを狙っていたのですが、時既に遅しでシーズンが終了しておりましたので、定番のエンジェルをオーダー。こちらは甘さが抑え目でコーヒーとの相性がバッチリでした。

小倉餡がついてきます


食事メニューはシフォンケーキのほかにトーストがあります。こちらのトーストには木のスプーンに山盛りになって出てくる丹波大納言の小豆をふっくらと茹で上げた餡子が付いてきます。そう、名古屋名物の小倉トーストとして楽しむことができるのです。半分はバタートースト、もう半分は小倉トーストでスイートに堪能することができます。餡子の具合も生クリーム同様甘すぎない良い塩梅です。お腹がすいていればシフォンでコーヒー一杯、トーストでお代わりのコーヒーもう一杯といった感じで満足満腹となります。事実、最初の訪問で私はフルコースを楽しみました。

小林さんの器です


さらにこちらのお楽しみは店名が示すようにギャラリーとして店を開放していることです。常設展示は店でも使われている美濃の陶工「小林一彦」さんのカップやお皿です。特別展示というか壁際には地元の画家や版画家などの習作などが何枚か飾られていて目を楽しませてくれます。これらも押し付けがましい感じで自然と店に馴染んでいる感じです。また、不定期に店でミニコンサートと開催したりとカフェらしい文化の担い手となっています。

最初にこのカフェの2枚看板はコーヒーとシフォンケーキと書きましたが、もうひとつの意味での2枚看板があります。それはオーナー夫妻の存在です。コーヒー職人であると同時にお客さんの応対と会話に常ににこやかに応えるオーナーとケーキ作りとともに笑顔を絶やさずにテーブルウオッチングを欠かさない奥さんの2人3脚の活躍が大きいと思います。これは年輪を重ねただけでなく沼津以外の場所での経験とか異業種からの転職、趣味と実益を兼ねた利益追求だけでも理想追求でもない肩肘張らない自然体の接客とコンセプトが多くの常連さんを獲得しているのだと思います。

黒の外壁がシックです


と、純粋にコーヒーを楽しむもよし、コーヒーとスイーツを楽しむもよし、オーナーとの会話を楽しみに行くもよし、ギャラリーを楽しみに行くもよし、近所の御用邸記念公園を散策した後に休憩するのに寄るのもよし、伊豆西海岸へのドライブの行き帰りの休憩に寄るもよし・・・となにかと使い勝手の良いリラックスできるお店であることは間違いありません。


カフェ&ギャラリー 珈舎

沼津市下香貫島郷2590-6(沼津御用邸記念公園近く)
055-933-2171 9:00(もう少し早い時間から開店する場合もあり)~19:00 
火曜日定休(祝日の場合は翌日休み)


この記事へのコメント

kage

大人の喫茶店

藤枝にも気になる素敵な喫茶店があります。音羽町の阿同珈琲店とか好きですよ。

Posted at 23:07:53 2008/04/20 by スガピー

この記事へのコメント

kage

スガピーさん、どうも。
藤枝にも焼津にも気になるというか気に入っている喫茶店があります。藤枝市役所近くの「苑」も昔ながらの喫茶店で落ち着けると思います。年を取ってリタイヤ生活になったらお気に入りのカフェや喫茶店でのんびり本を読む生活をしてみたいです。

Posted at 20:54:14 2008/04/21 by メンカタ(SUZY)

この記事へのコメント

kage

その ご存知でしたか・・・
かなり店主と奥様も年を召されましたが
あの店のサントスは藤枝市役所に行くと必ず飲んでいたのに 藤枝の市役所行く仕事なくなり座念です。
カフェ&ギャラリー 珈舎いいですね
よい情報ありがとうございます。

Posted at 01:26:25 2008/04/23 by Hearts@室長

この記事へのコメント

kage

「苑」はお店に流れている空気がなにか東京の神田神保町の裏通りにあるような喫茶店だと思います。閉店が午後5時で日曜休みということでハードルが高くて最近は行かれていません。このお店も末永く続けてほしいお店だと思います。

Posted at 04:35:49 2008/04/23 by メンカタ(SUZY)

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。