2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福一焼津流通センター@焼津市

kage

2008/05/04 (Sun)

さかなクンも大喜び! 福一

東名高速焼津インターの近くで魚を買うといったら多くの人は「焼津さかなセンター」と言うかもしれません。が、私は「福一焼津流通センター」で買います。その理由は朝早くから営業していて魚の種類が豊富だからです。

これが全てマグロですよ!


福一は、魚の街・焼津ならではの魚屋です。うーん、魚屋という範疇を超えて「魚のデパート」「魚のスーパー」と言って良いかもしれません。流通センターの名前が示す通り、飲食店経営のプロから料理好きの男性、女性といった玄人達が満足できるお店だと思います。

福一といったら「マグロ」が名物です。それもそのはず経営母体の福一漁業は焼津でも老舗のマグロ漁船を有する大きな漁業会社だからです。世界中の海へ出かけてマグロを捕っているのですから格安で種類豊富なマグロが店頭に並んでいます。店内の頭上にはマグロ漁船の大きな模型が飾られていたり、船のデッキを模していたりして楽しめます。

これがマグロ船の模型です!


特に店の真ん中の冷蔵ケースの中にマグロのブロックが並んでいます。生の本マグロからミナミマグロといった高級品から、バチマグロやトンボマグロなどの中トロ、大トロ、赤身・・・と値段も千円位のものから5千円以上のものまで色々です。デパ地下の魚屋で目玉が飛び出るような値段のマグロのサクしか見たことのない人がみたらびっくりするような値段と量です。

魚好き、マグロ好きにはこれはたまらない光景でしょう。まずは目利きです。脂の乗り具合や筋の状態などを点検しつつ懐具合を計算して、好みを選ぶことができるのです。そして家に帰ってからは料理屋や寿司屋に負けないように刺身にひく作業が待っています。これをこなせば家にいながらにして安くておいしいマグロのお刺身を食べることができます。

私のうちでは、相方の実家への帰省土産として重宝しております。その時々によって多少のアタリハズレがありますが、デパートやスーパーで買うよりも安くておいしいと評価は上々です。もちろん家でもなるべく安くて脂が乗っているようなものを買って手巻き寿司にしたりお刺身にして楽しんでいます。また、カマや中落ち、切り落としなども安くておいしいので良く購入しています。特に本マグロのカマなどはそのまま焼いてポン酢で食べても、ローズマリーでマリネしてイタリアン風に焼いてもおいしいですね。

いろいろな魚がドドーンと!


このお店のウリはマグロだけではありません。魚に関しては地元焼津の小川(こがわ)漁港をはじめ県内、日本国中から旬の魚が入ってきています。特に早朝には発泡スチロールのトロ箱や大きなバケツに無造作に入れられた魚が目を楽しませてくれます。基本は一匹、キロ売りですので、普通の人には少々手ごわいですが、魚市場のような珍しい魚や高級魚を見ているだけで楽しむことができます。

丸のままの魚は苦手という人も店の奥の冷蔵ケースには色々な魚の刺身やサクがあります。旬のものが中心で春から夏にかけては御前崎や小川港で獲れたカツオが中心となります。銀色に光輝くカツオの皮のついたサクをタタキにしたり厚めに切って刺身にしてた食べるのはたまらないですね。酒の肴に良し、ご飯のお供に良しと、さすがカツオはマグロにも負けない魚のヒーローであると再認識させてくれます。もちろん、自信がある人は丸のまま一本買いしてあれこれ食べる方がお値打ち感は高いです。

貝類もありますよ


鮮魚のほかには貝類はエビ、カニも勿論あります。以前は店内中央にドドーンと大きな水槽があって伊勢海老やアワビ、真鯛などが泳いでいたのですが、改装を機になくなってしまいました。これは買わないまでも見ているだけで楽しめただけに残念です。しかし、アサリやしじみなどの誰でも買える貝類の充実具合は変わらないので大丈夫です。

このほかにも飲食店向けなのでしょう、先付けや小鉢に適したそのまま食卓に出すことのできる珍味や惣菜が豊富に揃っています。豆腐や塩辛といったポピュラーなものから永平寺のごま豆腐や日光の湯葉、大きな袋に入ったホッキ貝のサラダや各種佃煮・・・などなど食指が動くものが色々とあります。このようなものを見ると、今の飲食店のつまみの多くが出来合いや冷凍食品で出来ているというのがよくわかります。

あと、焼津だけに黒はんぺんやなるとなどの練り物、カツオの塩辛、マグロやカツオの佃煮などの特産物が揃っていますが、観光客向けの店でなく地元客や飲食店向けのお店だけに他のものと同じようにディスプレイされています。観光客第一主義の他店とは一線を画している方針も好感を持っている理由のひとつです。

野菜も売っていますよ


さらに、野菜やパン、お菓子、乾物まで揃っています。野菜は、ニンジン、大根といった普通のものから百合根、シソ、銀杏などが揃っているのが飲食店向けの店らしいですね。お菓子やパン、カップラーメンなどは改装前は激安の怪しい商品がレジ前に大量に置いてあったのですが、それも少なくなって掘り出し物探検の楽しみがひとつ減ってしまいました。

このお店、小さめのスーパーと同じくらいの大きさがあります。店内も明るく、魚を中心にワンストップショッピングできる便利さがあります。が、寿司や刺身の盛り合わせ、手作り惣菜などは普通の魚屋やスーパーなどに比べると少なめです。このようなものは他の店に任せて、あくまでも旬の魚とマグロで勝負のお店だと思います。ただ、時間や時化などの具合によって店内の魚が少ない時がありますので注意が必要です。といってもその時は諦めるだけですが・・・。

東名からはこのマグロが目印です!


魚の街、焼津にはこのお店のように魚屋さんや魚をウリにしているお店がたくさんあります。時間がない時や朝早い時には福一だけで、時間があって魚を堪能?したい時には色々なお店を巡ってみるのも楽しいと思います。東名からマグロのオブジェが見える派手な感じから食わず嫌いで観光客向けのお店かと敬遠している方もいるかと思いますが、魚好きの方には一度覗いてみても損はないかと思います。

P.S.静清バイパス昭府インター近くに静岡昭府店があります。こちらは一般向けの敷居が低い感じで  色々な惣菜やお寿司、刺身などが豊富にあります。


福一焼津流通センター

焼津市八楠中の坪170(東名焼津インター近く)
054-628-2913   5:00~17:00
定休日 元旦のみ



この記事へのコメント

kage

こんにちは。
初めて焼津に遊びに行ったとき、たぶん多くの観光客がそうであるように、
僕も「さかなセンター」に行ったのですが、買いたくなるものが全然無くて、
とてもがっかりしました。
その後のリサーチで「福ー」がいいらしいということを知り、悔しい思いを
したことを思い出しました。
静岡市まで行けば、焼津はすぐなのですが、「福ー」って駅からめちゃ
遠いでしょう。だから、なかなか行けずにいます。
結局、焼津では港のツナコープでミナミマグロのブロックを買って帰る
のであります。
でも、今度は必ず行ってみますね。

Posted at 21:04:39 2008/05/08 by

この記事へのコメント

kage

政さん、おいしいシラス食べていますか?この前「ためしてがってん」でシラスの特集をやっていて釜揚げシラスのおいしさを広めていましたが、これって静岡県在住の特権ですね。
福一ですが、マグロ以外は沼津食遊市場の方が上かもしれません。やはり魚種が豊富な沼津港を持っているのは強いですね。

Posted at 05:08:22 2008/05/10 by SUZY(メンカタ)

この記事へのコメント

kage

福一はよくいきます。先日は魚のさばき方教室へ行き貝の刺身盛りを作ってきました。
まぐろはもちろん、さばと鯵、青海苔もおすすめです。目の透明度が違い、〆もOkくらいの新鮮さ。しめ鯖と鯵の干物をよく作ります。

Posted at 10:47:02 2009/03/10 by りんご

この記事へのコメント

kage

りんごさん、はじめまして。これからもよろしくお願いします。福一はまさに魚のデパートといった感じであの店に行けば一通り揃ってしまいますね。魚は自分でさばけるようになると食卓のバリエーションが格段に増えますね。

Posted at 20:35:52 2009/03/10 by SUZY(メンカタ)

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。