2005 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2005 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかつき@富士市

kage

2008/06/29 (Sun)

あんこ好き大集合! わかつき

和菓子屋さんは数々あれど、富士市の「わかつき」ほどあんこ好き人間のハートをグワシと掴む店はなかなかないと思います。それは店のキャッチフレーズが「一粒入魂」「赤いダイヤの輝き」ということからもわかります。さらに人気商品は鯛焼き、団子、きんつば、どら焼き、あんみつ、あずきキャンディー・・・と、あんこをメインにしたものが並びます。おまけに店の前身はあんこ屋さんなんですから。

ボリュームたっぷりのあんみつです


和菓子屋さんにも色々な種類があります。お茶席用の上生菓子を専門に扱う和菓子屋さんから普段使いの和菓子屋さん、チェーン店の大きな和菓子屋など色々です。和菓子の本場、京都では繊細な京菓子を扱うお店を「菓子司(つかさ)」、餅菓子やおまんじゅう、赤飯、柏餅や桜餅などの季節菓子を扱う店を「おまんやさん」と区別しています。わかつきは、気軽で馴染みやすい和菓子が豊富に揃っていますから老若男女誰でもが楽しめる富士市の誇るおまんやさんだと思います。

そんな和菓子のパラダイスで購入したものの中で一番気に入ったのが「あんみつ」です。冷蔵ケースの中にぎっしりと詰まっています。普通サイズとちょっと小さめなプチサイズの2種類があります。あんみつは、プラスチックの2段に分かれているカップの下に賽の目切りの寒天、上にはあんこ、求肥、みかん、パイナップル、黄桃、さくらんぼが入っており、別添えのシロップは黒蜜か白蜜を選ぶことができます。私は黒蜜を選んでみました。

こんな形で売っています


軽めの夕食後にデザートの製作を開始します。夏っぽい器に入れてみると思ったよりボリュームがあります。寒天は少々の磯臭さ、薬品臭を感じたので水でさらします。これで問題なく解消できました。銀座の有名店でもこれが酷くて閉口することがありますから大事です。フルーツはシロップ漬けの懐かしいものです。真っ赤なさくらんぼはお約束ですね。要のあんこは、粒がちゃんと残ったぬれ甘納豆風のもので甘さは控えめです。対して黒蜜は濃厚な甘めなもので量もたっぷりとあります。

いよいよ試食してみます。久々のあんみつでしたが、懐かしさ満点、おいしさに満足です。家にいながらこの味が楽しめるなら甘味処で食べなくてもいいかなと思っちゃいます。やわらかで大きめな寒天、お餅とは違う求肥の食感、さすがと唸るあんこと甘いフルーツとこれをまとめる黒蜜・・・、バランスがとれた下町風のあんみつです。後からきたお客さんがお土産用にまとめて10個買っていった理由が少しわかったような気がしました。これでアクセントに赤えんどう豆が入っていれば言うことなしです。

おまけ付きの鯛焼きです


あんこを使った庶民のおやつの代表格に鯛焼きがあります。専門店もあるくらいポピュラーです。こちらの鯛焼きは、見た目が印象的です。餃子でいう所の羽根付きといった感じのもので、鯛の周りに皮がおまけに付いています。皮は薄めですがモチモチ感は損なっていないもので、中のあんこは甘さは控えめ、濃度もちょっとゆるめな感じです。鯛焼き専門店のような濃厚さ、まったりさ、豪快さはないものの、上品な中にもあんこおやつの定番・王様の風格は十分に感じることができます。こちらは6月下旬から9月下旬までの夏場はお休みになります。

鯛焼きのほかにも焼きたての団子もこの店にはあります。店中に焼き団子のコーナーがあり、頼めばその場で焼いてくれます。鯛焼きと同様に団子も焼きたてのホカホカが一番おいしいですからね。タレはみたらし、甘辛醤油の海苔巻き、あんこの3種類です。この中で一番のおすすめはやはりあんこですね。

団子もあるでよ


これは、あんこの量にびっくりします。団子の量とあんこが同じくらいの大迫力で、これで1本100円くらいですからお値打ちです。このあんこ、量だけでなく質が高いのも食べただけでわかります。こちらのあんこは、団子や鯛焼き、どらやき・・・など種類によって煮方、味付け、塩梅を変えているそうで、このあんこに対する愛情、こだわりが安くてもおいしい和菓子になっている秘訣だと思います。

夏にはアイスがつきものです


冬の定番が鯛焼きなら夏場のこのお店の主力商品が「あずきアイスキャンディー」です。さっぱりとした中にもあずきのおいしさを感じることができます。大手メーカーのものとは違い、一本一本手作りしている上に保存料や香料などを使っていないので、あずきの持つ自然な甘さとおいしさを感じることができます。なにより食べた後のベタベタさがないさっぱり感が暑い夏にぴったりです。10本、30本、50本の専用保冷ボックス入りがあるほど人気があるようです。

かすてらもありますよ


このお店にはあんこ物のほかにも「かすてら」などもあります。今回は切り落としを買ってみましたが、たまごの風味もありますし、焼きも丁寧で十分に合格点だと思います。が、やはりあんこものの方が気に入りました。あんこものには今回購入したもののほかに季節ものとして春には「さくら餅」「柏餅」「いちご大福」、夏には「水ようかん」、秋には「栗蒸しようかん」「芋ようかん」といったスイーツ好きにはたまらないものが登場します。冬は正月ものの栗きんとんや黒豆などが店頭を飾るそうです。

と、こちらのお店は、普段使いの和菓子屋さんとしては相当なレベルというか、高いコストパフォーマンスを持っていると思います。バラエティは豊かだけどまずくもおいしくもないお菓子が多くて宣伝上手なチェーン店が席捲している和菓子業界にあって、本店ひとつだけで、日持ちしない団子や鯛焼き、どらやきなどおやつ物をメインにしているのは正直偉いと思います。

お店はシンプルです


お店は清潔だけど高級感をアピールするわけでもなく、包装も演出過多にならないシンプルさを心がけているのは良いことだと思いますし、元あんこ屋さんという強みを最大限に生かしたお菓子作りを心がけているのにも好感が持てます。 お腹がすいたときにはふらりと出かけて熱々の団子や鯛焼きをすぐに頬張って、家に帰ってからきんつばやあんみつを食べる・・・そんなシーンが似合うお店だと思います。富士市近辺の方は勿論のこと、国道1号線をドライブする時や富士宮へやきそばを食べにいく時に寄り道しても損はないと思います。


菓亭 わかつき

富士市本市場21-1(ホテル中島近く)
0545-61-4863 9:00~19:00(平日) 9:00~18:00(日、祝日)
月曜休み(祝日の場合は翌日休み)

この記事へのコメント

kage

あんみつLOVE!

伊勢丹地下の食料品売り場の地場産品コーナーをみたら、「わかつき」さんのあんみつが売っていたので買ってきました。メンカタさんのお薦めとおり「バカウマ」でした。奥さんと二人で半分ずつ食べましたよ。

Posted at 22:49:49 2008/06/29 by スガピー

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 01:11:55 2008/06/30 by

この記事へのコメント

kage

スガピーさん、どうも。今日はオフ会でお会いできなくて残念でした。来月を楽しみにしております。
伊勢丹で売っているのですね。これは良い情報をいただきましてありがとうございます。
東部方面へ行かれた際にはお店に一度寄ってみてください。普段着感覚の和菓子好きには満足できるお菓子が揃っていると思います。

Posted at 04:45:28 2008/06/30 by SUZY(メンカタ)

この記事へのコメント

kage

管理人宛てにコメントをいただきましたロ・・・さん、どうもありがとうございました。わかつきさんの住所、店に置いてあったパンフレットのものを書いたのですが、どうも古い住所のままのようでした。さっそく訂正させていただきました。これからもよろしくお願いします。

Posted at 04:52:03 2008/06/30 by SUZY(メンカタ)

この記事へのコメント

kage

わかつきさんのあんみつ、食べたいけどなかなかムリだなあと思ったら、掛川の「これっしか処」で発見しました!

家でゆっくり食べましたが、美味しいですね。小豆がほどよい甘さでした。

Posted at 09:53:47 2008/08/23 by actionscene

この記事へのコメント

kage

アクションさん、今日は涼しくなって体が楽になりましたね。
これっしか処、伊勢丹が経営に参画しているので、わかつきのあんみつが置いてあったのかもしれませんね。あんみつって手間がかかるので置いてある和菓子屋さんが少ないから貴重なのかもしれません。

Posted at 19:45:03 2008/08/23 by SUZY(メンカタ)

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。