2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラットリア ペッシ・ヴェンドーロ@神奈川県二宮町

kage

2008/10/19 (Sun)

ド迫力お魚イタリアン! ペッシ・ヴェンドーロ

港町や魚河岸には漁師料理の店や魚介類を専門に扱うお店がたくさんあります。が、その多くは和食屋や寿司屋です。イタリアンやフレンチでも魚介類をよく使うのですが、それらを専門に扱う、もしくは得意料理としているお店は余りありません。ペッシ・ヴェンドーロは「お魚屋さん!」の店名通り、魚介類を豪快に食べさせてくれるトラットリアです。

この大盛り具合を見よ!

お店のある二宮町は、小田原と大磯に挟まれた海辺の街で、周辺には相模湾に面した漁港がたくさんあり、海の幸には困らない土地です。お店は、県道沿いにあります。ブルーの日除けテントが目印で、イタリアンというよりもフレンチといった感じです。店に入ると、ワンコOKのテラス席に大きな水槽があります。その中にはインテリア用の熱帯魚ではなく、食用の鯵や真鯛や伊勢海老などが泳いでいます。さらに店内には寿司屋でお馴染みの冷蔵ネタケースがババーンと広がっており、この中にもたくさんの魚貝類が鎮座しています。これだけを見れば「ここって本当にイタリアン?? 寿司屋じゃないの??」といった感じになってしまいます。

前菜の種類と値段を見よ!

が、天井近くの横長の黒板メニューを見ればイタリアンだと納得します。その多くが魚貝類を使ったお馴染みのものなのです。しかもその種類と値段の安さに目を見張ります。例えば、イタリアンの魚貝前菜の定番中の定番、カルパッチョは、なんと10種類以上もあります。真鯛、鯵というポピュラーなものからウニ、サザエ、アンキモなんてものまであります。値段も500円以下のものがゴロゴロしています。

カイワリのカルパッチョです

この日は、今まで食べたことのなかった「カイワリ」380円を選択。これはローカルで馴染みの魚で、寿司屋ではけっこう珍重されているとのことです。しばらくしてでてきたものは、まるごと一匹!鯵の仲間ということで、鯵と白身の中間といった感じで、さっぱりとしています。生きの良さを殺さないおとなしめのオリーブオイルをサラリと掛けただけで、塩胡椒もほとんど感じません。上に乗っているのが細ネギということもあって、これはまさしくイタリア版刺身です。次回は、盛り合わせかディナーだけの鯵の生き作りカルパッチョを食べてみたいですね。

磯物といったらサザエですね

前菜の値段が安いので、色々食べることができます。「サザエのグリル、バジルソース」「小アジのフリット」の2つも頼んでみました。サザエの方は、これまたイタリア版サザエのつぼ焼き。けっこう大きめのサザエで、コリコリとした食感が良いですね。もちろん、肝も新鮮です。こういう磯ものを食べると港町に来たなぁと思います。

これで380円はありえないですね

驚いたのが小アジのフリット。10センチから15センチほどのアジが10匹以上てんこ盛りになって登場しました。これで380円はありえない価格ではないでしょうか。本当は5,6センチの豆アジが好きなのですが、これはこれで食べでがあって良いのかもしれません。尻尾だけ残して食べればカルシウム不足解消間違いなしです。

驚きタイム第2弾は、ランチタイムにサービスされるバーニャカウダです。新鮮な地の野菜がチョコチョコと、これまた10種類以上乗っています。これは、近所の野菜直売所などで新鮮な朝取れのものを仕入れてくるとかで日替わりの旬のものが登場するそうで、この日は、ニンジン、ナス、ゴーヤー、みょうが、パプリカ・・・などで、自家製のアンチョビソースでカリポリと食べます。普通のサラダも良いものですが、こちらの方が「野菜取ったどー!」という感じになれます。一皿まるごと食べれば気分はうさぎです。野菜の味ですが、ブランドの野菜ではありませんが、さすが地の野菜だけあって力強い、味の濃さを十分に感じさせてくれます。

これがランチにはサービスで付きます

サービスのバーニャカウダでこの豪華さですから、パスタ本体も凄いです!看板商品のひとつである「魚貝類のトマトソーススパゲティ」は、まさにてんこ盛り状態です(一番上の写真)。普通は、パスタの上に魚貝類が乗っているものですが、こちらのものは魚貝類の下にパスタが隠れている感じなのです。パスタの量は普通の店よりも多い120グラム程度あるのにもかかわらずです。魚好きには「これぞ、求めていたペスカトーレだ!ブラボー!」と、叫びたくなります。

見た目は豪華でも肝心の味がイマイチでは落胆してしまいますが、こちらも超特選、こだわりの産地の品ばかりというわけにはいきませんが、それぞれが普通以上のおいしさ、レベルを持っています。上の具は日替わりのようで、今日はホタテ、マテ貝、ムール貝、ムロアジ、あさり、渡りカニ、海老でした。ソースは、ごく普通のトマトソースですが、魚貝類から良い出汁が出ているので旨みが一段とアップしています。

カキがプリップリッです

もうひとつは「カキとウニのクリームパスタ」です。この時期のカキですから小振りかなと思ったのですが、けっこう大きなめなものがゴロゴロ入っています。さすがにウニは季節も最後なのか量も味も普通でした。このお店はパスタの他にピッツァもあります。もちろん、シラスなどのシーフード系が充実しています。ここまで食べてきて、このお店の味は高級店のような洗練されたものでなく、まさにイタリアン漁師料理で、新鮮な素材を殺さないもので、脳でなく体、五感で感じる料理だと思いました。トラットリア=大衆食堂・酒場ですからこれでよいのだと思います。中途半端なイタリアンが多い中、これくらい突き抜けている方が気持ちいいですからね。

こちらはパスタです

今日は、パスタで終わってしまいましたが、この店はセコンド(メイン)も充実しています。魚ではブイヤベースや真鯛の兜のグリルジェノベーゼなど気になるものが目白押しですし、肉系は肉で、イベリコ豚や骨付き子牛や子羊など一皿のポーションは250グラムはあるという大判振る舞いです。次回は、ディナーに4人以上で来てメインを含めてあれこれ食べたくなります。

本当ならば日替わりで5種類ほどある自家製ドルチェとコーヒーのセットがプラス300円で食べられるので注文したかったのですが、満腹で断念しました。というか、夕食を抜かなくてはならないくらいの満足度でした。こういう時は大食いの胃袋が欲しくなりますね。あと、イタリアンといえばワインの存在も忘れてはいけません。こちらの店はイタリアでもシチリアやプーリアなど南のものを中心に色々とあります。グラスワインも500円以下ですし、ランチの時も気軽に頼むことができます。ワインのお供、チーズも各種ありました。ワインのサービスをしてくれるカメリエーラもフレンドリーでお店の雰囲気に良くあっています。

この日除けが目印です

と、こちらのお店、最近出かけたイタリアンの中でも強烈な印象を持ちました。本場イタリアの港町ではごく普通のお店なのでしょうが、日本ではチェーン店以外のイタリアンはちょっと高めの値段となりますから、この店のように財布にやさしい値段で、豪快に魚貝類や野菜などをたらふく食べさせてくれるのはうれしい限りです。初めてのお客さんの多くが「こんなに出して儲けがあるの??」と聞くのも無理ありません。沼津、清水、焼津・・・と、港町がたくさんある静岡県にもこのようなお店が出来る事を祈って止みません。なお人気のあるお店ですので予約するのが賢明です。


トラットリア ペッシ ヴェンドーロ

神奈川県二宮町中郡中里919-32(西友二宮店近く)
0463-73-2332 11:30~15:00 17:30~21:00 火曜日休み

 

この記事へのコメント

kage

こんにちは
すごい魚介系のゴロゴロのイタリアンですね
とても大胆というか惹かれますね。
いつもはスルーしがちな魚介系ですが
とても気になりますね。
良い情報をありがとうございます。

Posted at 07:17:51 2008/10/21 by Hearts(ハーツ)

この記事へのコメント

kage

室長、風邪は治りましたか? この店、久々のイタリアンのヒットでした。洗練さよりも豪快さの男性的なイタリアンでした。静岡からは遠いですけど、機会を見て一度どうぞ。
P.S.七間町のピエトラですが、しばらく前より休んでいるみたいですが、なにか知っていますか??

Posted at 21:27:16 2008/10/21 by メンカタ(SUZY)

この記事へのコメント

kage

ピエトラなんですが
私も何人の方々にお店を休んでいると聞きましたが、決定的な話はわからないんです。
お気に入り店だったのに、早い再会を望みます。

Posted at 08:23:04 2008/10/22 by Hearts(ハーツ)

この記事へのコメント

kage

ハーツさん、早速のご返事ありがとうございます。
やはりピエトラ、長期間休みということが広まっているのですね。電話しても「本日休みです・・」みたいなものしか返ってこないので、閉店ということはないと思うのですが・・・。開店してすぐに改装とかなにか不思議なお店ですね。早く復活してほしいものです。

Posted at 20:53:32 2008/10/22 by メンカタ(SUZY)

この記事へのコメント

kage

島田のたい焼き

初めてお便りします

島田に住んでいまして、高校生の頃からよしむらのたい焼きを食べていました。
今はたぶん2代目になっているんだろうと思うのですが、尻尾の先まであんこが入っている点は前と変わりません。
味は、ずうぅ~と昔の味と少し違うような気がします。たい焼きはお店で食べるのが一番で昔からそのように食べています。
そのような食べ方をしていると前はもう少し、あんこがやわらかかった(とろとろとしていた)ような気がします。
それと、もう少しあんこが甘かったような気がします。
今の流やりでお砂糖を減らしたんでしょうか・・・。
少し残念です。

島田に昔からのおいしいお店がまだ数件あります。
その中の1件をご紹介します。独断と偏見で選んでますのでそのおつもりで・・。
B級グルメファンにはたまらない・・お好み焼きです。
お好み焼きのさくらいに是非行ってみてください。
私のお薦めは、牡蠣の卵まきと、キャベツだけをごま油でいためた(名前は忘れました)キャベツ焼きかなんか?です。お好み焼きでないところがちょっとにくいのですが・・・もちろんお好み焼きも関西風でとてもおいしいです。

是非おみ足をお運びください。

Posted at 12:38:49 2008/10/28 by そうしょう

この記事へのコメント

kage

そうしょうさん、はじめまして。これからもよろしくお願いします。
私は島田在住ではないのですが、中学が島田だったのでお馴染みの場所です。よしむらの鯛焼きも七丁目の頃から食べておりますが、なんせ1年に1,2回しか食べる機会がないので味の変化に気がつきませんでした。やはり時代の流行に併せて甘さ抑え目にしているのでしょうね。
お好み焼きのさくらいも好きで時々行きます。特にミックスモダン焼きが好みです。ただけっこうな値幅で値上がりしたのが痛いですね。時代の流れで仕方ないのかもしれませんが・・。このお店も写真は撮り溜め中です。これからもおいしいお店、お勧めのお店がありましたら教えてください。お待ちしております。

Posted at 20:35:56 2008/10/28 by メンカタ(SUZY)

この記事へのコメント

kage

楽しみなブログです

返事ありがとうございました。

島田の藪蕎麦もあげてましたよね。
藪蕎麦さんのブログ・・・量が少ないのとちょっと値段が高いのに驚かれていて、その驚かれ方にとても共感を覚えました。
とても雰囲気がよい店構えですよね。

私は蕎麦屋なのにうどんをたべたのですが、ちょっと甘めの出汁ともちっとしたうどんがとてもおいしかったのを覚えています。

最近はいっていません。

いろいろなお店の紹介とても楽しみにしております。

Posted at 20:52:17 2008/10/28 by そうしょう

この記事へのコメント

kage

そうしょうさん、お褒めのコメントありがとうございます。怠惰で面倒臭がりの性格なので、2週間に一度の記事更新しかできませんが、これからもよろしくお願いします。

Posted at 21:04:55 2008/10/29 by メンカタ(SUZY)

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。