2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興津の鯛焼き・伏見、ラ・ローザンヌ、ずんどう焼本舗

kage

2008/12/14 (Sun)

グルメ聖地巡礼 おやつの街・興津後編

おやつって何でしょう?昭和世代の私には「遠足のおやつは300円まで」「バナナはおやつに含まれますか?」のフレーズが思い出されます。21世紀の現代においても100円前後で買えて、パクッとその場で食べられる気軽なものという感じがします。そんな気軽なものが溢れているうれしい街が興津だと思います。

これが正しい鯛焼きですね

興津のたい焼き・伏見

こちらのお店は興津の鯛焼き屋として有名なお店です。歩道の立て看板が出ていないと通り過ぎてしまうようなごく普通の家で商売しています。おまけに鯛焼き1個100円だけで勝負しています。鯛焼きのキモの焼きの金型は、鋳物製で5匹の鯛を焼く事ができるもので黒光りしています。これが2つしかありませんから土日の昼間などは待ち時間も出ますが、お店の中でのんびりと待っている人がほとんどです。これもゆったりと時間が流れている興津ならではなのでしょう。また常連さんの中には電話予約して出かけてくる人も多いですね。

これが伝統の鯛焼きの鋳型です

さて、こちらの鯛焼きの味はどうでしょうか? 大きい特徴は、そのふっくら感にあると思います。あんこの量と同じくらいのけっこうな皮の厚さに最初はびっくりしますが、このような鯛焼きもありなのかなと思うはずです。あんこは、お約束の十勝産の小豆がふっくらと炊けていて甘さも丁度良い感じに仕上がっています。私的には島田のよしむらの方が好きですが、益々寒くなるこれからの時期アツアツの鯛焼きは懐にもお腹にもうれしい限りですね。

この看板が出ていると買えますよ

この鯛焼きという昔からあるお菓子、最近新しいお店が出来てきたり、昔からのお店に行列ができたり・・・と、ジワジワと復活しているような気がしております。景気悪化の状況もそうですが、手作りでアツアツで気軽でおいしいとくれば人気が出るのも頷けますね。この興津のたい焼屋さんも昔ながらの鯛焼きを知る上ではうってつけだと思います。鯛焼きそのもの以上に店構えからお店に流れている空気感までトータルで楽しめるのが人気なのだと思います。

ラ・ローザンヌ

おやつの街、興津には和菓子のお店はたくさんありますが、ケーキ屋さん、洋菓子屋さんはほとんど見かけません。これも歴史のある街ならではの現象でしょう。が、この街でもしっかりとしたケーキ屋さんがあります。それがラ・ローザンヌです。しかし、このお店も現在のオーナーが20年前に和菓子屋からケーキ屋に衣替えしたのですから、やはり興津は和菓子屋>洋菓子屋の街なのですね。

ロールケーキのカット売りはいいですね

最近、人気のロールケーキ、特に清水には長いロールケーキで有名な専門店もありますが、長い1本を買うまでもなく手軽に楽しみたいという時にはこちらのカット売りが便利です。ノーマルのものが110円、和三盆ロールが130円といううれしい値段です。今日は和三盆ロールを食べてみました。さすがに値段が値段だけに大きはそれなりですが、味はちゃんとしています。砂糖の中でも最高級と荒れている和三盆を生地とクリームに使用していると謳っているだけに甘さにくどさがありません。スッーと胃袋に収まっていく感じがいいですね。これなら洋菓子が苦手な方にも食べられると思います。

おすすめのバナナオムレットです

この日にもうひとつ買ったのが「バナナオムレット」です。こちらもひとつ130円といううれしい値段です。値段に比例して大きさは長さ10センチほどとそれなりですが、味は大いに気に入りました。さすがケーキ屋さん、手抜きはありません。スポンジはオムレットの名前の通り、クレープのように卵の風味が良く生きています。中のクリームも生とカスタードの2層になっています。完熟したバナナとの3つの組み合わせは、誰でもが懐かしくもおいしく食べられることができると思います。

興津には貴重な洋菓子屋さんです

このローザンヌ、イートインのスペースもありますし、フレッシュなケーキもクッキーなどの焼き菓子もお手頃な値段で頑張っています。高くておいしいのは当たり前、手頃な値段で満足できる味を提供している姿勢には共感を覚えます。安いスイーツはチェーン店かスーパーの大手商品がほとんどの世の中にあって、このようなお店が増えていくといいですね。

ずんどう焼本舗

名前がいいですね

この変わった店名の理由は、その昔に甲州道・身延道と東海道がズドンとぶち当たったところに「ずんどう亭」という料理屋さんがあって、そこから名前をいただいたそうです。けっして姿形がズドンとずんどうではないそうです。勘違いしている人が多いようですが・・・。それからこのお店、終戦後からあんこ屋を経営していて10年ほど前から現在のおやつのファーストフード店に衣替えしたそうです。まさにあんこの街を象徴しているような話ですね。

ずんどう焼だけじゃありません

このお店は、たこ焼きやソフトクリームなども販売していますが、主力商品はやはり「ずんどう焼」です。これは大判焼、回転焼、黄金饅頭など地方で名前が違えどよく見かけるまん丸のアツアツ系お菓子です。味は、おぐら、クリーム、ツナ、キムチがあります。最後のキムチが激しく気になりますが、今回は一番ノーマルなおぐらとクリームの2種類を試してみました。値段はこの前値上げしたにもかかわらずひとつ70円です。

あんこの勝ちだと思います

こちらのずんどう焼の特徴は、固めでカリッとした皮と中の具の柔らかさの落差が良いことです。これは鯛焼きではなかなか出来ないことで、噛んだ時の楽しさはけっこう癖になります。おぐらは、もちろん粒餡です。こちらのものは元あんこ屋さんだけあってもちろん自家製です。甘さも煮込みもごく普通ですが、丁寧に作られていることがよくわかります。対してクリームは、カスタードの具合がイマイチな感じでした。固めでトローリとしたものがお気に入りなのも減点対象になったのも一因ですね。


ところで、今回紹介させていただいたおやつは、私のお気に入り順でいうと、魚格出口魚店の「あげはんぺん」>ローザンヌの「ばななオムレット」>荻野商店の「抹茶ソフト」>うしほ屋の「生ドラ」>伏見屋の「興津のたい焼き」>ずんどう焼本舗の「ずんどう焼」となります。この差も人それぞれですし、どれを食べても激しく後悔するということはないと思います。冬場で食べられないソフトクリームを除くと、5つ買っても500円程度なのです。ちょっとお高いケーキ1個と同じ値段とは驚きです。

草餅だけを売っているお店です

と、前編・後編合わせて6軒のお店を紹介させていただきましたが、このほかにも「宮様まんじう」というちょっと不思議な看板が目印の和菓子屋さんや、おばあさんがひとりで草餅だけを作って販売しているお餅屋さんなど探せばまだまだありそうです。個人店が減少の一途をたどる現代にあって郷愁を誘う昭和の香りがする興津で気軽なタイムトリップおやつツアーをしてみるのも良いものだと思います。

興津の先から見える富士山ですよ

おまけ話としは、興津の隣の由比にはおやつの帝王・桜海老のかき揚げもありますし、富士山がきれいに見られるポイントがたくさんあります。しかし、冬場の雪をかぶった秀麗な富士山っていつみても癒されますね。


興津のたい焼き 伏見

静岡市清水区興津中町198-1(JR興津駅近く、旧国道1号線沿い)
054-369-1343 11:00~18:00(材料が終わり次第終了) ※夏期(7月~9月)休業 
不定休


ラ・ローザンヌ

静岡市清水区興津中町(R1・R52交差点近く)
054-369-6710 9:00~20:00 水曜日休み

ずんどう焼本舗

静岡市清水区興津中町275-12(静清信用金庫興津支店近く)
0543-69-0501 11:00~20:00 月曜定休

この記事へのコメント

kage

メンカタさん、こんにちわ。

「遠足のおやつは300円...」のくだりは、思わず「にまっ」としてしまいました。ボーダーでのせめぎあいが子供にとっては真剣勝負でしたね(笑)

興津ってディープなんですね。
メンカタさんの情報ソースは何なのでしょう?いつも不思議に思います。
因みにローザンヌのお菓子はあたしも好きです。

富士山もいいですね。
若いころは頓着なかったですが、
最近はふと富士山をさがすことが多くなりました。
でも富士山の写真はムズカシイです。


Posted at 11:20:36 2008/12/14 by sue

この記事へのコメント

kage

sueさん、こんにちは。今年も残すところ2週間近くになってしまいましたね。
興津、温泉好きの私にとっては52号や1号線を利用するたびに通っていますので、あちこち気になる店があって、ネットで調べたり、試したりしていました。
富士山の写真、年賀状に使う人が多そうですね。来年は丑年ですから朝霧高原の牛をバックに富士山なんてのが多いのでしょうか??

Posted at 05:15:34 2008/12/15 by メンカタ(SUZY)

この記事へのコメント

kage

私も興津のたい焼きより よしむらを押します
1度買ったんですが、焼が甘くて皮の内側が柔らかくて・・・
それと通るたびに気になっていた
ラ・ローザンヌ情報ありがとうございます。
これで安心してゆけそうです。

Posted at 19:45:28 2008/12/26 by Hearts(ハーツ)

この記事へのコメント

kage

ハーツさん、今年も残り少しとなりました。アッという間の1年でした。
鯛焼きですが、ラーメンなどと違って、あちこち食べ歩きする人は少ないのかもしれません。ご近所とか馴染みのお店でいつも買うって人が多いのはないでしょうか。あと興津の鯛焼きのようにフワフワのものを好む人がけっこういるのかもしれません。鯛焼き好きの人は一度島田のよしむらへ行ってほしいですね。
それでは良いお年を!

Posted at 05:32:29 2008/12/27 by メンカタ(SUZY)

この記事へのコメント

kage

伏見屋?興津のたい焼き屋じゃねっ?
伏見さんが焼いてるたい焼き屋
だから伏見屋?w
誰も伏見屋なぁ~んて言ってねぇ
あんただけだよ

よしむらのたい焼きは街道一
いや静岡一だよ

Posted at 02:55:41 2009/01/15 by そばめし

この記事へのコメント

kage

そばめしさん、ご指摘ありがとうございました。確かにこちらのミスでした。訂正させていただきました。伏見屋でなく伏見でした。
これからも間違いがありましたらご教授ください。

Posted at 05:03:56 2009/01/15 by メンカタ(SUZY)

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。