2005 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2005 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリル藤本@沼津市

kage

2008/12/28 (Sun)

流行に左右されない洋食屋! グリル藤本

激動の2008年もいよいよ終わりです。今年も色々と流行り廃りがありました。ブームを追いかけて新しいものに飛びついたり、新しいお店を開拓したり・・・と忙しかった人も多かったと思います。しかし、そんな現代にあっても流行に流されない、味のブレがない、いつ行っても満足できる洋食屋さんが沼津のグリル藤本です。

正統派のハンバーグです

こちらのお店を知ったのは、沼津の大型スーパーに行った際に見かけたのがキッカケでした。グリルの店名、看板の特徴あるフォークとナイフを持った影絵チックな人間のキッチュさに、帰宅してからネット検索してみると・・・、良い評判ばかりでした。「これは行かねば!」の思いを強くしてやっと行けたのはこの日から1ヶ月近く掛かりました。沼津方面へのドライブ兼買出しは1ヶ月に1回位の頻度ですから。

最初の訪問での狙い目はアジフライです。沼津の特産品で、夏場が旬とくれば食べなければいけないというものです。電話で聞いたところ、夜の時間には売り切れてしまうこともあるというので、お取置きまでしていただきました。張り切って出かけて食べられないとショックが大きいですから。電話での応対も気持ちよいものした。このようなちょっとしたことでお店の印象で違ってきますから大事ですよね。

上品なアジフライですよ

さて、待ちに待ったアジフライ定食です。アジフライというと開いた二等辺三角形のものが普通ですが、こちらのものは片身揚げの長方形をしています。おまけに大葉・青シソが入れてあります。このようなものは往々にしてアジの青臭さを消している場合がありますが、こちらのお店のものはアジのおいしさをより一層増すためのものだと思います。アジフライというとソースを掛けてガツン!と食べたい豪快さを望む人には消化不良かもしれませんが、上品でいてなおかつアジの旨さを引き出しているように思いました。もちろん、自家製のタルタルソースとの相性はバッチリでした。

洋食屋さんでハンバーグといったら定番中の定番でしょう。それぞれのお店で違いをアピールしています。こちらのものは王道のハンバーグといったところです。150gと200gと大きさを選べるのもうれしいですね。昔ながらの鉄板で供されますし、付け合せにはスパゲティもあります。もちろん、半熟目玉焼きが上に乗っています。途中から卵の黄身をトロッーとハンバーグに掛けて食べるとおいしさ倍増ですからね。

ハンバーグから肉汁が・・・

ハンバーグで気になるのはナイフを入れた時の肉汁がどうなるか?という人も多いかと思います。あとは焼き具合とか挽肉の割合でしょうか。こちらのものはこの面でも直球ど真ん中です。肉汁ジワー、焼具合は中がほんのりピンク、挽肉は粗くも細くもなく、割合は合挽き半々といったところでしょうか。丁寧なこね具合、抑え目な味付け、上品なデミグラスソース・・・と、誰もが思い描く洋食屋さんのハンバーグです。最近では個性的なハンバーグを出す店が多い中、このような誰にでも受け入れられ、おいしいと感じるお店ってある意味貴重なのかもしれません。ご飯と相性が良いこともあってペロッと完食してしまいました。

本来ならここで記事をUPしてもよかったのですが、冬場に名物のボルシチがあるというではありませんか! これを食べずして紹介しては中途半端になってしまいますので、この時期まで待機していたのです。そんな期待を背負ってのボルシチでしたが、期待以上のおいしさでした。ボルシチというとロシア料理の王様的料理です。どうしてそんな料理が洋食屋さんで?と不思議に思いましたが、主人が修行した東京の洋食屋さんでも名物料理として出していたそうで、その時のレシピを元にしているそうです。

寒い冬はアツアツのボルシチを

ボルシチは、大きめなココットに入って登場します。グツグツと煮えているものを見ているだけで体が温まりそうです。色は赤というかピンクと赤が混じったようなきれいな色をしています。これはビーツの自然の色からきているもので、「トマトが入っているのですか?」と聞かれるお客さんも多いようですが、正真正銘のボルシチの定石に習って生のビーツだけを使っているそうで、ビーツが手に入りにくい春になるとメニューから消えるそうです。なおビーツは味の良い東欧産のもを使用しているそうです。

気になる味はどうでしょうか? 最初はちょっと物足りない感じですが、2,3口・・・と食べ進めていくとスプーンが止まらなくなってきます。味に深みがあるというか、普段では余り食べることができないボルシチ独特のおいしさが口の中に広がってきます。さすが寒い国の王様スープだけのことはありますね。具のトロトロ牛肉やじゃがいもやニンジンなども良いのですが、あくまでも脇役といった感じで、スープ自体がやはり主役、スターとして頑張っています。

インパクトあります

ロシア料理専門店のこってりとしたボルシチも良いものですが、あっさりめで奥深い、後からジワジワとおいしさを感じることのできる洋食屋さんのボルシチの良さを再認識しました。ロールパン付きで1800円と、ちょっと値が張りますが、一度は経験してみることをお勧めします。特に女性には好まれるのではないでしょうか。このボルシチ、書家で有名な方も愛されていたようで、店内には立派な「ボルシチ」の書が掲げられています。このようなシンプルさが逆にゴテゴテとした下手なPOPよりもインパクトがありますね。

こちらの店の冬場だけの料理にはこの他にマカロニグラタンなどもありますが、冬といったらカキフライも忘れてはいけませんね。洋食屋をはじめ、とんかつ屋や居酒屋など揚げ物を出すお店ではこぞって「カキフライ始めました」のPOPを掲げています。これを見ると反射的に注文してしまう人も多いのではないでしょうか。今回も事前に電話で取り置きしてもらいました。やはり夜になると売り切れてしまうことがあるからです。

カキフライですよお

カキフライの好みは千差万別です。「大振りなものを豪快にいきたい」とか、「中がトロッとしてなければ嫌だ」「タルタルソースも大事です」・・・などなど。ちょっとした違いが大きな味の差、好みの差につながってくるので、お好みの店を探すのはけっこう大変だと思います。さて、こちらのカキフライは好みに合うのでしょうか?

結論は、おいしいのですが、好みのカキフライとは違う路線のものでした。大振りで中がトロッとしていて、衣が立っていてカリッと揚がっているものが我が家の基準なのですが、こちらのものは小粒なものがけっこう中まで火が通っている感じに仕上がっておりました。カキは新鮮で風味も良いのですし、丁寧な仕事振りが伝わってきます。アジフライと同様に自家製タルタルソースでも備え付けのソースでもどちらでもいけました。

これが噂の影絵です

と、こちらのお店は東京の街角にあるような正統的な洋食屋さんです。昼下がりなどに池波正太郎氏がビールとともにフライものを食べていそうなお店だと思います。ボリューム満点、お値段激安ということはありませんが、適正な値段で丁寧に作られた洋食を気持ちよく食べることができると思います。ファミレスや洋風居酒屋に飽き足らない人、家庭料理とは違うプロのちょっとした技を感じることのできる料理を体験したい人には一度寄ってみても損はないと思います。


グリル藤本

沼津市高島本町3-12(イシバシプラザ・イトーヨーカドー沼津店近く)
055 926-3644 11:30~14:00 17:00~21:00 月曜・第3日曜休み

この記事へのコメント

kage

行ってきました。
あれですよ、あれ!
僕が食べたかったハンバーグは!!

いやぁ~
三島に越してきてもうすぐ7年になりますが、全然知りませんでした。
外で好みの洋食が食べられないという不満は解消されそうです。

今回も安心のSUZYセレクション、どうもおおきに。

Posted at 19:48:23 2009/01/13 by

この記事へのコメント

kage

政さん、本年もよろしくお願いします。
グリル藤本のような正統的庶民派洋食屋、東京や、京都、神戸などにはごく普通にあるんでしょうが、静岡県にはありそうでなかなかないんですよね。イトーヨーカードーの近所ですし買い物ついでにこれからも寄ってしまいそうですね。私は次回マカロニグラタンとカニコロッケを狙っていきます。

Posted at 20:52:33 2009/01/13 by メンカタ(SUZY)

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。