2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観音温泉@下田市

kage

2009/05/17 (Sun)

奥伊豆に隠れた名湯あり! 観音温泉

温泉天国の伊豆にあって、下田の観音温泉は我が家のお気に入りの温泉施設です。伊豆は東西南北、中に奥・・・と数多くの温泉に浸かってきての結論ですが、お湯の存在感が他とはあきらかに違うと思っているからです。

これがおすすめのアメリカンスパですよ

下田というと、海!のイメージがありますが、この観音温泉のある場所は下田と天城と松崎のトライアングルの中心ともいえる山の中、里山の中にひっそりとあります。県道の下田松崎線から細い道を3キロほど入った「この奥に本当にホテルがあるの?」と思われるような場所にあります。

この観音温泉の別名ピグマリオンといいます。そして日帰り温泉でも入れる立派な浴殿がガラティアと、なにやら怪獣映画かギリシア神話に出てくるような別名がついています。でも怪しげな宗教的なものでなく真っ当な温泉、しかも鉄筋造りの大きなホテルですから安心をしてくださいね。

立派な浴殿です

さて、ここの温泉の良さといったら、なにはなくても温泉の持つパワーです。温泉の魅力のひとつに『ツルツル』とか『ヌルヌル』といった肌触り、浴感がありますが、こちらの温泉はヌルヌル中のヌルヌル、水に入っているというよりもなにか化粧水、栄養クリームにも入っているような肌にまとわりつくような、なめらかなものです。化学的にはアルカリ度が非常に高く日本でも指折りのものです。しかも強アルカリなのに軟水という優れたものなのです。このお湯に惚れ込んで東京などから通う人が多いそうです。

総檜造りの内湯です

このヌルヌルの温泉を一番気持ちよく感じさせてくれるのが内湯です。総檜の立派な浴槽は41,2度の適温からちょっと熱めのものと38度程度のぬるめのものがあります。寒い時期なら熱めの浴槽で体をあたためてからぬる湯でまったり、春から夏の時期はぬる湯でウトウトまどろむのがぴったりです。石造りの浴槽が多い昨今ですが、やはり檜の浴槽が好きですね、私は。もちろん、湯口から飲泉できます。

この内湯、浴槽はもちろん源泉掛け流しですが、洗い場のシャワーやカランからも源泉が出てきます。これは源泉が豊富だから出来ることで、これで髪や体を洗ったらピカピカツヤツヤになってしまいます。おまけにシャンプーやリンスなどは、ここの温泉水から作ったオリジナルのものです。さらに源泉で顔を洗うことができる木製の台まであります。特に女性用の浴場では『美顔の湯』という顔専用のジェット風呂、泡風呂?まであるそうです。

石造りの露天風呂です

最近の温泉には露天風呂が必須アイテムです。こちらも山の中ですから当然のごとくあります。名前は『星空の満天露天風呂』とありふれたものです。が、やはり源泉100%のお湯は気持ちよいものです。しかもぬるめの温度は春とか秋の気候の良い時期には最高です。露天風呂は内湯と違って石造りとなっています。注意することは、日陰がないので晴れの日には日焼けに注意することと、午後の早い時間にはお湯が溜まりきっていないことがあることです。

そして、このガラティアならではの浴槽にアメリカンスパ(一番上の写真)なるものがあります。これは比較的新しく追加されたものでレトロな建物の中に大きなジャグージが備えられているのです。浴槽の縁にあるボタンを押すと物凄い勢いでジェット水流が巻き起こります。これに腰とか肩を当てると凝っている体がフニャフニャになってくるのがわかります。この浴槽はキワモノ扱いなのか人気があまり人気が無くすいていることが多いのでまったりするも良し、大きいのでウォーキングするも良しと、密かにお勧めできます。

小さめのサウナですよ

この他にも、屋外に小さなサウナもあります。『森のサウナ』と名づけられており、寒い時期には体を暖めるには具合がいいですね。本格的なものではないので、サウナマニアの方にはお勧めできませんが、やはり小さくてもサウナがあって汗を体内から搾り出すのは気持ちいいものです。

と、ここの温泉はアルカリ性単純泉という温泉の基本中の基本のもので、無味無臭で硫黄泉や鉄泉などの匂いや色などの個性は感じられませんが、実際に入って自然と体が喜ぶ気持ち良さ、心地良さがあると思います。特にこのヌルヌルさ、ビロードのような肌触り、美肌の湯は特に女性には喜ばれると思います。

お洒落なインテリアのロビーです

この女性好みの仕掛けはハイセンスなロビーのラウンジやタオルがいらないエアータオル、更衣室にある各種のオリジナル基礎化粧品やおみやげコーナーにある化粧品のお試しコーナーなどにも感じられます。増築を重ねて館内の造り、動線がイマイチなところや従業員の中にはぶっきらぼうな人もいて気になるかもしれませんが、日帰りなら問題ないと思います。(宿泊すると違うかもしれませんが・・・)

オリジナル化粧品も試せますよ

なお、観音温泉といったら温泉水でも有名です。色々な大きさのペットボトルなどで販売されていますし、更衣室にある冷たいボトルジャグでグイグイと飲むことができます。お風呂の前後には水分の補給が必須ですから有難いものです。

と、下田の観音温泉はアクセスがあまり良くない場所にありますが、温泉好きの人、長湯派の人、ヌルヌルのお湯に関心のある人ならば一度は寄ってみても損はないと思います。ホテルの立ち寄り湯ですから1,000円とちょっと値が張りますが、2,3時間はのんびりとできますから、入浴後は心身ともにリラックスでき、値段も納得できると思います。

P.S.入浴可能時間が短いのでご注意ください。麓の県道沿いにおふくろまんじゅうというおいしいまんじゅう屋さんがありますよ。


奥下田 観音温泉

下田市横川1092-1
0558-28-1234 12:00~15:00入館まで 年中無休 

この記事へのコメント

kage

初めまして!
素敵な温泉の情報を拝見し、大変参考になりました。
静岡にはつい最近も行ったばかりですが、全く知りませんでした。
温泉はやはり泉質が大事だと思っているので、ご紹介の場所は本当に行ってみたくてたまりません!
どうもありがとうございました。

また、紹介されている神奈川のお店、知らないところも多く、こちらも大変参考になりました。

また立ち寄らせてくださいね。

Posted at 22:06:29 2009/05/19 by ケイティ

この記事へのコメント

kage

ケイティさん、はじめまして。これからもよろしくお願いします。
温泉に何を求めるか?人それぞれですが、やはりお湯の質が良くなければ施設や眺望が良くても納得できませんね。この辺りはレストランなどと一緒かもしれません。
神奈川、特に小田原、箱根方面は時々出没するので、これからも機会を見て紹介していきたいと思っています。

Posted at 04:48:44 2009/05/20 by SUZY(メンカタ)

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。