2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回転寿司禅@神奈川県小田原市

kage

2009/09/06 (Sun)

こんな回転寿司屋、見たことない! 禅

食べることが好きな人にとって「変態的」「マニアック」「玄人向け」「客を選ぶ」・・・なんていう形容詞・枕詞は一種の褒め言葉だと思っています。小田原市にある回転寿司のお店、禅はまさしくそんな言葉が似合います。このお店を普通の回転寿司と思って入ると面食らうかもしれません。が、奥が深く、ハマればひいきにしてしまう、通いたくなる魅力あふれるお店だと思います。

こんなメニューの回転寿司屋あり??

その魅力のひとつはメニューの豊富さです。百円均一の大手チェーン店以外の回転寿司屋ならどこでもお勧めメニューが書かれた黒板は当たり前ですが、このお店のものは、寿司や魚を使った一品料理などは序の口で、フォアグラのソテーやチーズや生ハムの盛り合わせ、ホワイトアスパラの温泉卵添え・・・などなど「ここって回転寿司屋だよね?」「ビストロかフレンチのようだ」と勘違いしてしまうほどのメニューが並んでいるのです。

店長自ら切り分けてくれます

しかも、そのひとつひとつのメニューのこだわり方がハンパではないのです。チーズはフランスやイタリアの輸入モノが30種ほどあって店内で熟成していますし、生ハムに至ってはスペインの誇るイベリコの最高級ベジョータの太腿一本が丸のまま置かれています。これはお店の一押しでもあり、あちこちのテーブルやカウンターで店長自ら出向きワゴンサービスでスライスカットしてくれます。

豚の色々の部位のパテです

そんな変態的・マニアックな肉系メニューの中から豚肉のテリーヌを選んでみました。これは豚の軟骨やタン、ハツなどの部位を色々使ったもので、一皿500円という手頃な価格なのでそれなりのものを想像していたのですが、出てきたものは普通のビストロやフレンチなら倍は取られそうなボリュームと味でした。コリコリした部分やムニュ、ふわっとした所など変化を楽しめる食感と味わいは大人の味です。

こんなモノを出されたら飲兵衛はたまりません。が、このお店はこの点のフォローでも手抜かりありません。というか、お酒目当てで通う人がたくさんいるのです。ビールならベルギーのヒューガルテンやベアード、イギリスのギネス、日本の各地の地ビール、ワインならフランス、イタリアはもちろんのこと、力を入れているのはスペインものでヘレスワインはグラスで飲めるものが5種類ほどあります。メニューに書かれていないものでも、店長さんに聞けばいろいろ出てくるようです。

黒板メニューは必見ですぞ

生魚には日本酒がやはり合います。黒板には八海山や久保田なんかのメジャー系から開運やくどき上手、だっ祭などの逸品も揃っています。さらにそれらに合わせたグラスもちゃんと種類別に用意されており、リーデルグラスでブルゴーニューワインを飲むなんてのもここでは当たり前なのです。

このような魔力にワイン好きや日本酒愛好家は開店一番乗りで乗り込んで小宴会をしたり、ワイン会を開いたり、ひとりやふたりでのんびりと色々なお酒とつまみを愉しんだり・・・と、地元客だけでなく東京や横浜からわざわざ電車で乗り込んでくるのです。なんせ空き瓶の中にはあのロマネコンティまであるのですから。

寿司メニューもぬかりなし

さて、回転寿司屋ですから寿司の話もしなくてはいけません。このお店は小田原市にありますから新鮮な魚貝類には困ることはありません。なにはなくとも小田原ですから鯵はいつも注文しています。脂が乗っているのにしつこくないのはさすがです。

小田原といったら鯵ですね

あとはその日によって適当にレーンを回っているものやホワイトボードの中からおいしそうなもの、気になったものを注文しています。値段は一皿160円程度から500円超のものまで各種あります。200円台から300円台が多いでしょうか。カウンターの中には職人さんが3人ほど常時いますからすぐに対応してくれるのもポイント高いですね。

肝が載っています

この日は白身からカワハギの肝乗せをお願いしました。ネットリとしているのにさっぱりしているカワハギに濃厚な肝がよく合います。回転寿司屋で人気があるお店にデカネタで売っている所がありますが、私的にはネタとシャリのバランスが取れている方が好きですね。その点、このお店は合格だと思います。ただ、今日はちょっとシャリが堅めでした。もう少しホロッとしているのが好みです。

中トロ巻ですよ~

寿司といったらマグロ!という人も多いのではないでしょうか。こちらも大トロから赤身、カルパッチョなど色々揃っています。いつもはネギトロ巻を細巻でお願いしているのですが、今回はレーンの上の中トロ巻がおいしそうだったので食べてみました。そうしたらビンゴ!で、値段以上のおいしさににやけてしまいます。マグロは三崎港のものが中心だということです。

これがうわさのメタボ巻です

さらに、今日は奮発してメタボ巻なる千円近くするものを注文してしまいました。これは新店舗になってから誕生したもので、中にはウニ、イクラ、きゅうり、とびっこの他にフォワグラが入っているもので、裏巻になっています。確かにネタが豪華ですからおいしいのですが、バランスが崩れているように感じましたね。値段もそれなりですから、今後はいつものように300円のもの3皿でいこうと思いましが、4人以上で来たら話のネタ的には良いかなとも思います。

あと、このお店での私のおすすめは旬の魚の天ぷらです。いつもはメゴチなんですが、この日はそれがなくて夏場が旬のアナゴを注文しました。まるごと1本を4つに切り分けしてあるのですが、このボリュームで420円は安いと思います。味もホクホクですし、揚げ方もけっこうなものです。塩と天つゆでおいしく食べることができます。

旬のアナゴの天ぷらです

他には、寿司屋らしくアラ汁や鯛のカブト煮、金目鯛の煮付け、マグロのテールステーキなど魚貝類を使った一品料理も注文したくなるものばかりです。値段も大衆酒場、居酒屋クラスです。が、魚をまるごと仕入れしていますし、バックヤードが充実していますから味に関しては回転寿司屋とは思えないほど本格的なものが出てきます。

このお店の寿司のネタやCPに関しては良質の回転寿司屋と同じようなものだと思いますが、それ以外のメニューやアルコール類、店長を中心としたスタッフのサービスなど付加価値の面で他の店にない魅力にあふれています。そこが我が家が小田原方面に行くと寄ってしまう理由になっているのだと思います。どんなに食べてもふたりで5千円はしないどころか、控えめに食べると4千円以下で済んでしまうのです。まぁ、これは昼間の話で夜に飲んで食べると、それなりになるのでしょうが、東京や横浜の料理屋や寿司屋と比べると半分から3分の2くらいではないかと思います。

ちゃんとレーンもありますよ

と、このお店は回転寿司屋としては異色、唯我独尊的な魅力があるか?というと、店長が言う「美味しい元気」というキャッチフレーズが示すように、地の魚や世界各地のおいしい食材やお酒を手頃な価格で普通の人や食べること、飲むことが好きな人に楽しんでもらいたい、小田原の魚とお店で元気になってもらいたいという経営姿勢からきているのだと思います。話好きで、マニアックな店長との会話を楽しみに来ている人やグループも少なくないようです。

実は、このお店は今年の春までSという湘南を中心としてチェーン展開している回転寿司のひとつの支店にすぎませんでした。その中でも異色のメニュー構成とサービスで人気がありました。が、昨年頃からの不景気などの事情により店舗の効率化などが問題になり春に一時閉店していたのです。このニュースを知った時は私も「小田原へ行った時に楽しみだったお店が消えてしまった」と悲しみました。

世界中の銘酒がありますよ

が、今年の7月に店長を中心に店のスタッフがお店を買い取る形で『あじわい回転寿司 禅(ZEN)』として独立開店したのです。この再オープンは多くの常連さんやファンにも喜びのニュースとしてブログなどで紹介されているのもうなずけます。このお店は回転寿司という範疇を超えて、料理屋、居酒屋、ワインバー、ビストロ寿司屋・・・など多面的な顔を持っていますので一度行ってみて損はないと思います。たくさんあるメニューに戸惑った時には店長さんに相談すれば、予算にあった愉しみ方を教えてくれると思います。なお、小田原駅からタクシーでもワンメーターです。

P.S.ピンボケの写真が多くてすいません

あじわい回転寿司 禅(ZEN)

神奈川県小田原市東町2-1-29(西湘バイパス小田原IC入出口)
0465-32-7001 11:00~22:00(LO21:30) 休日 なし

この記事へのコメント

kage

はじめまして

はじめましてtakaと申します。
メンカタさんの記事いつも楽しく拝見させて
頂いております。
また、県内にとどまらず、県外からもすばらしいお店を紹介されていて、どうやって探し出されるのだろうと感心ばかりしております。
さて、今回アップされた回転寿司の禅ですが、お寿司屋さんなのに本格的な肉類や幅広いアルコールの品揃え、小田原の地魚等々
もう近くにあれば今すぐにでも行きたくなるようなお店ですね。
まだ先の話で恐縮ですが、11月に平塚で所用
があり、こちらのお店をコースに入れて
出掛けたいと思います。
良い情報を有難うございました。

Posted at 17:19:06 2009/09/11 by taka

この記事へのコメント

kage

takaさん、はじめまして。これからもよろしくお願いします。
小田原のこの店は車で移動するにはぴったりな場所ですので是非一度行ってみてください。変わったメニューが多くて気に入られると思います。
牧之原市在住ということで、私にもなじみのある場所ですし、なにより実家の犬の名前がマロン、そして前の犬がシェルティだったということで、かわいく一気に読ませていただきました。
私の情報源ですが、ブログやら大手グルメサイトなど色々です。ネット社会万歳ですね。

Posted at 21:13:33 2009/09/11 by SUZY(メンカタ)

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。