2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリア、中島屋、金与食堂@周智郡森町

kage

2009/10/18 (Sun)

遠州の小京都、森町を1.5倍楽しむ!

深まる秋とともにしっとりとした街を散策したくなります。そうると京都ということになるかと思いますが、京都は遠く混雑もしています。そんな時には気軽に遠州の小京都と呼ばれている森町にふらりと出かけてみるのはいかがでしょうか?

森の町並は情緒がありますよ

秋葉街道の宿場町として栄え、周りを山に囲まれ、街の東には太田川が流れている感じはどこか京都を思わせてくれます。小国神社や森の石松で有名な大洞院などの名刹も多く、ドライブに良し、のんびりと天竜浜名湖鉄道で行くも良しと日帰りで行くには最適と思います。また静岡市方面の人はまだ行ったことのない人も多いのではないでしょうか。思わぬ発見があるかと思います。


1、ジェラートショップ アリア

そんな森町でプラスアルファの楽しみといったらおいしいもの探しです。まずはなにはなくともスイーツですね。それもひんやりとしていて喉を潤すにはぴったりのジェラートとシャーベットなんていかがでしょうか。森町の街中にある高柳米穀店というお米屋さんがアリアというジェラート屋を店内にオープンしていて評判となっているのです。

栗とマンゴーをWで

こちらのお店の特徴といったらなんといってもその種類の多さでしょう。普通のジェラートショップですと10~20種類程度なんでしょうが、こちらのお店は店頭の冷蔵ケース以外に店内の冷凍庫にストックがあり、そこから注文の度にサーブしてくれるのです。メニューは季節のものから年間を通じて50種類ほどあるというのですから凄いですね。この日も秋らしいメニューを中心に欲しいもんばかりで目移りしてしまいます。

まずはジェラートから栗を選びます。地元の和栗もありましたが、ここは栗にラム酒を入れたものを選択。もうひとつはシャーベットからマンゴー、それも完熟のペリカンマンゴーを贅沢に使ったものを選びました。これで500円弱です。普通のお店のものより割高になりますが、良い材料を使用しているから仕方がないのかもしれませんね。ノーマルのものだとシングルで280円、ダブルでで380円からあります。

種類豊富でびっくりします

さて、気になるお味です。ラム酒入りの栗のジェラートははっきりとしたラム酒の風味と香りが効いています。それも安っぽい香料でなくちゃんとしたラムのものです。このラム酒に負けない栗の甘みと旨みがバランスよくマッチしています。まさに大人のジェラートです。気に入りました。

もうひとつの完熟マンゴーは、自然のマンゴーの甘さと濃厚さが上手に表現されていましたが、値段を考えると普通のマンゴーで十分かなと思ってしまいました。プラスアルファの良さがわからなかったのは私のマンゴー経験の少なさからくるのかもしれません。が、十分に手作り感と素材の良さはわかりました。

こちらのものも選ぶことができますよ

こちらのジェラートや果物を使ったケーキなどは、奥さんが10年間ケーキ屋さんで働いていた経験にプラスして本場イタリアの手法を忠実に守っているからできるのだと思います。お店で食べるものだけでなくカップに入った冷凍品をお土産にすることもできます。事実、私は磐田のパッションフルーツを栽培している農家さんで食べたシャーベットが初体験でしたし、静岡県内を中心にあちこちのお店でこちらの製品が置かれていることからも人気があるのがわかります。お店の場所がちょっとわかりにくいですが、アイス好きの人は一度行かれてみても損なないと思います。


2、菓子司 中島屋

もうひとつ、甘いもの屋です。森町をクルマで走っていると気がつくのは和菓子屋さんが多いことです。旧い町並みの街角や郊外の大通り沿いなどあちこちに和菓子屋さんがあるのです。これはお茶が主産業ということと、古くからの宿場町と旧春野町や三倉地区などの住民のごちそうとしての和菓子の存在があったのかなと推測します。あとは銘菓梅衣の存在でしょうか。

森町には和菓子屋さんが多いのです

今回の中島屋もそうですが、森町の和菓子屋には必ずといっていいほど梅衣という和菓子があります。これは各お店独自の味付けがされていますが、基本的に求肥の中に漉し餡を入れたものを糖蜜で甘しょっぱく漬けられた紫蘇の葉で巻いたものです。ベトベトしていて食べにくいですが、他所ではなかなか味わうことができないものだと思います。

森町の和菓子といったら梅衣です

こちらの梅衣は、ちょっと濃い目の紫蘇の味付けと中の甘さがしっかりと残る餡子のバランスの妙がいいですね。こぶりなのでパクッといけちゃいます。もちろん濃い目の日本茶と合うのはもちろんです。これでひとつ100円ちょっとなのはうれしいですし、バラ売りしているうえに鷹揚に包装されていないのも良いですね。この梅衣、各和菓子屋で微妙に味付けが違うので食べ比べしてみるのも面白いかもしれません。

こちらのお店は、味噌饅頭や昔ながらの大福や季節のお菓子などももちろんありますが、和風ロールケーキやシュークリームなど和洋折衷のお菓子も充実しています。地元の人の最近の志向とケーキ屋さんが少ないのも影響しているのでしょう。さらに若旦那さんが専門学校などで勉強、修行してきた成果だと思います。

森の衆というネーミングもいいですね

今日はそんな中から『森の衆』とネーミングされたクッキータイプのシュークリームと生クリーム大福のお茶味をいただきました。森の衆とは方言で森の人々という意味です。注文するとその場でカスタードを詰めてくれます。外側の皮はカリカリッで食感がいいですね。最近流行りのゴツゴツした皮ほど主張が強くない程良さの中に甘さをしっかりとしたカスタードクリームがたっぷり入っています。このしっかり感としつこくないのにしっかりとした甘さが残るのは地域性からくるのかなと思われます。

生クリーム大福もそのような感じでしたが、値段も考える以上にお値打ちでスーパーやコンビニでスイーツを買うのと同じ感覚で気軽にお菓子に親しめるのは偉いと思います。確かにお金を掛ければこちらのお店以上のものは買えるでしょうが、この値段でこの味と質をどのお菓子も維持しているのは家族経営だからこそできるのだと思います。このようなお店がしっかりと根付いているのは森町らしいですね。


3、金与食堂

森町は甘いものに比べて劣るのが食事処でしょうか。国道1号線沿いの袋井や掛川に比べると、昔ながらの食堂や小さなお店が多いのが現状です。そんな中、異彩を放っているのが金与食堂です。このお店は昔ながらの丼や定食を出す一方、宴会もやる地方の町にはよくある形態のお店です。ちょっと変わっているのが若旦那が四川料理屋で修業したので、なかなか本格的な四川料理を出すということです。

本場四川の味です

このお店は掛川市在住のこの方のブログで知ったのですが、確かに四川料理に関しては専門店顔負けのものでした。今日は夜に訪問したのでお得なランチメニューがなかったので陳式麻婆豆腐丼を花椒を効かしてちょっと辛めでお願いしました。あと自家製のシュウマイも一緒にサイドオーダーしてみました。

この日は新しいお店になって間もないためなのか、だいぶ待たされてから到着しました。陳式と名乗っているだけあって自家製とおぼしき赤いラー油が最初に目に飛び込んできます。量もたっぷりなのがうれしいですね。麻婆豆腐というと最近では家庭でも中華料理屋でもポピュラーなものになりましたが、やはり本格的なものは香りと独特の味付けが違いますね。油っぽいけどその油が嫌味でなくおいしさにつながっているのは流石です。ただ豆腐にスが入っているというか火が入りすぎているのが気になりました。あと豆腐をグレードアップするともっとおいしくなると思います。

シュウマイも自家製ですよ

サイドオーダーのシュウマイは、柔らかめの仕上がりです。肉と餡のバランスも良い具合で丁寧に作れらているのがわかります。この手の点心の出来で調理している人の腕ってわかりますからね。大きめなものが4個入っていたのですが、食べきれずに2個はお持ち帰りにしてもらいました。

こちらの主力メニューは昔ながらのカツ丼などの丼ものとか焼肉定食やごく普通のラーメンですが、メニューを見てみるとどれもお手頃な値段です。この日もアッという間に満員になりましたが、値段と味とボリュームのバランスがいいから地元の人に愛されているのでしょう。新しいお店といっても内装も派手さはなく年配の人も違和感なく食事できる雰囲気があります。

食堂なのに四川料理が・・・

そんな食堂と坦々麺や海老チリなどの四川料理はある意味ミスマッチですが、一品料理でも千円以下というお値打ちさと本格的な味、普通の定食メニューという懐の深さは使い勝手の良さがありますね。私などはメニューにないもの、季節の食材や中華独特な香辛料や調味料を生かしてお任せで四川料理だけでコースを組んでもらって宴会をしたいくらいですね。次回は坦々麺を食べにいきたいです。

と、森町のお店は国道から離れているためか大手チェーン店の進出がない、少ないのもあって地元のお店が頑張っています。それも跡継ぎの人が若い感性を昔ながらの伝統をいかしつつ多くの人に愛されるように創意工夫している姿勢に応援したくなります。確かに静岡市や浜松市などの都市と比べてしまうと見劣りしてしまう面もありますが、それ以上の魅力を秘めていると思います。小さな街の小さくてもキラリと光っているお店、このような光景って少なくなってきていますから大事にしていきたいですね。

P.S.私のもうひとつのブログ、静岡道楽日記にて「街歩き、路地裏探検の愉しみ」と題する記事をUPしました。よろしければご覧ください。

ジェラートショップアリア

周智郡森町森214 高柳米穀店内 (森町役場近く)
0538-85-2354 9:00~19:30 無休

菓子司 中島屋

周智郡森町森1552-2(遠江森駅近く)
0538-85-2310 8:00~19:00 水曜休み

金与食堂

周智郡森町森(東)1705-4 (県立森高校近く)
0538-85-2325 11:30~14:00 17:30~21:00  月休み

この記事へのコメント

kage

はじめまして。静岡市在住のCANDYと申します。
いつも更新されるのを楽しみにしています。
度々私のお気に入りのお店が紹介されているので、味の好みも似ているかと・・・勝手に
思っています。
森町も最近頻繁に通っています。
天竜浜名湖線の遠江一宮駅にあるお蕎麦屋さん「百々や」さんに行くためにです。
せいろと田舎の2品しかありませんが、何度も行きたくなる味です。
ぜひ行ってみてください。

Posted at 12:49:23 2009/10/19 by CANDY

この記事へのコメント

kage

CANDYさん、はじめまして。毎回楽しみにしていただいて恐縮です。これからもよろしくお願いします。
森町の百もやさん、開店してしばらくしたころに行きました。翁系のまじめなお蕎麦ですよね。今回の記事には載せませんでしたが、ランチにはぴったりですね。難点は混んでいることでしょうか。
森町とか天竜とか探せば良さそうな店がまだまだありそうでこれからもどんどん行きたいと思っております。おすすめのお店がありましたらご教授くださいね。

Posted at 20:40:20 2009/10/19 by SUZY(メンカタ)

この記事へのコメント

kage

金与食堂だけ知りませんでした。
アリアは3回 梅衣もレポアップしそこなってた・・・
専門店顔負けの四川とメンカタさんに言わしめた店 行ってみたいです。

Posted at 17:52:38 2009/10/21 by Hearts(室長)

この記事へのコメント

kage

室長は森とか春野方面へバイクでよく出かけていましたねぇ。あの辺りは懐かしいお店とか色々あって探検しがいがありますね。
金与食堂、四川料理を本場の味付けで注文するとなかなかのもんです。一度行ってみてください。私は次回は坦々麺食べにいってみたいです。

Posted at 20:44:05 2009/10/21 by SUZY(メンカタ)

この記事へのコメント

kage

こんばんは。
金与食堂の紹介、嬉しい限りです。
食堂と四川料理のコラボというか、面白いお店ですよね。
値段的にも手頃だし、雰囲気も楽しめます。

見ていたらまた、行きたくなりましたよ~!

アリアさんでは、以前同じラム栗のマロンを食べましたが、美味しかったです。

森町は路地裏みたいな所に食堂があったりで、楽しいですね。

Posted at 22:23:51 2009/10/23 by actionscene

この記事へのコメント

kage

アクションさん、今回の記事を書くに当たり大いに参考させていただきました。ありがとうございました。

森町は市町村合併もしていませんし、再開発もそれほどではありませんので、のんびりした感じが良いのかもしれません。

金与食堂、家業をついでいなかったらどこかで四川料理専門店でもやっていたのでしょうか。面白いお店だと思います。

Posted at 05:11:29 2009/10/24 by SUZY(メンカタ)

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。