2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22(VENTY DUE)@静岡市葵区

kage

2009/11/29 (Sun)

一枚入魂のピッツァ! 22(VENTY DUE)

ここ数年間、静岡県内の食のシーンが面白くなってきたとよく聞きます。このひとつの要因に、静岡県内外、特に東京や関西の有名店でしっかりと修行した人が静岡県に戻ってきて(やってきて)お店をオープンしたということがあると思っています。今回の22(ヴェント ドゥエ)もまさにそんなお店の一軒だと思います。

マルゲリータです

こちらのお店は開店してからまだ1ヶ月ほどしか経っておりません。が、満員御礼の日もある人気のお店になっています。その理由に本格派のナポリピッツァ、もちろん石釜で焼かれたものが食べられるからです。今では静岡県内のイタリアンやピッツァリアで石釜焼きのピッツァが食べられますが、なかなか私がうなるようなものに出会えていなかったのが現実でした。

このお店のピッツァは基本中の基本のもの3種類しかメニューに載っていません。おまけに1日30枚しか仕込みません。これは、ピッツァイヨーロ(ピッツァ職人)のご主人のこだわりであり、哲学なのでしょう。今までの静岡の食事情ではこの潔さが裏目に出ることもあったのでしょうが、この3種類だけでもお店が成り立っていくとしたら、東京並とはいえませんがかなり成熟してきた証だと思います。素直に喜びたいですね。

ピッツァのメニューです

最初の訪問ではマルゲリータをいただきました。焼き始めから1分ほどで運ばれてきました。写真を撮るのももどかしく切り分けてかぶりつきます。真ん中の薄い部分は、トマトの酸味、モッツァレラチーズの溶けた塩気と旨み、バジルとオリーブオイルの香り、さらにドゥの粉の味が渾然一体となったおいしさが一度に押し寄せてきます。アツアツなので火傷に注意して食べなくてはいけません。

コルニチョーネがおいしいです

真ん中の次はいよいよナポリピッツァで私が一番好きなコルニチョーネ(額縁)の盛り上がった部分です。まさに基本通りにもっちりムッチリしていてたまりません。下や上の部分の焦げの所、薪で焼かれているからこその焦げ味、香ばしさも最高です。なによりピッツァは小麦粉と塩、水、酵母というミニマムな要素で出来ているシンプルさ微妙なバランスの上に成立しているのがよくわかります。まさに職人が作るからこそ出来る料理といえるかもしれません。

この日はカウンターで食べたのでじっくりと焼きの工程を見ることができたのですが、生地は木の箱にしっかりと入れられ、注文を受けてから丁寧に素早く大理石の上でトッピングが乗せられてから釜に入れられます。さらに一度に一枚しか焼きません。それも微妙に位置や火の調整をして仕上げていきます。その間は1分もかからないでしょう。まさに時間との勝負です。

大理石の上で伸ばします

ピッツァの焼きというと、テレビでよく見る空中に放り上げてクルクル回したり、モザイクタイル張りの大きな石釜に何枚もピッツァを並べる派手さが思い浮かびますが、こちらのものはいたって地味です。トッピングも必要最小限、石釜もシンプルなものです。が、このシンプルさ、単純でいながら奥深いものがナポリピッツァの真骨頂なのかもしれません。ローマ風のカリッとしたものよりも私はモチッとして粉の旨さが味わえるナポリに軍配を上げてしまいます。

このお店の隠れた人気メニューにエスプレッソがあります。最近では色々なお店に自動で抽出するエスプレッソマシーンが置かれていますが、こちらのお店のものはマニュアルで抽出するものです。これも機械任せでなく腕の差がストレートに出てくる面白さと楽しさがあると思います。うれしいことに一杯250円という気軽な値段です。

これが噂のマシーンです

こちらのエスプレッソは最初から砂糖がちょっと多めにカップの底に入っています。そこに注がれるコーヒーは濃い目ながらまろやかながら旨みもちゃんとある飲みやすいものです。苦いとエスプレッソを遠慮していた人にも問題なく飲むことができると思います。カップもコーヒー豆の会社の看板もかわいいので注目ですね。

1回目のピッツァが良かったので相方を連れて2度目の訪問をしてきました。今回の狙いはもちろん残り2種類のピッツァの制覇です。今回は、ピッツァの前に前菜をお願いすることにしました。こちらのお店ではプロシュートやサルミ、マリネやフリットなどがあります。本場ピッツェリアと同じようなメニュー構成で気軽なものがほとんどですね。飲み物はビールやワインなどが揃っています。

ゼッポリーネです

今回はナポリではおなじみというナポリ風のモチモチ揚げ「ゼッポリーネ」をいただきました。これはピッツァの生地に似たものに青海苔を入れて揚げてあるものでけっこうな塩味がします。この塩気がビールや辛口のワインに合うですね。ただ、ちょっと粉っぽいというかザラッとした食感がイマイチな感じで残念でした。最後はちょっと飽きてしまいました。タコのトマトソース煮にしておいた方が正解だったかもしれません・・・。

マリナーラです

次は、いよいよピッツァです。最初はマリナーラです。これはナポリピッツァの中興の祖?と呼ばれるもので1750年頃からあるといわれています。こちらにはピザには付き物のチーズは乗せられていません。が、それでもおいしいんですよ。トマトソースの旨みと甘みにオレガノやニンニクチップのピリッとしたアクセントが非常に効果的に効いています。

が、今日の生地は先日のような香ばしさ、クリスピーさに一歩及ばないように思いました。モチッフワッの食感と小麦粉の持つ力強い旨さが相変わらずなのですが、薪で焼き上げるからこその香りの良さが足りないように思いました。この辺りの加減とか日々の変化はピッツァのような発酵熟成させる生地と石釜焼きという職人技に任さられる部分が多い一皿の難しさかもしれません。偉そうなことを書かせていただければ毎日同じように高レベルを保つのがこれからの課題かもしれませんね。

ビアンカです

最後はビアンカです。これは主人が修行した東京の老舗ピッツェリアSではなかったもので、トマトソースを使わずモッツァレラとペコリーノの2種のチーズを載せたものです。チーズの旨さとコクを味わうものといえるかもしれません。見た目は名前通り白いですね。

切り分けて食べるとチーズの伸びが凄いです。トローリと溶けるチーズはやはりいいですね。で、味は最初はおいしいのですが、段々と塩辛さが勝ってくるように感じてきます。重いといっていいかもしれませんが、バランス的に微妙なのかもしれません。単調というか、2種のチーズの良さが相乗効果を生んでいないように思いました。

石釜ですよ~

と、ピッツァに関しては奇しくも食べた通りのマルゲリータ、マリナーラ、ビアンカの順にお気に入りになりました。まぁこれは好みもあるのでしょうが、やはりナポリピッツァの定番中の定番のマルゲリータというのは偉大なる発明品だなと思わずにはいられません。しかし、他のピッツァを出す店のようにシラスとか海の幸とかキノコなどなどトッピングがないシンプルな故に誤魔化しのきかないピッツァの基本的なおいしさと楽しさを味わうことができると思います。

このお店は、主人が目指すようにひとりでもグループでも気軽にピッツァを楽しめる場所だと思います。前菜からピッツァ、ドルチェとコース仕立てにしても良いですし、フラリと立ち寄ってカウンターでピッツァとビール、〆にエスプレッソを楽しむのにも最適です。

夜しか営業していませんよ

東京の老舗とナポリのピッツェリア22で修行をしてきた主人の焼く、本場のピッツァは「これぞ!本物のナポリピッツァだ! ボーノ!」と叫ぶような大袈裟なものでなく、「うん、これこれ、この薪の香りと焦げ、小麦粉の味がちゃんとする生地のおいしさとトッピングのバランスの良さがナポリピッツァだよね」と、食べた後からジンワリと旨さと笑顔が訪れてくるものだと思います。静岡でも東京と同じようなレベルのピッツァが食べられる幸せを素直に喜びたいと思います。


ピッツェリア 22 VENTY DUE

静岡市葵区鷹匠3-21-20(静岡大成高校、静鉄日吉町駅近く)
054-260-4522 18:00~21:30 日曜日休み

この記事へのコメント

kage

この記事に、家族中が興奮してしまい、昨日行って参りました。
とっても美味しくて、大満足です。
「確かな美味しい情報」を、いつもありがとうございます。

Posted at 09:05:45 2009/12/01 by 静岡散歩

この記事へのコメント

kage

静岡散歩さん、早速出かけていただけたようで、記事を書いた甲斐がありました。

おいしかったようでなによりです。静岡散歩さんのブログを拝見させていただいたのですが、デザートもおいしそうで、次回はこれも一緒に食べたいですね。

やはり鷹匠には良いお店が増えていますね。

Posted at 20:26:58 2009/12/01 by SUZY(メンカタ)

この記事へのコメント

kage

こんにちは。Haruのるるです。
以前から、両blogとも拝見させていただいております。
「万」のご指摘、ありがとうございました。
すっかり直したつもりになっていましたが、まだ修正していないのに気づき慌てて付け足しました(笑)

東部もボチボチと目新しいお店が出来てきたけど、
中西部に比べるとまだまだですね~
気に入ったピザ屋さんも地元にはほとんどないので、
ここのお店はかなり気になります!!

Posted at 13:42:01 2009/12/02 by るる

この記事へのコメント

kage

るるさん、こちらのコメントいただきましてありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

確かに静岡市や浜松市にはけっこう色々お店ができていますね。玉石混交のようですが、新陳代謝することはいいことだと思います。
私も沼津の新しいイタリアンなど気になるお店がありますので、これからもどんどん行きたいと思っております。

Posted at 21:15:48 2009/12/02 by SUZY(メンカタ)

この記事へのコメント

kage

先週友人からこちらのお店の話を聞いたばかりでしたので、びっくりしました。
ピザは3種類しかないけれど本格的だったよって♪数量限定だから遅くなるとないことも。
SUZYさんの記事を読んで更に行きたくなりました♪

Posted at 00:37:03 2009/12/04 by すずりん

この記事へのコメント

kage

すずりんさん、ご無沙汰しております。いつもブログ拝見させていただいております。それから遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。私も今月が誕生日なんですよ・・。年はオヤジです。

こちらのお店、できたばかりですが、ご主人が職人気質の人ですから、これからも一定レベルの味とコンセプトを保っていくと思います。仕事が一段落したらお出かけくださいね。

Posted at 05:36:27 2009/12/04 by SUZY(メンカタ)

この記事へのコメント

kage

ピッツェリア 22 VENTY DUE
素敵なお店
ピッツア 美味しそうです

Posted at 12:08:19 2009/12/06 by ryuji_s1

この記事へのコメント

kage

ryujiさんも静岡にお越しの際は寄ってみてください。きっと気に入ると思いますよ。

Posted at 04:46:57 2009/12/07 by SUZY(メンカタ)

この記事へのコメント

kage

私も知人からこの店の評判を聞いています。このブログを拝見して行きたくなりました。

Posted at 01:28:44 2011/06/22 by 抹茶パフェ

この記事へのコメント

kage

抹茶パフェさん、はじめまして。これからもよろしくお願いします。

こちらのお店、多くのブロガーさんが訪れて記事にしていますね。街中で本格的なナポリピッツァが食べられるのが人気の秘密でしょうか。

一度行ってみてくださいね。

Posted at 05:30:37 2011/06/22 by SUZY

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。