2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕎麦切り こばやし@富士市

kage

2010/04/25 (Sun)

富士のように高みを目指す蕎麦屋!こばやし

おいしい蕎麦屋が多い静岡県にあって、最近注目を集めているのが富士山麓エリアです。御殿場や裾野、富士、富士宮・・・と、市街地からちょっと離れた郊外や人里離れた別荘地や山の中にまで色々なタイプのお店が点在しています。そんな中、今回は富士市の蕎麦切りこばやしを紹介したいと思います。

粗挽きのそばがお勧めですよ

こちらのお店も他の蕎麦屋と同じように郊外の住宅と畑が混在した場所にあります。ナビがないとわかりにくい場所ですが、目印はうなぎや主水という電柱看板です。これをたどっていくと到着します。道中は天気が良ければ雄大な富士山を望むことができます。富士の裾野に位置するということは、水も飛び切りにおいしいということで、そば打ちにはうってつけの土地ということになりますね。

多くの手打ちそば屋がそうであるように、このお店も土日は遠方から訪れるそば好きのお客さんで混雑します。開店時間早々にお店に伺う方が良いかもしれません。我が家も一番乗りでしたが、帰る頃には満員御礼となっていました。お店の外観は、そば屋というよりも郊外ののんびりとしたカフェといった感じです。田園風景を望むウッドデッキなどもあり、都会から来た人には和むこと必至です。

開放感のあるデッキもありますよ

そんな外観に反して内装はちょっとお洒落なそば屋といった感じで落ち着いて食事を愉しむことができます。厨房を囲むカウンター席の他に板張りの小上がり席もあります。そばと一緒にお酒を愉しむならこちらの席の方が良いかもしれません。窓も大きく明るい雰囲気は郊外のそば屋ならではの良さでしょうか。

さて、なにはなくても蕎麦です。こちらのお店のウリは手挽きのそばです。もちろん挽きたて、打ちたて、茹でたての3立て蕎麦です。しかも普通のせいろから十割そば、粗挽きの太さが違うものまで各種あります。最近ではこのように何種類もの麺を揃えるお店が増えてきましたが、そば打ちが好きでないと毎日はなかなかいかないのでしょう。

テーブルにそば粉の見本があります

今日は、粗挽きそばから細めの風味と十割りの吟醸白をお願いしました。粗挽きの太い田舎風の香味にもそそられましたが、太い蕎麦よりも細めのものが好きなので、細めのものにしました。奥さんの話ではそば粉の産地や素性は一緒で太さが違うという話でした。次回はこちらも食べたいですね。

テーブルに置いてあるメニューやそば粉のサンプルなどを見ているうちにざるにのった麗しきそば2枚が登場しました。私の方は粗挽きの風味です。目で見て、デジカメのマクロでアップで寄るだけで蕎麦の粗挽きのゴツゴツ具合が良い表情をしています。透明感があり、その中にポツポツと星と呼ばれる黒いそばの身の残りがあるのを認めるだけでおいしそうだなとの予感が高まります。

麺のゴツゴツ感が良いですね

奥さんの「最初は塩でお試しください」との言葉に従い、塩をちょっと付けて噛みしめてみます。想像通りに、最初はそばの良い香りを感じ、次に丁寧に打たれている粗挽きそばのザラッとした食感を愉しむことができます。この店自慢のそばだけあって他の手打ちそば屋のものとは違う粗挽きの良さが存分に出ていると思います。静岡県内では藤枝のながいけで感じたのと同じ幸福感を味わうことができます。

もうひとつの吟醸白はどうでしょうか。こちらの方はせいろの高級版といった感じでしょうか。粗挽きのゴツゴツ感、ザラザラ感が苦手な人には向くのではないでしょうか。喉越しの良さ、突出したものよりも全体のまとまりの良さで食べさせるものかもしれません。

これは吟醸の白ですよ

塩で麺の良さをストレートで楽しんだあとは、そば屋のもうひとつの看板商品である付け汁で堪能します。キリリと辛く鰹節の風味が効いた江戸前風のものです。甘めなベタッとしたものが多い静岡県のそば屋のものとは一線を画すものだと思います。ただ辛いだけでなく上品な辛さと醤油の良さを味わうことができます。もちろんネギと山葵にも手抜きなしです。

さて、ここでうれしいサプライズがありました。こちらがあれこれとそばについて尋ねたのが興味をひいたのかわかりませんが、4月からメニューに加わる試作メニューの黒くて太い麺と更科風の白いそばを持ってきてくださいました。その量も2つで1人前はあるくらいの多さです。こちらのそばのファンになった我が家にとっては願ったりかなったりのうれしさです。ありがたくいただくことにしましょう。

ご好意で新作を試食させてもらいました

太くて黒い田舎風のものは、いかにもそばを食べている、噛みしめているといった豪快さを感じることができます。風味や香りよりもそば自体の美味さをストレートに味わえる信州の田舎そばといった感じです。もうひとつの更科風のものは雅と名づけられたもので、更級粉に風味の粗挽き粉がブレンドしてあるようです。更科の上品さに粗挽き粉のワイルドさと香りをプラスしたもので、最初の一品にスタートするにふさわしいものだと思いました。まぁ今日は最初にガツンと粗挽きの最上級のそばを食べてしまったので印象が薄かったですが、これが他のそば屋で出てきたら驚いたと思います。

最後の〆はやはり温かいそばですね。最初にお願いした湯葉掛けがやってきました。注文の時、最後まで鴨南蛮と悩んだのですが、前日にガッツリと肉を食べていたので、こちらにしたのですが、他のテーブルの注文を聞いていると多くの人が鴨南蛮をお願いしているようでした。値段も手頃でおいしいのでしょう。今年の晩秋の新蕎麦の頃にリベンジしたいと思います。

温かいそばもいけますよ

さて、湯葉のそばですが、具の湯葉よりも汁の上品さ、まとまりの良さが印象に残りました。せいろ系の辛口のつけ汁とは違う薄味ならが出汁が効いたものはやさしく最後までおいしく汁を飲み干すことができます。そばと具を邪魔しない配慮でしょう。この辺のアクセントのつけ具合、メニューによる変化技は良いですね。日本酒も静岡県をはじめ各種揃っています。が、ネックはクルマでないとなかなか行けない場所でしょうか。

と、こちらのお店はそば好きが高じてそば屋を開業したと思われる、最近では当たり前になったそば屋の形態をしています。メニューの基本は手打ちそば、それも粗挽きのそばになります。麺の美味さはもちろんのこと、研究熱心、技術肌のご主人の姿勢が良く現れているうえに、メニュー構成もそば好きのツボをよく抑えていると思います。わざわざこのお店目当てに訪ねるにふさわしい1店かと思います。

メニューはいろいろあります

私は粗挽きのそばの風味とか食感が好きなので、こちらのお店との相性が良かったのかと思いますが、それを差し引いても、静岡県東部地方で人気のある伊豆や御殿場方面の有名そば屋、大手口コミサイトで高評価のお店よりも好きですね。その理由のひとつは、雰囲気や店のしつらえ、孤高の単品メニューなどの見た目?のアピールさよりもそば自体の品質を第一に考え、そば好きな人のために、そばを気軽に純粋に、そばとそばに関するつまみやお酒を愉しめる仕組みがしっかりと出来ているからだと思います。観光客向け、一見客だけでなく、地元のそば好きにこそ行って欲しいお店だと思います。


蕎麦切り こばやし

富士市中野454-4(富士球場近く)
0545-36-2132 (月火木)11:00~売り切り (金土日)11:00~14:00 / 17:00~売り切り
水曜定休

この記事へのコメント

kage

こんにちわ

あたしもこの蕎麦屋大好きです。
静岡にはうまい蕎麦屋が一杯ありますが、
中でも図抜けた数店の一つだと思います。

しばらく行っていませんが、
涼しいうちにまた行ってみたくなりました。

Posted at 19:52:23 2010/04/25 by sue

この記事へのコメント

kage

sueさん、こんにちは。sueさんもこちらのお店のファンだったのですね。流石です。

こちらのお店は初めて行ったのですが、どうしてもっと早く行かなかったのか悔しい思いをしました。まぁそれだけ静岡県にはおいしいお蕎麦屋が多いということでもありますが・・・。

これからも益々そば屋巡りに拍車がかかりそうです。

Posted at 20:59:47 2010/04/25 by メンカタ

この記事へのコメント

kage

ここのお店は蕎麦好きには有名なお店ですよね。何処かで見たのですが、東部のこばやし中部のながいけ、西部のおおもりって言うらしいです。3店舗共に共通点があるらしいです。近い内に行って見たいです。

Posted at 21:34:59 2010/05/11 by らーパパ

この記事へのコメント

kage

らーパパさん、こんにちは。

こばやしとながいけ、どちらも粗挽きに特色があって蕎麦好きが高じてお店を開いたのも同じかなと思います。

浜松のおおもりは行ったことがないので、機会をみて行ってみたいと思います。浜松は色々と行きたいお店ばかりで蕎麦までたどりつけないんですよ・・・。

Posted at 05:15:19 2010/05/12 by メンカタ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。