2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーボンヴュータン@東京都世田谷区

kage

2010/05/09 (Sun)

伝統的フランス菓子を楽しむ!オーボンヴュータン

今日は母の日です。お世話になっている母親にプレゼントを贈られた方も多いのではないでしょうか。そんなプレゼントにも自分用にも最適なフランス菓子を提供してくれているのが東京都世田谷区尾山台のオーボンヴュータンです。また、このお店は日本におけるフランス伝統菓子・ケーキの母親(父親)的な偉大なる存在でもあると思っています。

見た目も古典的です

こちらのお店はケーキ好きの方には今更説明不要の超有名店ですが、静岡県ではデパートの物産展やケーキフェアなどでの出店もなく知名度は今ひとつかもしれません。何でも一流が揃う東京でスイーツ、それも洋モノとなると最近ではカリスマパティシェの派手はお店や最先端でモダンなお店が多く取り上げられがちですが、いぶし銀のようなこちらのお店のような存在があるからこそ、そのようなお店も光り輝くのかもしれません。

私が訪れたのはお正月の2日ですが、ちゃんと営業しておりました。しかも店内は多くのお客さんで賑わっています。お年賀用や自家用などそれぞれでしょうが、皆ウキウキして商品選びをしているようでした。私のように聖地巡礼のように地方からこのお店に来られた人もいるようです。それから、こちらのお店は店員さんもお客さんも男性が多いですね。大人、男性に好かれるお店ともいえるかもしれません。

光輝くケーキたち

店内は、今時のケーキ屋よりも重厚で、密度が濃いのが特徴です。お菓子の種類も豊富でこれだけのものが一度に揃う店はそうそうないのではないでしょうか。アントルメと呼ばれるケーキはもちろんのこと、焼き菓子にヴィノワズリーを初めとするパンにチョコレート、ジャム、キッシュ、アイスクリームまであります。イートインコーナーにはカウンター席もあります。それから特筆すべきはアルコール類が充実していることで、昼間から優雅なひと時を過ごすことができます。

最初は、焼き菓子から選んでいきます。取り寄せもできますが、やはり本店であれこれ選ぶのは楽しいですね。こちらの焼き菓子は見た目は地味ですが、食べてみるとその奥深い味わいにびっくりするものがあります。静岡のケーキ屋の評判の焼き菓子と同じかちょっと高いだけで、これだけ違うのかと思ってしまうほどです。本格的という表現が正しいのかわかりませんが、「きっと本場フランスのものはこんな感じなんだろうな」と思ってしまいます。

ここの焼き菓子は充実していますよ

この日は、ガレットブルトンヌ、フィナンシェ、マドレーヌ、ガレットフィノアなどを購入してみました。どれも他の店のものより色が濃いのが特徴でしょうか。値段はデパ地下のチェーン店系ケーキ屋と同じ程度ですから詰め合わせで買っても問題ありません。あと、フランスの地方独特の私の知らないようなものが多いのも特徴です。フランス菓子好きにはたまらない一角かもしれませんね。

さて、家に帰ってからおやつとして食べていきます。ガレットブルトンヌのサクサクの生地、ネットリムッチリとした中身、塩気とバターのコク・・・と、ひとつひとつの要素を見ると、くどくてしつこそうなんですが、最近の軟弱の焼き菓子とは一線を画すガツンとしたヘビーな一品になっています。が、それが高次元でまとまっているのでおいしいのです。

お土産に最適です

このヘビーでいながらペロッと食べてしまうマジックのような焼き菓子を堪能できたのが、ガレットフィノアです。これは、強めの焼きの中にしっかりとキャラメリゼしたクルミと焦がしバターの香りが強いフィリングのマッチングが最高です。ネットリを通り越してネッチョリとしているのですが、それがたまらないのです。カロリーは高いのでしょうが、そんなことは無視をしてあともうひとつ食べたくなってしまいます。

次は、パンを選んでいきます。が、この前に寄ったお店でちょっと買ったのでそれほど買えないのです。久しぶりにこちらのお店に寄ったのですが、これほど充実していたとは思いませんでした。ケーキ屋のパンコーナーとは思えないほど揃っています。その品揃えですが、やはりヴィノワズリーと呼ばれるパイ生地系のものやフランスパン生地のものが多いですね。

サクサクの生地が旨いです

ここは、やはりパイ生地を使ったもの、中にはフルーツのものを選んでみました。あとはクロワッサンですね。こちらはクルマの中で食べてしまいました。これもサクサクの生地にバターの香りがしてなかなかのものでしたが、それ以上だったのが持ち帰って食べたリンゴのコンポートが入ったパイ生地のものですね。限りなく薄い生地の中に甘酸っぱいリンゴのコンポートのバランスがいいですね。

いよいよ、メインイベントのショーケースの中にキラキラと輝く生ケーキ(アントルメ)を店員さんのアドバイスに従って選んでいきます。午後3時頃なので売り切れのものもありますが、ネット情報によると普通?の土日などは午後になるとほとんど売り切れてしまうこともあるとのことで、この日はけっこう良かったのかもしれません。

モンブランですよ

最初はモンブランです。350円と手頃な値段です。が、値段以上の価値があると思います。基本に忠実なメレンゲ生地にマロンペーストとクリーム、生クリームというなんてことのないものなんですが、どれもが突出していないのに、食べ進めていくと止まらなくなるのです。最近の栗を前面に出したリッチなものでなくバランス重視さがポイントなのかもしれません。

そのバランスの良さが表現されていたのが、ミルフィーユオフレーズ(一番上の写真)でした。このケーキも好きであちこちで食べるのですが、それらと比べるとどっしりとしているのに軽くペロッと食べてしまえるのです。イチゴを贅沢に使うのでなくイチゴジャムの酸味とカスタードの甘みの対比の妙がいいのでしょうか。あとそれをパイのサクサク感とバターのコクと香りが補完しているのだと思います。

オーボンビュータンという名前のケーキです

最後は、店名のオーボンビュータンです。見た目はクレームブリュレなんですが、食べると違うんです。コンコンとキャラメリゼしたパリパリの蓋を開けてから食べるのは一緒なんですが、中には洋ナシのコンポートと洋酒たっぷりのスポンジ生地などが入っているのです。ふんわりどころか、しっかりと効いた洋酒が大人の味かもしれまえせん。こちらもけっこう甘いのですが、その甘みに嫌味というかしつこさがないのです。人間が本来持っている自然の甘みへの欲求に応えてくれているような気がするのです。これはリピートしたいですね。

以上、こちらの菓子を久しぶりに食べてみての感想は、基本がしっかりできているのは当然のことながら、甘いものは甘く、酸っぱいものは酸っぱく、焦がすものは焦がす、バターを使う時はしっかりと効かす・・・といったクラシックなフランス菓子の真髄を味わえるといったところですね。私が好きな路線です。

泣く子も黙る名店です

と、こちらのお店は静岡のケーキ屋では味わうことができないフルラインナップの品揃え、行ったことがありませんが、パリのパティスリーを思わせるような重厚でいながら居心地、選び甲斐がある雰囲気、伝統を尊重しつつ日本の風土と素材を生かした商品の数々、今時の高い東京の有名店よりもお手頃な価格、酒類も揃えるイートインの存在・・・などなど甘い物好き、スイーツフリークにとっては聖地のひとつといっていいと思います。

こちらのお店、日本橋の高島屋にも出店があり、多少のケーキや焼き菓子を買うこともできますが、やはり尾山台の本店に行ってみることをお勧めします。横浜港北のIKEAに行くことがあれば第3京浜に乗ればすぐですし、用賀のインターからそう遠くありません。もちろん電車で行っても問題ありません。私は毎年の新年立ち寄りスポットとして定着すると思います。次回はショコラなんかも買いたいですし、イートインコーナーでアイスも食べなくてはいけませんね。


オーボンヴュータン 尾山台店

東京都世田谷区等々力2-1-14(東急大井町線尾山台駅、第3京浜玉川インター近く)
03-3703-8428 9:00~18:30 水曜休み

この記事へのコメント

kage

やっぱりココはフランス菓子の聖地ですよね~
3枚目のお写真の辺りが河田シェフの真骨頂でしょうか☆
何度伺っても知らないお菓子に出逢ってしまうので、いつも決められません(笑)
どうしても地味で目立たない焼きっぱなしお菓子たちですが、もっと注目されるとイイな~と思います。

次回はカウンターの上のサレ物(甘くないキッシュやタルトフランベ)&泡か白の大人なレポを期待しています♪

Posted at 23:25:51 2010/05/10 by きさ

この記事へのコメント

kage

きささん、富山レポート拝見させていただきました。まさか富山にもオーボンビュータンで修行したパティシィエのお店があったなんて知りませんでした・・・。

私も焼き菓子のおいしさにびっくりしました。日本にいながらフランスの雰囲気を味わうことのできるケーキ屋の最右翼かもしれませんね。

私も次回はイートインしたいと考えています。

Posted at 04:27:42 2010/05/11 by SUZY

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。