2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉のふくだ@静岡市清水区

kage

2005/10/12 (Wed)

次郎長も食べたかった焼豚! 肉のふくだ

ラーメンの具でお馴染みな焼豚・チャーシューですが、最近のものは煮汁の中で豚の塊を煮ている「煮豚」がほとんどで、これはこれでおいしいのですが、たまには昔ながらの香ばしい「焼豚」、周りがちょっと赤くてただ柔らかなだけでなく味わい深い「焼豚」を食べてみたい!と思っていました。

けっこうな厚切りです


そんな時に食べたのが清水の有名店「肉のふくだ」の焼豚。この店のものは、某有名タレントが手土産にして全国ネットの番組で紹介されたり、静岡のグルメ番組で度々登場したり・・・とすっかり有名な一品です。

私は「有名だけで余りおいしいんじゃないか?」「名前負けしているのでは・・?」と、心配していたのですが、良い方向に裏切られました。久々にやられました。

「う、うまい・・・!」
「ん・・! ジュシーーー!」
「香ばしくて味わい深いなぁ」

と全面的に応援したくなりました。有名なだけあります。焼豚をメインにお店を大きくしたり、駅の近くに支店を作るだけのことはあります。清水土産は、○○ようかんよりもこちらの方がいいかも?しれません。

こちらの商品は店では400グラムから600グラム程度の塊で売られているほか、お好みのグラム数で切り分けもしてくれます。が、おいしいので少人数の家族でも塊で買ってきて色々と料理したくなります。

このような商品の場合、「秘伝の製法」「継ぎ足しのタレ」「良質の素材」なんてのを大々的に店頭に能書きとして飾る店がよくあるのですが、こちらの店は素っ気ないものです。店内のガラスケースの上にゴロンと並べられております。見た目はごく普通なのですが、どこか、というかはっきりと他の肉屋さんのものとは違っております。

厚めに切られているものをちょっと炙ってタレを付けて一口食べると
口の中にふわっ~と良い香りが、そして後から赤身と脂身の混じった豚肉で一番おいしい旨みがじわっ~と口の中に広がります。ビールのお供に、ご飯と一緒に何枚でもいけちゃいます。

チャーシュー丼にしてみました


そして焼豚丼なんてのもおいしいです。うちではほうれん草とえのき茸のソテーを敷いて、その上にやはりちょっと炙ったものをタレにまぶして並べます。香港や中華街で食べたものを思い出させてくれます。おいしいものを食べるとニヤニヤしてきてしまいます。

この焼豚、ちょっと値段は張りますがそれだけのことはあります。「焼豚なんてどこで食べても一緒でしょ」という人に経験してもらいたいですね。

次郎長通りの入口にあります


それに対してこの店のもうひとつのウリである「もつカレー」は上級者の味です。モツの匂いが気になる人にはちょっとダメかもしれません。
私の家では焼豚一本ですね。

このお店、日曜休みなのが残念でたまりません。


肉のふくだ

静岡市清水区清水町16-13(次郎長通り入口)
0543-53-4839 日曜休み





コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。