2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バールMabuchi@浜松市中区

kage

2010/08/01 (Sun)

気軽に飲んで食べられる!バールMabuchi

8月に入り、昔の仲間や友人が里帰りしてきたり、遠方から友人知人が遊びに来たり・・・と、旧盆のあるこれからの季節はなにかと飲み会が増える時期です。そんな時に使い勝手が良いお店が浜松市の中心市街地にあるバールMabuciです。バールとはイタリアやスペインでは街角にある気軽な居酒屋のようなお店のことです。

気軽で手軽な料理が多いです

こちらのお店は出来てからまだ半年にもなっていないにも関わらず口コミで人気が出たのか、週末を中心に毎晩のように満員御礼のお店になっています。その理由は、気軽に、安くて、おいしくて、メニューが豊富で、楽しい時間を過ごすことができるからだと思います。一度訪れた人が次回は別の人を連れてきて・・・とリピーターになる率が高いのだと思います。

名前からわかる人もいるかと思いますが、このお店は同じ町内でメルカート間淵というワインや輸入食材を商う販売店が経営しています。ビルの名前も間渕ビルですから同じ経営かと思うのですが、この2つの要素もあってか、他の同じようなお店に比べて値段が安いのです。値段的には大手の居酒屋チェーン店と同じようなものだと思います。

黒板メニューもありますよ

この日は、ブログ仲間とのオフ会で利用したのですが、参加された皆さんの多くが、安くて、値段の割りにおいしくて満足していただけたようです。このような催しだとどうしても和風、洋風を問わずチェーン店の居酒屋が多くなりがちですが、年齢層が高くても、食の面でうるさい人がいても納得できるうえにコストパフォーマンスが高いので喜ばれると思います。

メニュー的には、バールの名前が示す通りにイタリアン、フレンチ、それも地中海風なもの、スペイン的なもの、いわゆるラテン系な気軽なものがほとんどです。が、冷凍食品や業務品を使うのでなく、一手間かけたもの、店でグリルしたもの、煮込んだもの、オリジナリティあるもの、季節感を生かしたものが多くなっています。メニュー数も多く、最初だと悩んでしまうほどですが、店内の黒板メニューを見れば人気メニューが書かれていますので参考にするのも手ですね。

鶏レバーのペーストですよ

この日は、前菜のひとつとしてに鶏レバーのペーストをスターターに選びました。その理由は突き出しにお代わり自由なバゲットがついてくるからです。これに好相性なのがペーストやパテ系で、これもしっかりと鶏の旨みとちょっと癖のある香辛料と相まっておいしいのです。下手なビストロ顔負けの出来栄えだと思います。

あと野菜料理も忘れてはいけません。人気メニューの中から選んだのがアンチョビポテト(一番上の写真)とアンチョビキャベツです。どちらもシンプルな料理ですが、どちらも使っているベーコンやアンチョビがおいしいので、家庭で作るものと一味違ったものになっています。この他にはニース風サラダなど色々なサラダが揃っているのも女性にはうれしいですね。

自家製のソーセージです

お店には立派なグリルがありますので、肉料理はハムやソーセージなどの加工食品を使ったメニューも豊富に揃っています。この日はおすすめの自家製ソーセージを選んだのですが、プリッと焼けた皮の中からジューシーな肉汁を滴らせたスパイスやハーブを効かせた中身がなかなかのものでした。もちろん、これには赤ワインですね。

パスタなどもありますよ

そうそう、ワインといえば、ワイン販売をしているお店が経営しているので、驚くほど安く多くの銘柄から選ぶことができます。白も赤もフルボトルで1,980円と2,480円の価格帯のものがほとんどで、軽めのもの、フルーティなもの、ちょっと重めのものなど色々と揃っています。お店のスタッフに希望を言えばお勧めのものを選んでくれます。もちろんグラスワインもありますよ。

ワインやビールなどのアルコールのお供は簡単なつまみやしっかりとした料理だけでなく腹にたまるパスタやピッツァなどもあります。この日はこの店のスペシャリテともいえる胡椒を効かせたブラックペペロンチーノを頼んだのですが、ちょっと脂っぽく乳化も足りない出来栄えだったのが残念だったのですが、イタリアンなどでは出ない小技を効かせたものはバールならではといえると思います。

デザートもありますよ

あと、最近の飲食店で忘れていけないものにデザートがあります。もちろんこちらの店でも380円の均一価格で5種類ほどあります。イタリアンバールを名乗っていますので、ティラミスやズコットなどが並びますが、私のお勧めはバニラアイスのバルサミコ酢掛けです。このメニューのポイントはいかに高級でおいしいバルサミコを使うかだと思っているのですが、こちらのお店は原価無視?で使えるのか相当に良質なものを使っていてまろやかでうっとりするほどリッチなものになっていました。アイスにお酢なんて思っている人や過去に裏切られた人に一度試してもらいたいですね。

などなど、フードメニューは400円、480円、550円、680円などとお手頃な価格設定になっています。ポーション(ボリューム)はそれなりですが、同じものをビストロやカジュアルイタリアンで食べようと思ったら、こちらの店の1.5倍から2倍は覚悟しなくてはいけないと思います。例えば4人できて、白と赤のワインをそれぞれ1本頼んで、各自好きな料理を2~3皿頼んでシェアすればひとり当たり3,000円はしない金額だと思います。これはデフレ社会の現在でもかなりのお値打ちだと思います。あと、お得な女子会や平日限定コースなども揃っていますし、今は当たり前の飲み放題コースもプラスすることも可能ですよ。

この広い店内が満員になります

店内の雰囲気は、椅子やテーブルなども含めて高級感はありませんし、サービススタッフも満員時には足りないような感じになりますが、そのようなことも逆に考えると気軽でカジュアルなバールという店名にふさわしく思ってしまうから不思議です。ほどよい暗さの照明とワイワイガヤガヤとお客さんの話し声が聞こえてくる賑やかな雰囲気もプラスに作用していることは間違いありません。

と、こちらのお店は親会社の利点を生かしているとはいえ、それにおごることなく、地元の人にチェーン店では味わうことのできない料理やアルコールを気軽だけど本格的なものを提供することによって、街のにぎわい創造とバールという食文化を広めているのだと思います。

お店は地下にありますよ

また、年中無休で曜日を選びませんし、日曜日などは夕方5時開店、週末は深夜遅くまで開いている点や、簡単に移動できるテーブルなども相まって2,3人の利用から10人を超える団体まで応用範囲は広いと思います。ぐるなびなどで使えるクーポンサービスもありますし、季節限定メニューのお試しキャンペーンなどを使えば安い価格がさらに安くなるなどお値打ちに行きたい人にはさらにうれしい仕掛けもあります。このような使い勝手の良いお店を一軒知っているだけで、飲食の幅が広がると思います。色々なお店に出かける人やプロの人たちにもファンが多いのも納得できるお店だと思います。


バールMabuchi

浜松市中区肴町317-9 間渕ビルB1(有楽街シダックス近く)
053-413-2606 月~木 18:00~24:00(L.O.23:00)
金・土 18:00~01:30(L.O.24:30)  日 17:00~24:00(L.O.23:00)

この記事へのコメント

kage

バールMabuchi行ってみようと思いますっ!
鶏レバーのペースト美味しそう。

あ!

はじめまして♪
ちょっと近くまで来たものですから
よらせて頂きました~

8/19~23まで、
浜松市の天神蔵ギャラリーで
小山オサム作品展やりますっ
よかったらお越しください!!
よろしくお願いします。

突然失礼しました。

Posted at 23:16:47 2010/08/18 by チームTKT・kamiya

この記事へのコメント

kage

チームTKTさん、こんにちは。

こちらのお店は安くておいしいので、打ち上げなどがぴったりだと思います。

それから作品展、多くのお客さんが来場するといいですね。

Posted at 21:01:54 2010/08/20 by SUZY

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。