2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煮込みナカミヤ@静岡市葵区

kage

2010/08/15 (Sun)

夏バテ防止にレバーや煮込みを! ナカミヤ

今年の夏はいつもに増して猛暑で夏バテ状態になっている人も多いのではないでしょうか。そんな疲れた体を気合をいれるのにピッタリなものにレバーやモツ、ホルモンなどの内臓系の料理があります。これをおいしく食べさせてくれるのが静岡市常磐町にある煮込み・ナカミヤです。ちなみにレバーやモツには牛と豚がありますが、こちらのお店は牛がメインで豚が補佐している形になっています。

レバ刺しの盛り合わせですよ

こちらのお店の特徴は、内臓系の料理の専門店というだけでなく、インターネットの口コミを中心に評判になり、人気店になったということもあるかと思います。個人ブログから大手口コミサイトまで新しいお店にも関わらずあちこちで「おいしい」「安くてうまい」「内臓マニアにはたまらないお店」などの高評価が続きました。今回の紹介も遅きに失した感もありますが、時期的にも良いのと恒例?のネタ不足もあってのことになります。すいません。

このお店のお勧めは色々ありますが、はずせないものにレバーの刺身があります。内蔵系のお店では必須のものですが、新鮮さにより各店で違いが出易い料理だと思います。今回は刺身の盛り合わせ(一番上の写真)をお願いしました。この内容とボリュームで600円はお値打ちだと思います。タレも2種類出してくれるので好みで使うことができます。

値段が安いんですよ

レバーの刺身の楽しみはコリコリ、ネットリとした食感もさることながら、部位による味わいの違いがあるかと思います。今日は定番のレバーにハツとタンでした。ハツもタンも捨てがたいですが、やはり刺身の王様はレバーかもしれません。舌にまとわりつきながら段々と旨さを口の中で爆発させていく魅力はマニアならずとも良いものだと思います。こちらのお店のものは、新鮮さはもちろんこと、切り方や大きさなどさすがだと唸りました。次回は評判の良いレバーのあぶりを食べてみたいですね。

突き出しのレバーペーストです

それから居酒屋につきもののお通しは、その店の心意気やお客さんに対する思いが出やすいものですが、こちらのものは決まってレバーペーストです。薄いバゲットに塗られたそれはフレンチビストロで出てもおかしくないようなおいしさだと思います。ちょっと癖があって塩っぱい味は食欲をそそるスターターにはもってこいです。これはお代わりしたくなる人も多いかと思います。

この洋風な料理に強いというのも、このお店の特徴のひとつだと思います。専門店だからというのものあるのでしょうが、今回注文したのハチノスの煮込みトマト味、イタリアンで言うところのトリッパのトマトソースも、臭みも全くなくクリームが多めのトマトソースがたっぷりと使ってあり、ペロッと完食してしまいました。

モツのトマトソース煮です

この煮込みシリーズは色々な部位の色々な調理法があってオール370円といううれしい価格設定になっています。ポーション(量)は、それほどでもありませんが、これは逆に少人数でもあれこれ食べることができるということになります。これを機会に内臓系料理の奥深い世界の一端を知るというのも良いかもしれません。次回はタン舌のカレー煮込みなんか食べてみたいですね。

あと、夏といったらビールですが、これに合う料理にレバーカツ、レバーフライがあります。東京の下町のそれとはちょっと違って厚みのあるのは専門店の面目躍如といったところでしょうか。これもけっこうなボリュームがあって一串180円といううれしい値段です。辛子を多めに塗ってアツアツをガブリとやりたいですね。このほかにもリードヴォーのソテーなんかもあって洋食好きな人にもうれしい限りです。

レバカツですよ

このほかレバーや内臓系以外の料理のポテトサラダや焼きおにぎりなど一般的なメニューも格安でけっこうな種類がありますからバランスよく楽しむことができます。が、やはりこのお店の中心は各種モツ料理になるでしょうね。こちらは専門店を名乗るだけあって、種類が調理法が多彩なだけでなく、内臓料理に必須な丁寧な下ごしらえをしっかりと丁寧にやっているので、イヤな臭みもなく、そのおいしさだけを堪能できると思います。

と、値段とボリュームとメニューから、こちらのお店だけで完結させるというよりもはしご酒の一軒として重宝するお店かと思います。お店は古くからあるお店を改装して使っているので重厚な雰囲気でオヤジ臭くありませんし、洋風というよりも下手なフレンチやイタリアン顔負けの洋食テクニックを用いたクリーム系やトマト系のメニューもありますので女性にも違和感がありません。事実、この日も女性だけのグループが2組おりました。ホルモンヌは要チェックだと思います。

風格ある店構えです

あと、うれしいのはドリンクの値段も手ごろなので、お安く済むということです。これは繁華街からちょっと離れた立地というのもあるかと思いますが、このご時世ですからうれしいことだと思います。結論としては、レバーや内臓系の料理が特別好きでない人も一度体験してみてもいいかもしれませんし、内臓系の料理が好きな人、マニアとなったら、静岡でも有数なディープな店なので訪問は必須といえると思います。なお、人気のお店のうえ、大きなお店でないので週末を中心に予約が必要かと思います。


煮込み ナカミヤ

静岡市葵区常磐町2-4-1 ファインコート常磐町壱番館 1-B(常盤公園近く)
054-271-9684 17:00~24:00  日曜休み

この記事へのコメント

kage

いやいや、ついに出てしまいましたねえ。
ここは某常連さんと密会の場だったんですが(笑)

いつも「いつか全部メニュー制覇する。」と言いながら毎回、「前回何頼んだっけなあ。」になり、同じものを注文していたり。

今のところ、頼んだものの中に「あれ?」と思うものは全く無く、どれも美味しいです。
もつミックスのしおが自分にとってのツボですね。
ここのミュージックがまた泣かせます。
また食べたくなってきましたよ~。

Posted at 22:18:44 2010/08/17 by actionscene

この記事へのコメント

kage

アクションさん、こんにちは。こう暑いとイヤになってしまいますね。

こちらのお店、これだけネットで有名になると今更の感がありますから大丈夫だと思います。

電話予約して一軒目でサクッと行くのが正解かもしれませんねぇ。我が家でも定番のお店になりそうです。

Posted at 02:18:32 2010/08/18 by メンカタ

この記事へのコメント

kage

内臓系の料理の御紹介を、なされる場合には必ず ”牛モツ”か”トンモツ”かの区別をなさって、紹介してくだされ。
この両者は全然違うものですから(料理の質や店の格が)
当方としては記載ない場合トンモツの判定でうまいとは評価せぬ、今からでもよい店で確認しブログで報告なされよ、

Posted at 16:55:49 2010/09/04 by ヌーチャン

この記事へのコメント

kage

ヌーチャンさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

ナカミヤさんは牛がメインで豚が部位やメニューによって登場することになります。

よろしくお願いします。

Posted at 19:51:28 2010/09/04 by メンカタ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。