2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もつ焼き桐林@静岡市清水区

kage

2010/10/24 (Sun)

モツ好きのパワースポット! もつ焼き桐林

最近、テレビのグルメ番組や雑誌などで肉に関するものをよくやっています。それもホルモンやモツなど内臓系のものが多いようです。もちろん、これは街中に増えてきたホルモン焼き屋やホルモンヌの言葉でもわかります。そんな中にあって、モツ好きの間、それもマニアで聖地、終着点とも言われている?のが興津にある桐林です。

生レバーは新鮮ですよ

こちらのお店のことは国道52号線の抜け道として利用していた旧道、身延道沿いにあって、その佇まいとおいしいものが出そうな独特のオーラで気になっていたのですが、なんせ日曜日休みのうえに夕方からの営業ということもあって、なかなか訪問することができなかったのですが、先日の祝日に念願叶って行くことができました。結果はもっと早く行っておけばよかったと後悔しています。

この日は開店時間早々に出かけたので一番のりでした。お店は昭和の香りそのままです。赤いシートのカウンターの丸椅子に小上がり、店の奥にはテレビ、壁には大きな縁起物の熊手・・・と、最近の模擬昭和懐かしい系ではない、年期の入った本気の昭和スタイルです。これは長年の焼き物から出る煙でいぶされた落ち着いた柱や壁の色からもわかります。が、掃除はしっかりとしていますのでベトベトすることなく気持ちよく飲み食いすることができます。

昔懐かしい居酒屋です

さて、冷蔵ケース、板場の前のカウンターに陣とって楽しむことにします。最初は何はなくても生レバー(一番上の写真)です。こちらでは生だけでも牛に豚があり、それもハツやセンマイなど部位が色々あるのもさすがです。今回は一番好きな牛レバーを小さいサイズでお願いしました。このようなポーションの面倒くさい注文にも快く応えてくれます。

生のレバーはプリッとしていながら中の旨味がジュワと生きています。新鮮なのがすぐにわかります。タレは塩+胡麻油とにんにく+醤油から選ぶことができます。レバーが新鮮なのでタレは少な目で肉そのままのおいしさを味わうことができます。次回は豚とかハツなどのほかのものも食べたくなってきます。

牛の刺身もありますよ

生ものは刺身もあります。この日は牛の刺身です。サシが適度に入った赤身の肉はさっぱりとしていながらも口に入れるとスッーと溶けていきます。値段が手頃なので松阪牛などとは違いますが、これくらいの方がいいのかもしれません。切り方、薄さもプロの技がわかるもので、このような仕事振りを見ているだけ、体験できるだけで店で食べる価値があるかと思います。

次は煮込みです。モツ料理の代表格である煮込みはお店独自の味付けで差があります。東京の煮込みの名店などはこれだけで人が呼べるほどのものもありますが、こちらの店のものも負けてはいないと思います。それは大変なモツの下処理をしっかりとやり、内臓肉のプロが部位にあった味付けで料理しているからです。これこそ自宅では作ることができないものだと思います。

モツの煮込みも種類が多いです

今日はおすすめの中からキリダシの煮込みをお願いしました。キリダシという部位はわからないのですが、ピリ辛の醤油味で煮こまれたものは臭みはないのはもちろんのこと、コリッとした所やプニュとした所など食べるたびに違う食感の楽しさと煮込んだことによる味の染み込みと肉の旨味が出た汁まで飲めるひとつで2度おいしい料理です。こちらのお店では味噌味や醤油、塩など部位や季節によって味付けを変えているということです。清水名物のカレーモツも50年以上前からやっているといいますからさすがですね。

ハイボールは大ジョッキですよ

さて、このようなモツ料理に合う飲み物といったらアルコールです。それも高級酒でなくごく普通のものだと思います。が、普通のものでもこだわりのあるものでないと負けてしまうと思うのです。って私はドライバーだったので見ているだけでしたが、ビールがキリン、サッポロ、アサヒとあることと、ホッピー、チューハイはあることはもちろんのこと、流行のハイボールもありますし、焼酎サワーは大ジョッキで出てくるうえに炭酸と焼酎が瓶で出てくるので濃さを自分で調整できるのが良いですね。さらにこの店オリジナルの絞ったショウガが添えられてくるのが気が利いています。

その場で焼いていきます

次は焼き物に移ります。こちらもメニューが豊富です。人気のあるつくねとレバー焼きをお願いしました。焼き物担当は奥様でしょうか。つきっきりで面倒をみてくれています。これもポピュラーなものから珍しいものまで色々ありますが、ひと仕事してあるものもけっこうあります。とはいっても創作料理のように凝りに凝ったものでなく、よりおいしく食べるための工夫といったところでしょうか。

焼き物もありますよ

つくねもそんな一品でした。軟骨入りのコリコリとした食感が楽しめるのは普通ですが、さらに網脂で巻いてあるのでこれが焼くことで融けているので肉に旨味とジューシーさを与えているのです。もう少し太ければより好みに近くなるのですが・・・。レバーの串は豚レバーだったのでこちらの好みとは違っていたのが残念ですが、それでも外側はカリッ、中はジュワとしているのはいいですね。

串ものの次はタン焼きです。普通の店はこれも串に刺して焼くのでしょうが、こちらのお店では一枚の大きなものをそのまま焼いてから切り分けるという寸法です。いわばタンステーキですね。これはタンを焼いて出すなら一番おいしく食べる方法だからだそうです。この考えこそ、ご主人のプロとしての考えなんでしょうね。種類豊富で癖もそれぞれある内臓肉を食べやすいように、しかもおいしさだけを出す方法であれこれ工夫しているのだと思います。

タン焼きです

このタンステーキも厚みも十分にあり、塩コショウだけのシンプルな味付けながら旨味、タンの持つポテンシャルをちゃんと伝えてくれているのです。焼肉屋で食べるタン塩とかネギタン塩とはまた違う発見をしました。私などはこれでご飯を食べたくなったほどです。これはおすすめです。

それからこちらのお店では、より多くのお客さんに内臓肉のおいしさを味わってもらおうと、注文以外のものをサービスで出してくれることがあるそうです。この日もレバーのから揚げを出していただきました。タツタ揚げといったところでしょうか、ごく薄いレバに片栗粉を付けてカラッと揚げたものでレバのせんべいといった感じです。

レバーのタツタ揚げです

これは普通のレバーフライとは全く違うおいしさがありました。レバ嫌いな人でも食べることできる軽さと中から出てくる旨味のバランスがいいですね。ビールのつまみとしては最高かもしれません。その他にも冬場にはテールスープなどもありますし、〆のラーメンまであるというのですから行けば行くほど奥が深いマニアックなお店だと思います。

メニューも豊富です

と、こちらのお店はテレビも雑誌の取材も断っている知る人ぞ知る隠れた名店だと言い切ることができると思います。本来なら地元の人を中心に口コミで知って通うモツ好きのパラダイスなんでしょうが、マナーを守っていけば誰でも気兼ねなく行くことができるかと思います。東海道線の興津駅から歩いても10分掛からない距離ですので電車で行くことも可能です。

気になる値段ですが、メニューには値段が出ていないので心配されるかもしれませんが、この日はウーロン茶一杯というか500ml一本にビール大瓶一本にハイボール大ジョッキ一杯でこれだけ食べて2人で4000円弱でしたから、静岡市内で食べることを考えれば電車賃が出てしまいます。それからこのお店の凄いところはすべてのメニューがお持ち帰りできるということです。この日も近所の人がレバ刺を持ち帰りしていました。我が家でも実行する予定です。

この雰囲気がいいですね

しかし、このようなお店に出会うと食の世界はまだまだ奥が深くて楽しいなと思わずにはいられません。流行を追うことも新製品を追いかけるのも楽しいものですが、それ以上に老舗の底力、庶民に愛されているお店の居心地の良さを感じることができました。このお店は私と同じような感想を持つであろう新しいお客さんが増えているとのことです。モツ好き、肉マニアなら一度は行くべしと言っておきたいと思います。


もつ焼き桐林

清水区興津中町524-13(清水興津中学、スルガ自動車学校近く)
054-369-1433  17:00~22:30  日曜日休み

この記事へのコメント

kage

いいですねえ。

いやあ、良いお店ですねえ。
肉星人なのでよだれが出てしまいます。
こういう雰囲気大好きです。
こんなところでみんなでワイワイとやりたいなあ。

Posted at 18:44:38 2010/11/03 by actionscene

この記事へのコメント

kage

アクションさん、こんにちは。

こちらのお店はナカミヤが好きな方なら必ずや気に入ると思います。興津駅から歩いてもすぐですので忘年会などにいかがですか?
電車賃を払っても行く価値ありだと思います。

Posted at 21:15:34 2010/11/03 by メンカタ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。