2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

案山棒@焼津市

kage

2010/12/19 (Sun)

朝もやっているユニーク蕎麦屋! 案山棒

今年ももうすぐ終わりです。毎年恒例?の年越しそばにちなんでのそば屋の紹介です。焼津の住宅地のちょっとわかりづらい場所にこの秋に出来た案山棒は、ギャラリー併設、元マージャン屋を改装した店舗、土日には朝蕎麦を展開・・・と、ちょっと変わった蕎麦屋です。

せいろそばです

が、出てくるお蕎麦は本格的な手打ちそばです。修行先が日本を代表する手打ちそば職人であり、全国各地に蕎麦の名店を誕生させている師匠でもある高橋さんの処ですから最初から期待感が高まります。おまけに翁系の代名詞でもあるかたくなに蕎麦だけを出すというスタイルではなく種ものもあるというのですからなおさらです。

最初は朝ラーならぬ朝そばでお邪魔しました。焼津、藤枝を中心とする志太地区では昭和の時代から朝早くから一部のラーメン屋が開店して多くのお客さんでにぎわっていて、それが最近の地元食ブームに乗って大人気となっているのは承知のことだと思います。

朝そばやってます!

が、朝蕎麦は珍しいですね。いくら志太系のラーメンがあっさりとしているとはいえ、蕎麦の方がヘルシーですから二日酔いや食欲のないときには合っているかと思います。この日は朝8時前という時間にも関わらずけっこうなお客さんがいました。

朝蕎麦の時間はシンプルに「せいろ」と「かけ」の2種類で、これに温泉玉子やとろろなどのトッピングが加わります。ラーメンと同じように冷たいのと温かいのと同じですね。もちろんひとつづつお願いします。値段はどちらもワンコインの500円とうれしい値段です。

ギャラリーを併設しています

蕎麦が出てくるまではこのお店のもうひとつの売りであるギャラリーの展示物を見ることにします。この日は迫力のある墨絵作家の武田さんのもので、どこか青森のねぶたの絵を思い出されるなかなかのものです。この絵の存在がシックで落ち着いた店内とよく合っています。カフェにギャラリーが併設されている店はよくありますが、蕎麦屋にも合うものなんですね。

さて、5分ほどで到着です。小さ目のお膳にのって登場です。どちらも量は昼の蕎麦よりも少な目のようです。が、こだわりの蕎麦屋と同じくらいはあります。冷たいせいろの蕎麦は新蕎麦らしくうすい緑色をしています。まずはそのままちょこと山葵をつけて楽しみます。

細めのそばは手打ちですよ

蕎麦の香りもいいですし、細めに切られた食感も好みのものです。噛みしめると蕎麦の香りがより感じられ鼻に抜けていきます。今度はつけ汁につけてたぐると、醤油の香りと渾然一体となった別のおいしさが感じられてきます。なにより辛口の汁がいいですね。江戸前らしいキリッとした感じです。もちろん鰹節などの出汁も十分効いています。

かけそばは冬にはありがたいですね

この出汁の良さは温かいかけそばでも十分に感じることが出来ました。というよりよりこちらの方が楽しめたと思います。蕎麦自体の楽しみはせいろに軍配を上げることができるかと思いますが、寒い冬場はかけも捨てがたいですね。やはり朝そばは両方楽しむのがいいのでしょうか・・・。

この朝そばの好印象でいっぺんにファンになったので、しばらくしてからお昼にお邪魔しました。日曜日の13時過ぎという時間でしたが、店内はほとんど満員でした。開店してからそう時間が経っていないのと看板もない郊外のわかりにく立地なのに凄い人気です。おそらく口コミでお客さんがきているのでしょうね。

店の外には坪庭が・・・

この日の目当ては種物とご飯ものです。どちらもネットでの評判が良かったですから試してみようと思った次第です。けっこう色々あるメニューの中から小天丼をお願いすると「すいません、ご飯がたくさん出て炊き上がるまで時間がかかります」とのことで断念。さらに鴨南蛮をお願いすると「すいません、今日は鴨がたくさん出て無くなりました」とのこと。2度続けて振られてしまい、メニューを再考します。

ということで、天ぷらせいろと花巻そばをお願いしました。が、ここからが長かったですね。開店早々とうことでホールと厨房スタッフの手際とチームワークがまだ発展途上なのでしょう。30分以上待ってからやっと到着しました。

天ぷらは穴子ですよ

さて、天ぷらせいろは一本まるごとの穴子天です。海老や野菜の天ぷらでなく穴子というのが心憎いですね。穴子も大好きなので期待が高まります。カラリと揚がり薄めの粉の具合もいいのですが、穴子天のキモである身のふっくらさ、ほっこり加減がイマイチです。

蕎麦の方も先日の朝蕎麦のようなキレの良さ、鮮烈さが感じることができませんでした。が、先日が良かったので、これはこれで値段相応のものなんでしょう。これも混雑故のことかなと思います。もう少し落ち着いてきたら蕎麦も安定するのだと思います。

海苔の風味がいきています

もひとつの花巻は海苔の香りがいいですね。この店の好きな醤油と返しが十分に効いた雑味のないすっきりとした汁に海苔の風味がよく合っています。シンプルなだけに誤魔化しがきかないんだと思います。半分ほど食べてから穴子天を乗せて2度楽しみます。

と、このお店は開店早々ということもあり日にちや混み具合によっては接客や蕎麦の具合がバタバタするかと思いますが、ギャラリー併設、バリアフリーのゆったりとした造り、トイレや店内の装飾、テーブルから望むことができる築山のしつらい、朝蕎麦の試みなど従来の蕎麦屋とはちょっと違った良い意味でのとんがったお店なのに、出てくる蕎麦が真っ当な江戸前のしっかりとしたものというギャップが楽しいのだと思います。

店も新しく気持ちがいいですね

志太地区には手打ち蕎麦のおいしい蕎麦屋が数多くありますが、その中に入っても埋没することなく、この店のカラーを打ち出していくことが可能だと思います。ご主人もまだ若い人なのでこれからが期待できますし、有機野菜を使ったり、店内でライブをやったりと、21世紀の蕎麦屋らしい試みは応援したくなります。昼に蕎麦というのは当たり前の風景ですが、朝から風雅に手打ち蕎麦を軽く愉しむというのはなかなか出来ない体験です。焼津方面へ行かれたら一度寄ってみてもいいかと思います。


そば屋 案山棒(あんさんぼう)

焼津市大住99(田子重西焼津店、セブンイレブン大住店近く)
054 627 7222 7:00~9:00 11:30~14:30
月、火曜休み(祝日の場合は営業)
 

この記事へのコメント

kage

また、蕎麦屋さんで会っちゃいましたね。(笑)

Posted at 06:26:19 2010/12/21 by ボボイ

この記事へのコメント

kage

ボボイさん、こんにちは。

私も朝ラーでなく朝そばで出会うとは思いもしませんでした。

今度はどこかの朝ラーのお店で会いましょう!

Posted at 20:57:28 2010/12/21 by メンカタ

この記事へのコメント

kage

うーん 穴子天はいまいちでしたか?
実は私 案山棒でてんかす以外の天ぷら系
食べたことがないんですよ。
何だか朝そば専門で・・・(笑)
今度種物も試してみたいですね。

Posted at 12:56:13 2011/01/02 by Hearts(室長)

この記事へのコメント

kage

室長、今年もよろしくお願いします。

穴子天、時期の問題もあるかと思いますが、イマイチな感じがしました。

私も朝蕎麦>昼蕎麦の感じでしたねぇ。キャパとオペレーションの問題なので時間が解決してくれると願っています。

Posted at 20:30:03 2011/01/02 by SUZY

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。