2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和洋菓子ヤマカワ@焼津市

kage

2011/04/03 (Sun)

懐かしい感じの、生どら焼きあります! ヤマカワ

日本人は創作料理やアレンジに関しては凄いものを持っていると思います。おやつ系和菓子の代表的なものであるどら焼きも洋風に生クリームを合わせて生クリームどら焼き、通称生ドラなるものを作って一般化しています。今回のお店はその生どらが名物で人気のお店です。

栗の風味がいきています

こちらのお店は焼津市の昭和通り沿いにあります。昭和の時代は立派なアーケードがあり、けっこうな人出があった商店街でしたが、今はそれもなくなるとともにお店も激減してしまい、昔を知っている者は寂しい限りです。が、頑張っているお店もあり、応援したくなってしまいます。

そんな商店街には昔ながらのお菓子屋もけっこう残っており、各店お得意のお菓子を武器に焼津っ子の胃袋を満足させています。こちらのお店のイチオシは生どら焼きになります。柏餅や桜餅などの季節の和菓子や味噌まんなどのおまんじゅう、モンブランやショートケーキなどの懐かしいケーキもありますが、一番商品数が多いのが生どら焼きなんです。

ビニールの袋入りですよ

最初の訪問では、栗好きということもあって栗~むどら焼き(一番上の写真)と、比較するためにどら焼きを買ってみました。栗~むどら焼きは一個200円です。良く見かける生クリーム系のどら焼きは、普通の餡子+生クリームの2層になっているものがほとんどですが、こちらの店のものは最初から生クリームと餡子を混ぜて一体化させています。

この中の餡子がいけるのです。名前の通り栗餡なんですが、生クリームの効果もあってかモンブランっぽいクリームになっているのです。栗色をした餡子には栗の粒々と半分程度の栗も入っているのも食感を良くしています。甘さもそれほどでありませんし、甘いものが苦手な人でも大丈夫だと思います。本物の栗のリッチさを津気球追求する人には向かないかもしれませんが、どこか懐かしい感じのする栗風味の餡子はどこかホッとさせてくれます。

これがノーマルのどら焼きですよ

それに対して普通?のどら焼きはいたってノーマルな出来栄えだと思います。皮は玉子やはちみつの風味はそれほどではありませんし、ふんわりとした今時の軟弱なものとは違う、しっかりとした噛み応えのあるものになっています。焼き目も強めでこれはこれでアリだと思います。

中の粒餡は、小豆の一粒一粒を際立てさせるタイプではなく粒を良い具合につぶしたものに煮てあります。私は、ツヤツヤでゆるい感じの餡子が好きなので、好みの方向性が違いますが、このようなタイプの方が好きな人も多いかと思います。なにより餡子がギッチリと入っていてボリュームたっぷりです。これで150円はお値打ちだと思います。

他とは違う生どらです

最初の訪問で気を良くして2回目に選んだものは売れ筋ナンバー1の生どら焼きと季節の生どら焼きです。3月、4月は桜味になります。それが終わると新茶シーズンということで抹茶味になるようです。まずは定番の生どら焼きを食べてみます。

こちらもやはり栗~むどら焼きと同じように最初から餡子と生クリームを合わせてあります。アクセントにホイップクリームも入っていますが、他の店のように生クリームが勝ちすぎているようなことはありません。やさしい感じの餡子は軽い食感でボリュームたっぷりなのにペロッと食べきれちゃいます。こちらのものは一個180円になります。

季節限定の桜生どら焼きです

もひとつの桜味はどうでしょうか? こちらは春らしいピンク色の餡子の中に求肥が薄くサンドイッチされているのが特徴です。桜のリキュールが強めで桜の香りが強調されすぎている面もありますが、これまたフワッとした柔らかさが後を引きます。桜葉が入っていたりするともっと好みの味になるかと思います。

と、こちらのお店の生どら焼きシリーズ、他のお菓子屋の生クリーム系のどら焼きとは一線を画すオリジナリティがあると思います。値段も手頃ですし、自分のおやつでもお持たせでもOKだと思います。質実剛健というか真面目にお菓子作りをしているのがこちらにも伝わってきます。甘い物好きの方は一度食べてみても損はないかと思いますよ。

昔ながらの店構えです

こちらのお店はネットでたくさん出てきたり、テレビや雑誌などのメディアに頻繁に登場するわけではありませんが、口コミやご近所のご贔屓さんに親しまれているのは、味の確かさとお値打ち感プラスアルファからだと思います。それから生どら焼きの他にミルフェなるロールケーキの中にカスタードクリームとパイが入ったものも名物のようですので、次回はそれを頂いてみたいですね。


和洋菓子ヤマカワ

焼津市本町3-9-28(焼津市役所近く)
054-629-3933 9:30~19:00  水曜日休み

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。