2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純手打ち讃岐うどん きむらや@浜松市中区

kage

2011/05/15 (Sun)

浜松で本場の讃岐うどんを! きむらや

今年も段々と暑くなってきました。さらに今年の夏は節電モードですからより暑さが身に応えるかもしれません。そんな暑い時期になると食べたくなるのがキリッと冷やした麺料理ではないでしょうか。自宅で食べるにはそうめんということになるかもしれませんが、外食となると蕎麦かうどんということになるかと思います。

ツヤツヤに光っています

そんなうどんですが、日本で一番有名なのはなんといっても香川県が誇る讃岐うどんです。大手チェーン店から個人店まで日本中に讃岐うどんを看板にするうどん店があります。当然のように静岡県内にも何店舗も存在しますが、私が好きなお店が浜松市にあります。店名の前に純手打ちの名前が付くきむらやです。

こちらのお店は市街地からちょっとはずれた街道沿いにあるのですが、土日ともなると満員御礼となります。値段的には大手チェーンよりも若干高めかもしれませんが、それもものともしない人気ぶりはなんといっても本場の味をそのまま持ち込んでいるからだと思います。もちろんメニューも提供方法も本場風になっているようです。ただ値段は一玉100円なんていうバカ安い讃岐よりも高くなっているのは仕方がないですね。

店主が一心不乱に手打ちしています

クルマ社会の浜松市の例にならってこちらのお店にも駐車場がしっかりとあるんですが、表通りは3台ほどしか停めることができませんが、店の裏口側にも5台ほど停めることができます。しかも裏口からも直接店に入ることができます。常連さんはこちらへ停められる方も多いようです。ただ、お昼時には満車になることもあるようで、私が行った時にも多少待ちました。

うどんの中でも讃岐うどんが特別なのは麺だけでなく、その食べ方のバリエーションが豊富なことです。普通ならざるとかかけなんでしょうが、ぶっかけや醤油、湯だめ(釜あげ)などポピュラーなものから「ひやひや」「ひやあつ」「あつあつ」などがあることです。これこそ好みや気候で麵を楽しんできた讃岐うどんの歴史なんでしょう。

本場と同じ食べ方ができますよ

最初の訪問ではぶっかけの小をお願いしました。といっても口頭ではなく入口にある券売機で食券を買うようになっています。うどん好きの方、特に遠方から来られる方は小を2杯頼んで違う楽しみをしたりしますし、男性の方は大を頼んでいるようです。もちろんサイドメニューのおにぎりやちくわ天やかき揚げなどの天ぷらもありますよ。

さて、純手打ち讃岐うどんの麺はどうでしょうか?私は本場讃岐の地でうどんを食べたことはないのですが、東京や関西などで評判のお店をけっこうな数食べているのですが、そのようなお店に比べてもかなりの出来栄えだと思います。讃岐うどんを評するときに出てくるエッジが立っている、弾力がある、コシがある、のど越しが良いという要素を満たしていると思います。

エッジがたっています

うどんの命ともいえる麵は、均等に切りそろえられているうえに硬めの茹で具合、歯で噛んだ時の返ってくる弾力感の心地よさ、ツルツルっと箸で送り込む爽快感、店で打ち立てを提供しているからこその麺が生きていきるからこそのものだと思います。さらに店の井戸水をキリリと十分に〆られているのもその出来栄えをアップさせているのだと思います。

ぶっかけには香川県の出汁醤油を掛けてあるのですが、これがちょっと甘目なので、テーブル上にあるゆずや別注文でお願いした生姜を入れて自分好みに調整します。小サイズは本当に小さいのでお子様や連食用ですので速攻で食べつくしてしまいました。この後に予定があったので小にしたのですが、普通なら中か大サイズがお勧めですね。

テーブルには各種の調味料が

次に訪問したときには、醤油うどんをお願いしました。讃岐うどんの出汁を楽しむならひやあつなんかも良いのでしょうが、やはり麺の良さをストレートに楽しみたかったので醤油にしてしまいました。こちらもぶっかけ同様、麺の良さをしっかりと味わうことができます。私としてはぶっかけよりも辛めなだけに醤油の方が気に入りました。次回は醤油+ひやあつで行ってみたいと思います。

天かすも掛け放題ですよ

それから、こちらの良さは何もうどんの旨さだけではありません。カウンターだけの店内は質素なんですが、掃除が行き届いていてピカピカなんです。おまけに客席よりも広いオープンキッチンは機能的なようで、おいしいうどんを素早く提供しようという姿勢が感じられます、さらに働いているおばちゃん達が愛想が良くて気持ちよく食事を楽しむことができます。

こうなると、こちらのお店のオーナーの素性が気になってくるのですが、こちらのお店は讃岐うどんフリークの間で最上位に位置するスペシャルを意味するS級店の高松市のあたりやで4年間修業したとのことで、かたくなにその技術とうどんに対する意気込みを浜松市民に広めていると思います。讃岐へ行くには遠いですが、浜松にいながらにして本場に負けない讃岐うどんを楽しめるのはうれしいことだと思います。

暖簾がある方が表ですよ

と、こちらのお店はランチだけの営業ですし、チェーン店のうどん店よりも高めの値段設定ですが、うどん好きなら行く価値ありだと思っています。浜松市街地からの近いですし、郊外型の大型スーパーへ行く道すがら寄り道するにも便利な場所なので寄ってみても損はないですよ。小サイズなら浜松餃子なんかの連食も全然OKですよ。


純手打ち讃岐うどん きむらや

浜松市中区菅原町9-28(浜松グランドホテル近く)
053-453-9548 11:00~14:00(麺切れ終了)
水曜定休

この記事へのコメント

kage

浜松でのうどん屋さんと言えば今はこの「きむらや」さんですね。
浜松で他にもうどん屋さんがありますが、このお店のような感じのお店は中々無いと思います。
ある意味このお店が受けているのはこのスタイルだからかも知れませんね。

Posted at 19:38:30 2011/05/24 by らーパパ

この記事へのコメント

kage

らーパパさん、こんにちは。

きむらやさん、色々な年齢層の人が来ることからも人気のほどがわかりますね。若い人が親を連れてくることも多いように思いました。おいしいものは人に薦めたいですからね。

これからも手打ちにこだわっておいしいうどんを浜松市民に伝えていってほしいですね。

Posted at 05:32:14 2011/05/25 by メンカタ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。